いらっしゃいませ

プロフィール

ヌマチチブ

Author:ヌマチチブ
川は身近な自然であり、北海道の歴史を物語ります。
そんな北海道の川の素晴らしさを、わかりやすく、老婆心も交えつつ、お伝えしたいと思います。

間違ってる箇所も多々あると思いますので、よろしければ教えてくださるとうれしいです。
どうぞ、ごゆるりと・・・
………………………………………
ヌマチチブとは、日本中に広く分布する頭が大きくずんぐりしたハゼ科の魚。顔を中心に無数に斑点があるのが特徴。
いわゆる雑魚で、「釣った」と思った瞬間、ガッカリ感と笑いを誘う、憎いあんちきしょー!

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

08 | 2008/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

月別アーカイブ

北海道川原版へようこそ

お勧めブログ&サイト

このブログをリンクに追加する

問い合わせ等

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

RSSフィード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

北海道川原版
北海道の川のイベント、施設、川魚、植物、アウトドアや歴史、自然写真。 川原から北海道をめぐる情報ブログです。
かなやま湖で砂金掘り&ネイチャーゲーム
南富良野町のかなやま湖で、
10/5(日)に砂金掘り&ネイチャーゲームが行われます。
「かなやま湖塾」という試みの第2弾だそうで、どちらも専門家のガイド付なので、未経験でもOK!

ネイチャーゲームとは、自然体験プログラムで、そこにある自然を使って、色々な遊びをします。ゲームは現在100種類余りあるとされ、指導員の資格制度もあるそうです)

◆9:30分までに、金山地区コミュニティセンター駐車場集合
◆定員30名  10月2日(木)締切!
◆参加費:500円
◆持ち物:飲み物、お菓子、合羽(またはウインドブレーカー)、長靴、濡れても良い服装、タオル、軍手、スコップ
◆雨天決行、12時頃解散予定

<申込・問合せ>
カナダム(金山ダム水源地域ビジョン推進連絡会)
0167-52-2660(ビーバーカヌー内) 小林まで


嗚呼~ 憧れの砂金掘り アップロードファイル

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 北海道情報へ

テーマ:札幌/北海道の地域ネタ - ジャンル:地域情報

撮ったどぉ~
寒々しかった今日、千歳川の鉄道橋で、みっけちゃいました!
千歳川と列車
なんとか撮ったどぉ~ 逆だけど。切れたけど。
走るJR北海道・旭山動物園号です(↓画像をクリックすると、少し大きなサイズで見られます)
旭山動物園号のおしり
水色は5号車ペンギン号、緑色は4号車チンパンジー号、黄色は3号車ライオン号で、2号車オオカミ号と1号車ホッキョクグマ号につづきます。
くわしい内容は、JR北海道・旭山動物園号

黄色のビートル3台見た日みたいに、なんだかラッキーが訪れそうな気分になりました。
でも、待ってたのは試練でした、、、今日は疲れたぁ~

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 北海道情報へ

テーマ:札幌/北海道の地域ネタ - ジャンル:地域情報

この風見鶏は・・・
遠くから見ると、風見鶏が設置された、こじゃれた公園の時計。
江別のまちを紹介し尽くす、優秀な公園の時計
でも、近づいて見てみると、、、、
ホラ、ホラァ~ 志村、上! 上!

江別市内数箇所にコロニーがあるアオサギ
鳥がアオサギです! 江別市内には、野幌森林公園をはじめ、世田豊平川など、アオサギのコロニーが数箇所あります。もはやアオサギは、江別の市の鳥と言ってもいいかも。

ここは、昨日も紹介したJR江別駅正面の三角公園。
この時計はこれだけに終わらず、、、「じつにおもしろい! 」

もちろんレンガがあしらわれ、中心部分は、江別市内在住の陶芸家の作品を展示。
やきもの作品のショーウィンドウも兼ねる
レンガで培われた「やきもののまち」をPRする、センス溢れる工夫ですね!
江別では毎年7月に、やきもの市も行われ、江別市セラミックアートセンターもあり、匠の心が脈々と流れています。

今週土曜27日は、「江別の川を知り、学び、楽しもう」(石狩川エコミュージアムの形成に向けて)というイベントが、10時から15時まで、江別河川防災ステーション(千歳川と石狩川合流点、大川通り)を拠点に、行われます。

