いらっしゃいませ

プロフィール

ヌマチチブ

Author:ヌマチチブ
川は身近な自然であり、北海道の歴史を物語ります。
そんな北海道の川の素晴らしさを、わかりやすく、老婆心も交えつつ、お伝えしたいと思います。

間違ってる箇所も多々あると思いますので、よろしければ教えてくださるとうれしいです。
どうぞ、ごゆるりと・・・
………………………………………
ヌマチチブとは、日本中に広く分布する頭が大きくずんぐりしたハゼ科の魚。顔を中心に無数に斑点があるのが特徴。
いわゆる雑魚で、「釣った」と思った瞬間、ガッカリ感と笑いを誘う、憎いあんちきしょー!

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

北海道川原版へようこそ

お勧めブログ&サイト

このブログをリンクに追加する

問い合わせ等

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

RSSフィード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

北海道川原版
北海道の川のイベント、施設、川魚、植物、アウトドアや歴史、自然写真。 川原から北海道をめぐる情報ブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神々が遊ぶ雨竜沼湿原
日光尾瀬に次ぐ規模の山地高層湿原で、ラムサール条約登録湿地&北海道遺産でもある雨竜沼湿原。

湿原への登山道途中にある白竜の滝、渓谷をペンケペタン川が流れる豊かな水と大地が形成する高山植物の花街道―
湿原内には大小700以上といわれる、池塘という湿原にある沼が点在し、その姿は、まさに神々が遊ぶ天上の庭のイメージがあります。
雨竜沼湿原2

(画像提供先/ウィキペディア雨竜沼湿原 雨竜沼・展望台より)

先週から10月10日の体育の日まで、登山可能になったようです。
登山道は結構きついそうで、苦労した末に辿りついた者に、その美しい姿を見せてくれる点も神秘的です。


【雨竜沼湿原・花の見頃】(若干異なる場合があります)
6月
ミズバショウ・ショジョウバカマ・エゾノリュウキンカ・チングルマ
7月
エゾカンゾウ・ヒオウギアヤメ・ハクサンチドリ・ワタスゲ
8月
タチギボウシ・オゼコウホネ・エゾノヒツジグサ・ミヤマアキノキリンソウ
9月
エゾオヤマリンドウ
*雨竜沼町公式HP花の見頃より
雨竜沼湿原1

(画像提供先/プロカメラマン撮影の無料写真素材・著作権フリー画像素材 --LinkStyle-- http://www.linkstyle.co.jp/index.html)

これぞ本物の自然です!
命の湿原に咲き誇る、野生の花の美しさと、その価値ががわかるヒトでありたいと思います。

雨竜沼湿原を撮り続け、雨竜沼湿原の専門家でもある写真家・岡村洋典氏のサイトには、四季折々の湿原の表情、一面に咲く数々の花々などが多数掲載されてるのはもちろんのこと、
雨竜沼湿原の自然環境、現在の問題点等もくわしく書かれ、とても勉強になります。
伝説の湿原 雨竜沼

今週末には、岡本氏が講師を務める、湿原講座が行われます。
公開湿原講座 6月23日(土) 午後2時~
先着100名 無料
テーマ/雨竜沼湿原に生きる動植物1
場 所/雨竜沼自然館  雨竜郡雨竜町第10町内 道の駅田園の里うりゅう内

参考までに;
岡本氏を中心に雨竜沼湿原の保全活動を進める「雨竜沼湿原を愛する会」等をまとめた以前の日記;
雨竜沼自然館オープン

なお、湿原西部の雨竜沼湿原展望台は、積雪による傾きのため倒壊のおそれがあるそうで、立ち入らぬよう注意を呼びかけています。
展望台以外の利用は可能だそう。

また、雨竜沼湿原の自然環境を末永く守るため、環境美化整備協力金(500円)という制度があります。
趣旨に賛同し、雨竜沼湿原に行かれる方は、ご協力お願いします。
くわしくは雨竜沼湿原ゲートパーク内「南暑寒荘」でお聞きください。
雨竜沼湿原


