いらっしゃいませ

プロフィール

ヌマチチブ

Author:ヌマチチブ
川は身近な自然であり、北海道の歴史を物語ります。
そんな北海道の川の素晴らしさを、わかりやすく、老婆心も交えつつ、お伝えしたいと思います。

間違ってる箇所も多々あると思いますので、よろしければ教えてくださるとうれしいです。
どうぞ、ごゆるりと・・・
………………………………………
ヌマチチブとは、日本中に広く分布する頭が大きくずんぐりしたハゼ科の魚。顔を中心に無数に斑点があるのが特徴。
いわゆる雑魚で、「釣った」と思った瞬間、ガッカリ感と笑いを誘う、憎いあんちきしょー!

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ

北海道川原版へようこそ

お勧めブログ&サイト

このブログをリンクに追加する

問い合わせ等

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

RSSフィード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

北海道川原版
北海道の川のイベント、施設、川魚、植物、アウトドアや歴史、自然写真。 川原から北海道をめぐる情報ブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

坂本龍馬と北海道
幕末の名プロデューサーといえば、、、

「今一度日本を洗濯したく候」
坂本 龍馬

薩長同盟や大政奉還の実現に尽力した、日本人が愛して止まぬヒーローですね。

しかし、龍馬が抱いた夢の中に、北海道開拓があったことは、あまり知られていません。

坂本龍馬は3度、北海道開拓を目指したといわれます。

「新天地で農業や漁業を振興させたい」

幕府の弾圧や船の座礁、近江屋での暗殺により、龍馬が描いた龍馬らしい壮大な夢は叶うことはありませんでした。

そんな龍馬の蝦夷地への夢は、札幌近郊の農業のまち・浦臼町で触れることができます。

明治29年、坂本龍馬の意を受けた甥・坂本直寛は、北見を視察する途中、浦臼の聖園農場に立ち寄ります。

これを機に明治30年、直寛は4人の子どもを連れて浦臼町の浦臼沼北側に移り住みました。

その後、高知では、坂本龍馬の養子・高松太郎が没したため、妻の留とご子息が、坂本直寛を頼って浦臼町に移住、没するまで浦臼町で駄菓子屋を営みつつ、浦臼町の発展に尽力したといいます。
(坂本龍馬の系列の子孫は、その後、東京に移住したとされます)

坂本家の墓(浦臼町札的)
浦臼町郷土史料館
龍馬の書簡や海援隊で使ったものなど、龍馬の息吹が感じられるものが展示されてます。

樺戸連山と石狩川が流れ、いくつもの川や沼(三日月湖)が点在する平坦な地・浦臼町は、近隣のまち同様、水害に苦しめられました。

その中でも、明治31年の石狩川大洪水は、緒についたばかりの北海道開拓に大打撃を与えました。
田畑や家屋は流され、離農する者が後を絶ちませんでした。
(これを機に、石狩川の本格的な治水がはじまりました)

大変な被害を受けた浦臼町救済のために、坂本直寛は、百円札で有名な、板垣退助等と図って、災害救済に貢献したといいます。

板垣退助といえば、元は土佐藩。
ここで、坂本龍馬の幅広い人脈が活かされたのです。

龍馬の次なる大地・北海道という志を受け継ぐ人々によって、北海道の大開拓は実現にこぎつけた。

そんな坂本 龍馬と、北海道をつなぐイベントが開催されています。

●「坂本龍馬と北海道」パネル展
幕末の英雄・坂本龍馬、龍馬の志を継いだ人々などについて、約100枚のパネルで展示
5月16日(水)~27日(日) 地下街オーロラプラザ
入場無料

北海道坂本龍馬記念館実行委員会 tel 011-592-1115

龍馬のことだから、生きて北海道開拓に携わったならば、内陸用の川船に、イギリスのナローボートあたり導入したかもしれません。
いやはや坂本龍馬が絡むと、想像力も壮大になりますねぇ~


ちなみに、わたしは坂本龍馬を思うと、江口洋介が登場します。
NHK大河ドラマ「新選組!」の影響ですね。

当時の日本人にしては、飛びぬけて大きかった龍馬のイメージに、江口さんがしっくり来るんですよねぇ~
武田鉄也さん、ごめんなさい!

