いらっしゃいませ

プロフィール

ヌマチチブ

Author:ヌマチチブ
川は身近な自然であり、北海道の歴史を物語ります。
そんな北海道の川の素晴らしさを、わかりやすく、老婆心も交えつつ、お伝えしたいと思います。

間違ってる箇所も多々あると思いますので、よろしければ教えてくださるとうれしいです。
どうぞ、ごゆるりと・・・
………………………………………
ヌマチチブとは、日本中に広く分布する頭が大きくずんぐりしたハゼ科の魚。顔を中心に無数に斑点があるのが特徴。
いわゆる雑魚で、「釣った」と思った瞬間、ガッカリ感と笑いを誘う、憎いあんちきしょー!

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

北海道川原版へようこそ

お勧めブログ&サイト

このブログをリンクに追加する

問い合わせ等

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

RSSフィード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

北海道川原版
北海道の川のイベント、施設、川魚、植物、アウトドアや歴史、自然写真。 川原から北海道をめぐる情報ブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桜のように舞うサクラマス
桜の候に上がるから「桜鱒」(サケ目サケ科)
サクラマス


前にご紹介した、雨鱒ともども風流な名です。


サクラマスは、とても不思議な魚。
川で育ち、海に降りるものをサクラマス、一生を川で過ごすものを本州ではヤマメ、北海道ではヤマベと呼びます。
ヤマメ

どーですか?
もとは同じなのに、丸々と肥えた大きなサクラマスとヤマメは、全然違う魚に見えるでしょ!


海に出たサクラマスは、北洋に出るサケと違って、日本の沿岸で2年ほど過ごし、成長して春から夏に遡上、秋に産卵します。

そして、サクラマスの産卵は凄まじい!
60cm級の婚姻色に染まったメスに、オスはもちろん、川で大人になったヤマベのオス達が群がる・群がる~

想像してみてください。
デッカイサクラマスに、ちっさいけど機敏なヤマメが産卵場所まで何匹もくっついて、サクラマスのオスを追い払うのですよ。
このヤマメのアグレッシブさ! 日本男児も見習うべき(笑)


さて、サクラマスとヤマメは、味も違うと言います。
古来から、マス類の中で最も美味と言われるサクラマス。

淡白で上品で臭みがまったくない。富山名産の「鱒寿司」が有名ですね。
管理人は昨年、桜ますの一夜干しを幸運にもいただきました。

全国にファンを持つ、「ひものや万両
冷凍ものは一切使わず、昔ながらの天日干しされたひものを作りつづけています。
万両2


脂がのった身は、ぷるぷるで口の中でとけ、ひものの常識を破ります。
丸々としたサクラマスを開き、天日で干して、旨みを引き出す――
万両1


サケと似て否なるもので、サケが日々の食卓だとすると、サクラマスは春生まれの誕生日のテーブルでしょうか。クセがなくて高級な味です。

ご自身がグルメな店主・みかんちゃんによると、骨のある方を適当な大きさに切り焼いて、骨の無い方はオリーブ油などでカリッと焼くと美味だそう。
また、『山わさび』を添えると一層味が引き立つのだとか、、、

「桜ますの一夜干し」は今が旬(全国どこからでも注文可)
ひものや万両
札幌市北区西茨戸2-1-5-1
TEL/FAX 011-771-8629
*毎週土曜午後2時頃~4時まで、円山裏参道で移動販売しています。くわしくはホームページへ


北海道では多くの川に上るサクラマスですが、数は激減しています。

「サクラマスのふるさと」と呼ばれる、上川北部の天塩川支流サンル川。
国内でも数少ないダムのない川で、サクラマスが3000匹も上り、国内最大級の産卵場としても知られています。

天塩川の河口から産卵場までの距離は200kmで、サンル川のサクラマスは、日本の川で最も長い距離をさかのぼる魚です。

サンル川サクラマスの命のドラマ―
2006年10月22日放送 NHK「サクラマスのふるさと北海道 サンル川


桜が舞う季節、懸命に水辺を舞うサクラマスを思い出してください。
サクラアップ

■ この記事に対するコメント
桜のように舞うサクラマス
ヤマメのアグレッシブさ、見習わないといけないですね(^^ゞ
桜の咲く頃・・・サクラマスを思い出します!
【2007/04/04 14:11】 URL | MALICE #JalddpaA [ + 編集 +]

MALICEさんへ
サクラマスの産卵は、まだ見た事がないんですが、見た人によると、凄まじいらしいです。
ヤマメがアグレッシブすぎて(笑)
最近、寒いので、サクラ開花は例年通りになりそうですね。
サクラ関連のスイーツでも食べながら、ヤマメのアグレッシブさも思い出してください。
【2007/04/04 16:01】 URL | ヌマチチブ #- [ + 編集 +]

これまた勉強になりました♪
いつもながら、良い記事を書いて下さって・・・☆彡
宣伝して頂いたからではないけど、ヌマチチブさんの実力、
アッパレの一言です。
お魚の事は、食べる事しか知らないので、
改めて勉強になりました。
本当にありがとうございます<(_ _)>ペコリ

