いらっしゃいませ

プロフィール

ヌマチチブ

Author:ヌマチチブ
川は身近な自然であり、北海道の歴史を物語ります。
そんな北海道の川の素晴らしさを、わかりやすく、老婆心も交えつつ、お伝えしたいと思います。

間違ってる箇所も多々あると思いますので、よろしければ教えてくださるとうれしいです。
どうぞ、ごゆるりと・・・
………………………………………
ヌマチチブとは、日本中に広く分布する頭が大きくずんぐりしたハゼ科の魚。顔を中心に無数に斑点があるのが特徴。
いわゆる雑魚で、「釣った」と思った瞬間、ガッカリ感と笑いを誘う、憎いあんちきしょー!

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

11 | 2007/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

北海道川原版へようこそ

お勧めブログ&サイト

このブログをリンクに追加する

問い合わせ等

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

RSSフィード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

北海道川原版
北海道の川のイベント、施設、川魚、植物、アウトドアや歴史、自然写真。 川原から北海道をめぐる情報ブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

空から見る石狩川
初日の出ならぬ、
石狩川を空から眺めてみましょう。

大雪山系・石狩岳から生まれ出でたる石狩川は、
本流の長さ268kmで国内3位、流域面積は14330km² で国内2位。
アイヌ語で「イ・シカラ・ペツ」=「非常に曲がりくねった川」を意味する北海道遺産です。
(アイヌ語は訳によって違う読み方もあります)

空から見ると、石狩川の、石狩川たる姿がはっきりと見えます。

中心左側と、上下に、本流に寄り添うように存在する「く」の字のような地形が見えませんか?
これぞまさに、、、ジス・イズ・イシカリリバー!

石狩川は空知川合流付近から河口まで、たくさんの三日月湖があります。(河跡湖・河道湖とも呼ばれる)
本州では、こういった三日月湖は埋め立てられ、土地利用されるそうですが、さすがにデッカイドウ・北海道。
石狩川は、その環境とともに残されています。

だから、むかし石狩川がどういう風に流れていたのかを、こういった衛星画像や地図で知ることができ、実際に行ってみると、そこにどんな生き物が棲んでいたのかも知ることができます。
ここが、利根川や信濃川という2大大河と石狩川との大きな違いでは。

三日月湖には、大昔からの侵食の影響で河道を変えた際に取り残されたものや、
河川改修で新水路が開かれ、曲がった部分が残ったもの。
あとは、湧水によるものなどがあるそう。

石狩川にも、自ら河道を変えて取り残されたものや、湧水によるものなどもあるそうですが、
石狩川治水は北海道開拓の要の国家的事業で、三日月湖の多くは、河川改修で本川から離された石狩川の旧川です。

そう、これだけ曲がりくねっていたのだから、氾濫原は途方もなく広く、移住者を苦しめてきたのは容易に想像がつきますが、
石狩平野は石狩低地帯とも呼ばれ、かつては大規模な湿地帯でした。

ラムサール条約に登録されている宮島沼、そして美唄湿原など、石狩川流域に残る沼や湿地は、その名残りなのだそうです。
石狩川の抜本的治水のきっかけとなった明治31年の大洪水では、なんと琵琶湖2つ分の泥海ができたほどだったといいます。もう、想像すらできません。

大いなる自然と脅威の両面を併せ持った石狩川。
このモンスターに挑んだ技術者と開拓民の努力。

北海道では、本流の長さが約256kmと石狩川に僅差で、同じく北海道遺産に選ばれ、大河でありながら手付かずの自然が残る天塩川の方が、アウトドア派からは人気が高いと思われますが、

石狩川は、まさに「北海道とともに歩んだ川」と言えるのではないでしょうか。
石狩川最下流の三日月湖・茨戸川


大いなる石狩川、、、

みなさま、良いお年を。

スポンサーサイト

テーマ:札幌/北海道の地域ネタ - ジャンル:地域情報

正月はどぶろく
年の瀬、、、
筋肉痛が治まりません! 大掃除は、週末に一気に片付けようと思っているのに、すでにこのザマです。

まぁ、わたしの場合、年末に筋肉痛は紅白同様、恒例行事のひとつですが。


さて、お正月に飲むお酒は「お屠蘇」ですが、一般的には日本酒をいただきますよね。
今回、お正月らしいネタとして日本酒を書きたいと思い、その中で何がいいかと考えてみたところ、浮かんできたのがコレです。

札幌の地酒として135年の歴史を誇る『千歳鶴』は、明治5年、創成川河畔で造り酒屋を開き、開拓使の役人達にどぶろくを売ったことが始まりと言われています。
*「千歳鶴 蔵物語 歴史」より
http://www.nipponseishu.co.jp/kura/history.html

豊平川沿いに、「千歳鶴ミュージアム」もあるほど、川とゆかりの深い酒造メーカーですね。
サッポロビール同様、扇状地・札幌の豊かな伏流水や地下水を利用したのでしょう~

どぶろくは、本府・札幌を運営する人達や、建設に携わる人達の、一日の疲れを癒したのです。
千歳鶴のどぶろくを振れば、文明開化の音がしそうです。
ちなみに現在、千歳鶴には「にごり酒 百宝」という商品があります。

「どぶろく」の歴史は深く、日本には中国から稲作に伴って伝わったと言う説(紀元前3500年頃)、自然発酵による独自の発生説などあり、
日本三大祇園祭の一つ「会津田島祇園祭=どぶろく祭り」など、豊穣祈願の象徴として日本各地に「どぶろくのお祭り」が残っているそうです。

昔の映画やドラマ等で作ってるシーンを思い出しますが、どぶろくは簡単な道具で作ることができます。ただ、家庭で作ると酒税法違反にあたるのだそう~残念!


でも、だいじょうぶ。
家庭でつくったような「どぶろく」が味わえる「どぶろく特区」があります!