<雨竜沼湿原について書かれたお知り合いのブログ>
北海道旭川いいべえニュース;ナチュラリスト旨門さんの自然いっぱいブログ

山屋からするとこんなの登山のうちに入らない、せいぜい散歩程度にしか思わないのだろう。あの頃の自分だったらそう思う。しかし、今の自分は立派な登山用体力初級者でしかもメタボな体格。中級クラス以上の登山と思い、ネットと経験者から十分な情報を得、体調を万全に備えることにしました。
元旭川山岳会会員だった勤務先のTさんから詳しく情報を得たのが結果的に良かったのでした。最後に、ストックを二本必ず持参するよう...
思い出の雨竜沼湿原


■ この記事に対するコメント
わ~い♪
雨竜沼湿原だ~いすき♪←やっぱり(笑)
この湿原、あなどるなかれ!かなりの山道を進みます、登山です!!
登山はその先の暑寒別岳じゃな~い・・・なんて思って行ったら、足がガクガクです(笑)
だから、なおさら達成感があるんでしょうね~
急に開けた広大な雨竜沼湿原・・・・・あ~ここは天国♪

そして雨竜沼自然館のある「道の駅・田園の里うりゅう」には
地元の野菜やお米がズラ~っと並ぶ・・・・以前は行きつけの場所でありました。
今はちょっと遠くなった~
そして森の中を流れる尾白利加川が、なんとも素敵なのです~(あ~止まらない・・・・笑)
【2007/06/20 09:19】 URL | ezomomonga #H94ZE/5g [ + 編集 +]

ezomomongaさんへ
やはり、フィールドでしたね(笑)
登山道の噂は、回りから聞いています。かなりきついらしいですね!!!
札幌から行くとなると、1泊覚悟しなければならないでしょうか?
朱鞠内湖とセットで観光したいなと、ずっと思ってますが、なかなか。美瑛白金にも行きたいし、、、
でも、上に行くと開けるのですね、天国が。そして、尾白利加川が流れているのですね、いいなぁー

前もezomomongaさんとお話しましたが、湿地や湿原って、生命の源ですよね。
地上に生きるものって、栄養豊富な湿地や湿原から生まれ出でたと信じてます(笑)
札幌にも、北区あいの里方面に、トンボ池という湿地があるそうなので、今度行ってみます。
【2007/06/20 09:38】 URL | ヌマチチブ #- [ + 編集 +]


道の駅うりゅう に岡本さんの写真を常設展示されていますよね^o^/
ポストカードなども売られていますよ^-^

湿地帯は長い時間を経て乾いてゆく運命だと聞きましたが、せめて人間がかかわった事で雨竜沼が消えてしまわないでほしいですね。
【2007/06/20 14:56】 URL | 柴犬U^ェ^U #- [ + 編集 +]

柴犬さんへ
岡本さんの常設展示、見に行かれたのですね。いいなぁ~

>湿地帯は長い時間を経て乾いてゆく運命
岡本さんのインタビュー記事か何かで、読んだことがあります。
おっしゃる通り、この貴重で希少な自然を、人間の係わりで失うことだけはイヤです。
でも現実問題、植生が踏み荒らされたり、駐車場の無理な停め方とか、色々あるみたいです。
そんなことしてたら、天罰が下ると思います。
【2007/06/20 15:11】 URL | ヌマチチブ #- [ + 編集 +]

うわぁぁぁぁぁ~~~
圧倒!圧巻!素敵~~v-238
何を隠そう、私も湿地が大好きです!!(またか??呆

このお写真の白い点々はちんぐるまでしょうか??
爽やかですね~。梅雨のジメジメも一気にぶっ飛びました!

雨竜沼湿原も生で見たい!!と思いましたが、簡単には見せては
くれないのですねv-9
険しい登山を耐え抜いた者のみに与えられるご褒美かぁ~。
うちのB隊長も同じような事を言っていたなぁ(笑。

まずは体力づくりからですね!
その為にも例のキャンプを頑張らねば!
【2007/06/20 16:13】 URL | エゾトミヨ #- [ + 編集 +]

エゾトミヨさんへ
わたしが撮った写真でないのが、残念でならないのですが(汗)
キャンプで壮絶な訓練の中、いつもコメントありがとうございます。
エゾトミヨさんも、生粋の自然好きですね! 
湿地の良さって、なかなか若い人にはわからないと思います。やっぱり、ラベンダーやひまわりが、バァ~っと咲いてるほうがわかりやすいですもん。
でも、湿原や湿地に咲く花は、ひとつひとつが役割を持ってて、派手さはないけど可憐に咲いてて、けなげですよね。
白い花々は、多分チングルマだと思います。
わたしも雨竜沼湿原は未体験ですが、岡本さんの写真や活動を知って、憧れ続けています。
でも、でも、、、高山湿原は予想以上のきつさだそう。雨竜沼に行くために、わたしも近所で、山登りはじめたいと思います。
【2007/06/20 16:37】 URL | ヌマチチブ #- [ + 編集 +]