このパネル展、来週行きたいと思っています。
■ この記事に対するコメント
ナローボート♪
ナローボートってnarrowなのね
創成川のような幅の無い川にもOK!なんだ・・・
んじゃ~創成川にもナローボート・・・素敵だと思わない?
でも長閑な田園を縫って走る川なら乗っていても気分いいけど
石狩街道眺めてもね。。。(ーー;)
おまけに道路沿いの景色って何処も同じ様な大型店(シューズ店・薬やなど)ばかりで、日本の景色ってつまらないよね。

イギリスをナローボートに乗って旅をするツアーがあるなんて
良いわね☆彡

あっ、阪本竜馬の話だったのに。。。^_^;

【2007/05/19 20:35】 URL | みかんちゃん #eoiZu7NI [ + 編集 +]

みかんちゃんへ
ナローボートって、ついこの前、はじめて知ったんですよ!
イギリス産業革命の頃、国内にたくさん運河が作られ、ウェッジウッドかな? 陶器を大量輸送するために、ナローボートが使われたらしいです。狭く、低い川用に開発されたようです。さすが英国~文化が違いますよね!
今、イギリスのナローボートは、個人の居住用に使われてるらしい。キャンピングカーみたいなもんです。素晴らしい川文化だと思いません?
わたし、石狩街道のポプラ並木は好きですよ!

そうそう~
あの辺りの創成川は、むかし運河として利用されてたから、ナローボートにはピッタリかも!
龍馬だったら、丸木舟より、ナローボート使ったと思いません?
でも、北海道は外輪船という川文化があるのですよ。なんとか外輪船を復活させたいと願っています。
【2007/05/19 20:46】 URL | ヌマチチブ #- [ + 編集 +]

寺田屋
はじめまして。

龍馬は、定宿の寺田屋から淀川を使って大阪へ出てましたよね。
その時乗っていた三十石船こそ、
江戸時代のナローボート、とも言えるのでは?(笑)

楽しいお話ありがとうございました。
【2007/05/31 11:29】 URL | ナローボーター #VtSnbHsY [ + 編集 +]

ナローボーターさん
ようこそいらっしゃいました。ささっ、お茶でも。

先ほどナローボーダーさんのブログを拝見させていただきました。
じつはこの冬、初めてナローボートの存在を知りまして、これは画期的なボートだなぁ~ と、大変感心しました。でも、産業革命の頃大活躍してたんですもんね(汗)さすが英国!
また、改めて遊びに行かせていただきます。

龍馬が乗った三十石船! まさにナローボートです。わたしもナローボートに乗って、日本を洗濯したいものです(笑)
【2007/05/31 11:36】 URL | ヌマチチブ #- [ + 編集 +]


■ この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する。


■ この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kitanokawa.blog50.fc2.com/tb.php/143-40212413
この記事にトラックバックする。(FC2ブログユーザー)
北海道川マップ

豊平川ガイドマップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)
石狩川ガイドマップ
(財団法人石狩川振興財団より)
天塩川マップ
(北海道開発局旭川開発建設部より)
釧路湿原周辺拡大地図
(北海道開発局釧路開発建設部より)
尻別川利用マップ
(北海道開発局小樽開発建設部より)
鵡川河口干潟の自然
(苫小牧地方環境監視センターより)
常呂川流域親水マップ
(北海道開発局網走開発建設部より)
網走川流域親水マップ
(北海道開発局網走開発建設部より)
空知川ガイドマップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)
幾春別川りばーマップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)
雨竜川りばーマップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)
砂川遊水地周辺マップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)

空から見た蝦夷の川

空から見る石狩川
空から見る天塩川
空から見る夕張川
空から見る湧別川
空から見る常呂川
空から見る亀田川

ブログ内検索

北海道防災情報

国土交通省川の防災情報・北海道版
北海道防災(北海道の防災情報ポータルサイト)
あなたの町のハザードマップを見る

石狩川のネットマガジン・川と人

石狩川振興財団が制作・発行する「川と人」は、大河石狩川と水系の歴史や治水、石狩川が流れる流域市町村の歴史や最新情報、レジャースポットなどを、川の専門的な視点でまとめています。
川と人

川遊びグッズ

子どもでも簡単!


いつも売切れな川靴


雪の中でも楽々~


いざ!という時に投げる
P-136K型

転倒時に頭をガード
ヘルメット・プロテック・フルカットWHT

命のライフジャケット
子供用ライフジャケット(小児用)TK-13B

川へ、蝦夷へGO



北海道のお天気は?


-天気予報コム- -FC2-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。