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 北海道情報へ

テーマ:札幌/北海道の地域ネタ - ジャンル:地域情報

煉瓦と江別土器の噴水
江別市では、現在でも煉瓦が特産品で、市町村別生産量は日本一を誇り、北海道遺産に選定されています。
煉瓦のまちとして、街中のちょっとした施設やモチーフに煉瓦が使われ、散策する楽しみがあります。

JR江別駅前に三角形に広がる通称三角公園の、煉瓦の噴水「ふれあいの滝」
三角公園のシンボル、ふれあいの滝
ふんだんに使った煉瓦と水のシャワーとのコントラストが美しく、ライトが点灯する夜は、レトロロマンチックな雰囲気なのだとか。

見所はこれだけではありません!
出水口を見てみると…
取水口はなんと江別土器!
江別市内の古墳から出土した縄文式土器を、市民ボランティアグループが再現して、5つ取り付けました。

ほら、種類も違うんですよ~
5つの江別土器はすべて違う
石狩川左岸の対雁の坊主山と呼ばれる砂丘から出土された、縄文時代から擦文時代にわたる江別式土器は、江別市郷土資料館で多数展示されています。
対雁地区は、気も遠くなるような大昔から人が住んでいた場所で、わりと近代では、サケ漁が営まれ、冒険家・松浦武四郎も、「遠山の金さん」のお父上・遠山金四郎景晋も、蝦夷地調査の過程で一休みしたと伝わる、いわば神聖な場所です。

江別の散策日記は、もう1回つづきます。
今週土曜27日は、「江別の川を知り、学び、楽しもう」(石狩川エコミュージアムの形成に向けて)というイベントが、10時から15時まで、江別河川防災ステーション(千歳川と石狩川合流点、大川通り)を拠点に、行われます。

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 北海道情報へ

テーマ:札幌/北海道の地域ネタ - ジャンル:地域情報

江別市火薬庫、レンガの匠
JR江別駅にほど近い、萩ヶ岡地区の江別小学校への、坂道の途中にある市指定文化財。
市文化財を記す標

屯田兵施設の中で唯一の、煉瓦でできた火薬庫です。
煉瓦作りの希少な火薬庫
明治19年頃に建てられたとされ、字の如く、当時は火薬を収納した施設だと思います。
うっかりすると見逃してしまいそうな、小さな建造物ですが、よぉーく観察すると、当時の煉瓦装飾の匠に触れることができます。

軒先にほどこされた意匠。
本体とは違う、色と大きさの煉瓦を使い、模様のように見せたり、
1個置きに凸凹に配置して、すきっ歯のように見えることから、「デンティル」と呼ばれる手法を使って装飾しています。
煉瓦の匠」
また、瓦屋根も大変珍しいものです。

火薬庫に関するくわしい説明は、当地に設置されていた説明板をクリックすると、大きな画像で見られます。
火薬庫の歴史を記す看板

今も色あせぬ、煉瓦の意匠。
江別には千歳川沿いに、煉瓦造りの倉庫も残されています。

今週土曜27日は、「江別の川を知り、学び、楽しもう」というイベントが、10時から15時まで、江別河川防災ステーション(千歳川と石狩川合流点、大川通り)を拠点に、行われます。
お天気が心配されますが、歴史深く、趣きを残す江別を楽しんでみませんか。

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 北海道情報へ


テーマ:札幌/北海道の地域ネタ - ジャンル:地域情報

23日はこたんまつり
日本第3位の長さを誇る、大河石狩川の中でも、
旭川市神居町「神居古潭」(カムイコタン)は、名勝地として知られています。

名勝地とともに、
アイヌ語で、神居(カムイ)は「神」、古潭(コタン)は「住む場所」という意味合いで、
両方を合わせると『神の住む場所』とされ、彼らが崇めた場所です。

荒々しい岩盤を叩きつけるような、激しい水の流れ、さらに深いところでは水深70mにも達する、難所でもあります。
川を交通路にしていた、むかしのアイヌの人達が、この地に特別な感情を抱くのも納得です。

自然の中に神を見、この世の万物に神が宿ると信じる人々が、感謝の祈りを捧げる―
伝統的な装束に身を包み、古式にのっとった神聖な儀式は23日に行われます。
カムイノミ(祈りを捧げること)をした後、使われたイナウ(木幣)は石狩川に捧げられます。