通称「どぶろく」特区とは、2002年の行政構造改革によって、構造改革特別区域が設けられ、特別区内でのどぶろく製造と、飲食店や民宿等で、その場で消費される場合に限り、販売も許可されています。

北海道では唯一・南空知の長沼町が認定され、その農家・その農家の、独自の味が楽しめ、旨いと評判!
農家によっては、仕込み体験もできるようです。「どぶろく特区」もスローフードのひとつですね。

<どぶろく特区・長沼町>
松村農場『松ちゃんのどぶろく』 長沼町東7線南5 TEL 0123-88-0388
阪農場『どぶろく一魂』 長沼町西2線北12番地 TEL 0123-89-2026
駒谷農場『どぶろくまい姫』 長沼町東6線南11番地 TEL 0123-84-2836
*各農場の名前をクリックすると、公式HPに飛びます。商品特長や通販など、購入方法が確認できます。


最近のどぶろくトピックスといえば、
幌加内町もち米生産組合が、自分達がつくったもち米を使い、長野の酒造会社と共同開発したどぶろく風日本酒「ごろつき」が23日、幌加内町ほか、札幌と旭川のスーパーで発売されたと、北海道新聞12/18紙面で紹介されていました。
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/chiiki/66538.html
『ごろつき』のお問い合わせは:
きたそらち農協幌加内支所 TEL 0165-35-2021


*どぶろくについての情報は、「wikipediaどぶろく」を参考にしています。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%A9%E3%81%B6%E3%82%8D%E3%81%8F


個人的な嗜好ですが、日本酒の中で「にごり酒」は、呑みやすくて大好きです。炭酸で割ると、これまた旨いのだそう~
(自他ともに認める食通、ブログ「北海道旭川いいべえニューズ」の旨門さんから教えていただきました)

お正月は、どぶろくにチャレンジしたいものです。「酒だ!酒持ってこぉーい!」

テーマ:札幌/北海道の地域ネタ - ジャンル:地域情報

水辺でゆく年・くる年
いやぁー、ニューイヤーんですよ。。。

2007年から2008年へ
平成19年から平成20年へ
亥(イノシシ)から子(ネズミ)へ

故・小渕元首相が「平成」という元号を発表してから、早20年ですよ!
十二支も、ちょうど一回り。

この記念すべき?年またぎを、水辺で過ごしてみませんか?
水辺の朝焼け



日時:12月31日~2008年1月1日

白鳥大橋カウントダウン
http://kurukurunet.blog110.fc2.com/blog-entry-95.html
ステージイベントやゲーム大会のほか、花火の打ち上げなど
場所:白鳥大橋記念館周辺
白鳥大橋カウントダウン実行委員会 TEL 0143-23-0102

地球岬展望台 初日の出
朝日新聞社主催「北海道の自然100選」で得票第1位となった、絶景の地・地球岬の高さ120mの絶壁の上にある展望台が開放されます。
太平洋に突き出た眺めは、まさに地球を実感! 
日時:1月1日 日の出は午前7時過ぎ
午前6時~8時まで飲み物サービス有り
場所:室蘭市母恋南町4
室蘭観光協会 TEL 0143-23-0102

第21回はじまりの鐘&日の出inてっぺん
http://www.city.wakkanai.hokkaido.jp/main/kanko/event/evnt-hatuhi.htm 
場所:宗谷岬最北端の地の碑前
花火が打ち上げられる。また、日本最北端到達証明記念プレゼント
稚内市水産商工観光課 TEL 0162-23-6161

ニューイヤーフェスティバル開運まつり 
http://www.town.esashi.hokkaido.jp/contents/anschluss/utanobori/maturi.htm
場所:歌登ペンケナイ川河畔公園(歌登八幡神社横)
町の基幹産業である酪農のシンボル「牧草ロール」を御輿に見立て、大晦日から元旦にかけて町を練り歩き、神社へ奉納。新年の開運を願う。
会場では新年のカウントダウン、抽選会などの催しのほか、甘酒や豚汁などを無料提供。


元朝参りやカウントダウンイベント、日の出を見にお出かけの際は、くれぐれも温かくして、転ばぬよう気をつけてくださいね。


テーマ:札幌/北海道の地域ネタ - ジャンル:地域情報

シロサケは白身?赤身?
お正月用の新巻鮭がすでに出回っていますね。
ルイべも、おせち用に購入される方、送る方も多いようです。
今年はサケの漁獲量が例年より少なく、若干、金額も高くなっているそうです。


さて、サーモンピンクという色が存在するように、サケと言えばやや橙色がかった紅い色が、食欲をそそりますねぇ~
でも、サケはじつは白身に分類されるそうです。

ほら、刺身もこんなにサーモンピンクなのに、、、
これが、まさにサーモンピンク


そもそも白身や赤身は、水産上の分類だそうで、赤身でもカツオやサバ、アジも微妙と言えば微妙です。
赤身とは、100g当たりのヘモグロビンとミオグロビン吟有量で決めらます。

サケ・マス類の身が赤っぽいのは、サケがカニやエビ、オキアミなどを食べているからだそうです。
http://www.pref.iwate.jp/~hp0505/communication/junjoutushin/no-017/001.html(いわて純情通信第17号より)

一般的な赤身魚は、身に「ミオグロビン」という色素タンパク質を多く含んでいます。ミオグロビンは鉄分を含んだ赤い色素を持っているので、筋肉中にミオグロビンが多い魚ほど赤く見える。
サケ・マス類は「アスタキサンチン」という色素で、ミオグロビンの赤とは違います。
*宮崎市漁業協同組合「赤身魚(青魚)と白身魚のおはなし」 
http://www.jf-miyazakishi.jp/mame/mame_03.html


ただ、単純に分けられない魚もいるので、学問的には赤身・白身という分類はないそうです。
なかなか難しいですね~

難しいことはさておき、むかしから赤身と白身は、こう言われています。
赤身魚はビタミン類や鉄分が含まれるので、貧血気味の人に。
白身魚は身が柔らかく、脂肪の少ないものが多いので、病人食や赤ちゃんに。

待てよ、、、サケは白身に関わらず、脂肪が多い。
サケの中でも、ベニザケはマグロのように紅く、シロサケはまさにサーモンピンク。

いろんな観点から見ても、やっぱりサケはおもしろく不思議な魚です。
「神の魚」です!

