いらっしゃいませ

プロフィール

ヌマチチブ

Author:ヌマチチブ
川は身近な自然であり、北海道の歴史を物語ります。
そんな北海道の川の素晴らしさを、わかりやすく、老婆心も交えつつ、お伝えしたいと思います。

間違ってる箇所も多々あると思いますので、よろしければ教えてくださるとうれしいです。
どうぞ、ごゆるりと・・・
………………………………………
ヌマチチブとは、日本中に広く分布する頭が大きくずんぐりしたハゼ科の魚。顔を中心に無数に斑点があるのが特徴。
いわゆる雑魚で、「釣った」と思った瞬間、ガッカリ感と笑いを誘う、憎いあんちきしょー!

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

北海道川原版へようこそ

お勧めブログ&サイト

このブログをリンクに追加する

問い合わせ等

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

RSSフィード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

北海道川原版
北海道の川のイベント、施設、川魚、植物、アウトドアや歴史、自然写真。 川原から北海道をめぐる情報ブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北海道と三重県をつなぐ偉人
日本列島のほぼ中央、紀伊半島東部に位置し、江戸時代から「お伊勢参り(お蔭参り)」で知られる伊勢神宮を擁する地域として発展した三重県。

そんな歴史深い三重は、三人の偉人を輩出したという。

一人は俳句の神様、ご存知、松雄芭蕉
一人は日本古来の文化や考え方を研究した学者・本居宣長

そして、北海道を内陸まで踏査し、北海道開拓に貢献した幕末から明治の大探検家、
―――松浦武四郎

見えづらいですが、この資料をよく見てください。
これは、松浦武四郎の業績を伝えるため建てられた、松浦武四郎記念館のリーフレット等です。
武四郎資料1

松浦武四郎の形容に、「北海道の名づけ親」とあります。

松浦武四郎は、今の三重県松坂市小野江町に生まれ、17歳から日本全国を歩き、たくさんの知識を身につけ、28歳から41歳まで、6回も来道。今に残るアイヌ語由来の地名とともに、くわしい北海道の地図をつくりました。

松浦武四郎に関する以前の日記;
道産子なら、松浦武四郎を敬まえ!

そして松浦武四郎をマンガ化した冊子です。
一番心を打つ、アイヌの人達との交流のシーン。
武四郎資料2


冒険家であり、ルポライターであり、幕臣でもあった武四郎の多芸多才さ。その中でも、北海道の業績を尊び、今に伝える松浦武四郎記念館。なんだか感動しました!

「道をあるき、道をつくる。」(資料に掲載されたお言葉)

なかなか接点がないと思っていた北海道と三重県。
武四郎が時代を越えてなお、両地域をつなぐ、目に見えぬ道をつくっているのですね。


松浦武四郎記念館には、武四郎が著した当時の貴重な日誌や地図類等、多くの関連資料や説明パネルが展示され、生涯をつづったビデオ「武四郎の見たもの」が上映されています。

松浦武四郎記念館
三重県松阪市小野江町383番地 TEL:0598-56-6847 
午前9時30分~午後4時30分 毎月曜休館(祝日の場合は翌日、祝日が日曜の場合は翌々日、年末年始)
大人300円(団体200円)6歳以上18歳以下200円(団体100円)

現在、夏の展示「武四郎の北蝦夷地調査」開催中
平成19年6月12日(火)~平成19年8月26日(日)


さて、貴重な資料を見ていて、同じ北海道に住んでいて、知らなかった新たな事実をキャッチ!

道東の釧路市鉄北地区には「松浦町」があります。
以前はこの名ではなかったのですが、「釧路が東蝦夷地第一の都会になる」という、武四郎の達見に敬意を表すため、昭和7年、西幣舞とよばれる町名の一部を改めました。

くわしくは、
釧路歴史散歩 松浦武四郎の業績

そして、前回把握できなかった、北海道にある松浦武四郎にまつわる碑も、松浦武四郎研究会が調査した貴重な資料のおかげで、わかりました!



