いらっしゃいませ

プロフィール

ヌマチチブ

Author:ヌマチチブ
川は身近な自然であり、北海道の歴史を物語ります。
そんな北海道の川の素晴らしさを、わかりやすく、老婆心も交えつつ、お伝えしたいと思います。

間違ってる箇所も多々あると思いますので、よろしければ教えてくださるとうれしいです。
どうぞ、ごゆるりと・・・
………………………………………
ヌマチチブとは、日本中に広く分布する頭が大きくずんぐりしたハゼ科の魚。顔を中心に無数に斑点があるのが特徴。
いわゆる雑魚で、「釣った」と思った瞬間、ガッカリ感と笑いを誘う、憎いあんちきしょー!

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

06 | 2010/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別アーカイブ

北海道川原版へようこそ

お勧めブログ&サイト

このブログをリンクに追加する

問い合わせ等

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

RSSフィード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

北海道川原版
北海道の川のイベント、施設、川魚、植物、アウトドアや歴史、自然写真。 川原から北海道をめぐる情報ブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さわやか自然百景・石狩川と三日月湖
本日、7月31日(土)の朝8:45~8:59まで、NHK総合の「さわやか自然百景」で石狩川が放送されました。

内容は、石狩川と流域の低平地に点在する三日月湖の一つを取り上げ、そこに形成された自然環境(魚・鳥・植物など)を紹介するもの。

三日月湖とは、本川が地形によって蛇行しつづけ、その蛇行がどんどん曲がって蹄のような形になると、本川自ら切り離してできる河跡湖、あるいは旧川。
ショートカットという河川改修で、人工的に切り離されてできたものもある。ただ、ショートカットされるような蛇行は、本川がいづれ自ら切り離す箇所ともいえる。

本州の川は、山から平野部に出て、そのまま海に向かいますが、北海道は山につづいて広大な低平地がどこまでもつづくため、川は緩流となって平野にとどまり、思いのままに曲がりくねって、ゆっくりと海へと向かいます。
とくに広大な石狩平野を流れる石狩川の蛇行ははげしく、北海道は人口も密集していないため、三日月湖は埋め立てられずに数多く残されているのです。

三日月湖は、まさに石狩川の壮大な自然遺産といえます。
そこは本川の原始の姿が残り、切り離されて流れがないため、新たな生態系も育まれるー

番組では、石狩川の豊かさを美しい映像でつづっていました。
残念ながら、どこの三日月湖かはふせてましたが、下流の右岸のような感じだったので、浦臼・月形・新篠津あたりでしょうか。
石狩川本川のショウドウツバメの巣は、河口付近だと思うのですが、、、

さわやか自然百景・石狩川
再放送 (総合) 月曜  午前4:15~4:29
        水曜  午前11:05~11:19  (東北・関東・近畿・沖縄は別番組です)
   (BS2) 日曜  午前6:10~6:24
※放送は予告なしに変更される場合があります

スポンサーサイト

テーマ:札幌/北海道の地域ネタ - ジャンル:地域情報

今日も洪水・土砂災害に注意!
昨日、日本海側は朝から大雨で、よく遊びに行く後志地方で床上・床下浸水被害と避難指示があって、大変驚いてる状況です。

また、昨年遊びに行った北見市の富里ダムの富里湖で、ヒグマの仔が泳いでいるところが撮影&テレビ放映され、これまた腰が抜けるほどに驚いています(8/5までキャンプ場利用禁止)。

前に、「今年の北海道は洪水年」と書きましたが、実際に起こってしまうと、大きな衝撃と動揺が走ります。
これはやっぱり、自然というものに対して、まだまだ考えが甘いという証拠なのでしょう~

それにしても、雨の降り方も時期も、むかしとめちゃくちゃ違っています。
北海道の洪水被害は、春の雪解けと、夏の終わりから初冬の台風シーズンが常でした。
それが台風が極度に減って、その代わり夏の気温上昇とともに大雨がやってくるのですから、夏の行楽もあったもんじゃない。