これから鮭鱒が美味しい季節☆彡
でも段々天然の魚が、庶民の魚じゃ無くなって来ていて
悲しい。。。(ーー;)
最近、中国やアメリカ・ヨーロッパで北海道の天然魚の
買い付けが盛んです。
『なまこ』も手の届かない所へ行っちゃったし。。。(涙)
おまけにテレビで紹介されると全国のグルメ達が、
高いお金で求める為に
北海道の魚が、どんどん道民の手から離れていっています。
おまけに地球温暖化などで生態系も壊れてきているし。。。
最近、海が変わってきています。
森の大切さ・川の大切さを、痛切に感じます。
そういう意味でも、ヌマチチブさんのこのブログが
どんなにスゴイ事を取り上げているのか・・・☆彡
このブログを沢山の方が愛読して欲しいと思います。
ちょっとマジな万両です(笑)

【2007/04/05 22:15】 URL | みかんちゃん #eoiZu7NI [ + 編集 +]

一ファンとして、桜咲く時期の京都から
ヌマチチブさん
サクラマス私もTVで産卵シーンとかみたことあります。私の住む京都では、淀川水系の桂川と、鴨川、おして宇治川、木津川が流れていますが、この地域ではヤマメは存在しないのですがそのかわりアマゴがいます。そして生命の神秘・・・稀に海に下る勇敢な奴は、シラメっていって秋に銀色に体を輝かせて下っていきます。そして春生まれた川に遡ってくるアマゴは「サツキマス」といわれ、これはもう重宝されます。また個体数もサクラマスより更に少ないのが現実です。有名なのは岐阜県の長良川ですが、河口堰ができてからは激減しています。
私は、カヌーをしていてこのサツキマスを見たとき興奮しました。
みかんさんがおっしゃるとおり、私もこのヌマチチブさんのブログをできるだけ多くの人に読んでいただきたいです。・・・             
【2007/04/06 00:51】 URL | isshy #- [ + 編集 +]

みかんちゃんへ
身に余るお褒めの言葉、、、穴があったら入りたい!
万両さんの北海道の魚へのこだわり、本物の味をリーズナブルに提供する高い志。この出会いが、わたしを変えてくれたと言ってもいいくらいなのですよ!

でも、みかんちゃんの話を聞くと、恐ろしいです。
これだけ飽食と言われる中で、自然や天然が、どんどん高価なものになっていく…
嗚呼、嫌だ・嫌だ! 食の格差!!!
あと絶対許せないのが密漁! 本当はサンル川のこと、書きたくなかったんですよ。
命がけで上ったサケや桜マスを獲る輩に、狙われたら大変ですからね。

わたしは難しいことわからないけれど、身近な生命を通して、自然の大切さを学んでいきたいと思っています。
これからも、よろしくね☆
【2007/04/06 09:28】 URL | ヌマチチブ #- [ + 編集 +]

isshyさんへ
紅葉も見事ですが、京都の桜ほど、風雅なものはないですね!
飛んで行って、見に行きたいぐらいですよ~

サクラマスの滝上りは、サケよりも迫力があると言われますよね。
環境のことを研究してる、北海道のとある大学の教授は、農家の軒先を流れる川で、サクラマスの産卵を見て、北海道移住を決意したそうです(笑)
そしてサツキマス! 検索して見てきましたぁ~
斑点がすごく美しいマスですね。30~40cmにもなるのですか!それぞれの川に、それぞれの魚が営みを続けているのですね。いやぁ~ 魚類って、ホントおもしろい!

専門家によると、資源となる魚は保護されたり、魚道も整備されるけど、それ以外の魚には全く行われないそうです。いわゆる雑魚と呼ばれる種を守らないと、資源となる魚にも影響が出るはずなのに、、、
微力で稚拙なブログですが、自然の素晴らしさを一緒に学べるものを目指したいと思います。
いつも心温まるエール、ありがとうございます。
【2007/04/06 09:45】 URL | ヌマチチブ #- [ + 編集 +]


■ この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する。


■ この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kitanokawa.blog50.fc2.com/tb.php/113-3f22745f
この記事にトラックバックする。(FC2ブログユーザー)
北海道川マップ

豊平川ガイドマップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)
石狩川ガイドマップ
(財団法人石狩川振興財団より)
天塩川マップ
(北海道開発局旭川開発建設部より)
釧路湿原周辺拡大地図
(北海道開発局釧路開発建設部より)
尻別川利用マップ
(北海道開発局小樽開発建設部より)
鵡川河口干潟の自然
(苫小牧地方環境監視センターより)
常呂川流域親水マップ
(北海道開発局網走開発建設部より)
網走川流域親水マップ
(北海道開発局網走開発建設部より)
空知川ガイドマップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)
幾春別川りばーマップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)
雨竜川りばーマップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)
砂川遊水地周辺マップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)

空から見た蝦夷の川

空から見る石狩川
空から見る天塩川
空から見る夕張川
空から見る湧別川
空から見る常呂川
空から見る亀田川

ブログ内検索

北海道防災情報

国土交通省川の防災情報・北海道版
北海道防災(北海道の防災情報ポータルサイト)
あなたの町のハザードマップを見る

石狩川のネットマガジン・川と人

石狩川振興財団が制作・発行する「川と人」は、大河石狩川と水系の歴史や治水、石狩川が流れる流域市町村の歴史や最新情報、レジャースポットなどを、川の専門的な視点でまとめています。
川と人

川遊びグッズ

子どもでも簡単!


いつも売切れな川靴


雪の中でも楽々~


いざ!という時に投げる
P-136K型

転倒時に頭をガード
ヘルメット・プロテック・フルカットWHT

命のライフジャケット
子供用ライフジャケット(小児用)TK-13B

川へ、蝦夷へGO



北海道のお天気は?


-天気予報コム- -FC2-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。