いらっしゃいませ

プロフィール

ヌマチチブ

Author:ヌマチチブ
川は身近な自然であり、北海道の歴史を物語ります。
そんな北海道の川の素晴らしさを、わかりやすく、老婆心も交えつつ、お伝えしたいと思います。

間違ってる箇所も多々あると思いますので、よろしければ教えてくださるとうれしいです。
どうぞ、ごゆるりと・・・
………………………………………
ヌマチチブとは、日本中に広く分布する頭が大きくずんぐりしたハゼ科の魚。顔を中心に無数に斑点があるのが特徴。
いわゆる雑魚で、「釣った」と思った瞬間、ガッカリ感と笑いを誘う、憎いあんちきしょー!

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

02 | 2010/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

北海道川原版へようこそ

お勧めブログ&サイト

このブログをリンクに追加する

問い合わせ等

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

RSSフィード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

北海道川原版
北海道の川のイベント、施設、川魚、植物、アウトドアや歴史、自然写真。 川原から北海道をめぐる情報ブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

忠別川でサケが天然繁殖
サケの子ども達の旅立ちのシーズンですが、
4年前後で大人になってふるさとの川にもどってくるのは、やはりその川で生まれ育った天然のサケが多いようです。


旭川市の母なる川・忠別川で、天然繁殖したサケの稚魚が見つかりました。
北海道新聞によると、
稚魚で放流されたサケが海から遡上して産卵し、新たな稚魚が生まれているとのこと。

このサケはきっと強い!
札幌市豊平川サケ科学館では、2004年春以降、豊平川に放流するサケ稚魚すべてに標識を付ける調査をつづけています。
その結果、豊平川はほとんど「自然に」サケが戻ってくる川になりつつあるそう。
放流している稚魚の数の10倍以上の卵が、自然産卵されているとみられているのです。

これは長年の放流活動と、水質の改善など、関わってきた多くの方々の努力の賜物なのですが、
河口からはるか遠い忠別川まで、サケが自然に遡上するようになったなら、これは凄いことだと思います。
旭山動物園とともに、遡上ポイントは大きな名所になりそうですが、とにかく忠別川のサケ物語は新たな幕が開けたばかり。

忠別川といえば、隣接地に高架化工事中の旭川駅が、今年の10月10日からいよいよ開業します。
国立公園に源を発する急流で清流という点も、なんだか豊平川に似ている忠別川ですが、何かと名前が上りそうです。
スポンサーサイト

テーマ:札幌/北海道の地域ネタ - ジャンル:地域情報

曇りか黄砂か
先日、3年ぶりに黄砂が確認されましたが、これもその影響なのか、、、
平成21年3月の琴似発寒川
時折り雪が降る不安定な空とはいえ、風景全体が黄色に見えるのは気のせいだろうか。
春は風の強い季節というけれど、それにしても連休の嵐は凄かった―

川には雪解け水が入り込み、近寄るのは危険ですが、その水温は春めいています。

テーマ:札幌/北海道の地域ネタ - ジャンル:地域情報

南幌温泉かんじきフットパス
名湯・南幌温泉主催の、今冬最後になる「かんじきフットパス」が、今週末の3月20日(土)に行われます。
人気の南幌温泉ハート&ハート
(参加費)
1000円(かんじき代・温泉入浴券付・ガイド料)
(2時間コース)
南幌温泉~調整池~千歳川堤防沿い~幌向運河~パークゴルフ場~親水公園~温泉
(集 合)
南幌温泉駐車場に午後1時
(申 込)
南幌温泉(011-378-1126 )
(問い合わせ)
NPOふらっと南幌フットパス担当(090-3891-6675)

南幌町は平坦な地に広大な水田が広がり、冬はまさに一面銀世界。
とくに夜中雪が降った翌日は快晴になることが多く、まぶしいほどキラキラ輝く雪面が待っていることでしょう。
小動物の足跡もあったり、冬のかんじきフットパスは、北海道ならではのレジャーです。


テーマ:札幌/北海道の地域ネタ - ジャンル:地域情報

日本によくある川名・尻無川
時事柄、思い出して司馬遼太郎の「竜馬がゆく」を読み直しはじめました。

今ちょうど竜馬はじめての剣術修行で、江戸を目指す途中の大阪の場面を読んでいるのですが、大阪はつくづく川のまちで、移動に川舟が多く使われています。
その当時の川からの風景を想像するだけで、ワクワクしてしまうのですが、その中に気になる川名発見! 