今日も大気の状態が不安定で、幌加内町・雨竜町・沼田町・北竜町・秩父別町・妹背牛町・深川市の、雨竜川流域の各市町に洪水警報が出ています。昼前まで河川の氾濫に注意して、ハザードマップなどで避難場所を確認しておくことも大切です。

今の洪水氾濫の特徴として、最低でも覚えておきたいのは、抜本的な治水対策がほぼ終わった本川よりも、支川の氾濫に要注意だということ。近所の小さな川が、水位の増した本川に流れ込めず逆流する「内水氾濫」が主流なのです。
もう一つは、地下の排水処理が間に合わず、道路などが冠水するということ。これはもう道路が川になる状態で、1時間に40mm前後の雨で、排水能力を超える可能性があります。

たとえば雨竜川流域なら、雨竜川よりも支川や、農村が多いので水路なども氾濫する危険があります。


と、防災のことばかり言っても、今は夏休み真っ最中で、やっぱり涼しい水辺が恋しいもの。
今週末は旭川市の西神楽でホタル祭りがあります。無料でだれでも参加可能。

第13回ホタル祭り in 西神楽
2010年7月31日(土)~8月2日(月)午後7時30分~午後9時30分
西神楽公園(旭川市西神楽南1条1丁目)
ホタル祭り in 西神楽
くわしくはチラシをクリック!

テーマ:札幌/北海道の地域ネタ - ジャンル:地域情報

五天山公園ホタルの観賞会
最近できたばかりの、西区にある五天山公園の、ホタルの小川でホタル観賞会が開催されます。
五天山公園のホタルの小川

五天山公園ホタルの観賞会 2010年7月24日(土) 19時頃から

参加方法:19時に五天山公園管理事務棟前に集合(子どもは保護者の同伴のこと)
五天山公園管理事務所:札幌市西区福井423番地(011-662-2424)

     
6月12日に放流されたホタルの幼虫40匹のうち、7月19日に1匹のホタルがいるのが確認されたそうです。
まだできてすぐのホタルのお家。今週末はもっと増えていればいいですね!

なお、五天山では7月17日から、「水遊び場」を設置しているそう(8月31日まで)
バーベキューをして、水遊びをして、ホタルの灯に癒される、、、素敵な夏の思い出ができそうです。


テーマ:札幌/北海道の地域ネタ - ジャンル:地域情報

厚田の海とあいロード
スカッとした快晴にはめぐまれなかった三連休。
石狩河口橋
とりあえず、どこまでもつづく石狩河口橋を渡りながら、志美運河とか北海道一の大河・石狩川の河口の世界を目にやきつけて、日本海沿いを北上―
(前の前の車は、ロール君を運搬中!恐ろしいことに3台連なり、抜くのに苦労した~)

積丹半島とは違う、海ギリギリまで緑がつづくゆるやかな海岸沿いの風景を楽しみながら、石狩から聚富(しっぷ)、古潭を通ってやってきたのは厚田。
今や「あいロード」で有名な夕陽の丘から、現在開催中の厚田海浜プールの様子を望む。
厚田海浜プール
まぁ、この直前に厚田朝市を冷やかしに行って来たので(こっちがメイン)、夕陽の時間帯じゃないけれど。
ってそもそも、夕陽やら、夜景やらに反応する年齢は過ぎたけれど。

「あいロード夕日の丘」に建っている「にしん街道」の碑
厚田にしん街道の碑
ニシンで栄えた日本海沿いの漁村の歴史を今に伝えている。
この向かいには、「恋人の聖地(厚田公園展望台)」もある。

活気にあふれた漁村から、元気をもらって帰途へ。
満々と水を湛えた茨戸川
古石狩川こと茨戸川は、満々と水を湛えた、ゆったりとした大河の流れ。

テーマ:札幌/北海道の地域ネタ - ジャンル:地域情報

西岡公園でロングランほたる観察会
そろそろ北海道にも、ホタル前線が到来したようです。

札幌市内の希少なホタル生息地として知られる西岡公園の、恒例のホタル観察会が今週金曜日からはじまります。
平成22年度西岡公園ホタル観察会チラシ
7月16(金)・17(土)・23(金)・24(土)・30(金)・31(土) 午後7時~8時30分頃
集 合/西岡公園管理事務所所 TEL 011-582-0050
*参加希望の場合は、管理事務所に問い合わせのこと。定員になり次第終了