テーマ:札幌/北海道の地域ネタ - ジャンル:地域情報

21日の創成川通
構造体がすべて完成した、創成川通アンダーパス。

冬の間、電気・設備工事が進められ、
来春から、避難連絡坑の地上出口などの施工が再開されるそうです。

避難連絡坑は、アンダーパス内で、火災など緊急事態が発生した時の避難経路です。
南北両アンダーパスを結び、さらに地上への出口を併設したトンネル。
全延長約1kmの間に3箇所設置されるのだそう。

南側の工事状況
南側のアンダーパス工事状況

南4条から南大通の1~4工区はご覧の通り、重機もなく、雪がうっすら積もっています。

北側の工事状況
北側のアンダーパス工事状況

北大通から北3条までの5工区、国道12号工区、6工区は、工事車両等が何台も停まり、スッキリと除雪されてました。
電気工事でも、しているのでしょうか。

平成19年12月17日~平成20年1月20日までの、工事内容と日程は、つぎのURLで確認できます。
http://www.e-sousei.com/archives/images/koutei07.12.17~.pdf

ちなみに前回の11月にあった、カエルポールは見当たりません、残念!
創成川通アンダーパスの完成は、平成20年12月頃だそうです。あ~、あと1年かぁ~

その間、肝心の創成川はというと・・・
土中にパイプが通され、そこを流れています。
北3条以北で、ふたたびその姿を地上に現します。

以上、クリスマスとお正月の買出し客で賑わう、慌しい札幌の中心から、ヌマチチブがお届けしました。

*本日記は、創成川通アンダーパス工事・公式ブログを参考に書いています。
http://www.e-sousei.com/

テーマ:札幌/北海道の地域ネタ - ジャンル:地域情報

たくさんの不思議
久々に琴線に触れた本を紹介します。
あっ、わたしの琴線、通常より曲がっていて、チューニングが必要ですのでアシカラズ!


『月刊たくさんの不思議』
という小学校高学年向きの月刊誌をご存知ですか?

『月刊たくさんの不思議』は福音館書店出版の、「本物の知る喜びが味わえる小学生の月刊誌(700円)」を謳い文句に、
1冊1テーマ、科学・生活・歴史などあらゆるテーマを、それぞれの専門家、、、
旬な言葉で言えば「ガリレオ」達がわかりやすく、かつ新鮮な切り口で、じっくり掘り下げるという、子ども向きなんだけど本格的な専門書といえます。
http://www.fukuinkan.co.jp/magazinedetail.php?maga_id=8

たとえば、今年発行した全テーマです。

2007年12月号 りんごの礼拝堂
2007年11月号 山と海をつなぐ川のおまつり
2007年10月号 トルコのゼーラおばあさん、メッカへ行く
2007年9月号 大きな 巨きな木
2007年8月号 モグラの生活
2007年7月号 西表島のマングローブ
2007年6月号 アリクイサスライアリ
2007年5月号 コアジサシ ふるさとをなくした渡り鳥
2007年4月号 ぼくたちのロボット
2007年3月号 消えたエゾシロチョウ
2007年2月号 あみださま大修理
2007年1月号 知床 わたしの動物カレンダー

おもしろそうでしょ! 全国に発売してるのですが、北海道が舞台のテーマが結構あります。
わたしは、ちょっと古い号を読みました。それは、やっぱり・・・

1999年7月号(第172号)
『時をながれる川』 著/古沢 仁氏(札幌市博物館活動センター学芸員)
古沢学芸員の時をながれる川


この名前にピンと来た方は、かなりの発掘好き!
古沢学芸員は、サッポロカイギュウ発掘時、よく新聞やTV等に登場した方です。
札幌市博物館活動センターの行事でも、活躍されているようです。

わたしも今夏、札幌市役所ロビーのサッポロカイギュウ展で、はじめてサッポロカイギュウと古沢さんを見ました!
子ども達にやさしく、そして熱く、化石について教えていた姿が印象に残ってます。


さて、『時をながれる川』
その川は、知る人ぞ知る、化石の川こと沼田町の、幌新太刀別川(ほろにたちべつがわ)です。

代表的なタカハシホタテやヌマタネズミイルカ、ヌマタカイギュウなどが発見された、化石ファン垂涎の川。
また最近では、化石発掘体験が学校単位や親子参加で行われ、大変人気が高いそうです。

幌新太刀別川は、下流から上流に遡るほど、発掘された化石の年代も遡っていくそう。

古沢さんに誘われ、まるで、古代へ・古代へとタイムスリップしていく。。。
不思議な感覚です。

それは、この本には現物の写真が載っていないからかもしれません。表紙のような、絵で表現していきます。
下流でイネ科の化石が発見されたので、「大昔、ここは湖だった」と言われると、パァーっと想像できるんですね、風景が。

そういうわかりやすさが、わたしには丁度良いのです!
絵本感覚で読めるし、楽しみながら知識が入っていく感じ。
この絵、すべて古沢さんが描かれたそう。一芸に秀でる方は、なんでも器用ですね!


札幌市立中央図書館にありますので、お子様がいる方は、一緒に読んではいかがでしょう(ごめんなさい、市外の図書館にあるかどうかはわかりません)。

最新刊は購入、年間購読できます。
くわしくは、福音館書店の公式ホームページへ
http://www.fukuinkan.co.jp/magazinedetail.php?maga_id=8

一番の感想は、、、
現代と古代をつなぐ不思議な川・幌新太刀別川をこの目で見たい!!!

