いらっしゃいませ

プロフィール

ヌマチチブ

Author:ヌマチチブ
川は身近な自然であり、北海道の歴史を物語ります。
そんな北海道の川の素晴らしさを、わかりやすく、老婆心も交えつつ、お伝えしたいと思います。

間違ってる箇所も多々あると思いますので、よろしければ教えてくださるとうれしいです。
どうぞ、ごゆるりと・・・
………………………………………
ヌマチチブとは、日本中に広く分布する頭が大きくずんぐりしたハゼ科の魚。顔を中心に無数に斑点があるのが特徴。
いわゆる雑魚で、「釣った」と思った瞬間、ガッカリ感と笑いを誘う、憎いあんちきしょー!

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

北海道川原版へようこそ

お勧めブログ&サイト

このブログをリンクに追加する

問い合わせ等

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

RSSフィード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

北海道川原版
北海道の川のイベント、施設、川魚、植物、アウトドアや歴史、自然写真。 川原から北海道をめぐる情報ブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

麓郷の森に水車による小水力発電
まるでドラマ「北の国から」の、黒板五郎さんが実在しているかのような情報です。

富良野市麓郷の白鳥川(石狩川水系富良野川支流)に水車を設置し、「北の国から」のロケセットに電力を供給する構想が動きだしました。

麓郷にある拾ってきた家

「小水力」とは出力千kw以下の水力発電の事で、白鳥川では実際に戦前から戦後にかけて行われていた歴史があり、地域住民が復活を提唱していたそう。

小水力発電は最もクリーンな電力で、環境省も支援に乗り出し、白鳥川の構想が道内で唯一選ばれました。
官民による富良野地域小水力発電普及協議会が昨年設置され、水車の建設など準備が進められ、今月20日に設置されました。年明けには発電を開始する予定で、市内の小中学生や観光客への環境教育に活用されます。

小水力利用に関する事は、「全国小水力利用推進協議会」へ―

白鳥川に設置された水車は直径2m25㎝。
少ない水量でも回りやすいよう、四角い皿状の鉄板が16枚取り付けられ、環境教育に役立てるため外部から見やすい「開放型」にしたのが大きな特長。

自然河川を活用したこの規模の開放型水車は道内には、ほとんどない珍しいものなのだそうなので、あの森の景観にも合いそうだし、ますます話題を集めそうです。
*水車の詳しい情報は北海道新聞


実際ドラマでは、五郎さんが風力発電に果敢に挑み、見事成功していましたっけ。
電気や水道が使えるようになった瞬間の、目を輝かせて喜びを爆発させた純と蛍の姿がよみがえります。

今度は川の流れを利用した水車で、未来を担うたくさんの子ども達を感動させてくれる事でしょう。

スポンサーサイト

テーマ:札幌/北海道の地域ネタ - ジャンル:地域情報

2009 えにわシーニックナイト
キャンドルでまちをほのかに照らす、今年で3回目となる「えにわシーニックナイト」が、今週末の7日(土)に、道の駅「花ロードえにわ」など市内数カ所で開催されます。

なんと昨年の2倍となる一万本のキャンドルを使い、
さらに今年は「あかり」でまちづくりを進める札幌や函館、次回開催地の兵庫県篠山市などの関係者が集う「あかりサミット2009inえにわ」も同時開催!

シーニックナイトは雪や氷で手作りしたランタンを歩道脇や店舗前に飾り、光を楽しむ企画で、市民団体「えにわシーニックプロジェクト」や恵庭観光協会など約20団体や学校が実行委員会を組織して、実施しているそうです。
花ロードえにわでは、約3000個のアイスキャンドルやランタンを設置し、市内の中学校では授業として取り組み、当日は雪像も作るとか。


2009 第3回えにわシーニックナイト 平成21年2月7日
えにわシーニックナイト

ろうそく点灯/PM4:30~
点灯参加方法/無料。当日PM2:00頃に、暖かい服装で道の駅花ロードえにわへ。バケツがある場合は持参(ろうそくも持参可)。
また、イベント用のオリジナルキャンドルは、花ロードえにわで購入可。

道と川の駅・花ロードえにわ(恵庭市南島松817番地18 Tel 0123-37-8787)

【キャンドルタウン/同時に開催される恵庭市内会場】
・国道36号線の歩道 テクノパーク・工業団地(恵庭市戸磯)
えこりん村(恵庭市牧場241-2 Tel 0123-34-7800)
 2月7日(土)8日(日)に「えこりん村冬祭り」と同時開催
・黄金北町内会(恵庭市黄金町)
・JR恵庭駅西口(恵庭市相生町)
・JR島松駅前(恵庭市島松仲町1丁目1)
・恵み野中学校付近(恵庭市恵み野東1丁目付近)

問い合わせ/恵庭市生活環境部 北岡 0123-33-3131

なお、花ロードえにわ内の「フード工房 コンサバトリー」では、恵庭産えびすかぼちゃうどんを使った鍋焼きが、今だけ冬限定のあったかメニューで提供中。
幻想的な灯りを楽しんだら、鍋焼きでほっこり~