【北海道 松浦武四郎記念碑等一覧】*松浦武四郎研究会作成
<石狩支庁>
☆千歳市サーモン橋(和歌:レリーフ)

<渡島支庁>
☆八雲町由追・由追稲荷神社(説明板)

<檜山支庁>
☆せたな町大成町太田・太田神社付近(和歌:木碑)
☆江差町本町(百印百詩顕彰碑)

<後志支庁>
☆神恵内村・商工観光センター前(歌碑)
☆仁木町大江・稲穂トンネル入口(歌碑)
☆倶知安町南3東7・建設会社(歌碑)
☆京極町・京極温泉前(歌碑)

<胆振支庁>
☆厚真町字富里・富里神社付近(歌碑)

<上川支庁>
☆音威子府村字物満内(北海道命名之地・木碑)
☆音威子府村字物満内(松浦武四郎略年譜・木碑)
☆音威子府村字筬島(宿泊聴佛法僧之地・木碑)
☆美深町恩根内(宿営之地)
☆美深町紋穂内(歌碑)
☆名寄市日進(宿営推定地・説明板)
☆下川町北町462(野営之地・木碑)
☆下川町三の橋30線(名寄川上流到達点・木碑)
☆士別市上士別町(天塩川探検之地・木碑)
☆士別市中士別町(宿営地・説明板)
☆士別市北町(宿営地・木碑)
☆上富良野町・深山峠(顕彰之碑)
☆富良野市・原始ヶ原(通過の地・木碑)

<空知支庁>
☆雨竜町面白内・面白内神社(宿泊之地)
☆新十津川町・中央公園(歌碑)
☆新十津川町・中央70・金滴酒造前(宿泊地跡)
☆砂川市空知太(踏査の地)
☆芦別市野花南町(探検記念碑)
☆岩見沢市北村赤川・旧北村役場前(顕彰碑)
☆岩見沢市北村赤川・赤川排水機場付近(宿泊地)
☆長沼町幌内・マオイの丘公園(紀行足跡之碑)
☆浦臼町字晩生内(説明板)

<留萌支庁>
☆天塩町・鏡沼海浜公園(銅像・歌碑)
☆小平町鬼鹿・にしん文化歴史公園(銅像・歌碑)
☆留萌市大町・望洋遊園(顕彰碑)
☆増毛町彦部・彦部橋(信砂越えの地・標柱)

<網走支庁>
☆斜里町字ウトロ(歌碑)
☆大空町女満別町大成(木柱)
☆北見市光葉町・中ノ島公園(説明板)
☆北見市小町泉通(顕彰碑)
☆美幌町字都橋・峠の湯(宿営之地)

<日高支庁>
☆平取町二風谷・アイヌ文化博物館横(説明碑)

<十勝支庁>
☆音更町・鈴蘭公園(開町記念碑)
☆新得町字新内・左幌ダム上流(野宿之地)
☆清水町字人舞(宿泊之地)
☆中札内村西札内・防災ダム下流休憩所(歌碑)

<釧路支庁>
☆浜中町霧多布岬(和歌・木碑)
☆弟子屈町・屈斜路湖畔池の湯(歌碑)
☆弟子屈町アイヌ民族資料館横(歌碑)
☆釧路市浦見町・幣舞公園(銅像)
☆釧路市阿寒町・阿寒湖畔ボッケ(漢詩碑)
☆釧路市阿寒町滝見橋付近(歌碑)

<根室支庁>
☆羅臼町字共栄・マッカウス洞窟前(歌碑)

*この一覧は、松浦武四郎研究会が平成16年7月に作成したものに基づいています。住所や碑の名称等、誤りがありましたら、お手数ですがコメントにて連絡いただければ幸いです。



フゥ~ すっごいや!
海岸線を移動して、川を丸木舟で遡った武四郎の蝦夷大冒険が、見えてくるようです。


Special Thanks:
今回、三重県から貴重な資料を入手し、提供してくださったみなさんに、感謝申し上げます。
友人であり、家族との日々や評論家顔負けの日ハム観戦記を楽しく綴るブログDIARYの管理人kanaeさん、色々と、本当にありがとうございました。
■ この記事に対するコメント