こたんまつり 9月23日(火) (旭川市神居町神居古潭)
こたんまつり実行委員会 (0166)23-0090

● アイヌ伝統儀式(カムイノミ・イナウ式)
● アイヌ民族楽器(ムックリ)の演奏
● その他餅つき、スタンプラリー、地域農産物即売会など

神々がつくりし景勝は、とくにこれからの紅葉期が素晴しい。

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 北海道情報へ

テーマ:札幌/北海道の地域ネタ - ジャンル:地域情報

篠津運河と篠津運河水門
月形町を流れる石狩川の、石狩川頭首工から取水し、篠津原野の中央を貫流し、江別市まで水を運び、泥炭地域の排水も兼ねる篠津運河。

篠津運河水門から上流側を望む。
篠津運河上流風景
下流を望む。
篠津運河下流風景
泥炭で軟弱地盤に篠津運河を掘り、一大水田地帯を造ったのは世界でもあまり例がなく、北海道の、そして日本の重大な歴史を語ります。

太平洋戦争時、日本はひどい食糧難と資源難に見舞われ、未墾地の多い北海道に疎開者を入植させるという対策がとられていました。
そして敗戦後、食糧難と資源難に加え、海外からの復員や引揚者が本土に戻り、人口的な対策が急務となりました。

そこで、お金のなかった日本は世界銀行から資金の援助を受けて、最も有望な地に篠津地域が選ばれ、運河開削を柱とした大泥炭地の開発が行われました。
新たに約9千ha程の一大水田地帯ができ、本州からの入地が進みました。

明治の戊辰戦争・西南戦争の時もそうですが、日本が大変な時に、必要とされる北海道ですね。

そして篠津運河のシンボルともいえる篠津運河水門。
洪水防止のために造られた篠津運河水門
これは観測史上最大雨量となった、昭和56年洪水で、ここの運河の両岸に水が溢れ、被害が大きかったことから、対策に造られたものだそうです。

歴史を知らなければ、普通の構造物で通り過ぎてしまいますが、歴史の浅い北海道では、たいてい重要な史実があるものです。

ただ、、、
豊潤な地に生まれ変わった田畑を見たり、運河沿いに咲く野花を見たり、のんびりできるところでもありますよ。
水門周辺の野花1水門周辺の野花2


にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 北海道情報へ

テーマ:札幌/北海道の地域ネタ - ジャンル:地域情報

篠津川河口のコブは…
新篠津村と江別市を、くねくねと原始河川そのままのように流れる篠津川の最下流には、コブが2つあります。

地図で見ると、南に石狩川が大きく流れ、新石狩大橋と国道337辺りに、ラクダのようなコブが2つ見えます。
篠津川のコブ
その中でも大きな左側のコブは、もとは石狩川の蛇行部分だったそうです。
水害対策のため、川を真っ直ぐにした工事で、本川と引き離された、三日月湖とも古川とも呼ばれるものです。
有名なところでは、茨戸川が石狩川の古川です。

篠津川本来の河口は、右側の小さなコブだったのだそう。よく見ると、コブにつながって、くねくねと不思議な曲線を描く篠津川が見えます。流れ方も川の太さも、左のコブとは違いますね。
こちらの地域は篠津地区、大きなコブのあたりは中島地区。地名は地域の歴史を語ります。

そして先日、篠津運河の水門を見に行ったら、水門の向かって左手に、水鳥が羽を休ませるひっそりとした水辺を発見しました。
篠津川河口はむかしの石狩川
人を拒む湿地のように、周りを樹木、水中は水生植物が生えた、浅瀬の神秘的なところ!
帰ってきて調べてみたら、地図上でポイントした辺りの、、、

むかしの石狩川だったのです~
感動しました。
この辺りが泥炭湿地だったのは知っていますが、その名残を見た思いでした。

同じ石狩川の古川でも、石狩川川口近くの茨戸川とは、棲んでる魚も植物も水鳥も、違うのでしょうね。
現在の石狩川には、こういった古川がたくさん残されています。
むかしの自然を伝えてくれる古川。たくさんの発見があり、オススメです!