年々参加者も、キャンドルも増え、環境のまちづくりを進める恵庭市の、冬の定番イベントになりつつあります。見て楽しみ、参加して楽しめる内容なので、気軽にお近くのキャンドルタウンへ行ってみては。

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村

テーマ:札幌/北海道の地域ネタ - ジャンル:地域情報

札幌の建物が木になる
北海道で生活するには、冬は厳しい寒さのため暖房は欠く事ができず、かつ札幌市外の市町村は交通が不便なため、マイカーを多く利用します。

こういった事情で、道民一人あたりのCO2年間排出量は全国平均よりも少し多く、肩身の狭い思いをしています。
でも、北海道がこのたび公表した計算結果によると、3年前の全国平均1・4倍から、現在は1・2倍に下がるなど、ほんの少しですが改善がみられました。

のっぴきならない事情が重なり、CO2量が平均より多い地ですが、なんと、削減目標はとっても高いそうな!
これはCO2を吸収する森林の面積を広大に保有しているため、北海道では自ら、2010年度までに9・2%減(基準年から数えて)という、全国でも高水準の目標値を設定したのです。
目標を達成するのは、大変厳しい現状ですけど。

でも、建物が密集する都市の、建物自体が木だったら・・・
蔦の紅葉


札幌市では、「緑のカーテン事業」の拡大を目指す取り組みを行っています。

緑のカーテン事業とは;
ツル性の植物を建物の壁面などに這わせる事で、夏の暑さを和らげる効果があり、冷房の節約につながり、ひいてはCO2削減を目指すものです。
札幌市環境局みどりの推進部では、都市緑化基金を用いて1990年以降から、ツタによる緑化を取り入れる住宅や事業所等に、ツタ苗を助成しています。

札幌市・緑化ツタ苗補助;
対 象/札幌市内の住宅、事業所等の壁面や法面など
補助数/植え込み予定の50%(最大15本まで)
募 集/春と秋の年2回、「広報さっぽろ」等

さらに札幌市では、今年の10月から円山動物園内にて北海道の気候、風土に合った郷土種を試験的に植え(ツルアジサイ45本、イワガラミ45本、サルナシ15本)、
来年2009年度には、清田区役所にツル性の1年草を実際に植えることで、その効果を測ります。

・・・清田区にお住まいのみなさん、来年の深緑の侯には、区役所が同化してしまうかもしれません。
そういえば、清田区役所にはホタル池もありましたね。夏の楽しみが2つ増えるわけですね。

札幌市では今後、ツタ緑化を推進するため、優良事業所をホームページなどで紹介していく考えもあるそうです。

札幌市・緑の助成 http://www.city.sapporo.jp/ryokuka/midori/josei/index.html


♪蔦の絡まるチャペルで♪(ペギー葉山「学生時代」)の影響か、ツタが這う風景は学生街をイメージしてしまいます。ちょっとモダンレトロな趣きがありますよね。

エコに関心のある、または殺風景な建物に変化を与えたいと思っている社長! ツタが商運を運ぶかもしれません~


さて、それほど緑というのは人間生活にも欠かせない存在ですが、
インドネシアの東カリマンタン州バリクパパンという都市では、結婚するカップルに木を一本植えることを義務付けたそうです。

ちょっと素敵な話だと思いませんか?
この地域では違法伐採や採掘などで森林が失われつつあり、木を大切にする心を育てたいということから条例化に踏み切ったそうです。

逆に、離婚したら1本植樹という国もあるらしいです。
どんな理由を付けてでも、世界的に緑化を進めなければなりません。

北海道では雪が積もると、各団体が主催する、雪中植林が行われます。
雪でもだいじょうぶなカミネッコン植樹


にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 北海道情報へ

テーマ:札幌/北海道の地域ネタ - ジャンル:地域情報

落ち葉を堆肥に
今の時期、外を歩くと、カサカサと落ち葉がおしゃべりをはじめます。
落ち葉
しかし、雪が降る前の落ち葉の処分は、なかなかやっかいなもの。
ひと昔前なら、焚き火が晩秋の風物詩だったのですが、今これをやると通報されそうです。
(野焼きは廃棄物処理法で禁止されていますが、暖をとるための小規模な焚き火は例外とされています)

濡れ落ち葉という哀しい俗語がありますが、落ち葉の多くはゴミとして出されます。
でも・・・
ご存知の方も多いかと思いますが、落ち葉は堆肥になります。
北見市ではごみの減量化とCO2削減に向けて、落ち葉を腐葉土化することを奨励しています。
http://www.city.kitami.lg.jp/kitgomi/otiba/otiba.htm

北見市役所のホームページから、落ち葉による腐葉土の作り方を抜粋します。


用意するもの/落ち葉、米ぬか、ふたつきのポリバケツ(45リットル程の厚手の透明ポリ袋・発泡スチロール箱など色々な容器でつくれる)
腐葉土作りに向く落ち葉/広葉樹の葉ならなんでも。特に良いのはカシワ、ナラ
腐葉土作りに向かない落ち葉/針葉樹