ご無沙汰しております。

今年は雨竜沼湿原に行ってみたいと思っているところです。

昨年、「浮島湿原」「松山湿原」の二箇所を散策しました。大いに感動しました。
そこでやはり湿原といえばここ「雨竜沼湿原」。是非挑戦しようと思っています。生まれて初めての湿原は尾瀬沼でした。あの時の感激はトラウマになって昨年蘇り、今年、雨竜沼できっと爆発するものと思っています。

楽しみ!
【2007/06/20 20:34】 URL | 旨門です。 #Ac5VUofQ [ + 編集 +]

再び~
ヌマチチブさん、こんばんは♪
札幌からでも1泊しなくても大丈夫ですよ。
ただ朱鞠内湖も周るとなると、時間が足りなくなっちゃうかもー!
セットで観光するとなると、間で1泊の方がいいかもしれませんね。

トンボ沼ってあるんですね~
聞いただけでワクワクしちゃいますヽ(=´▽`=)ノ
今週末は・・・・いよいよ湿原行きますわよーっ 
【2007/06/20 20:36】 URL | ezomomonga #H94ZE/5g [ + 編集 +]

旨門さんへ
あーいいなぁ~
わたし、旨門さんと小夏さんは、理想なんですよ!本題からそれてしまいました(笑)

そんなに湿原に行ってるのですか。はじめての湿原が尾瀬沼だなんて、そりゃあトラウマになりますよ~
ふつうの湿原でも豊かなのに、雨竜沼のように高山植物が茂る湿原は、やっぱり神様がつくった特別な場所というイメージがあります。
行った際は、ぜひぜひアップして楽しませてくださいね。
【2007/06/20 22:05】 URL | ヌマチチブ #- [ + 編集 +]

ezomomongaさんへ
わざわざ、教えてくださって、感謝・感謝です!
雨竜沼に行くのだったら、わりと近い朱鞠内湖も見てみたいという、とてもワガママな思いを持ってまして(汗)
だいたい、雨竜沼湿原の険しい登山道を行けるのか? という不安があるのに、願望と妄想だけは、いっちょまえなわたしです。ご助言、ありがとうございます。

トンボ沼は、フツーの小さな沼らしいのですが、保全活動をしていて、それこそヌマチチブも生息してるらしいです(笑)
札幌って、自然が豊かだと思ってましたが、気軽に行ける湿地が少ない(涙)
【2007/06/20 22:12】 URL | ヌマチチブ #- [ + 編集 +]

広大な北海道
思い知らされたぁぁ

行ってみたい

生で、見たい

けど、人が立ち入らない方が
いい事もあるかも知れない
変に観光化されないよう

願いたいですぅ
【2007/06/23 01:39】 URL | かっぱ #- [ + 編集 +]

かっぱさんへ
わたしもまだ行ったことないので、かっぱさんと同じ気持ちです!

知床は、車で入ってはいけないとか、細かい規制を設けてるようなのです。
雨竜沼湿原も、愛護団体の方々がしっかり目を光らせているので(役所よりも・笑)、保全優先なのですが、、、高山植物踏み荒らしたり、株毎取ってく観光客が、どこでも出現しますね(怒)
【2007/06/23 11:14】 URL | ヌマチチブ #- [ + 編集 +]

はじめまして!
はじめまして!
私はラムサール条約登録湿地に関する楽しい情報を収集・公開している
「ラムネット」http://ram-net.jp/
というwebサイトを運営しているY介と申します。

ヌマチチブさんの記事、読ませていただきました。
観光ガイドにはあまりない、親しみやすい紹介が楽しいですね。
雨竜沼に行ってみたくなっちゃいましたよ~。
こういったサイトで、湿原の踏圧問題等を訴えていけば
効果的かもしれませんね。 

非常に興味深い記事なのでこの記事を「ラムネット」にトラックバックしてくれませんか?
是非この記事を掲載したくてコメントを入れさせていただきました。
このサイトは、ブログ管理人の皆さんで盛り上げるサイトです。
湿原に関する記事を皆さんで読みあい、コメントを入れあったりして楽しみましょう!!

