いらっしゃいませ

プロフィール

ヌマチチブ

Author:ヌマチチブ
川は身近な自然であり、北海道の歴史を物語ります。
そんな北海道の川の素晴らしさを、わかりやすく、老婆心も交えつつ、お伝えしたいと思います。

間違ってる箇所も多々あると思いますので、よろしければ教えてくださるとうれしいです。
どうぞ、ごゆるりと・・・
………………………………………
ヌマチチブとは、日本中に広く分布する頭が大きくずんぐりしたハゼ科の魚。顔を中心に無数に斑点があるのが特徴。
いわゆる雑魚で、「釣った」と思った瞬間、ガッカリ感と笑いを誘う、憎いあんちきしょー!

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

05 | 2010/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

月別アーカイブ

北海道川原版へようこそ

お勧めブログ&サイト

このブログをリンクに追加する

問い合わせ等

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

RSSフィード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

北海道川原版
北海道の川のイベント、施設、川魚、植物、アウトドアや歴史、自然写真。 川原から北海道をめぐる情報ブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あこがれのクワウンナイ川、入渓!
大雪山系の渓谷を流れる自然豊かなクワウンナイ川。
エメラルドグリーンに輝く水のなかを歩く、沢登りや沢歩きが大変人気の高い、登山の中の水辺アクティビティですが、
じつはクワウンナイ川は、増水しやすく逃げ場がない特徴があり、遭難が相次ぎ、1987年から全面立ち入り禁止になっていました。
そうなると、さらに神秘性が増して秘境化するもの。入渓への要望は高まるばかりでした。

こうした声をうえて、2004年から沢登りをする登山者自身の安全対策を前提に、7~8月末の入域を解禁しました。
そういった経緯を経て、今回、登山者のマナー定着が進んだため、地元山岳会などの要望を受け、従来より半月延長することにあいなったのです。


入渓期間:7月1日(木)~99月15日(水曜日) それ以外の期間の入渓は厳に禁止
入渓手続き:平成22年の入林届の受付は平成22年6月1日から開始中。入渓予定日の10日前までに次の手続きを行うこと


なお、入渓に関して、マナーや注意事項があるので、上川中部森林管理署のホームページを確認願います。
http://www.rinya.maff.go.jp/hokkaido/kamikawacyubu/nyuukeitetuzuki.html

せっかく入渓期間が延長されたのですから、くれぐれも入渓の際は、万全の上に万全を期してください。

水量も安定してきて、いよいよ川のシーズンがやってきました。


スポンサーサイト

テーマ:札幌/北海道の地域ネタ - ジャンル:地域情報

豊平峡ダム見学デー
*本イベントは定員に達しました

ここ数年にはない、6月にしては真夏並みの暑さがつづく北海道。
こんな時こそ、心も身体も思いっきり涼みまくりたいもの!

なんというタイミング!
つい先日行ったばかりの豊平峡ダムの、見学会が7月に開催されます。

しかもこの見学会の最大の見どころは、放流を真横で見られるというところ!!!
先日の日記で、「(ダム堤体も放流も)上からしか見学できない点が残念!」とボヤいたが、この見学会では、普段ダム職員しか入れない管理用通路を通るので、放流バルブの近くで大迫力の放流を体感!


豊平峡ダム見学デー
平成22年7月27日(火) 10:00~11:30 13:00~14:45 (15分間隔)
      7月29日(木) 10:00~11:30 13:00~14:45 (15分間隔)  ※悪天候中止 

参加費100円(保険料)、往復はがきで事前申込みが必要(各日先着120名で締め切り) 
またダム堤体までは電気バスか徒歩にて移動のため、電気バス利用の場合は乗車料金を負担(往復600円)

対 象:小学4年生以上(小学4年生から中学生までは保護者同伴)

受 付:当日、見学開始10分前に豊平峡ダム管理支所前にて受付

豊平峡ダム(札幌市南区定山渓7区)
問い合わせは豊平川ダム統合管理事務所まで TEL 011-583-8110

*詳細はチラシ裏を参照(画像をクリックすると新ウインドゥで大きなサイズが見られます)
豊平峡ダム見学デー表
豊平峡ダム見学デー裏
豊平峡ダム見学デーの情報は札幌開発建設部ホームページに掲載しています。
http://www.sp.hkd.mlit.go.jp/ (札幌開発建設部トップページ>>各種情報>>イベント情報)

なお、札幌開発建設部ホームページに、豊平峡ダムの放流の様子を動画にして公開しています。
http://www.hkd.mlit.go.jp/topics/graph/0908/09aug_6.html#06


豊平峡ダムといえば紅葉の秋のイメージがありますが、
夏こそ豊平峡のダイナミズムを体感できるシーズンだと、自信をもって言えます!