ナルホド、そうだったのか。。。
この本を読むと、本物の川に行ってしまうという、オチまで計算に入れて書いたのかどうかはわかりませんが、
幌新太刀別川でタカハシホタテを堪能した後、ほろしん温泉に浸かってホタル鑑賞~
来年の楽しみを発掘してしまいました!


テーマ:札幌/北海道の地域ネタ - ジャンル:地域情報

郷土料理百選、決定!
農林水産省が、
全国各地の農山漁村で受け継がれ、かつ「食べてみたい!食べさせたい!ふるさとの味」と国民に支持される郷土料理を、国民投票と専門家により選定していた、

郷土料理百選

結果がついに発表され、北海道からは3品選ばれました。
農林水産省 郷土料理百選:http://www.rdpc.or.jp/kyoudoryouri100/

3品選ばれた都道府県は、北海道を入れて5つだけ。
農山漁村で発展した北海道が評価され、うれしいですね!


では選ばれた、北海道の郷土料理を見ていきましょう。

まずは、石狩に伝わる「石狩鍋」

これは大本命で、当初から候補に名前が挙り、石狩市もプロジェクトを推進するなど、全国で人気が高い。

そして、「ジンギスカン」

有名どころは滝川、長沼でしょうけど、士別サフォークなど道内各地においしい味あり!

最後は「ちゃんちゃん焼き」

石狩鍋同様、サケ漁の漁村で受け継がれた漁師の味です。

また、「御当地人気料理特選」という特別枠を設け、農山漁村や歴史にとらわれない、人気メニューも選定。
この枠には、「ウニ・イクラ丼」と「スープカレー」が入っていました。

郷土料理百選の全結果は、下のURLに掲載されています。
http://www.maff.go.jp/j/press/nousin/soutyo/pdf/071218-02.pdf


百選なのに、じつは99品しか選んでないのですね~
最後の一品は、あなたが決めてください、ということだそう。
うぅーん、管理人ゆかりの「室蘭やきとり」も入れてほしい。

さて、北海道では、道産品を使ったさまざまなメニューが開発されています。
その一方で、故郷の味が脚光を浴び、それが各地の振興に役立つのは、大変いいことだと思います。

選ばれた3品は、北海道では家庭料理としても親しまれていますが、
たまには、石狩浜で石狩鍋を、道東の港でちゃんちゃん焼きを、風景や人情とともに味わいたいですよね。

*料理画像すべて楽天

テーマ:札幌/北海道の地域ネタ - ジャンル:地域情報

琴似川・上流と下流の風景
先週末、ようやく恒例の予約を終えました。
世界一知られているカーネルサンタのパーチーバーレル!

すでに予約が満杯だそうで、2軒も回りました! ふぅーっ~
ここも偽装してたら嫌だな、、、

回ってる最中、水の臭いと音をかすかに感じたので、近寄ってみると~
上流の琴似川

琴似川でした。

・・・コンクリートで固められ、住宅街の中を流れていますが、ここは上流です。

琴似川は、札幌市中央区宮の森の南、盤渓峠の北東を源に流れる新川の支流(二級河川)。
琴似発寒川と合流したのち新川に注ぐ札幌市内の川です。

1年ぶりの雪の川です。まぁ、ベタ雪っぽいものの、
新雪をまとった川は、さらに清清しく水底までも透かして見せてくれるよう。

水量も少なく、サラサラいっちゃってます。
むかしから、洪水の多い地域に住んでる方は、今の冬の川が静かで一番安心なのでしょうね。


そしてこちらは、ウィキメディア・コモンズにアップされていた、両岸に新川通りが走る、下流の琴似川です。
新川通りに挟まれた琴似川

ここだけ見ると、川というより沢のような趣き。
低水路は水草と木々にびっしりと覆われています。が、両岸には車がビュンビュン走っているのです。

こう見比べると、琴似川の上流と下流の風景は逆な感じがしますね!

上流の盤渓は手付かずの自然がいっぱいですが、すぐ下流は古くからの住宅街。
標高も高いので、がけ崩れ対策等も施されてる川をよく見ます。

そして下流のこの琴似川は、新川通りに挟まれたために、ある意味で手付かずの自然に囲まれてます。
川沿いに遊歩道もないため、人が近寄る術は、橋以外に見当たらないのです。
これは、合流後の一部新川沿い(新川桜並木)にも言えます。

創成川が掘削されたことで、流れも変わってしまいましたが、創成川以東の旧河道の一部は旧琴似川として残っています。

テーマ:札幌/北海道の地域ネタ - ジャンル:地域情報

富岸川には落とし穴がいっぱい!
ここ数年、北海道でも、さまざまな遺跡や化石が発見されていますが、
この北海道新聞の12/14 記事には驚きました。

縄文期落とし穴379基 登別・富岸川遺跡 集中密度は道内最高
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/culture/65857.html

記事によると、
登別市を流れる富岸川の、富岸町「富岸川右岸遺跡」(約5300m2)は、6月に宅地整備予定地での試掘調査で見つかり、登別市教委のその後の調査で、

縄文時代の狩猟用落とし穴が、道内の遺跡の中で最高の密度で集中していることが判明したそう~

道教委では「未解明だった西胆振の縄文人の食料獲得方法を知る貴重な史料」とし、15日(土)に札幌で開かれた、遺跡調査報告会で発表された模様。


さて、この落とし穴ですが、
縄文時代中期から後期(約3700~4000年前)のもので、河岸段丘上に計379基ありました。
*河岸段丘(かがんだんきゅう) 河川に沿う階段状の地形。浸食作用により、もとの河床が現在の河床より高い台地になっているもので、土地の隆起や水量の変化などにより生じ、その回数に応じて何段かの段丘を形成する。河成段丘。(大辞泉)

穴は細長く、1m程の深さ。ここに、追い込まれて落ちちゃった獲物は~
シカだと思われるそうです。

記事に、落とし穴の写真が掲載されていますが。。。

この穴、、、追い込むとか誘い込むというより、ここに迷い込んだら最後、追い込んでる人も落ちそなぐらいの密集度! 縄文人の知恵と執念を感じます。
よくもまぁ~ こんなに大きな穴群が、今まで気づかれずに、そして落ちずにいたものです!
(結構、そっちの方がびっくりしちゃったり)


道教委によると、
これまで最高の穴群の密度は、「浜厚真3遺跡」(胆振管内厚真町)で、1000m2当たり49基。登別の遺跡は同71基となるため、北海道一だそうです。
同市教委は、周辺で見つかった土器の年代から、落とし穴は一度に全部が使われたのではなく、200~300年の間に少しずつ使用されたとみています。
シカ目線でいうと、ちょっと安心!