雨竜沼湿原のトラックバック先は
http://ram-net.jp/mt/mt-tb.cgi/14
です。
他の湿原のトラックバック先もたくさんありますので
是非、トラックバックしてみてくださいね。

この記事以外にもラムサール関連の記事をアップした場合は
トラックバックしていただけると嬉しいです。
宜しくお願いします!

ラムネット編集委員会 Y介より
【2007/06/26 21:39】 URL | ラムネット編集委員会 #- [ + 編集 +]

ラムネット編集委員会Y介さんへ
わざわざ、お越しいただきまして、ありがとうございます。ささっ、お茶を!
 
正直、表現等で問題があり、怒られるのかと思いました(笑)
早速、サイトの方に遊びに行かせていただきました。
「湿地を楽しむ学ぶ、遊ぶ」というコンセプト、感心しました。

個人的に、湿地に対して思い入れが深く、湿原の踏圧問題にも心痛めてますので、ぜひぜひ、トラックバックさせていただき、湿地を勉強させていただきたいと思います。

また、北海道の湿原に関して、アップを予定してたので、今後ともよろしくお願いします。
このたびはご訪問くださり、真にありがとうございます。
【2007/06/26 21:59】 URL | ヌマチチブ #- [ + 編集 +]


ありがとうございます、お茶、いただきました(笑
怒るなどとんでもない。
ラムネットは湿地を楽しく紹介し、湿地のファンを拡大。
ファンの力によって賢明な利用を盛り上げていくことが目標ですので
ヌマチチブさんのブログのように
情報を収集・公開しているサイトは非常に貴重な存在です。

早速トラックバックいただき、ありがとうございました。
以後もぜひともよろしくお願い致します。

ラムネット編集委員会 Y介
【2007/06/27 20:57】 URL | ラムネット編集委員会 #- [ + 編集 +]

ラムネット編集委員会 Y介さんへ
再度のご訪問、ありがとうございます。ビールといきたいところですが、お茶菓子を!

今日、ゆっくりラムネットさんを見させていただきました。
「湿地を楽しく紹介し、湿地のファンを拡大」とう点に、激しく共鳴いたしまして。
吹けば飛ぶような、ちっちゃいブログですが(笑)、テーマが同じなのです!
おこがましいですね。
お友達にも湿地好きな方が結構いますので、左バーにラムネットさんへのTBを呼びかけています。
川と湿地は切り離せないものですし、湿地の役割をたくさんの人に知ってほしいので、今後も湿地に関する情報を発信したいと思います。
こちらこそ、よろしくお願いしますね!
このたびは、愚ブログを見つけていただき、本当にありがとうございました。
【2007/06/27 21:32】 URL | ヌマチチブ #- [ + 編集 +]


はじめまして!ラムネットを見て来ました。
居ながらにして色々な湿原の四季折々の風景がみられるのって、
幸せな時代になったなー
雨竜沼湿原いいですねー。行ってみたい!
【2007/06/28 10:02】 URL | hide #- [ + 編集 +]

hideさんへ
ようこそいらっしゃいました! ササッ、麦茶を!

おっしゃる通り、ネット時代になって、家で全国の湿原の様子が見られますからね!
景勝地の中には、リアル動画を24時間配信してるところもありますよね。
これからは、どんどんそうなっていくのではないでしょうか。

hideさんはどちらにお住まいですか?
雨竜沼湿原は、たどり着くまでの道のりが、想像以上にきついらしく、道産子のわたしも、なかなか決心がつきません。
でも、体が動くうちに(笑)、山地高層の生き物をこの目で見てみたいですねぇ~

ご訪問してくださったうえに、コメントまでいただき、ありがとうございました。
【2007/06/28 10:56】 URL | ヌマチチブ #- [ + 編集 +]

麦茶ご馳走様でした!
ヌマチチブさん
私は東京住まいです。
ラムサール湿地に興味があって、
今までクッチャロ湖、サロベツ、霧多布、釧路、藤前干潟に行きました。
(世界遺産知床は、人が多すぎて全然よくなかったです。
それに引き替えラム地はどこもいいですよねー)
これからもどんどん行きたい!!!です
(世界のラム地制覇が夢です)
【2007/06/29 13:58】 URL | hide #- [ + 編集 +]

hideさんへ
再度のコメント、本当にありがとうございます。
わたくし、お茶菓子を出していませんでした。サ、サッ!