<落ち葉による腐葉土の作り方>
1 ポリバケツ内の通気を良くし、好気性の菌を活性化させるためにドリル等で穴をあける
2 側面に穴をあけたら、底部にも5箇所あけ計20個所程の穴をあける。フタは開けない
3 ポリバケツの底に土を入れ20cmくらいの厚さに落ち葉を入れる
4 米ぬかを1つかみから2つかみ、全体に振りいれる
5 土と落ち葉と米ぬかを交互に入れ、よく踏んで固める。落ち葉全体に湿らせるだけの水を入れる
6 この作業を繰り返し、一杯になったら、ポリバケツにフタをする(ビニールもOK)
7 1カ月後に全体をかき混ぜるl。乾燥しているようなら水を足す
8 その後、3~4カ月に1回ほどかき混ぜる

約1年後、真っ黒になりわずかに落ち葉の形が残っている程度になれば完成!

北見市役所のページでは、行程が画像入りで紹介されていて、より詳しくわかります。
http://www.city.kitami.lg.jp/kitgomi/otiba/otiba.htm


なんだか、ぬか床みたいですね!
じつは実家の母親も、マイ腐葉土でみずみずしく美味しい野菜を作っています。
ガーデニングや家庭菜園をなさっている方、いかがでしょう~

腐葉土以外でも、落ち葉水槽(落ち葉を使ったアクアリウム)もネットで話題になったそう。
もはや焼き芋だけではありません。

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 北海道情報へ

テーマ:札幌/北海道の地域ネタ - ジャンル:地域情報

ネットで、いきものみっけ
環境省による、国民参加の一大プロジェクト、
いきものみっけが、7月から始まっています。
www.mikke.go.jp

「100万人の温暖化調べ」をテーマに、地球温暖化で、わたし達の身近に棲む生き物に、どのような影響があるかを、わたし達自身が調べるというプロジェクト。

参加方法はとてもカンタン!
季節毎に対象になる3種類の生き物を見つけたら、日付や場所を、以下のどれかの方法で報告するだけです。
1 ウェブサイト
2 携帯電話
3 郵便 or ファクシミリ

この日記を見ている方なら、やはりウェブサイトや携帯サイトが便利ですよね~
ウェブや携帯サイトでは、報告するだけでなく、「みっけにん」に登録すると、お知らせメールが配信され、スペシャル機能を活用できるとか。

さらに上級者は、「自然愛好家登録」で、識別の難しい種を対象にした、より難易度の高い調査に参加できます。

参考までに、いきものみっけしてもらう生き物は~
セミの鳴き声、ヒガンバナの開花、イチョウの黄葉日、ススキの穂が出た日、初めて氷が張った日、、、etc、、、

この中から、2008年夏の、現在調査が開始されてるのは「ミンミンゼミの鳴き声調査」です。
“ミーン ミーン ミーン”が聞こえたら、投稿して、全国の結果を見て楽しみましょう~
また、みなさんが感じた温暖化と思われる事象も募集しています。
とにかくカンタンで、みんなが生き物の大切さを共有できる素敵な試み。今すぐチェック!
www.mikke.go.jp

今後は「自然親子観察会」など、フィールドワークもどんどん展開されるそうです。
わたしも早速、みっけ人になろうと思います!
(下のバナーをクリックすると、「いきものみっけ」のトップページに変わります)
いきものみっけ

にほんブログ村 地域生活ブログ 北海道情報へ

テーマ:札幌/北海道の地域ネタ - ジャンル:地域情報


北海道川マップ

豊平川ガイドマップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)
石狩川ガイドマップ
(財団法人石狩川振興財団より)
天塩川マップ
(北海道開発局旭川開発建設部より)
釧路湿原周辺拡大地図
(北海道開発局釧路開発建設部より)
尻別川利用マップ
(北海道開発局小樽開発建設部より)
鵡川河口干潟の自然
(苫小牧地方環境監視センターより)
常呂川流域親水マップ
(北海道開発局網走開発建設部より)
網走川流域親水マップ
(北海道開発局網走開発建設部より)
空知川ガイドマップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)
幾春別川りばーマップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)
雨竜川りばーマップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)
砂川遊水地周辺マップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)

空から見た蝦夷の川

空から見る石狩川
空から見る天塩川
空から見る夕張川
空から見る湧別川
空から見る常呂川
空から見る亀田川

ブログ内検索

北海道防災情報

国土交通省川の防災情報・北海道版
北海道防災(北海道の防災情報ポータルサイト)
あなたの町のハザードマップを見る

石狩川のネットマガジン・川と人

石狩川振興財団が制作・発行する「川と人」は、大河石狩川と水系の歴史や治水、石狩川が流れる流域市町村の歴史や最新情報、レジャースポットなどを、川の専門的な視点でまとめています。
川と人

川遊びグッズ

子どもでも簡単!


いつも売切れな川靴


雪の中でも楽々~


いざ!という時に投げる
P-136K型

転倒時に頭をガード
ヘルメット・プロテック・フルカットWHT

命のライフジャケット
子供用ライフジャケット(小児用)TK-13B

川へ、蝦夷へGO



北海道のお天気は?


-天気予報コム- -FC2-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。