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 北海道情報へ

テーマ:札幌/北海道の地域ネタ - ジャンル:地域情報

サーモンファクトリーのグルメおにぎり!
今日のお昼も、JR札幌駅にあるノルテ・サッポロで「おにぎりセット」を食べるなど、最近、道産米の道産食材にこだわったグルメおにぎりをよく食べています。

その中でも、「キング・オブ・ザ・道産グルメおにぎり」と言えばこれ。
石狩川河口近くにある、佐藤水産サーモンファクトリーの名物、海鮮グルメおにぎり!
サーモンファクトリーの大きなおにぎり
この日は石狩まで行ったので、新港にまで足を伸ばしてみました。
手稲山をバックに「おにぎり3兄弟!」

種類は紅鮭2個、筋子1個。家族全員鮭が食べたかったのですが、わたしの時にすでに2個しか残ってなく、紅鮭をめぐるクライマックスシリーズを制して、見事手中に!

このおにぎりの特徴は、道産米を使い、北海道のサケなどの海鮮の具がたっぷり入って、、、
とにかくデカイ! ジャンボおにぎりとしても有名です。
1個だけでお腹いっぱい!
普通のおにぎりの2個分はあるかもしれない量で、お腹いっぱいになります。
ちなみに、お値段もコンビニのおにぎり2個分ちょっとなグルメおにぎりです。

夏は必ず石狩新港にドライブするので、10年前位から?、このおにぎり食べ続けてますが、こんなにパッケージがこじゃれるなんて。
前は駐車場の小さなスペースで売られていたのに。

なんて物思いにふけつつも、
「北海道の川には、まだベニザケは遡上していないな。試験的に取り組んでるところもあるようだけど。このベニザケは沿海ものかな?」なんて、余計な事に気を回しながら一気にいただきました!

千歳空港でも売られているようなので、一度この大きさを、ぜひ!
佐藤水産・新千歳空港店 新千歳空港ターミナルビル2F
佐藤水産・サーモンファクトリー 石狩市新港東1丁目54

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 北海道情報へ


テーマ:札幌/北海道の地域ネタ - ジャンル:地域情報

夕やけこやけのオサラッペ川
旭川市の隣り、
オオカミの桃」というトマトジュースで一躍名が知れ渡った、鷹栖町を貫流する母なる川、石狩川水系オサラッペ川
山に陽が暮れゆく、オサラッペ川
トマトジュースとともに、オサラッペ川にかかる北野橋は別名メロディー橋と呼ばれ、欄干に鉄琴が組み込まれ、叩きながら渡れば、童謡「夕やけこやけ」が奏でられる事もまた、有名。

この日は残念ながら奏でることはできませんでしたが、
周囲を丘陵に囲まれた純農村を、ゆるやかに蛇行しながら流れるオサラッペ川は、心にあるふるさとの風景を思い出させてくれます。

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 北海道情報へ

テーマ:札幌/北海道の地域ネタ - ジャンル:地域情報

江別の川を知り、学び、楽しもう!
道路がなかった時代、川が道路の役割を果たし、収穫された農作物や物資は船による舟運で、各地に運ばれていました。
江別市には中継地となる川の港があり、穀物などを保管する倉庫が、江別港からJR江別駅まで軒を連ねていたという。

そんな川との関わりが深い江別では、現在、まちと川との関わりをまちづくりに生かすべく、「石狩川エコミュージアム」の形成に向けた取り組みが、市民主体で行われています。

その成果を広く知ってもらうため、
9月27日(土)、かつて江別港があった、千歳川と石狩川合流点付近の、江別河川防災ステーション(江別市大川通6)を拠点に、「江別の川を知り、学び、楽しもう!」というイベントが開催されます。

<募集企画>
・舟運を思い起こさせる、約30分の石狩川水上散歩、弁天丸乗船
・篠津運河と篠津川近くの中津湖周辺のフットパス体験
・江別港付近での渡し舟の再現とまち歩き体験
・早苗別川で水生動物を採取する水辺体験

弁天丸乗船はほぼ定員に達していますが、それ以外は、まだ空きがあるそうです。
集合はすべて江別河川防災ステーションで、各所に送迎の無料バスが出ます。
申込はお早めに!