クッチャロ湖、サロベツ、霧多布、釧路に行かれたのですかぁ~
北海道に、こんなに来ていただけて、ウレシイです。

それにしても、ラム地の専門家ですね! 色々教えてください。
知床は人が多すぎましたか、、、何も力はないのですが、そういった感想が、自然と共生する観光地の将来に役立つのかと、道民のひとりとして思います。

ラム地の世界制覇、スバラシイ!
【2007/06/29 15:14】 URL | ヌマチチブ #- [ + 編集 +]

美人の登山者っていないな・・・
第一の吊橋までは楽なんだけどね~、その後が・・・
すぐ隣は崖だったり、岩だらけの登りやら延々と続く急坂だもんな。
最初に訪れたのは5年前、某雑誌に写真で紹介されてたのがきっかけでした。
『木道を歩く散策者』って感じだったから、「気軽に自然を楽しめるのかな?」と思ったわけ。
Gパンで後悔したっけ、「手袋を持ってくればよかった、カメラ等の機材は沢山少なくすりゃよかった・・・」
「あの紹介写真はなんだ!騙された!」そんな愚痴を二時間近く吐いて、もうヘトヘトでしたw

そんな私も今年は二度行きました。今では立派なもたくさいカッコの湿原訪問者になっています。
だってね~、苦労して登って、その見返りの空気が旨いんですよ!空が青いんですよ!
360度見渡す景色に感涙するんですよ!
あそこには神様がいて、「天国って、こんな感じなんだろうな」って毎回思ってます。
【2007/09/07 01:05】 URL | ちんぽっぽ #8l8tEjwk [ + 編集 +]

ちんぽっぽさんへ
ようこそいらっしゃいました! ささっ、お茶を。

雨竜沼湿原は日光の尾瀬に次ぐ、高山湿原ですものね。
行った人からは、「あれは、ちょっとした登山だ!」と、何度も聞いていて、そのきつさは知っているつもりです。でも、2時間は確かにきついですね~

今年は二度も行かれたのですか! コメントを読んでいて、胸が高鳴ります。
うんうん、何度行っても、その素晴しさは尽きないのですね。
あー、やっぱり神秘的だなぁー。死ぬ前に一度はぜひ上りたいです。

コメント、ありがとうございました。
【2007/09/07 08:34】 URL | ヌマチチブ #- [ + 編集 +]


■ この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する。


■ この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kitanokawa.blog50.fc2.com/tb.php/176-3d6593dc
この記事にトラックバックする。(FC2ブログユーザー)
北海道川マップ

豊平川ガイドマップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)
石狩川ガイドマップ
(財団法人石狩川振興財団より)
天塩川マップ
(北海道開発局旭川開発建設部より)
釧路湿原周辺拡大地図
(北海道開発局釧路開発建設部より)
尻別川利用マップ
(北海道開発局小樽開発建設部より)
鵡川河口干潟の自然
(苫小牧地方環境監視センターより)
常呂川流域親水マップ
(北海道開発局網走開発建設部より)
網走川流域親水マップ
(北海道開発局網走開発建設部より)
空知川ガイドマップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)
幾春別川りばーマップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)
雨竜川りばーマップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)
砂川遊水地周辺マップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)

空から見た蝦夷の川

空から見る石狩川
空から見る天塩川
空から見る夕張川
空から見る湧別川
空から見る常呂川
空から見る亀田川

ブログ内検索

北海道防災情報

国土交通省川の防災情報・北海道版
北海道防災(北海道の防災情報ポータルサイト)
あなたの町のハザードマップを見る

石狩川のネットマガジン・川と人

石狩川振興財団が制作・発行する「川と人」は、大河石狩川と水系の歴史や治水、石狩川が流れる流域市町村の歴史や最新情報、レジャースポットなどを、川の専門的な視点でまとめています。
川と人

川遊びグッズ

子どもでも簡単!


いつも売切れな川靴


雪の中でも楽々~


いざ!という時に投げる
P-136K型

転倒時に頭をガード
ヘルメット・プロテック・フルカットWHT

命のライフジャケット
子供用ライフジャケット(小児用)TK-13B

川へ、蝦夷へGO



北海道のお天気は?


-天気予報コム- -FC2-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。