いらっしゃいませ

プロフィール

ヌマチチブ

Author:ヌマチチブ
川は身近な自然であり、北海道の歴史を物語ります。
そんな北海道の川の素晴らしさを、わかりやすく、老婆心も交えつつ、お伝えしたいと思います。

間違ってる箇所も多々あると思いますので、よろしければ教えてくださるとうれしいです。
どうぞ、ごゆるりと・・・
………………………………………
ヌマチチブとは、日本中に広く分布する頭が大きくずんぐりしたハゼ科の魚。顔を中心に無数に斑点があるのが特徴。
いわゆる雑魚で、「釣った」と思った瞬間、ガッカリ感と笑いを誘う、憎いあんちきしょー!

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

北海道川原版へようこそ

お勧めブログ&サイト

このブログをリンクに追加する

問い合わせ等

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

RSSフィード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

北海道川原版
北海道の川のイベント、施設、川魚、植物、アウトドアや歴史、自然写真。 川原から北海道をめぐる情報ブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桂沢湖と幾春別川上流
空知管内三笠市桂沢にある桂沢ダムは、石狩川水系幾春別川上流に建設されたダム。

1957年(昭和32年)にできた、北海道初となる多目的ダムで、戦後の石狩川水系総合開発計画の出発点になりました。

そして桂沢湖は、桂沢ダムができたことで出現した人造湖。
人造湖といっても周囲62kmの大きな湖で、原始林にかこまれ、優れた自然を有してることから、道立自然公園に指定されています。
桂沢湖1

(画像/北海道札幌写真集 http://sapporo-photo.com/

幾春別川は炭鉱の影響を受けた川で、石炭のカスがまじって真っ黒だったり、サケが約一世紀も帰らなかったり。
炭鉱の斜陽化で、少しずつむかしの川に戻り、流域住民の熱心な愛護活動が行われています。

幾春別川をよくする市民の会

とはいっても、幾春別川最上流のここ三笠の流れは清流そのもの。
水量や流れの変化を生かし、こんなアグレッシブな大会も毎年行われています。

第11回幾春別川カップ・イン・三笠
(スラロームレース、特別ペアスラロームレースなどの競技大会)
平成19年6月16(土)17(日) 三笠市西桂沢411 
問い合わせ;三笠カヌークラブ TEL 01267-6-7839


また、桂沢湖周辺はアンモナイト白亜紀二枚貝など、貴重な化石がたくさん発見され、世界的に有名です。
天然記念物に指定されたエゾミカサリュウも! 案の定、桂沢湖の看板娘ならぬ、看板恐竜~ これはティラノサウルスでもなさそう、、、
桂沢湖2

(画像/北海道札幌写真集 http://sapporo-photo.com/
化石は三笠市立博物館に展示されています。

市外からの参加者も多い、博物館主催の自然観察会も開催!
三笠市立博物館自然観察講座 白亜紀二枚貝とアンモナイトの観察 

参考までに、以前の日記アンモナイトの三笠

市立博物館・野外展示(サイクリングロード)では、石炭層・逆断層を見られます。



とにかく森に囲まれ、歴史を感じ、高倉 健さんがひょっこり出てきそうな、古き良き昭和を感じさせる三笠――

桂沢ダム誕生から、ことしで50年。
現在、桂沢ダムでは、すぐ下流に新桂沢ダムの建設が進められ、新しいダムが完成すると、今の桂沢ダムは水没してしまうそうです。

札幌から三笠経由で富良野方面への利用も多くなってるそうで。
この夏のドライブにいかがでしょう~


桂沢湖ほとりのお宿
桂沢観光ホテル
三笠市桂沢湖畔 TEL 01267-6-8225
  
幾春別川のせせらぎを聞きながら温泉三昧
西桂沢温泉 地域健康増進センター
三笠市西桂沢6 TEL 01267-6-7582

テーマ:札幌/北海道の地域ネタ - ジャンル:地域情報

■ この記事に対するコメント
タイムリー
今まで実家に帰る時には岩見沢ミステリーゾーン経由でしたが
まさに現在は「桂沢湖」経由なのです~
昔はこんなにいい道じゃなかったなぁ・・・(いつの話だ!)などと
懐かしく通っておりますよ~
辺りはうっそうとしていて、自然がいっぱい。
私の目もキラキラ輝く場所でもあります、ダムは(笑)
自然観察会もやっているのですね~
最近、ヌマチチブさんの影響でダムが身近に感じるようになりましたヽ(=´▽`=)ノ
【2007/05/25 11:33】 URL | ezomomonga #H94ZE/5g [ + 編集 +]

ezomomongaさんへ
コメントありがとうございます。
岩見沢ミステリーゾーンも捨てがたいですが(笑)、三笠ルートは早く到着しますよね?
新桂沢ダムの建設関係で?、道路が舗装されたそうですよ。2年前に初めて通ったのですが、おっしゃる通り、うっそうとしてて、こちらもなかなかのミステリーっぷり!