松浦のタケちゃんは北海道各地にその名を刻んでいますよね^^
えらい人なんだろうけど親近感があります^^
【2007/06/23 11:22】 URL | 柴犬U^ェ^U #- [ + 編集 +]

柴犬さんへ
アッハ!
また、タケちゃんをアップしてしまいましたぁ~
日記でも触れた、お知り合いの方が三重出身で、「三重にすごい人がいますよ!」という話になり、それがタケちゃんで。
「わたし、尊敬してますよ~」という経緯で、門外不出な?貴重な資料を、たくさん送っていただきました。
機会があれば、柴犬さんにもお見せしますね!
【2007/06/23 12:48】 URL | ヌマチチブ #- [ + 編集 +]


拝見するのが遅くなって失礼しました~。
しかもリンクまで(汗)

漫画のタケちゃん、なかなかおチャメだったしょ~。
今日の夕方にNHKニュースで、白老の郷土研究家の人が地名の由来に疑問を持って北大を訪ね、松浦武四郎の「知床日記」を読んで確認したという話が出ていて、おおお~って思ってたんですよ!

あとヌマチチブさんと、どういういきさつでタケちゃんの話になったのか不思議だったんですが、そ~ゆ~成り行きでしたか(笑)
【2007/06/26 22:00】 URL | kanae #JPd9YmNo [ + 編集 +]

kanaeさんへ
わたし、タケちゃんを、さらに有名にしようという、新たな使命を抱いております。
そんなことより、大変ですね~ 人事じゃないです。じっくり、家族で話し合ってくださいね!

話は戻りまして、、、タケちゃんは、やっぱり尊敬すべき人です。
白老の郷土研究家も、覚えておいてほしい。北海道の地名は、タケちゃんが本流ですから! 困った時の、タケちゃん!!!
さらに三重県が、とても身近に感じました。「北海道の命名者」なんて紹介されてる点にも、グッときちゃいましたよ。

嫌だなぁ~ いきさつ、忘れないでくださいよ~(って、わたしもうろ覚えですが)
とにかく、あの日に、じっくり話しましょう~
【2007/06/26 22:23】 URL | ヌマチチブ #- [ + 編集 +]


■ この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する。


■ この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kitanokawa.blog50.fc2.com/tb.php/179-32910743
この記事にトラックバックする。(FC2ブログユーザー)
北海道川マップ

豊平川ガイドマップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)
石狩川ガイドマップ
(財団法人石狩川振興財団より)
天塩川マップ
(北海道開発局旭川開発建設部より)
釧路湿原周辺拡大地図
(北海道開発局釧路開発建設部より)
尻別川利用マップ
(北海道開発局小樽開発建設部より)
鵡川河口干潟の自然
(苫小牧地方環境監視センターより)
常呂川流域親水マップ
(北海道開発局網走開発建設部より)
網走川流域親水マップ
(北海道開発局網走開発建設部より)
空知川ガイドマップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)
幾春別川りばーマップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)
雨竜川りばーマップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)
砂川遊水地周辺マップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)

空から見た蝦夷の川

空から見る石狩川
空から見る天塩川
空から見る夕張川
空から見る湧別川
空から見る常呂川
空から見る亀田川

ブログ内検索

北海道防災情報

国土交通省川の防災情報・北海道版
北海道防災(北海道の防災情報ポータルサイト)
あなたの町のハザードマップを見る

石狩川のネットマガジン・川と人

石狩川振興財団が制作・発行する「川と人」は、大河石狩川と水系の歴史や治水、石狩川が流れる流域市町村の歴史や最新情報、レジャースポットなどを、川の専門的な視点でまとめています。
川と人

川遊びグッズ

子どもでも簡単!


いつも売切れな川靴


雪の中でも楽々~


いざ!という時に投げる
P-136K型

転倒時に頭をガード
ヘルメット・プロテック・フルカットWHT

命のライフジャケット
子供用ライフジャケット(小児用)TK-13B

川へ、蝦夷へGO



北海道のお天気は?


-天気予報コム- -FC2-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。