お問合わせ:石狩川エコミュージアムを考える会実行委員会
江別市野幌町30番地1 江別市民活動センター・あい
TEL 011-374-1460 FAX 011-374-1461

また、江別河川防災ステーションでは、イベント盛り沢山!
・ヤツメウナギ等、江別を流れる川に生息する水生生物の水槽展示
・洪水、治水を体験できる展示
・江別の川、まち、建物を当てるクイズ大会
・ヨットの展示、デモンストレーション
・魚に触れられるタッチングプール
・地元特産品販売            などなど

午前10時~午後3時まで 小雨決行

さらに詳しい内容はコチラ
場所はコチラ
江別河川防災ステーション

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 北海道情報へ


テーマ:札幌/北海道の地域ネタ - ジャンル:地域情報

中秋の名月な一日
今日はふわふわで白い雲が浮かぶ、きれいな青空でした!
ふわふわな今朝の雲
陽気と連休に誘われ、ぶらりと出かけました。

すでに頭が垂れた稲穂。おびただしい数のおじぎで迎えられました。
頭が垂れた稲穂
「こちらこそ、いつもお世話になっております!」

今日は道路のあちこちで、路上駐車する車が目につきました。
ご主人が道路沿いの草むらでウロウロ~
てっきりあっちかと思いきや(ってどっち?)、、、

奥方がススキを数本採っているではありませんか! その姿を隠していたんですね~
夫唱婦随のススキ採り。
水辺のススキ群
そういえば、2008年の中秋の名月は今夜、9月14日でした。
あのご夫婦達はお団子も用意して、お月見するのでしょうね。きっと今年は豊作!
2008中秋の名月
こういった昔ながらの慣わしを、すっかり忘れている自分を恥じてしまいました。
そういえば6時を過ぎると、ずいぶん暗い季節となりました。

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 北海道情報へ

テーマ:札幌/北海道の地域ネタ - ジャンル:地域情報

豊平区りんご並木
札幌市豊平区のシンボル、
環状通の豊平区役所から国道36号までの中央分離帯に植えられているリンゴ並木です。

これは「さんさ」という品種で、小ぶりですが果汁がたっぷり。とてもきれいな色になるそう。
カラスだって、そりゃあ狙います!
りんご並木のさんさという品種
さんさ以外にも、たくさんの品種が植えられ、赤く色づいていました。

ここは豊平区平岸地区ですが、明治の開拓時、土地が痩せているため、農作物の収穫は見込めないということで、開拓使顧問ホレス・ケプロンの提言で、りんごが広く栽培されました。昭和30年代の中頃まで、平岸にはリンゴ果樹園がたくさんありました。


まだ、食べ頃には遠いようですね~
もうちょっとで収穫
このりんご並木は、平岸りんごの歴史を今に伝えます。

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 北海道情報へ

テーマ:札幌/北海道の地域ネタ - ジャンル:地域情報

今年のお米は「やや良」
札幌近郊の米どころは、いよいよ9月末前後が稲刈りだそうです。
(天候等により異なる場合もあります)

頭は垂れていませんが、い~い感じに黄金色になりつつある稲穂。
実るほど頭を垂れる稲穂かな

農業関係者のお話によると、南空知の今年のお米は、「平年並」から「やや良」が予想されるそうです。
これはお米の作柄・生育状況を表す用語だそうで、反対の場合は、、、
縁起でもないので、やめときましょう。

道産米の新米が楽しみですね!
稲刈りまで、天候が崩れませんように~

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 北海道情報へ

テーマ:札幌/北海道の地域ネタ - ジャンル:地域情報

美原大橋と月形大橋で石狩川またぎ
昨日は、大好きな橋からの川またぎをしてきました。
まずは、美しい美原大橋!
美原大橋までのアプローチもまた愉し
この、美原大橋までの曲線のアプローチが、一気にワクワク感を煽ります!