登別・伊達などの西胆振地域では、縄文人の集落は発見されていますが、落とし穴の発見例は少なく、狩猟方法が解明されていない「空白地帯」だったそう。
今回の富岸川遺跡の発見で、空白の時代が解明されていくのでしょうね。

北海道新聞の遺跡関係の記事でもう一丁!

道教委は、函館市の大船遺跡や青森市の三内丸山遺跡など道内4カ所と東北三県にある縄文遺跡群の、世界文化遺産登録を目指し、国内暫定リスト候補として文化庁に提案すると発表したそうです(12/13記事)
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/culture/65571.html

いやぁー、函館の大船遺跡って、すごい壮大ですね!

文化庁では、暫定リストから年1件を国連教育科学文化機関に推薦しているのだそう。
現在、暫定リストにあるのは、文化遺産七件、自然遺産一件。

津軽海峡をまたいだ縄文遺跡の広域遺産なんて、あまり例がないですよね?
選ばれなくとも、北海道と青森の、狩猟や採集等で定住した縄文の暮らしを知りたいものです。

<今回文化庁に提出された北海道の縄文遺跡>
大船遺跡(函館市)
http://www.city.hakodate.hokkaido.jp/minamikayabe/i_oohune_c1.html
北黄金貝塚(伊達市)
入江・高砂貝塚(胆振管内洞爺湖町)
http://www.pref.hokkaido.lg.jp/ks/sbs/joumon/remains/is_irietakasago01.htm
鷲ノ木遺跡(渡島管内森町)
http://www.town.hokkaido-mori.lg.jp/moriweb/04kyoiku/03bunka/bunka04-01.html

テーマ:札幌/北海道の地域ネタ - ジャンル:地域情報

北海道川検定―豊平川編回答
お待たせしました、、、回答編です。
大変長いのですが、読んでいただいて、豊平川を身近に感じていただければ幸いです。
■ 続きを読む。 ■

テーマ:札幌/北海道の地域ネタ - ジャンル:地域情報

北海道川検定―豊平川編
もう8ヶ月前の4月になりますが、
管理人の自己満足企画・なんちゃって北海道検定―石狩川編をアップしました。

ずいぶんと間隔が空きましたが、本人だけの楽しみなもんで、またやっちゃいます。

第2弾は札幌になくてはならない豊平川編です。
ご興味のある方、冬の夜長の暇つぶしに、ぜひチャレンジしてくださいませませ。

なにぶんにも素人が問題をつくってるため、誤りがあるかと思います。もし間違った箇所がありましたら、ご面倒ですが、教えてくださると助かります(汗)

豊平川・幌平橋



■ 続きを読む。 ■

テーマ:札幌/北海道の地域ネタ - ジャンル:地域情報

除雪に川が一役買ってます 2
ここ最近、北海道や東北の一軒家やマンションに、融雪槽が多く見られるようになりました。
融雪槽は、雪ハネした雪を溶かす装置です。

市町村からの補助制度等もあって、一般家庭の雪対策は進んでいます。
では、自治体の対策はどれほど進んでいるのでしょう?

前回は河川敷の雪堆積場について紹介しました。
ただ、一般的じゃないですよね。

今回は、地域につくられた、川を利用した除雪施設です。

っと、その前にご当地グッズ。
ママさんダンプに続き、こちらも冬の必需品!
その名も「雪ハネ

使いやすい角度に設計されてるのが特長!

もう一丁! 「氷割り



さて、『消流雪用水』とか『流雪溝』という言葉を聞いたことはありますか?

流雪溝は、道路の両側に設けた側溝に河川等の水を流し、10m位の間隔で設けた投入口から路上の雪を投げ入れ、水の流れを利用して近くの河川まで運ぶ施設です。
この施設を取り入れ、豪雪地でもスッキリとした街並みを確保している自治体があります。

<奈井江町>
「福祉」をまちづくりのテーマに掲げる奈井江町は、下水処理水を利用した流雪溝と融雪槽が市街地に整備され、住民達は「国道12号砂川市内流雪溝管理運営協議会」を設立し、お互いに助け合って除雪作業をしています。
*流雪溝が整備された奈井江町の街並みが、石狩川流域下水道奈井江管理センター公式HPに掲載されています。
http://www9.ocn.ne.jp/~ishiryu/page026.html

<長沼町>
札幌からほど近い人気の「ながぬま温泉」を擁する長沼町も画期的!
市街地内の国道・道道・町道の一部に、なんと、ながぬま温泉の排湯を流す「ながぬま融雪溝」を整備しています。
*長沼町公式HPに、くわしい内容が掲載されています。
http://www.maoi-net.jp/maoi/town01/3_2.html

<旭川市>
北海道第2の都市・旭川市は、マザーリバー忠別川を活用しています。
「旭川市中央地区流雪溝」は、忠別川の水で雪を運んでいます。国道12号と39号旭川市4条通り地区では、「ボランティア・サポート・プログラム制度」を設置し、投雪ボランティア活動がなされています。
*北海道開発局旭川開発建設部公式HPに、「流雪溝投雪ボランティア」活動が掲載されています。
http://www.as.hkd.mlit.go.jp/road1/asdj/news/07030201/index.html

