いらっしゃいませ

プロフィール

ヌマチチブ

Author:ヌマチチブ
川は身近な自然であり、北海道の歴史を物語ります。
そんな北海道の川の素晴らしさを、わかりやすく、老婆心も交えつつ、お伝えしたいと思います。

間違ってる箇所も多々あると思いますので、よろしければ教えてくださるとうれしいです。
どうぞ、ごゆるりと・・・
………………………………………
ヌマチチブとは、日本中に広く分布する頭が大きくずんぐりしたハゼ科の魚。顔を中心に無数に斑点があるのが特徴。
いわゆる雑魚で、「釣った」と思った瞬間、ガッカリ感と笑いを誘う、憎いあんちきしょー!

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

北海道川原版へようこそ

お勧めブログ&サイト

このブログをリンクに追加する

問い合わせ等

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

RSSフィード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

北海道川原版
北海道の川のイベント、施設、川魚、植物、アウトドアや歴史、自然写真。 川原から北海道をめぐる情報ブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北海道“千年の森プロジェクト”
世界的なバイオガソリン需要で、マヨネーズが17年ぶりに値上げするなど、私たちの身近に色々な形で影響を及ぼす地球の温暖化。

新聞やネットニュースでご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、北海道が地球温暖化削減に役立つやも?、という壮大なお話を・・・
北檜山

北檜山の春の山々(写真提供 / 北の大地の贈り物 Photo by (C) RARURU http://www.asahi-net.or.jp/~jb3k-tnk/)


 
『今、いのちとこころと遺伝子が危ない・・・』
今年1月、世界的な植物生態学者として知られる宮脇昭氏(横浜国立大名誉教授・財団法人国際生態学センター所長)に賛同した小樽経済界の有志と博物館学芸員など約25人が、地球温暖化に歯止めをかける植樹運動「“北海道”千年の森プロジェクト」を設立しました。


岡山県に生まれた宮脇先生は、日本一木を植えた先生として知られ、大自然の中だけでなく、工場や都市に森を作る重要性を唱え、「宮脇方式」といわれる独自の植林方法を推進し続けています。

北海道では、毎日新聞創刊135年記念事業あすを植えるMy Mai Tree(マイマイツリー)のモデル植樹として、札幌市手稲区の山口緑地で開かれた「さっぽろふるさとの森づくり」植樹祭の講師も務めています。

かの、スタジオジブリ宮崎駿監督も、宮脇先生の著書を愛読書にしているそう~


北海道“千年の森プロジェクト”は、ブナなど地域にもともと根付く木から実を拾い、苗畑で育てるほか、団体会員も募って学校、企業などでも育苗してもらいます。

秋冬のトレッキングなど森に親しむイベントを含め、毎年6月には植樹祭を行うなど、会員とともに育林活動を続けます。

また、コンクリート化で自然災害に対して脆弱になった世界中の都市砂漠に、道内の苗木を植えたり、緑化運動を支援することで、災害に強く、潤いあるまちづくりを提唱していきます。

事務局には、北海道で有名なおたる政寿司さんも!

年会費:一般3000円、学生1000円
目標:会員1000人、地域にもともと根付く広葉樹、針葉樹1000本の植樹

問い合わせはコチラ
北海道千年の森プロジェクト


明日13日には、宮脇先生を招いた設立記念講演会が開催されます。
千年の森プロジェクト設立記念講演会
『いのちの森を生む』
財)国際生態学センター
所長 宮脇 昭先生

5月13日(日)PM1:00~
小樽市稲穂 日専連 大ホール

うっわぁ~ 行きたいなぁ~
わたしのことだから、すぐ宮脇先生に傾倒するんだろうなぁ~


千年の森といえば・・・

十勝の清水町にも、森づくりと農業に取り組む十勝千年の森があります。

さらに北海道には、バイオブロック工法カミネッコンが国内はもとより、モンゴルや中国の森づくりに貢献したり、
生態学的混播混植法は、石狩川流域1人1本300万本植樹運動に採用され、毎年流域で積極的に推進されています。

暗いニュースが多い北海道、、、
でも、世界的な植樹先進地こそ北海道なのです!