キタァーーー!
橋を釣り上げる役割を持つケーブル達と主塔。遠くから見ても、真下から見ても、清潔で優雅で美しい~ この橋は、たとえるなら見返り美人ですね。男性的ではないです。
美原大橋の中心部
美原大橋は、江別市の石狩川に架かる全長971.0m(中央支間長340.0m)・幅員28.8m(片側2車線)の斜張橋で、国道337号(美原バイパス)の一部です。
石狩川の河口から数えて5番目に位置する橋で、平成17年に開通しました。
斜張橋は、吊り橋とも言われます。

そして、ちょっとお疲れのこちらは月形大橋。
年季の入った月形大橋
画像の中にバスが写っていますが、めっちゃ近くで通り過ぎて、怖いです。
そう、月形大橋は昭和44年に完成した曲弦ワーレントラス・活荷重合成箱桁で、道路の幅が狭いこともあり、現在すぐとなりに新橋が建設中でした。

ふたつの大きな橋から見た石狩川もまた、きらきらと陽を照り返して、美しかったぁ。
江別では、まるで湖のように大きな、日本有数の大河たる姿を、そして月形では、現在建設中の石狩川頭首工の、特徴的な姿が見えました。

じつに爽快な一日!

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 北海道情報へ

テーマ:札幌/北海道の地域ネタ - ジャンル:地域情報

初秋の精進川
北海道では連日、8月並の暑さがつづいていますが、
ナナカマドの実は真っ赤に色づいています。
真っ赤に色づいたナナカマドの実

豊平川に流れ込む、精進川最下流の河岸も、少しずつ色づき始めています。
初秋の精進川
ここは寒地土木研究所の近くで、春は両岸に桜の花が咲き、敷地内を流れる精進川と桜が一般公開されます。

また、札幌市豊平区中の島付近の精進川河畔公園は、北海道がふるさとの川づくり事業として、多自然型に整備し、住宅街の中に小さな滝があったり、カモがいつも泳いでいたり、住民の憩いの場になっていて、土木学会デザイン賞を受賞しました。
機会があれば、そちらの公園も紹介したいと思います。

精進川はこの時期になると、サクラマスが産卵のために帰ってきます。
産卵床もあり、自然産卵できる川で、住民が春にヤマメを放流しています。
どれどれ、サクラマスの姿は見えるかな?
サクラマスが遡上する?
・・・まだ旅の途中のようで。

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 北海道情報へ

テーマ:札幌/北海道の地域ネタ - ジャンル:地域情報

道東に大雨洪水警報
平成20年9月8日17時53分現在、「大雨・洪水警報」が出されている北海道の地域は、つぎの通りです。

北見地方
紋別南部
十勝北部


北見地方では、これから8日夜遅くまで局地的に激しい雨が降る予報です。
低い土地の浸水には、くれぐれも気をつけてください。

また、網走・紋別地方、十勝地方は、落雷や突風、ひょう、濃い霧による交通障害にも注意のこと。
北海道付近は、次第に高気圧に覆われてきますが、8日夜は気圧の谷が通過する見込みです。

9日は、カラリとさわやかに晴れる見込みです。


今日の午前は、札幌の観光名所・大通公園の噴水に食器用洗剤が混入され、一時、噴水全体が真っ白な泡で覆われるという事態に。
悪質ないたずらと思われ、道警は捜査にあたっているそうです。
除去されたので、現在はいつも通り、涼やかな水の芸術が楽しめると思います。

少し前は、大通公園の北端にある札幌市資料館の、前面に広がる美しいバラ園のバラが、伐採されるという事件もありましたね。
大通公園は、札幌の顔で、市民の憩いの場でもあるので、許せない事件です!

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 北海道情報へ

テーマ:札幌/北海道の地域ネタ - ジャンル:地域情報

上・中・下流の魚たち
ひとつの川でも、上流・中流・下流・河口で、地質も動植物も文化も産業も、そしてお天気だって違います。

個人的には、それも川の大きな魅力だと思っています。
まったく違う環境を形作っていく川― その中に生きる魚もしかり。
エゾウグイやドジョウと思われる



おもに上流に棲む魚
イワナ・アメマス・ヤマメ(北海道ではヤマベと言う)・サクラマス・カジカ・ハナカジカ・ニジマス・ブラウントラウト・オショロコマ

おもに中流に棲む魚
イトウ・ウグイ・エゾウグイ・ヤチウグイ・カワヤツメ・スナヤツメ・サケ・モツゴ・ドジョウ・フクドジョウ・トミヨ・イバラトミヨ・エゾトミヨ・ジュズカケハゼ

