いらっしゃいませ

プロフィール

ヌマチチブ

Author:ヌマチチブ
川は身近な自然であり、北海道の歴史を物語ります。
そんな北海道の川の素晴らしさを、わかりやすく、老婆心も交えつつ、お伝えしたいと思います。

間違ってる箇所も多々あると思いますので、よろしければ教えてくださるとうれしいです。
どうぞ、ごゆるりと・・・
………………………………………
ヌマチチブとは、日本中に広く分布する頭が大きくずんぐりしたハゼ科の魚。顔を中心に無数に斑点があるのが特徴。
いわゆる雑魚で、「釣った」と思った瞬間、ガッカリ感と笑いを誘う、憎いあんちきしょー!

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ

北海道川原版へようこそ

お勧めブログ&サイト

このブログをリンクに追加する

問い合わせ等

名前:
メール:
件名:
本文:

北海道や国内情報満載

にほんブログ村 地域生活ブログへ
にほんブログ村 地域生活ブログ 北海道情報へ
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
ブログランキング【くつろぐ】
MITUKARE
総合情報サイト集

注目されてる言葉


  • 無料SEO

うれしはずかし全記事!

全ての記事を表示する

QRコード

QR

北海道川原版バナー

バナー1

バナー2

RSSフィード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

北海道川原版
北海道の川のイベント、施設、川魚、植物、アウトドアや歴史、自然写真。 川原から北海道をめぐる情報ブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美瑛の青い池がマックの壁紙に!
マックユーザーなら、もうご存知かもしれませんが、
知る人ぞ知る、美瑛町白金地区にある青い池が、アップル社のMacBook Proの壁紙に採用されました。

明確に言うと、写真家の白石氏が採った作品が採用されたのですが、モチーフはあのブルーに輝く青い池に違いありません。

自分は、青い池の元になっている白髭の滝までしか見に行ったことがないので、上川総合振興局からお借りした青い池の画像を掲載します。
美瑛町の青い池
VIEW OF KAMIKAWAより

この青い池は、もともと自然にあったものではありません。
活火山・十勝岳の火山砂防事業のなかの、火山泥流を貯める砂防堰堤(砂防ダムともいう)が平成元年に完成し、ブロックえん堤に水が溜まったものがこの青い池です。

白金地区を流れる美瑛川上流も「ブルーリバー」と呼ばれるほど、輝く青い色をしていまして、この川と白金温泉地区で湧出している「白髭の滝」などから流れてくる水が混ざることで、このような青に見えるのではと言われていますが、原因は明確にはわかっていません。
成立ちも、神秘そのものなのです。

今までは「知る人ぞ知る」名所だったわけですが、今回のマックの壁紙採用で、世界中から注目を集めることでしょう。

その反面、人が多く来ることによって引き起こされる問題もあります。
青い池では、最近、ゴミの投げ捨てが目立ってきているそうです。また駐車場等も混雑する時もあるとか。

美瑛といえばパッチワークのような丘陵地帯が有名ですが、白金地区は十勝岳はじめ景観も温泉も素晴らしくて、この青い池同様、あんまり人に教えたくないお気に入りです。
ここまで有名になって、うれしいやら心配やら、正直、複雑な想いも隠しきれません。

どんな場所でもマナーを守って行きましょう!

スポンサーサイト

テーマ:札幌/北海道の地域ネタ - ジャンル:地域情報

川の時刻表に携帯版登場!
以前も紹介した、JR乗車時に窓から川が見えてくる時間をまとめた、川好きにはたまらない「川の時刻表」。


http://www.hkd.mlit.go.jp/zigyoka/z_kasen/kawa_jikoku/pdf/kawa_jikokuhyo_ja.pdf
上記URLをクリックすると、川の時刻表PDFデータが見られます。興味のある方は、そのままダウンロードしてください。

その「川の時刻表」が携帯版になったそうです!
これなら、データをダウンロードしなくとも、携帯がそのまま時刻を知らせてくれるので大変便利です。

北海道開発局公式サイトの「川の時刻表」で、QRコードを読み取ってください。
http://www.hkd.mlit.go.jp/zigyoka/z_kasen/kawa_jikoku/index.html#qr

日本語版以外に、英語版、韓国版、中国語版があるそう。
北海道の清々しい川の姿を楽しんでもらうとともに、こうした試みを通して、川を大切に愛でる日本人の心も知ってほしいですね~

テーマ:札幌/北海道の地域ネタ - ジャンル:地域情報

9月豪雨の影響か?
9月8日のUHB「U型テレビ」によると、
2日から7日かけての豪雨により、つぎの異変が起きているそう。

1 札幌市南区にある砥石山に新たな滝が出現

2 千歳川にサケが大量遡上


2に関して、先ほど「千歳さけのふるさと館」にて、捕獲情報を確認したところ、以下の驚くべき結果が~

9月2日 1,123 前年より+ 572
  3日  936 前年より+ 1,180
  4日  922 前年より+ 1,729
  5日  735 前年より+ 2,073
  6日 1,295 前年より+ 1,109

