いらっしゃいませ

プロフィール

ヌマチチブ

Author:ヌマチチブ
川は身近な自然であり、北海道の歴史を物語ります。
そんな北海道の川の素晴らしさを、わかりやすく、老婆心も交えつつ、お伝えしたいと思います。

間違ってる箇所も多々あると思いますので、よろしければ教えてくださるとうれしいです。
どうぞ、ごゆるりと・・・
………………………………………
ヌマチチブとは、日本中に広く分布する頭が大きくずんぐりしたハゼ科の魚。顔を中心に無数に斑点があるのが特徴。
いわゆる雑魚で、「釣った」と思った瞬間、ガッカリ感と笑いを誘う、憎いあんちきしょー!

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ

北海道川原版へようこそ

お勧めブログ&サイト

このブログをリンクに追加する

問い合わせ等

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

RSSフィード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

北海道川原版
北海道の川のイベント、施設、川魚、植物、アウトドアや歴史、自然写真。 川原から北海道をめぐる情報ブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鴨々川と川を愛する活動
人工河川・創成川の、すすきの付近南7条から豊平川までを、鴨々川(かもかもがわ)と呼びます。

人工の川とは思えぬほど、流路が蛇行するやさしい流れ~
それもそのはず、鴨々川は自然河川で、創成川開削でつなげられ一部となったのです。

何よりも、カモカモという名前が愛らしいです。
鴨2

とくに、地下鉄南北線・幌平橋駅付近の鴨々川がお気に入り!

鴨1


あの白い橋から川を眺めると、時間をたつのも忘れてしまいます。
都会の喧騒の中、自然を感じる希少なスポットです。

鴨3

お気に入りの橋からの眺めです。


さて、鴨々川の名の由来は、京都の鴨川にあやかったという説と、アイヌ語の「カモカモ」=サケを採るという道具から来たという説、
あるいは鴨がよく泳いでいるからという説など、諸説入り乱れています。

たしかに、カモが羽を休める姿が見られます。
カモ? カモ? ・・・ハトしかいない(涙)
ハト


鴨々川は、人工河川ゆえに、小さなお子様の川デビューには最適な場所だと思います。

暑くなったら、この川の真ん中で、遊ぶことができます。
川遊びをする場合、大人は子どもから目を離さないでください。
一緒に入ってあげるのがベストです!


この辺りのシンボルといえば、鴨々川とともに幌平橋―
幌平橋1

幌平橋という名前は、札幌と豊平を結ぶという意味が込められています。
鴨々川が流れ込む、札幌中心部を流れるマザーリバー豊平川に架かる橋です。

昔は片側一車線の橋でしたが、架け替えられて片側二車線になりました。

歩道の上にアーチ型の歩道が設置されています。さらに、歩道にポートランド広場という橋上公園もあります。1995年竣工。
幌平橋2


典型的小市民の夢ですが、、、
今年こそ、この階段を上って、てっぺんから豊平川を見てみたい!

いつ行っても上ってる人がいないので、極小な夢は粉砕されるのですが―

春先の川は、雪融け水やダムからの放流水も流れ、水位が高くなっています。
看板

川辺に近づくには、もうちょっと待ってくださいね!


さて、幌平橋の画像向かって右側に、「ホロヒラタイ」という木の看板があります。
ホロヒラタイ

ここは北海道開発局が、豊平川たもとの盛土をして堤防強化した約1haの土地利用を、地域住民と話し合い、
都市に残された貴重なオープンスペース、石狩川治水事務所跡地という豊平川治水ゆかりの地を、
「森と草っぱら」の広がる場に育てていこうと計画しました。

着々と計画は形になっています。
ずいぶん、木々も草も育ち、ちょっとした遊歩道などもありました。
また、そこにある自然を使ったネイチャーゲームなど、イベントも催しています。

ホロヒラタイの詳しい活動内容→ココをクリック

鴨々川では、鴨々川を清流にする会が中心となって、「クリーン鴨々川清掃運動」が毎年6月と10月に行われています。
(名前をクリックすると、鴨々川を清流にする会の公式サイトに飛びます)