西岡公園のホタルは7月上旬から8月上旬が見頃で、公式ホームページによると、平成22年度7月11日現在、八ッ橋で百匹単位のホタルを確認、木道でも数十匹確認できたようです。
西岡公園のホタルを見ることができる場所

観察会の7日間は、管理事務所の展示室を午後9時まで開放して、ホタルに関する問い合わせに対応してくれるそうです。

西岡公園は自然公園なので、期間中ならだれでもホタルを観察することができますが、専門家の話を聞きながら観察するとおもしろさも倍増!
夏休みの自由研究にもよさそうです。


テーマ:札幌/北海道の地域ネタ - ジャンル:地域情報

花菖蒲園に行ってきた
昼前から晴れ間が見え、せっかくなので先日告知した八紘学園の花菖蒲園に行ってきました。
花菖蒲園1

広大な花菖蒲園にたどり着く前に、まずラウネナイ川とあやめ橋を渡ります。
ラウネナイ川のあやめ橋

あやめ橋からラウネナイ川上流を望む―
ラウネナイ川

三笠宮様が命名した「あやめ橋由来の碑」もあります。
命名由来の碑
碑の後ろに自転車が停めてありますが、自転車で回ってみたいほど広大な敷地。

その緩やかな傾斜地を背景に、凛と空に向かって咲き誇る花菖蒲達。
想像以上の美しさに大満足して、帰ろうと思うと、何か大変なことを忘れてる気が…
花菖蒲園2

家族が教えてくれました。
そう、オリジナル園芸種「石狩川」を見ていないことに。。。
石狩川と清少納言
たしか、向かって左が「清少納言」だったと思う、、、凄まじい組み合わせ!

どれどれ、石狩川をもそっとじっくり。
石狩川という品種
いろんな支川が合流して、威風堂々日本海に向かっていく、まさに河口のイメージと見た!

帰りはぜひ、農産物直売所に足を伸ばしたい。
農作物直売所
250円にしては、かなり本格的な味と量の、ソフトクリームが人気です。
このサイロが目印。嗚呼、素晴らしくも牧歌的な一日。このすぐ近くで日ハムが苦戦していたというのに。。。


テーマ:札幌/北海道の地域ネタ - ジャンル:地域情報

八紘学園花菖蒲園がオープン
農業専門学校の学生が中心となって管理している、八紘学園の花菖蒲園の本年度の開園が、昨日8日からはじまりました。
2haの広大な園内に約450種類、10万株の花菖蒲が満開を迎える様は、それはそれは絶景なのだとか。
日本有数の花菖蒲園として名をはせています。

じつは自分はまだ未見なのですが、
園内を月寒川の支川ラウネナイ川が流れ、まさにドンピシャな「あやめ橋」が架かっているそうで、花菖蒲と川と橋とが調和する景色をぜひ見てみたいと思っています。
ちなみに「あやめ橋」は、三笠宮殿下が命名した橋なのだとか。

また、花菖蒲のオリジナル園芸品種「石狩川」も、とても気になります。
花菖蒲・石狩川は、画像で見ると、蒼く凛と咲き誇り、大河の風格を醸しています!

さらに、直売所そばの畑では、亜麻の花が今見頃を迎えているという情報も。
亜麻は北海道農業では欠かすことができない歴史的作物で、開拓期は道内のいたる農地には亜麻畑が広がっていたと聞きます。亜麻色をこの目で確かめるチャンス!