演出なしの大自然の感動が待っている! いざ、豊平峡ダムへ―
~イワツバメ達も上へ下へ、右へ左へとビュンビュンお迎えいたします~

テーマ:札幌/北海道の地域ネタ - ジャンル:地域情報

エメラルドグリーンの豊平峡ダム
ダム堤体までは乗用車が乗り入れできない、支笏洞爺国立公園内にある豊平峡ダム。
ダム湖・定山ダム
動力移動の電気自動車内で、運転手兼ガイドさんが言っていた通り、湖水は見渡す限りのエメラルドグリーン!
エメラルドグリーンの湖水

そしてお待ちかねの、放流を見に足がはやる―
アーチ型ダムからの放水1
今日の札幌は夏日で汗ばむ陽気でしたが、この放水の爽快さたるや。

さて北海道では、豊平峡ダムのようなアーチ式(放物線アーチ)のダムはめずらしい。
アーチ型ダムからの放水2
それは北海道の地形的な理由からだそうですが、この豊平峡は鋭いほどのV字谷で、アーチ式ダムには最適だったのだそう。
しかし急峻ゆえ、上から見下ろすことしかできず、定山渓ダムのように、その圧倒的な高さと大きさは実感できない。
なお、道内のアーチ式コンクリートダムは、新冠川の上流をせきとめた奥新冠ダムだけです。

それでも、キラキラきらめくエメラルドグリーンと、おびただしいほどのイワツバメの群れに、母なる豊平川の素顔に接することができるのです。
あまりのスピードに、普通のデジカメではまったくとらえることができなかったのですが、この川の上下左右を縦横無尽にイワツバメが駆け抜けています。
放水が沢となって流れていく
そして展望台のある森では、虫の大合唱がやかましくも愉快に、私たちを迎えてくれます。

テーマ:札幌/北海道の地域ネタ - ジャンル:地域情報

復元された創成橋と札幌建設の地
創成川アンダーパス連続化工事のため、一時解体され、そして復元された創成橋の一部と、と整備中の創成川です。
北のお江戸の創成橋
創成橋は、札幌のなかでも最古の石造りのアーチ橋。
シンボルの擬宝珠は、ここが北の花のお江戸だった往時をしのばせます。

創成川は、中心部の西と東を分ける碁盤の目の基点になっています(南北は大通公園)
運河として豊平川から取水して延長整備された創成川には、たくさんの物と、さまざまな商売をする人間が集まりました。
そうして、市井を形作っていったのです。

創成橋を西へ渡りきったところにある、札幌建設の地碑。
札幌建設の地碑
碑の下の球体は大地・札幌を、中段の菱形は東西南北の基点をあらわし、上段は札幌の発展への願いが込められているのだそう。
また碑の両脇に、古い橋の親柱と復元された擬宝珠があります。

創成川公園は、来春の完成をめざし、現在鋭意工事中!

テーマ:札幌/北海道の地域ネタ - ジャンル:地域情報

美々川という自然のせっけん
先日、スーパーに行ったところ、北海道の川の名がついた、素敵な商品を見つけました。

美々川福祉会という苫小牧にある福祉施設でつくられる『美々川せっけん』は、食用廃油を原料として作られた天然油脂リサイクル石鹸で、成分分解が早いため環境負荷が少ない。

合成界面活性剤は一切配合していないので、手、肌のあれや肌の弱い方に良いのだとか。
また美々川せっけんは、油汚れに対して抜群の洗浄力があるため、洗たくのほか、台所や食器、レンジ用など、使用用途が多岐にわたるのがうれしいかぎり。

価格も、粉せっけん2kgで480円(税込)ぐらいだから、用途の広さを考えれば手が届きやすいと思います。

商品パッケージに描かれたスワンにある通り、安平川の支流・美々川は水鳥の里・ウトナイ湖を経由し、釧路川をほうふつとさせる自然な流れが特長。


荷物が多かったので今回は控えましたが、今度の買い出しでこのせっけんをぜひ購入しようと思うのとともに、ウトナイ湖の希少な水源であり、いくつもの湧水も抱える美々川を訪れてみたいと思います。

テーマ:札幌/北海道の地域ネタ - ジャンル:地域情報


北海道川マップ

豊平川ガイドマップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)
石狩川ガイドマップ
(財団法人石狩川振興財団より)
天塩川マップ
(北海道開発局旭川開発建設部より)
釧路湿原周辺拡大地図
(北海道開発局釧路開発建設部より)
尻別川利用マップ
(北海道開発局小樽開発建設部より)
鵡川河口干潟の自然
(苫小牧地方環境監視センターより)
常呂川流域親水マップ
(北海道開発局網走開発建設部より)
網走川流域親水マップ
(北海道開発局網走開発建設部より)
空知川ガイドマップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)
幾春別川りばーマップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)
雨竜川りばーマップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)
砂川遊水地周辺マップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)

空から見た蝦夷の川

空から見る石狩川
空から見る天塩川
空から見る夕張川
空から見る湧別川
空から見る常呂川
空から見る亀田川

ブログ内検索

北海道防災情報

国土交通省川の防災情報・北海道版
北海道防災(北海道の防災情報ポータルサイト)
あなたの町のハザードマップを見る

石狩川のネットマガジン・川と人

石狩川振興財団が制作・発行する「川と人」は、大河石狩川と水系の歴史や治水、石狩川が流れる流域市町村の歴史や最新情報、レジャースポットなどを、川の専門的な視点でまとめています。
川と人

川遊びグッズ

子どもでも簡単!


いつも売切れな川靴


雪の中でも楽々~


いざ!という時に投げる
P-136K型

転倒時に頭をガード
ヘルメット・プロテック・フルカットWHT

命のライフジャケット
子供用ライフジャケット(小児用)TK-13B

川へ、蝦夷へGO



北海道のお天気は?


-天気予報コム- -FC2-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。