おもに下流に棲む魚
コイ・ギンブナ・ゲンゴロウブナ・ヌマチチブ・トウヨシノボリ・ウキゴリ

おもに河口に棲む魚
ワカサギ・マルタウグイ・シラウオ・ヌマガレイ

*秋田県を流れる一級河川雄物川水系川ナビMAPを参考に、北海道の一般的な魚を加えました。
*上流にエゾウグイやヤチウグイが分布するところもあり、イトウは季節によって棲む場所を変えます。また、成長段階で棲む場所を変える魚もいます。よって生息場所の明確な選別はできませんが、一般的に言われている目安とお考えください。


腕の問題は別として、上流に棲む魚は警戒心が強く俊敏なためか、なかなか釣れません。
中流の小さな魚は、草むらで上流から追い込みをかけると、タモ網に入ってくれたりします。
ハナカジカは石に隠れていたり。

上流・中流・下流・河口でも、魚によって潜んでいる場所も形も違って、おもしろい。
川は魚がいるだけで、数倍楽しくなります!

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 北海道情報へ

サケ川釣り調査、始まっています!
本来、川での釣りは禁止されている、サケマス釣りの試験的な釣り解禁である、「サケ有効利用調査」が、北海道の3つの川で始まっています。

石狩管内の浜益川(石狩市)は、今日5日からです。愛好家は今頃、大物と格闘しているかもしれません。

浜益川の「サケ有効利用調査」は、事前の申込が必要で、現在は2次募集を受け付けています(9月12日まで) 無制限利用権有り。
浜益川サケ有効利用調査 (サケ釣獲調査)
http://www.city.ishikari.hokkaido.jp/sightseeing/sightseeing/h-chiikis00300.html

なお、浜益川では、これから10月15日までの、毎日のサケ釣果をホームページで公開します。
速報!! 平成20年サケ釣獲情報
http://www.city.ishikari.hokkaido.jp/sightseeing/sightseeing/h-chiikis00301.html


釧路支庁の虫類川(標茶町)では、「忠類川サケ・マス有効利用釣獲調査」は始まっていて、10月末頃まで楽しむ事ができます。
こちらも事前申込が必要! WEBで申し込めます。シーズン利用権も有ります。
忠類川サケ・マス有効利用釣獲調査
http://www.salmon.jp/info/oubo08/index1.html

第1管理棟付近のヒグマも釣り人に負けず、活発な動きをしているようなので、注意が必要です!

こちらも釧路支庁の茶路川(白糠町)の「茶路川サケマス有効利用調査」も始まっていて、10月末までです。
現在は、第3次募集(9月14日まで)を受け付けています。シーズン利用権有り。

茶路川さけ・ます有効利用調査 申込方法
http://www.jf-shiranuka.or.jp/sake/turi-info.htm


いずれも有料で、対象魚種と上限数が決められています。
また、巡視を強化しているところもあります。マナーとルールを守って、楽しみましょう。

ところで釧路沿岸での秋サケ漁は、現在のところ、例年の半分以下の漁獲だとか。
ただ、昨年も出足が悪かったけれど、年をまたいで遡上がつづきましたからね。
まだまだわかりません!

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 北海道情報へ

テーマ:札幌/北海道の地域ネタ - ジャンル:地域情報

7日は釧路で船に乗ろう!
今週末の日曜日、釧路で船を使った海と川のイベントがあります。


監督測量船「たんちょう」に乗船して釧路港を見学しよう!!  

第13回釧路Oh!!さかなまつり』の中で、監督測量船『たんちょう』に乗って、エコポートとして環境に配慮した整備を行っている釧路港を見学できます。一般対象で無料!

平成20年9月7日(日)
9時30分、10:30、12:00、13:00 (計4回)
※天候等により中止になる場合があります。

受付:釧路副港市場マリントポス特設会場 釧路港「エコポートパネル展」ブース内で8:30~(先着順)
運航経路:東港区副港 → 西港区 → 島防波堤 → 東港区副港 (約30分)
問合わせ: 釧路開発建設部 釧路港湾事務所 第1工事課  0154-51-4381


釧路大漁どんぱくで手漕ぎ渡し舟「釧路ゆめこい渡し」

入舟3丁目岸壁~幸町緑地岸壁間を、3人一組の船頭さんが漕ぐ手漕ぎ舟がゆっくりと釧路川を運行します。もちろん無料。希望者は時間内に会場に行ってください。
平成20年9月7日(日) 10:30~15:00