<札幌市>
北海道の人口の約3割を占める札幌市の除雪対策には、まだまだ満足がいかないという市民も多いと思います。
「藻岩下流雪溝」は藻岩発電所の放流水を流して山鼻川へ。「安春川流雪溝」「新琴似流雪溝」は創成川処理場からの下水処理水を流して安春川へ。
「発寒流雪溝」は新川処理場からの下水処理水を流して琴似発寒川へ。「琴似流雪溝」は新川下水処理場の下水処理水を利用して琴似川へ、、、などなど。
*札幌市公式HPに、市内に整備された流雪溝がくわしく掲載されています。
http://www.city.sapporo.jp/kensetsu/yuki/jigyou/ryusetsukou.html
もっともっと増えてほしいものです。

なお、名寄市や倶知安町といった豪雪地帯のまちの幹線道路にも、流雪溝が整備されています。

やっかいな除雪ですが、流雪溝が整備された地域をみると、スッキリとした町並みとともに、助け合いのコミュニティが育まれているようです。
冬の朝の、ご近所同士の会話のやりとりが浮かんできて、あったかな気持ちになりますね。


テーマ:札幌/北海道の地域ネタ - ジャンル:地域情報

除雪に川が一役買ってます 1
なんだか札幌以外は順調に(汗)、雪が積もっている初冬の北海道。
雪が積もると、とにかく除雪に冬期間、頭を悩まされますねぇ~

この除雪と川との関わりを、2回に分けて紹介しようと思います。

見えずらいですが、画像は北海道の冬の暮らしに欠かせぬ、その名も・・・
ママさんダンプ
必殺!ママさんダンプ

かよわい奥様でも、楽に除雪ができるという理由で命名されたと聞いたことがあります。

こんな形の除雪器具です(楽天ショップから)

余談ですが、北海道では除雪のことを「雪ハネ」と言います(ピンハネではございません)。


さて、ゴミ同様、雪はどこに捨ててもいいわけではありません(強調します)
所定の雪捨て場に運ぶことがルールです。

河川敷の一部は、冬期間、雪堆積場として町中から集まった雪が、大きな大きな雪山になります。
札幌市でも、豊平川の一部河川敷に、2月~3月頃になると、大きな雪山を何箇所か見ることができます。

ちなみに、札幌市の現在の雪堆積場開設状況が、公式HPで見られます。
http://www4.city.sapporo.jp/cgi-bin/kensetsu/yuki/show_taiseki.cgi
札幌は、中心部が積雪のない状態なので、まだ2箇所しか開設されていません。

では、早くも大雪に見舞われている旭川市の雪積載場市民開放箇所の開設状況です。
(旭川市公式HP)
http://www.city.asahikawa.hokkaido.jp/files/dobokuzigyousyo/taisekizyounatu.html
美瑛川・牛朱別川・石狩川等の雪堆積場はすべて開設してますね!


雪といえば、白くてきれいなイメージですが、積もった雪の中には小さなゴミやチリ、菌なども含まれていることがあります。雪は積もると密封してしまいます。
雪が解けた春先、空き缶等が再び表れる事は、よくありますね。

そんなゴミ等を含んだ雪を、河川敷に堆積させて、川の水質はだいじょうぶなの?

豊平川を管理している北海道開発局石狩川開発建設部によると、
「ゴミの混入・流出防止に努めるとともに河川水の水質調査を実施していただいています。
また、春先の融雪や降雨により河川が増水したときに流れの支障とならないように、さらに、豊平川の河川敷は、市民の憩いの場として広く使用されている公園の利用に支障とならないよう、札幌市には堆積した雪を崩すなど所用の措置をとっていただいています」


都市部の雪はゴミ問題に似ていて、捨てる場所の確保が大変です。
雪のない季節は憩いの場となる河川敷も、冬は空き地状態になるので、雪の処理に使われるのは良い事だと思います。

ただし、当たり前ですが、ゴミを捨てないようにして、川の水質が損なわれぬようバランスよく、活用したいものです。

テーマ:札幌/北海道の地域ネタ - ジャンル:地域情報

ことわざで見る川
急に思い立って、
日本に伝わることわざや四字熟語の中から、川に関するものを調べてみたくなりました。
いいのあるかなぁ~


まずは、ことわざ編!
絵文字名を入力してください魚心あれば水心
《魚に水と親しむ心があれば、水もそれに応じる心がある意から》相手が好意を示せば、自分も相手に好意を示す気になる。相手の出方しだいでこちらの応じ方が決まること。
絵文字名を入力してください尾鰭を付ける
実際にないことを付け加えて話を大げさにする。
絵文字名を入力してください河童の川流れ
泳ぎのうまい河童でも、水に押し流されることがある。その道の名人でも、時には失敗することがあることのたとえ。
絵文字名を入力してください水魚の交わり
《「蜀志」諸葛亮伝から。劉備が諸葛孔明と自分との間柄をたとえた言葉》水と魚との切り離せない関係のような、非常に親密な交友。
絵文字名を入力してください立て板に水
よどみなく、すらすらと話すことのたとえ。
絵文字名を入力してください逃がした魚は大きい
手に入れそこなったものは、惜しさが加わって、実際より価値があるように思われるものである。釣り落とした魚は大きい。
絵文字名を入力してください背水の陣
《「史記」淮陰侯伝の、漢の名将韓信が趙(ちょう)の軍と戦ったときに、わざと川を背にして陣をとり、味方に退却できないという決死の覚悟をさせ、敵を破ったという故事から》一歩もひけないような絶体絶命の状況の中で、全力を尽くすことのたとえ。
絵文字名を入力してください柳の下にいつも泥鰌は居ない
柳の下で一度泥鰌を捕らえたことがあったといっても、いつでもそこに泥鰌がいるとは限らない。偶然の好運は何度もあるものではないたとえ。
絵文字名を入力してください渡りに船
必要な物がそろったり、望ましい状態になったりして好都合なこと。