台風で強い波が多く発生してそれを利用して一気に河口に進んだのか、豪雨で水位が上昇し障害物を楽々超えたのか、それとも何らかの理由で故郷の川の匂いが濃くなったのか、、、

番組によると、台風時は水温が下がり、水位が上昇、川のにごりが天敵から身を隠してくれる、という理由だそう(あたったのは一つだけ)。人間にとっては過酷な台風ですが、これを利用して生きる生き物もいるのですね。
ただ7日ぐらいからマイナスに転じてます。

そして心配なのは1。大量の雨が沁み込んでる証ともいえ、十津川村のひどい土砂災害があるだけに、そちらにつながらないか気になります。

テーマ:札幌/北海道の地域ネタ - ジャンル:地域情報

遊楽川にゴマフアザラシの子ども出現!
観光スポットでもある釧路川河口にゴマフアザラシが現れ、大きな話題になったのも記憶に新しいけれど、
今度は真逆の道南・八雲町を流れる遊楽川に、子どものゴマフアザラシの目撃情報が、続々と寄せられている。

北海道新聞(10/14 14:49)
愛らしい子アザラシ、目撃情報続々 八雲・遊楽部川

記事によると場所は、遊楽部橋から約100m下流付近。
そもそもゴマフアザラシは噴火湾にも生息するらしく、2006年に遊楽川で目撃されたとか。

自分は昨日、夕方のニュースでその姿を見た。しぐさがいかにも子どもで愛らしい。
遊楽川はサケが遡上する川としても知られ、今は遡上の真っ最中らしい。
ゴマちゃんは今頃、サケ達とたわむれているのかしらん?
くれぐれも産卵のジャマにならないように~

テーマ:札幌/北海道の地域ネタ - ジャンル:地域情報

美々川という自然のせっけん
先日、スーパーに行ったところ、北海道の川の名がついた、素敵な商品を見つけました。

美々川福祉会という苫小牧にある福祉施設でつくられる『美々川せっけん』は、食用廃油を原料として作られた天然油脂リサイクル石鹸で、成分分解が早いため環境負荷が少ない。

合成界面活性剤は一切配合していないので、手、肌のあれや肌の弱い方に良いのだとか。
また美々川せっけんは、油汚れに対して抜群の洗浄力があるため、洗たくのほか、台所や食器、レンジ用など、使用用途が多岐にわたるのがうれしいかぎり。

価格も、粉せっけん2kgで480円(税込)ぐらいだから、用途の広さを考えれば手が届きやすいと思います。

商品パッケージに描かれたスワンにある通り、安平川の支流・美々川は水鳥の里・ウトナイ湖を経由し、釧路川をほうふつとさせる自然な流れが特長。


荷物が多かったので今回は控えましたが、今度の買い出しでこのせっけんをぜひ購入しようと思うのとともに、ウトナイ湖の希少な水源であり、いくつもの湧水も抱える美々川を訪れてみたいと思います。

テーマ:札幌/北海道の地域ネタ - ジャンル:地域情報


北海道川マップ

豊平川ガイドマップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)
石狩川ガイドマップ
(財団法人石狩川振興財団より)
天塩川マップ
(北海道開発局旭川開発建設部より)
釧路湿原周辺拡大地図
(北海道開発局釧路開発建設部より)
尻別川利用マップ
(北海道開発局小樽開発建設部より)
鵡川河口干潟の自然
(苫小牧地方環境監視センターより)
常呂川流域親水マップ
(北海道開発局網走開発建設部より)
網走川流域親水マップ
(北海道開発局網走開発建設部より)
空知川ガイドマップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)
幾春別川りばーマップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)
雨竜川りばーマップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)
砂川遊水地周辺マップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)

空から見た蝦夷の川

空から見る石狩川
空から見る天塩川
空から見る夕張川
空から見る湧別川
空から見る常呂川
空から見る亀田川

ブログ内検索

北海道防災情報

国土交通省川の防災情報・北海道版
北海道防災(北海道の防災情報ポータルサイト)
あなたの町のハザードマップを見る

石狩川のネットマガジン・川と人

石狩川振興財団が制作・発行する「川と人」は、大河石狩川と水系の歴史や治水、石狩川が流れる流域市町村の歴史や最新情報、レジャースポットなどを、川の専門的な視点でまとめています。
川と人

ネットでいきもの調査

いきものみっけ

北海道グルメ

大人アウトドア

NIXONのクォーツ

マッキントッシュで
タータンチェック

セーラーのジャケット

今年も活躍パーカー

HUNTERの長靴!

防災トート!

川遊びグッズ

子どもでも簡単!


いつも売切れな川靴


雪の中でも楽々~


いざ!という時に投げる
P-136K型

転倒時に頭をガード
ヘルメット・プロテック・フルカットWHT

命のライフジャケット
子供用ライフジャケット(小児用)TK-13B

川へ、蝦夷へGO



北海道のお天気は?


-天気予報コム- -FC2-

送料がお得!




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。