なお、手漕ぎ渡し舟「釧路ゆめこい渡し」では、8月24日に女性の船頭さんがデビューしています。
女性ならではの雰囲気が、渡し舟のゆるやかな乗り心地を一層高めてくれそうです。

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 北海道情報へ

テーマ:札幌/北海道の地域ネタ - ジャンル:地域情報

3日は豪雨に注意!
ここ数日、全道的に蒸し暑い北海道ですが、
明日は日本海側で豪雨、落雷、強風が予想されています。

(3日午後2時50分の雨雲の動き)

石狩・空知・後志・渡島・檜山は、3日昼から雷雨を伴う激しい雨が、夜もつづくそうです。
1時間に50mmを超す局地的豪雨も予想され、竜巻も発生する確率があります!

傘を差していても濡れる状態が予想されます。
明日の外出は、大変ですね。
こういう豪雨が降る時は、長靴に合羽スタイルが一番濡れずに済むと思いますが、明日も気温は高いようです。

何事もなく過ぎれば、木曜日と金曜日は「晴れ」です。

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 北海道情報へ

テーマ:札幌/北海道の地域ネタ - ジャンル:地域情報

窓辺の野鳥とオオウバユリその後
昨日は久々に青空が復活したと思ったら、また今週前半も、曇りや雨の予報だそうです。
局地的な豪雨には、くれぐれも気をつけましょう!

でも雨の日は、朝から野鳥たちがエサ探しに大忙し。窓辺を止り木にしてくれます。
雨の日は野鳥が元気!多分、ヒガラ
多分、スズメ目シジュウカラ科シジュウカラ属のヒガラだと思います。

お笑いコンビ・雨上がり決死隊の蛍原徹さんもびっくりな、
マッシュルームヘアのような、頭部の黒い毛がプリチィ~ 目まで隠れちゃってます。

ミミズを探すスズメ。瞬時に捕らえます!
ミミズを探すジス・イズ・スズメ!


そして近くの雑木林では、7月に大きな花をつけていたオオウバユリが、こんな状況に、、、
オオウバユリの実
実をつけたのですね!(茎にカメムシらしきものも、つけています) 
ちなみに7月の状態はこうでした。
花のつき方が独特
秋、そして冬にはどんな状態になるのか。植物の変化も季節を語ります。

オオウバユリに関する以前の日記
ニョキッと咲いたオオウバユリ
海の日なのに山麓を歩く

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 北海道情報へ

テーマ:札幌/北海道の地域ネタ - ジャンル:地域情報


北海道川マップ

豊平川ガイドマップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)
石狩川ガイドマップ
(財団法人石狩川振興財団より)
天塩川マップ
(北海道開発局旭川開発建設部より)
釧路湿原周辺拡大地図
(北海道開発局釧路開発建設部より)
尻別川利用マップ
(北海道開発局小樽開発建設部より)
鵡川河口干潟の自然
(苫小牧地方環境監視センターより)
常呂川流域親水マップ
(北海道開発局網走開発建設部より)
網走川流域親水マップ
(北海道開発局網走開発建設部より)
空知川ガイドマップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)
幾春別川りばーマップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)
雨竜川りばーマップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)
砂川遊水地周辺マップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)

空から見た蝦夷の川

空から見る石狩川
空から見る天塩川
空から見る夕張川
空から見る湧別川
空から見る常呂川
空から見る亀田川

ブログ内検索

北海道防災情報

国土交通省川の防災情報・北海道版
北海道防災(北海道の防災情報ポータルサイト)
あなたの町のハザードマップを見る

石狩川のネットマガジン・川と人

石狩川振興財団が制作・発行する「川と人」は、大河石狩川と水系の歴史や治水、石狩川が流れる流域市町村の歴史や最新情報、レジャースポットなどを、川の専門的な視点でまとめています。
川と人

川遊びグッズ

子どもでも簡単!


いつも売切れな川靴


雪の中でも楽々~


いざ!という時に投げる
P-136K型

転倒時に頭をガード
ヘルメット・プロテック・フルカットWHT

命のライフジャケット
子供用ライフジャケット(小児用)TK-13B

川へ、蝦夷へGO



北海道のお天気は?


-天気予報コム- -FC2-