こう見ていくと、「川」が主役のことわざは、「河童の川流れ」「立て板に水」「背水の陣」「渡りに船」あたりでしょうか。
なんとなく、、、カッコイイ~のないですね。

これが四字熟語になると、凛とします。


四字熟語編
絵文字名を入力してください一衣帯水
《「衣帯」は帯のこと》ひとすじの帯のような、幅の狭い川や海。また、それを隔てて隣り合っていること。
絵文字名を入力してください山紫水明
山は日に映えて紫色に見え、川の水は澄んで清らかであること。山や川の景色が美しいことをいう。
絵文字名を入力してください水清無魚
絵文字名を入力してください千山万水
《「せんさんばんすい」とも》多くの山と多くの川。
絵文字名を入力してください明鏡止水
《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。
絵文字名を入力してください落花流水
1 散る花と流れる水。2 《花が流水に散れば、水もこれを受け入れ花を浮かせて流れてゆく意》男に女を慕う心があれば、女もまた情が生じて男を受け入れるということ。

*水の四字熟語は水資源開発公団の広報誌「水登ともに」(みずとともに)平成7年2月号 から平成10年2月号まで掲載されたものを、水資源機構の公式サイトでアップしています。
http://www.water.go.jp/honsya/honsya/referenc/material/jukugo/index.html


景色がパァッと浮かぶような言葉ばかり。最後の「落花流水」は艶があるし。
人生で言えば、「渡りに船」がいつも続いてほしいものです!

四字熟語は、川のある風景を表現する時に使いたい言葉が多いですね。
その前に、、、読み方を覚えなければなりません。


*言葉の意味は、Yahoo辞書機能を使いました。

テーマ:札幌/北海道の地域ネタ - ジャンル:地域情報

それはイシカリワカサギ!?
全国的に寒気が入り、寒い日々が続いていますが、
道央の水辺が結氷するには、もうちょっと寒さが必要なようですね!

最寒のワカサギ釣り場と言われる朱鞠内湖は、どれぐらい結氷が進んでいるのでしょう。。。
ワカサギ

(ワカサギ)

さて、北海道には「イシカリワカサギ」という、固有種が棲んでいます。
おもに石狩地方に分布しているから「イシカリワカサギ」。
石狩川や、石狩川の旧川(三日月湖)や沼に多くいるようです。
釧路地方のシラルトロ湖、塘路湖や達古武沼にもいるのだとか。

このイシカリワカサギ、見た目はワカサギとそっくりで見分けがつかないのですが、少し黒っぽいと言われます。
味もきっと変わらないのでしょう~

終生淡水で生活するイシカリワカサギは、1年で成熟し、春に湖岸や沼で産卵します。
岸の草や木の根に卵を産みつけ、卵は20~30日でふ化する。
親魚は産卵後も生き残って再び産卵するものもあるそうですが、イシカリワカサギは1年で漁獲の対象となるため、生残率を正確につかむことは困難なのだそう。

石狩川や塘路湖では採卵ふ化放流を行っていますが、
まだまだ情報が少なく、専門家による調査も必要な魚の一種と言われています。
*「第2回自然環境保全基礎調査の概要」から引用
http://www.biodic.go.jp/reports/2-3/a246.html

いずれにしろ、釣り上げたワカサギは、イシカリワカサギかもしれません。
日本淡水魚図鑑に、イシカリワカサギの画像が掲載されていました。
http://a21.chip.jp/kawanoi/album/c_index.php?tnum=16
釣果ともども、そのワカサギが黒っぽいかどうかチェックしてみるのも、楽しいかもしれません。

釣りをしていると、水中で獲物がどんな様子なのか、気になりませんか?
You Tube を見ていたら、水中でのワカサギの様子がアップされていました。
かっわいいですねぇ~ でも、やっぱり、なかなか食ってはくれません。

FISHEYE0829さん「釣果UPの秘密!ワカサギ水中捕食シーン」
(動画時間 2分1秒)



2007・2008北海道ワカサギ釣り場と温泉

テーマ:札幌/北海道の地域ネタ - ジャンル:地域情報

第16回ひろお海鮮山鮮まんぷく祭り
十勝管内の最南端に位置し、
町の東に太平洋、西は日高山脈、各河川が山から海を目指す、海・山・川三拍子揃った豊かな広尾町

なんといっても、広尾の名を高めたのは、「ひろおサンタランド」ですね!
早いもので、その季節がやってきました。

ノルウェーが認めた国外初、日本で唯一のサンタランドは、広尾町字広尾の大丸山森林公園にあります。
園内にはイルミネーションが灯り、クリスマスムード一色のようです。

そんな広尾の幸を満喫できるイベントを紹介します。


第16回ひろお海鮮山鮮まんぷく祭り  12月9日(日)9:00~14:00

大きな釜でゆで上げられた、ゆでたての毛ガニは大人気!
想像するだけで、旨そう~

シシャモ、ツブ、イカやタコなど広尾の味覚を楽しめるほか、広尾産の上質な新巻鮭やイクラ、筋子などの販売や、特産品が当たるお楽しみ抽選会も行われます。


シーサイドパーク広尾は、キャンプ場や資料館等もある広大な臨海公園。
楽古川や新生川の河口に位置しています。
シーサイドパーク広尾
シーサイドパーク広尾特設会場(広尾町字野塚)
01558-2-0177広尾町水産観光課

テーマ:札幌/北海道の地域ネタ - ジャンル:地域情報

エコな試み!
ちょっと前の話ですが、テレビ朝日の報道ステーションの特集で、
特別レポーターの長野智子さんが、アイスランドの氷河について取材された放送を見ました。(11/30「知床の番屋」での人とヒグマの共生も素晴しかった)