どちらの活動も、札幌市民なら参加可能です。
くわしくは、事務局にお問い合わせください。
■ この記事に対するコメント
素敵カモ…
カモカモ川?…冗談か呼称かと思ってしまいました(;´▽`
人工とは言え、街中にこういったお子さんでも近づきやすい川が流れているって素敵ですねぇ。こちら仙台は広瀬川の河岸段丘の上に作られた町なので、中心市街地にはこんな小川は見当たりません(たぶん)。かつての用水もフタをされてしまっていますし。
欄干?の上の階段も遊び心があって楽しそうですね。ヌマチチブさん、上からの眺めの画像を待ってますよ~チャレンジ!
【2007/05/03 06:29】 URL | sola #/p1nTf8Q [ + 編集 +]

solaさんへ
かわいいでしょ? カモカモ川って(笑)
名コピーライターでも、思いつかないです。
子どもが遊べる水辺のある札幌は独特なのでしょうね~ 
本州は地質や土地の関係で、遊び場は少ないと聞きますが、北海道も札幌以外は少ないのだそうです。つくっても遊ばないそうで(笑)
札幌は夏になると、不思議なくらい水辺は大盛況です。

欄干の上からの画像・・・(滝汗)
上りたいのはやまやまなのですが、高所恐怖症も手伝い、二の足踏んでます。
でも、、、チャレンジしてみます!
【2007/05/03 10:31】 URL | ヌマチチブ #- [ + 編集 +]

幌平橋
ご無沙汰してました。
春を迎えて川のお話もあふれ出るように更新されてますね。

この幌平橋の上の橋、すすきので酔っ払ったダンナが何を思ったかタクシーに乗らず歩いて帰ってきて、その勢いで挑戦しちゃった事があるんです。
ちょっと怖かったって言ってたけど、聞いた私のほうがゾゾ~ッv-12
ヌマチチブさんは素面で挑戦して下さいね(笑)
【2007/05/04 23:16】 URL | kanae #JZWBxGr6 [ + 編集 +]

kanaeさんへ
ダーリンの話(笑) わっかるなぁ~
若い頃、すすきのから友達が住む水車町まで、歩いたんですよぉ~2次会のノリで。 
やっぱり豊平川越える時、川をみんなで眺めた記憶がはっきり残ってます。
ここを越えると、「帰ってきた感」が胸を去来するのですよ!
あの時、この橋だったら、勢いと若さにまかせて、上ったでしょうね(お酒は入ってなかったけれど)
それにしても、平岸まででしょ? さすが殿方だなぁ~ いやいや、落ちなくて良かった!
今度は、愛らしい精進川に出かけたいと思っています。
【2007/05/05 11:10】 URL | ヌマチチブ #- [ + 編集 +]


■ この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する。


■ この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kitanokawa.blog50.fc2.com/tb.php/127-c1a58f3f
この記事にトラックバックする。(FC2ブログユーザー)
北海道川マップ

豊平川ガイドマップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)
石狩川ガイドマップ
(財団法人石狩川振興財団より)
天塩川マップ
(北海道開発局旭川開発建設部より)
釧路湿原周辺拡大地図
(北海道開発局釧路開発建設部より)
尻別川利用マップ
(北海道開発局小樽開発建設部より)
鵡川河口干潟の自然
(苫小牧地方環境監視センターより)
常呂川流域親水マップ
(北海道開発局網走開発建設部より)
網走川流域親水マップ
(北海道開発局網走開発建設部より)
空知川ガイドマップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)
幾春別川りばーマップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)
雨竜川りばーマップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)
砂川遊水地周辺マップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)

空から見た蝦夷の川

空から見る石狩川
空から見る天塩川
空から見る夕張川
空から見る湧別川
空から見る常呂川
空から見る亀田川

ブログ内検索

北海道防災情報

国土交通省川の防災情報・北海道版
北海道防災(北海道の防災情報ポータルサイト)
あなたの町のハザードマップを見る

石狩川のネットマガジン・川と人

石狩川振興財団が制作・発行する「川と人」は、大河石狩川と水系の歴史や治水、石狩川が流れる流域市町村の歴史や最新情報、レジャースポットなどを、川の専門的な視点でまとめています。
川と人

川遊びグッズ

子どもでも簡単!


いつも売切れな川靴


雪の中でも楽々~


いざ!という時に投げる
P-136K型

転倒時に頭をガード
ヘルメット・プロテック・フルカットWHT

命のライフジャケット
子供用ライフジャケット(小児用)TK-13B

川へ、蝦夷へGO



北海道のお天気は?


-天気予報コム- -FC2-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。