いらっしゃいませ

プロフィール

ヌマチチブ

Author:ヌマチチブ
川は身近な自然であり、北海道の歴史を物語ります。
そんな北海道の川の素晴らしさを、わかりやすく、老婆心も交えつつ、お伝えしたいと思います。

間違ってる箇所も多々あると思いますので、よろしければ教えてくださるとうれしいです。
どうぞ、ごゆるりと・・・
………………………………………
ヌマチチブとは、日本中に広く分布する頭が大きくずんぐりしたハゼ科の魚。顔を中心に無数に斑点があるのが特徴。
いわゆる雑魚で、「釣った」と思った瞬間、ガッカリ感と笑いを誘う、憎いあんちきしょー!

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

北海道川原版へようこそ

お勧めブログ&サイト

このブログをリンクに追加する

問い合わせ等

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

RSSフィード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

北海道川原版
北海道の川のイベント、施設、川魚、植物、アウトドアや歴史、自然写真。 川原から北海道をめぐる情報ブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

豊平川サケ科学館サケ稚魚体験放流会
今日は5月5日こどもの日。

こどもの日といえば、、、
これに参加しないことには、柏餅も食べられません!

札幌市豊平川サケ科学館サケ稚魚体験放流
サケ科学館


わが子は、この催しが大好きです。
「今年の秋は、わたしのサケ太郎、帰って来るかな? 去年、来たかな?」
なぁ~んて、可愛いことを申します。もう、お姉ちゃんなんですけどね(汗)

場所は、真駒内公園内を流れる真駒内川河川敷。豊平川で放流するのではありません。もう少し下流で、真駒内川は豊平川に合流します。
真駒内川

向こうに、真駒内屋内競技場(真駒内アイスアリーナ)のあの屋根が見えます。

おぉー、やってる! やってる!
放流会全体

さけ科学館横の真駒内川河川敷です。

川辺までのスロープを下りると、係りの人から、手塩に掛けて育てた稚魚3匹を渡されます。
サケ稚魚

これがわたしのサケ稚魚~ その名も・・・

サケもと・りょうま1・2・3

うーん、可愛い~
プラスチックのコップには納まりきれぬほど元気で、
ツンツンとぶつかるたびに、強い生命力を感じます。

ひとしきり、サケもと・りょうま1・2・3とじゃれ合った後、いよいよ手放さなければなりません~ 大海原への旅立ちの第一歩です(涙)

この瞬間がせつなーい! またも叫んでしまいましたぁ~
放流アップ

“北洋を洗濯するゼヨ!”
“海の近江屋に近づいたら、いかんゼヨ!”
*CAUTION!!! この人物はわたしではありません。老体をさらすわけには参りません~ あっ、わかってた?


サケの稚魚に心躍るのは、子どもばかりではありません。
放流風景

いつもそうですが、お父さん・お母さんの無邪気な笑顔が輝いています。

放流された稚魚がその後どうなるかというと…
放流後

真駒内川に通じる水路で集まってます。わたしのサケもと・りょうまはすぐにわかる!

稚魚はそれまで、科学館の飼育槽で育てられていたので、そりゃあもう、はじめての自然にとまどいは隠せません!
これから出発まで、自然のひとつひとつを、体験し学んでいきます。

最後に、放流の記念に、このようなカードをもらいます。
放流証

残念ながら、「誰にも言いませんよカード」ではありません。
(金曜11時15分~ オダギリジョー主演「帰ってきた時効警察」)

サケのスタンプも種類があって、自由に押すことができます。

サケは川の中で、自然に産まれ、孵化して、大きくなって、自然に海に旅立つことが一番なのでしょう~

そういう野生のサケが、強いということもわかります。

ただ、こういった催しは、親子でサケについて、サケが生きる川環境について、考えるきっかけになります。
何よりも、あの頼りなげなサケの、でもしっかりと確かな鼓動を感じることは、生命にふれあう事です。

めったに逢える魚じゃないですからね、食べるばっかりで!
放流した稚魚の中で帰ってくる確率は、たしか5%だそうです。。。
たったの5%、、、

でも、みんな精一杯、今を生きてる!