花菖蒲の見頃は7月9日(金)から19日(月)で、25日(日)まで公開されます。


入園料/大人300円 小学生100円
開園時間/8:30~17:30
開園期間/平成22年7月8日(木)~7月25日(日) 
直売所/7/7(水)~7/25日(日)は、園内に直売所を設け、学生が育てた花菖蒲や宿根草 のほか、1年草などの花苗を販売


帰りに、近くにある「ツキサップじんぎすかん」で舌鼓を打ち、札幌ドームでファイターズを応援するのも、最高に贅沢な初夏の過ごし方!

テーマ:札幌/北海道の地域ネタ - ジャンル:地域情報

週末までゲリラ豪雨に注意!
昨日、九州南部では局地的な豪雨で洪水被害が相次ぎましたが、北海道もこの週末、雷を伴う局地的豪雨に見舞われました。

日中、雷の音が盛んに聞こえたのですが、北区や東区ではバケツをひっくり返したような局地的豪雨、南空知では落雷で軽傷者が出たほど。
知り合いの工場では、経験したことのない激しい豪雨が一瞬にして降り、下水が間に合わず敷地内に水が溜まった状態になり、大急ぎで入口に土嚢を積んだそう。

北海道は、この雷雨を伴う局地的豪雨はまだつづく見通しです。
今週は曇りが多く、本日5日は気圧の谷の影響により雨の降る所がある見込み。
さらに今週いっぱいは、この状態がつづきます。

先週の金曜日なんて、札幌はまずまずの天気でしたが、芦別で集中豪雨があり、予定されていたファイターズ二軍の試合が中止になったのだとか。

不吉なことを言うようですが、今年の北海道は「洪水年」かもしれないのです。
あの、観測史上最高の雨量を記録した、昭和56年大洪水の時の気象に今年はとても似ているそう。

低い土地なら浸水、丘陵地なら土砂崩れ、さらに全域で下水から水が溢れる被害が考えられます。
避難のためのハザードマップを、今一度家族で確認してください。

晴れていても、急に発生する積乱雲には十分な注意が必要です。
ひじょうに狭い場所で、ピンポイントで豪雨になるのが、集中豪雨の特徴。
こういう時は、傘より断然合羽がいいんですよね~
自分も100円ショップで適当なものを探して、カバンに携帯しようと思います。

それから、川には近づかないほうが良いですね。

テーマ:札幌/北海道の地域ネタ - ジャンル:地域情報


北海道川マップ

豊平川ガイドマップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)
石狩川ガイドマップ
(財団法人石狩川振興財団より)
天塩川マップ
(北海道開発局旭川開発建設部より)
釧路湿原周辺拡大地図
(北海道開発局釧路開発建設部より)
尻別川利用マップ
(北海道開発局小樽開発建設部より)
鵡川河口干潟の自然
(苫小牧地方環境監視センターより)
常呂川流域親水マップ
(北海道開発局網走開発建設部より)
網走川流域親水マップ
(北海道開発局網走開発建設部より)
空知川ガイドマップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)
幾春別川りばーマップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)
雨竜川りばーマップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)
砂川遊水地周辺マップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)

空から見た蝦夷の川

空から見る石狩川
空から見る天塩川
空から見る夕張川
空から見る湧別川
空から見る常呂川
空から見る亀田川

ブログ内検索

北海道防災情報

国土交通省川の防災情報・北海道版
北海道防災(北海道の防災情報ポータルサイト)
あなたの町のハザードマップを見る

石狩川のネットマガジン・川と人

石狩川振興財団が制作・発行する「川と人」は、大河石狩川と水系の歴史や治水、石狩川が流れる流域市町村の歴史や最新情報、レジャースポットなどを、川の専門的な視点でまとめています。
川と人

川遊びグッズ

子どもでも簡単!


いつも売切れな川靴


雪の中でも楽々~


いざ!という時に投げる
P-136K型

転倒時に頭をガード
ヘルメット・プロテック・フルカットWHT

命のライフジャケット
子供用ライフジャケット(小児用)TK-13B

川へ、蝦夷へGO



北海道のお天気は?


-天気予報コム- -FC2-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。