北海道の未来はここにある――
なによりも、植樹を推し進める人々の心意気と高い志に、胸が熱くなります。

道産子のひとりとして、誇りを持って、緑について、いつも関心を寄せていたいと思います。

テーマ:札幌/北海道の地域ネタ - ジャンル:地域情報

■ この記事に対するコメント

確かに今、いのちと遺伝子が危ないかもしれませんよね。昔から比べると“森”が少なくなっているのは確かです。以前、読んだSMBC環境プログラムNPO法人C・C・C富良野自然塾http://furano-shizenjuku.yosanet.com/sub1.html がとても気になってます。清水町の『十勝千年の森』とっても気になります。是非、行ってみたいです。
【2007/05/13 00:43】 URL | R #z8Ev11P6 [ + 編集 +]

Rさんへ
Rさんは、温暖化問題に関心が高かったですもんね。
この富良野自然塾って、倉本聡さんが発案したのでは? 
ニュースで見た覚えがありますよ。バブルの頃、ゴルフ場とリゾート開発ばかり目を向けないで、やがてくる環境の諸問題に投資すべきでしたよねぇ~ 反省してます(汗)
森はすべてにつながってるので、森がおかしくなると人間の心、遺伝子まで影響があるのかも!
富良野~南富良野は大切な森林地帯ですからね。大切にしていきたいものです。
【2007/05/13 10:39】 URL | ヌマチチブ #- [ + 編集 +]

森!
各地で様々な取り組みがありますよね~
北海道は特に多いですよね。
「第58回全国植樹祭」が6月に苫小牧で行われますよ~
http://www.rinya.maff.go.jp/seisaku/syokujyusai%20.html
毎年開催地を変えて行っているようで、北海道では昭和36年以来2回目!
でも全然話題に上らないのです。
もっともっと道民に広報してもいいのでは?
当日だけニュースで流れるだけなのでしょうか・・・・・
実は父が参加します(さすが親子・・・・笑)
だから知っているのですが、ほとんど知れ渡っていません。
一般公募も認知度が低いような・・・
もっと森林に興味を持ってもらうためにも、もっともっとアピールが必要ですよね。
ただの「植樹祭」で終わって欲しくありません・・・・
【2007/05/14 09:29】 URL | ezomomonga #H94ZE/5g [ + 編集 +]

ezomomongaさんへ
はい!了解いたしました。
ブログで、できる限り、応援したいと思います。
去年、プレイベントで北海道植樹祭が滝川で行われたのですよね。
このイベントの素晴らしいところは、学校や各家庭で苗木を育てていることでしょうか。
お父様も、お手伝いなさってるなんて、、、素敵な父娘ですね!素敵な遺伝子を受け継ぎましたね。

森づくりの認知の低さは、おっしゃる通りだと思います。
やはり活発に活動してる団体等が多くを占め、一般まで浸透してませんね。
植樹って、親子で参加すると、すごく楽しいし、ご当地グルメの出店も出て、晴天なら、すばらしい催しになると思うんですけど。
何より、日記にも力説してますが、北海道は森と農業だと思ってますから(笑)もっともっと宣伝してほしいです!
【2007/05/14 13:42】 URL | ヌマチチブ #- [ + 編集 +]


■ この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する。


■ この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kitanokawa.blog50.fc2.com/tb.php/137-c749ed98
この記事にトラックバックする。(FC2ブログユーザー)
北海道川マップ

豊平川ガイドマップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)
石狩川ガイドマップ
(財団法人石狩川振興財団より)
天塩川マップ
(北海道開発局旭川開発建設部より)
釧路湿原周辺拡大地図
(北海道開発局釧路開発建設部より)
尻別川利用マップ
(北海道開発局小樽開発建設部より)
鵡川河口干潟の自然
(苫小牧地方環境監視センターより)
常呂川流域親水マップ
(北海道開発局網走開発建設部より)
網走川流域親水マップ
(北海道開発局網走開発建設部より)
空知川ガイドマップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)
幾春別川りばーマップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)
雨竜川りばーマップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)
砂川遊水地周辺マップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)

空から見た蝦夷の川

空から見る石狩川
空から見る天塩川
空から見る夕張川
空から見る湧別川
空から見る常呂川
空から見る亀田川

ブログ内検索

北海道防災情報

国土交通省川の防災情報・北海道版
北海道防災(北海道の防災情報ポータルサイト)
あなたの町のハザードマップを見る

石狩川のネットマガジン・川と人

石狩川振興財団が制作・発行する「川と人」は、大河石狩川と水系の歴史や治水、石狩川が流れる流域市町村の歴史や最新情報、レジャースポットなどを、川の専門的な視点でまとめています。
川と人

川遊びグッズ

子どもでも簡単!


いつも売切れな川靴


雪の中でも楽々~


いざ!という時に投げる
P-136K型

転倒時に頭をガード
ヘルメット・プロテック・フルカットWHT

命のライフジャケット
子供用ライフジャケット(小児用)TK-13B

川へ、蝦夷へGO



北海道のお天気は?


-天気予報コム- -FC2-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。