化石も好きなので、結構三笠は行ってます。科学館の講習会は、化石を探したり、クリーニング体験したり、垂涎もの(笑) 一度参加したいです~
ダムのある町って過疎化が進んでるので、その水を飲んでる都市住民に、少しでも水源地の現状に目を向けてもらって、遊びに行ってほしいですねぇ~
【2007/05/25 11:49】 URL | ヌマチチブ #- [ + 編集 +]


昼間の桂沢湖はキレイですね。
MALICEは夜の顔の印象の方が強くて・・・。ひとりじゃいけません。。

三笠は恐竜やアンモナイトが有名ですね!
けっこう、、土いじり好きなので発掘とかやってみたいです(笑)
土日の散歩は『わんこ』そっちのけで砂山でひとり遊び・・・アハハ
【2007/05/25 21:51】 URL | MALICE #JalddpaA [ + 編集 +]

MALICEさんへ
えっ!? 桂沢湖も夜ですかぁ? キャンプで豹変したのですか?
気をつけてくださいよぉ~ なぞの恐竜に食べられちゃいますよぉ~

三笠のアンモナイトはすごく大きいのが特徴で、地元の人の話では結構なお値段だそうで。じゃなくって、、、化石発掘や砂金掘りって楽しそうですよねぇ~ 
ほっ被りは必需品!泥棒みたいにね。
インディ顔負けに砂山掘り続けて、ブラジルまで行っちゃってください!
【2007/05/25 22:37】 URL | ヌマチチブ #- [ + 編集 +]


桂沢湖は何度も行きました^^
この先の三段の滝もいいですよね^o^
【2007/05/26 09:57】 URL | 柴犬U^ェ^U #- [ + 編集 +]

柴犬さんへ
桂沢湖は行きやすいし、遊びやすいので良いですよねぇ~
三段の滝って、芦別川の? だとしたら、景勝地ですね。
今度行ってみまーす!
【2007/05/26 10:13】 URL | ヌマチチブ #- [ + 編集 +]


■ この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する。


■ この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kitanokawa.blog50.fc2.com/tb.php/149-0b5c0bde
この記事にトラックバックする。(FC2ブログユーザー)
北海道川マップ

豊平川ガイドマップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)
石狩川ガイドマップ
(財団法人石狩川振興財団より)
天塩川マップ
(北海道開発局旭川開発建設部より)
釧路湿原周辺拡大地図
(北海道開発局釧路開発建設部より)
尻別川利用マップ
(北海道開発局小樽開発建設部より)
鵡川河口干潟の自然
(苫小牧地方環境監視センターより)
常呂川流域親水マップ
(北海道開発局網走開発建設部より)
網走川流域親水マップ
(北海道開発局網走開発建設部より)
空知川ガイドマップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)
幾春別川りばーマップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)
雨竜川りばーマップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)
砂川遊水地周辺マップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)

空から見た蝦夷の川

空から見る石狩川
空から見る天塩川
空から見る夕張川
空から見る湧別川
空から見る常呂川
空から見る亀田川

ブログ内検索

北海道防災情報

国土交通省川の防災情報・北海道版
北海道防災(北海道の防災情報ポータルサイト)
あなたの町のハザードマップを見る

石狩川のネットマガジン・川と人

石狩川振興財団が制作・発行する「川と人」は、大河石狩川と水系の歴史や治水、石狩川が流れる流域市町村の歴史や最新情報、レジャースポットなどを、川の専門的な視点でまとめています。
川と人

川遊びグッズ

子どもでも簡単!


いつも売切れな川靴


雪の中でも楽々~


いざ!という時に投げる
P-136K型

転倒時に頭をガード
ヘルメット・プロテック・フルカットWHT

命のライフジャケット
子供用ライフジャケット(小児用)TK-13B

川へ、蝦夷へGO



北海道のお天気は?


-天気予報コム- -FC2-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。