FC2ブログ
いらっしゃいませ

プロフィール

ヌマチチブ

Author:ヌマチチブ
川は身近な自然であり、北海道の歴史を物語ります。
そんな北海道の川の素晴らしさを、わかりやすく、老婆心も交えつつ、お伝えしたいと思います。

間違ってる箇所も多々あると思いますので、よろしければ教えてくださるとうれしいです。
どうぞ、ごゆるりと・・・
………………………………………
ヌマチチブとは、日本中に広く分布する頭が大きくずんぐりしたハゼ科の魚。顔を中心に無数に斑点があるのが特徴。
いわゆる雑魚で、「釣った」と思った瞬間、ガッカリ感と笑いを誘う、憎いあんちきしょー!

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

10 | 2007/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

北海道川原版へようこそ

お勧めブログ&サイト

このブログをリンクに追加する

問い合わせ等

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

RSSフィード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

北海道川原版
北海道の川のイベント、施設、川魚、植物、アウトドアや歴史、自然写真。 川原から北海道をめぐる情報ブログです。
どうなる?総合学習
就学の子どもを抱える親御さんなら、このニュースに関心が高いのでは。

ゆとり教育見直しへ(11月9日 読売新聞)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071109-00000404-yom-soci
落ち葉の公園

小学校で11年度、中学は12年度、高校は13年度から新指導要領を全面実施する方針が、保護者からの要望で、一部09年度から実施され、学校現場での「脱ゆとり」が予定より早まる見通しだそうです。

沖縄タイムスという新聞の11月9日社説で、改定の概要と矛盾を指摘しているので、引用させてもらいます。
http://www.okinawatimes.co.jp/edi/20071109.html#no_2


改定は、小中学校で主要教科の授業時数、教育内容を増やし、現行の指導要領の要である「総合的な学習の時間」を削減する。中学校の選択教科の時間も大幅に削減、必修教科に置き換えられる。
自ら学び、考えるという「生きる力」の理念は「ますます重要」として継承される。

だが、現行要領が子ども主体の学習の論理であるのに対し、改定要領では「教えて考えさせる指導の徹底」となり、教師中心の指導論理に転換した。思考力や学習意欲は、まず基礎的・基本的な知識・技能を取得することが基盤だと強調している。

急な方針転換は、これまで教育現場が取り組んできた総合学習の成果を無に帰してしまわないだろうか。学力低下の批判を受けた中教審が、なし崩し的に進めてきた授業時数増、知識・技能の基礎学力重視という流れを追認したとしか言いようがない。

主体的に学ぶ意欲をはぐくむ視点でみれば、授業時数増という処方せんで「生きる力」を育成できるかどうか、はなはだ疑問といえよう。

懸念されるのは教員が多忙になり、子ども一人一人に向き合うゆとりがなくなることだ。見直しのすべてを学校現場に押し付けられては、疲弊してしまう。子どもの「生きる力」をはぐくむためには、学校への支援体制が必要なのは言うまでもない。



まったくもってその通り!
授業時間は増やすけど、生きる力を育む時間は重要という。
現場の先生は、ますます負担が増え、混乱するのでしょうね。

ゆとり学習の槍玉にあがるのが総合学習ですが、すべてを否定するには、沖縄タイムス社説同様もったいない気がします。

北海道では、成果をあげている学校がたくさんあります。
そこに共通しているのは、親の理解と協力、地域の参加、そして専門家による指導です。

川に関して言えば、管理する河川事務所(国)や土木現業所(道)は、総合学習を支援してますし、サケに関する施設も同様です。
北海道には「北海道アウトドア資格制度」もあり、ネイチャーガイドやインストラクターもいっぱいいます。
また、地域のことだったらガイドボランティアが適任でしょう。
河川愛護団体も力強い味方です!

学校だけが背負い込まずに、こういった機関等に協力してもらえば、総合学習の時間は減っても、成果は上るのでは? 子どもには、道徳の授業よりも経験が必要です。
文部科学省も、そういった体制を支援してくれれば良いのに。
冬枯れに咲く花

ちなみにわが子は、この「ゆとり教育」のすべてを受け、改定も間に合わぬ世代でしょう。
テストの成績が悪いのも、ゆとり教育のせいにしとこう。
今度の定期テストはがんばれぇ~~~

テーマ:札幌/北海道の地域ネタ - ジャンル:地域情報


北海道川マップ

豊平川ガイドマップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)
石狩川ガイドマップ
(財団法人石狩川振興財団より)
天塩川マップ
(北海道開発局旭川開発建設部より)
釧路湿原周辺拡大地図
(北海道開発局釧路開発建設部より)
尻別川利用マップ
(北海道開発局小樽開発建設部より)
鵡川河口干潟の自然
(苫小牧地方環境監視センターより)
常呂川流域親水マップ
(北海道開発局網走開発建設部より)
網走川流域親水マップ
(北海道開発局網走開発建設部より)
空知川ガイドマップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)
幾春別川りばーマップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)
雨竜川りばーマップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)
砂川遊水地周辺マップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)

空から見た蝦夷の川

空から見る石狩川
空から見る天塩川
空から見る夕張川
空から見る湧別川
空から見る常呂川
空から見る亀田川

ブログ内検索

北海道防災情報

国土交通省川の防災情報・北海道版
北海道防災(北海道の防災情報ポータルサイト)
あなたの町のハザードマップを見る

石狩川のネットマガジン・川と人

石狩川振興財団が制作・発行する「川と人」は、大河石狩川と水系の歴史や治水、石狩川が流れる流域市町村の歴史や最新情報、レジャースポットなどを、川の専門的な視点でまとめています。
川と人

川遊びグッズ

子どもでも簡単!


いつも売切れな川靴


雪の中でも楽々~


いざ!という時に投げる
P-136K型

転倒時に頭をガード
ヘルメット・プロテック・フルカットWHT

命のライフジャケット
子供用ライフジャケット(小児用)TK-13B

川へ、蝦夷へGO



北海道のお天気は?


-天気予報コム- -FC2-