「尻無(しりなし)川」―

一度聞いたら(というか、見たら)忘れられぬこの川、じつは北海道にもあります。
この川名を見て、「あっ!」と思った人も多いと思いますが、美瑛町のブルーリバー「白ひげの滝」上流に流れているのが「尻無沢川」です。
「尻無川」は、ほかにも茅部郡鹿部町・枝幸郡中頓別町を流れています。

また大阪、北海道以外でも、愛媛県新浜市・長野県上田市・島根県美郷町・広島県庄原市・宮崎県宮崎市・鹿児島県枕崎市などなど、日本全国、尻の無い川があるあるあるある・・・

北海道の川名の由来はほとんどアイヌ語ですが、今回「尻無川」が全国でこんなに多いことを知り、急に由来について尻、、、知りたくなりました。
「尻」といえば人間でいうところの「尻」ですからね。尻が川のどの形状を現しているのか気になるところ。

でも、なかなか由来を説明している資料を探しあてることができません。
青森県の五所川原市には「尻無」という地域があるそうで、地域を流れる川にはかつて下流がなく、新川ができるまで尻無の状態だったことに由来すると伝えられているそうです。

なるほど、尻=下流は有力といえそうです。

美瑛町の尻無沢川も下流が地下に浸透して、その地下水が岩の裂け目から流れ出て、白ひげの滝となって美瑛川に落ちているので、下流がない状態ともいえます。そう考えると、日本全国に多いのもうなずけます。

また時間があれば、読書の方も進めたいと思うのですが、こうして余計な部分が気になって途中で止まってしまうのだろうと、われながら思いやられます。
まぁ、3度目4度目でまた改めて発見があるのは、名作ゆえのこと―

テーマ:札幌/北海道の地域ネタ - ジャンル:地域情報

今夜は暴風雪と高波に注意!
平成22年と2010年に未だ慣れず、重要書類などに前年の年号を書いてしまい、それにすら気づかぬ日々を過ごしているのに、すでに3月も10日です。

サケの稚魚放流もはじまっています。
今週の北海道は真冬並みの寒さですが、雪のないすっきりとした車道を見、サケの稚魚達のニュースを聞くと、春の訪れを感じずにはいられません。

、、、んがしかし、春一番には強烈すぎる暴風が、今夜太平洋側で大暴れするというのです。


暴風雪と高波及び大雪に関する北海道地方気象情報
平成22年3月10日5時00分 札幌管区気象台発表

太平洋側では、急速に発達する低気圧の影響で、10日夕方から11日にかけて北東の風が非常に強く、暴風や突風、高波、猛ふぶき、吹きだまり、オホーツク海側を含めて湿り雪による大雪で交通障害に厳重に警戒して下さい。

<警戒を要する地域、災害、期間>
・太平洋側  10日夕方から11日にかけて 
 暴風、突風、高波、猛ふぶき、吹きだまり、大雪による交通障害
・オホーツク海側 10日夜遅くから11日にかけて
 大雪による交通障害
  
なお、最大瞬間風速は最大風速の1.5倍から3倍以上になる場合があり
ます。

<波の予想> 太平洋側 6メートル

<雪の予想>
 11日6時までの24時間に予想される降雪量:太平洋側、オホーツク海側 60cm
 (その後、オホーツク海側では11日昼過ぎにかけてさらに多くなる見込み)


今夜は「高波への注意も必要」と呼びかけています。
2月28日の、チリ大地震による津波警報での混乱が思い出されます。

高波も津波も、高い波が発生する自然現象で、高波は台風などの風が、津波は地震が誘因となって引き起こされます。

先日の津波では、十勝川と新釧路川の水位上昇が確認されました。
新釧路川では河口から7.4km上流の観測所で15cmの上昇、
十勝川では河口から3.5km地点で15cmの上昇が確認されました。
水位の上昇というのは、つまり津波が川をさかのぼったということです。

今夜は海岸付近はもちろんのこと、万が一のため、川にも近づかないようご注意ください。

テーマ:札幌/北海道の地域ネタ - ジャンル:地域情報


北海道川マップ

豊平川ガイドマップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)
石狩川ガイドマップ
(財団法人石狩川振興財団より)
天塩川マップ
(北海道開発局旭川開発建設部より)
釧路湿原周辺拡大地図
(北海道開発局釧路開発建設部より)
尻別川利用マップ
(北海道開発局小樽開発建設部より)
鵡川河口干潟の自然
(苫小牧地方環境監視センターより)
常呂川流域親水マップ
(北海道開発局網走開発建設部より)
網走川流域親水マップ
(北海道開発局網走開発建設部より)
空知川ガイドマップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)
幾春別川りばーマップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)
雨竜川りばーマップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)
砂川遊水地周辺マップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)

空から見た蝦夷の川

空から見る石狩川
空から見る天塩川
空から見る夕張川
空から見る湧別川
空から見る常呂川
空から見る亀田川

ブログ内検索

北海道防災情報

国土交通省川の防災情報・北海道版
北海道防災(北海道の防災情報ポータルサイト)
あなたの町のハザードマップを見る

石狩川のネットマガジン・川と人

石狩川振興財団が制作・発行する「川と人」は、大河石狩川と水系の歴史や治水、石狩川が流れる流域市町村の歴史や最新情報、レジャースポットなどを、川の専門的な視点でまとめています。
川と人

川遊びグッズ

子どもでも簡単!


いつも売切れな川靴


雪の中でも楽々~


いざ!という時に投げる
P-136K型

転倒時に頭をガード
ヘルメット・プロテック・フルカットWHT

命のライフジャケット
子供用ライフジャケット(小児用)TK-13B

川へ、蝦夷へGO



北海道のお天気は?


-天気予報コム- -FC2-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。