テーマ:札幌/北海道の地域ネタ - ジャンル:地域情報

■ この記事に対するコメント
豊平川サケ科学館サケ稚魚体験放流会
行ってきたんですか??
柏餅食べてないです。。

今日はMALICEの日じゃないからいいんですけどね☆
手塩に育てたサケを流すのは、、せつないですね~
大きくなったら戻ってきますよね(*^_^*)
【2007/05/05 21:45】 URL | MALICE #JalddpaA [ + 編集 +]

MALICEさんへ
MALICEさんは、さくら餅派ですか? ひな祭りの方が好みですか(笑)

今日、放流された稚魚すべてが戻ってきてくれればウレシイんですが、、、ほとんどが戻らないというのも自然の掟。
その厳しさもこども達に知ってほしいと思います。
我が家なんて食卓にサケが出ると、「これはあの時の、サケ太郎かもしれない…」とブルーになりつつ、しっかり食べます!
【2007/05/06 07:45】 URL | ヌマチチブ #- [ + 編集 +]

放流
TBありがとうございました。
こどもの日に開催されていたんですね!
サケもとりょうまクン達も水路に集まってたんですか~。
やっぱりヤマベもサケも大海に出る前には心の準備が必要なんですね(笑)
元気に育ってほしいですねv-229
【2007/05/20 22:18】 URL | kanae #JZWBxGr6 [ + 編集 +]

kanaeさんへ
こちらこそ、TBありがとうございます。
うちのサケもとりょうまは、今頃、ぼちぼち河口に向っているのでは。
もちろん、リーダーでね!(笑)
ヤマベ放流もやってみたいですよぉ~
稚魚は小さいのに、ちゃんとサケやヤマベの形してて、可愛いですよね。
来年は、そっちの方に参加しようかぁ(笑)
【2007/05/21 09:11】 URL | ヌマチチブ #- [ + 編集 +]


■ この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する。


■ この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kitanokawa.blog50.fc2.com/tb.php/130-148027d6
この記事にトラックバックする。(FC2ブログユーザー)

ヤマベの放流

今日は精進川公園のヤマベの放流に行ってきました。あいにく小雨が降っていましたが、久しぶりのレインコートで子供達もウキウキ。 中止かも~と思っていたけど大盛況。係りのかたから説明を受けて、コップに3匹ずつヤマベをもらって、いざ放流! とっとと泳ぎ去ってしまう DIARY【2007/05/21 02:09】
北海道川マップ

豊平川ガイドマップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)
石狩川ガイドマップ
(財団法人石狩川振興財団より)
天塩川マップ
(北海道開発局旭川開発建設部より)
釧路湿原周辺拡大地図
(北海道開発局釧路開発建設部より)
尻別川利用マップ
(北海道開発局小樽開発建設部より)
鵡川河口干潟の自然
(苫小牧地方環境監視センターより)
常呂川流域親水マップ
(北海道開発局網走開発建設部より)
網走川流域親水マップ
(北海道開発局網走開発建設部より)
空知川ガイドマップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)
幾春別川りばーマップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)
雨竜川りばーマップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)
砂川遊水地周辺マップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)

空から見た蝦夷の川

空から見る石狩川
空から見る天塩川
空から見る夕張川
空から見る湧別川
空から見る常呂川
空から見る亀田川

ブログ内検索

北海道防災情報

国土交通省川の防災情報・北海道版
北海道防災(北海道の防災情報ポータルサイト)
あなたの町のハザードマップを見る

石狩川のネットマガジン・川と人

石狩川振興財団が制作・発行する「川と人」は、大河石狩川と水系の歴史や治水、石狩川が流れる流域市町村の歴史や最新情報、レジャースポットなどを、川の専門的な視点でまとめています。
川と人

川遊びグッズ

子どもでも簡単!


いつも売切れな川靴


雪の中でも楽々~


いざ!という時に投げる
P-136K型

転倒時に頭をガード
ヘルメット・プロテック・フルカットWHT

命のライフジャケット
子供用ライフジャケット(小児用)TK-13B

川へ、蝦夷へGO



北海道のお天気は?


-天気予報コム- -FC2-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。