どんどん氷河は溶けているのですが、氷河が溶けると海流が変わる可能性もあるそうですね。
趣味も兼ねて、北海道の魚について、ますます注意深く観察しようと思います。

さてアイスランドでは、エネルギー対策や環境問題に、国を挙げて取り組んでいて、
地熱を最大限に利用したり、生ゴミからメタンガスを取り出し車を動かしたり、将来は化石燃料に一切頼らない暮らしを実現する計画なのだとか・・・

とにかく、終始感心して見入ってしまいました。

ここまで最先端とは言えませんが、
北海道のある街で取り組んでいる、エコな活動を紹介します。


オホーツク流氷トラスト運動

12月1日から、網走管内のホテルや旅館は、ちょっと涼しくなります。

オホーツク圏観光連盟と網走支庁は、暖房温度を低く抑える室温適正化運動を始めることを決めました。
また、2月第3日曜日(2008年は17日)を「流氷の日」に制定。
「ナショナル・トラスト運動」のように、多くの人々に参加してもらい、流氷の保全運動につなげます。

オホーツク海は、流氷が運ぶ豊富な栄養素が多様な生態系を成しています。
オホーツクの海産物が大きくて旨いのは、流氷が運ぶ栄養のためなのです。
流氷は、海岸沿いの街の産業をも支えています。

でも、流氷も地球温暖化の影響を受けているのです。
北海道庁によると、オホーツク海の流氷量は過去100年間で約40%減少しているそうです。

室温適正化運動は、ロビーや廊下の温度を冬は例年より2度ほど低めに、夏は冷房を2度ほど高めに設定します。
また、「流氷の日」には、ホテルや旅館に呼びかけ、戸外の電気を消し、客室やロビーの電灯を弱め、代わりにアイスキャンドルをともすイベントなどを考えているそうです。

流氷が来なくなるオホーツクを想像できるでしょうか?
観光客のみなさん、この運動への理解と協力を。


滝川天ぷら油燃料プロジェクト

これなら我が家も参加できそうです!

滝川市は使用済み食用油を燃料として再利用するため、12月1日から、一般家庭から出る油の回収を始めました。

市内9カ所に回収ボックスを設置。油が入ったペットボトルを回収ボックスに入れてもらい、市の担当者が回収する仕組みです。
回収した油は、市の公用車1台とごみ収集車4台、バス1台の燃料として活用、年間約2千リットルを回収した油でまかなう計画です。

滝川市では昨年5月、市内小学校の給食で使った食用油を回収、公用車1台の燃料に利用して燃費などを調査しました。回収方法もモニター調査等で検討。
結果、燃費は軽油と変わらないことがわかり、公用車のエンジンにもトラブルは生じなかったため、回収の枠を一般市民にまで拡大することを決めました。

これ、すっごく画期的で、良いアイデアだと思いませんか?
日本全国に広がってほしいですね! ホテルや飲食施設など、大量に食用油を使うところにも、どんどん参加してもらって。


アイスランドを見習って、あらゆる方法でエネルギー問題と地球温暖化問題に向き合うことが大切ですよね。


テーマ:札幌/北海道の地域ネタ - ジャンル:地域情報

決戦の地・川中島!
さぁー、いよいよ明日12月2日から、
NHK大河ドラマ風林火山「いざ、川中島」が始まります!
http://www3.nhk.or.jp/taiga/


甲斐の守護・武田信玄と、越後の守護・上杉謙信。
戦国の巨星2人が、12年間に渡り争い続けた決戦の地が川中島です。

その中でも第四次合戦=別名「八幡原の戦い」が、
一般が記憶するところの「川中島の合戦」だと思います。
日本史史上、多くの死傷者を出した壮大かつ知略を尽くした闘いでした。

目指すは、総大将の首のみ!

運命とは時に酷で、神はいつも気まぐれです。
この両雄を京都から隔て、名だたる武将が血で血を洗う激戦地の、後に隣合う国に生を与えたのだから。。。

流れを変えて水攻めにしたり、敵を誘い込んだり、
川は合戦の舞台や戦術として使われてきました。
そういった視点から、川中島を見ていきたいと思います。
(以下、川中島の戦いのネタバレになる箇所有)


■ 続きを読む。 ■

テーマ:信州 - ジャンル:地域情報


北海道川マップ

豊平川ガイドマップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)
石狩川ガイドマップ
(財団法人石狩川振興財団より)
天塩川マップ
(北海道開発局旭川開発建設部より)
釧路湿原周辺拡大地図
(北海道開発局釧路開発建設部より)
尻別川利用マップ
(北海道開発局小樽開発建設部より)
鵡川河口干潟の自然
(苫小牧地方環境監視センターより)
常呂川流域親水マップ
(北海道開発局網走開発建設部より)
網走川流域親水マップ
(北海道開発局網走開発建設部より)
空知川ガイドマップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)
幾春別川りばーマップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)
雨竜川りばーマップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)
砂川遊水地周辺マップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)

空から見た蝦夷の川

空から見る石狩川
空から見る天塩川
空から見る夕張川
空から見る湧別川
空から見る常呂川
空から見る亀田川

ブログ内検索

北海道防災情報

国土交通省川の防災情報・北海道版
北海道防災(北海道の防災情報ポータルサイト)
あなたの町のハザードマップを見る

石狩川のネットマガジン・川と人

石狩川振興財団が制作・発行する「川と人」は、大河石狩川と水系の歴史や治水、石狩川が流れる流域市町村の歴史や最新情報、レジャースポットなどを、川の専門的な視点でまとめています。
川と人

川遊びグッズ

子どもでも簡単!


いつも売切れな川靴


雪の中でも楽々~


いざ!という時に投げる
P-136K型

転倒時に頭をガード
ヘルメット・プロテック・フルカットWHT

命のライフジャケット
子供用ライフジャケット(小児用)TK-13B

川へ、蝦夷へGO



北海道のお天気は?


-天気予報コム- -FC2-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。