いらっしゃいませ

プロフィール

ヌマチチブ

Author:ヌマチチブ
川は身近な自然であり、北海道の歴史を物語ります。
そんな北海道の川の素晴らしさを、わかりやすく、老婆心も交えつつ、お伝えしたいと思います。

間違ってる箇所も多々あると思いますので、よろしければ教えてくださるとうれしいです。
どうぞ、ごゆるりと・・・
………………………………………
ヌマチチブとは、日本中に広く分布する頭が大きくずんぐりしたハゼ科の魚。顔を中心に無数に斑点があるのが特徴。
いわゆる雑魚で、「釣った」と思った瞬間、ガッカリ感と笑いを誘う、憎いあんちきしょー!

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

北海道川原版へようこそ

お勧めブログ&サイト

このブログをリンクに追加する

問い合わせ等

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

RSSフィード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

北海道川原版
北海道の川のイベント、施設、川魚、植物、アウトドアや歴史、自然写真。 川原から北海道をめぐる情報ブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キング・オブ・サギ!
『青コーナー! 
 コウノトリ目・サギ科所属、
 Ardea cinerea・Grey Heronアオサギ~』
アオサギ1

学名は Ardea cinerea、英名がGrey Heron。
どちらも灰色のサギという意味ですが、グレイというよりブルーグレイな色がわたし好み。指し色のブラックラインもNIKEのよう~

そんなアオサギは、体長約90cm、翼開長は175~195cmという、日本で繁殖するサギの中で最大!
アオサギ2

日本名のアオサギという名は、奈良時代にはすでに使われいたよう。
数10~数100のつがいが一ヶ所に集まって繁殖(コロニー)を行います。
アオサギ3

アオサギのペアは1シーズン限りで、翌春は新たなつがいで営巣するという。なんてうらやましい!

リラックスしていると首を縮めた姿勢、餌を探したり警戒したときは首を伸ばします。

これらアオサギの情報は、アオサギを議論するページから抜粋させていただきました。

北海道のアオサギ繁殖地一覧分布図という、大変貴重な情報も掲載されています。

また、内海千樫さんが撮り続けたアオサギの写真展が旭川市で開催されます。
「内海千樫」写真展 水辺の貴公子 アオサギ第3回
8月7日(火)~8月13日(月)
NHK旭川放送局 ハートプラザギャラリー 
旭川市6条通6丁目27

さて、画像のアオサギは、茨戸川の篠路川樋門付近で見かけました。
たぶん、いつも茨戸川で見かける主だと思います。
以前は茨戸大橋界隈でよく見かけました。相方はどこだ?逃げられちゃったのかな?
茨戸大橋

去年は江別市の世田豊平川でも、一羽だけのアオサギを見ました。同じアオサギかもしれませんね。

道東の北見市では、常呂川支流・無加川の河畔林にあるコロニーも見ました。
道内では、コロニー数も個体数も増えているらしいですが、水辺にこの鳥が羽を休めているだけで、大自然に見えるから不思議です。


工事中看板の中で一際目立つ、「テロ対策警戒中」という物騒な看板!
テロ看板

茨戸川でも見ましたが、北海道中にありますね。
警戒してくれるのはありがたいのですが、人もいない森の国道に多く見かけたり、意味がわかりません。
■ この記事に対するコメント
おっつかない~
最近ブログの更新激しいから、何かこめ使用としても、おっつかないです。
ところで、ヌマチチブさんって、「貴公子」好きですか?
いえ、ちょっと思っただけで・・
アオサギ・・・っていえば、ほら私アオサギと話できるじゃない?
(よくいう・・・)
アオサギがドジョウ捕まえて飲み込む姿に萌えます。
どじょうだよね。あれ。わからんけれど。
ホオーーっつと見ていたら、睨まれた事があります。
・・・いえ、ただ見ただけかもしれませんが。
「ぁ、すいません・・お食事中・・・」とか言って、へへへ・・と、笑って帰ってきました。
こっちのほうのアオサギって人懐っこいのかもしれませんね。

【2007/07/11 13:11】 URL | peko #- [ + 編集 +]

pekoさんへ
水辺の貴公子、アオサギ!
アッハハ… かなりの面食いですよ。でも、わたしが「イイ!」といっても、他人には良さがわからぬようで。たとえば、狩人の弟とか、、、(汗)
おっと、瑞穂君のドラマがはじまってるぅ~

アオサギといえば、フナやコイとかも丸呑みするらしいですね。間違っても餌付けはされぬよう祈るばかりです。こんな大きな鳥が、カラス化するとたまりません。すでにカモメの一部はカラス化してるんですよ、札幌では。

今、繁忙期前の追い込みとばかりに、情報アップしてます。猛スピードで、ゴメンネ!
【2007/07/11 13:42】 URL | ヌマチチブ #- [ + 編集 +]

水辺といえば・・・・
やっぱりアオサギですよね~
この優雅な立ち振るまい、のんびりとした飛び方、
そしてあまり素早いとはいえない餌の採り方。
見ていると、ほとんどスカです(笑)
最近は田んぼにも多く見られる季節になりました。
まるで案山子と同化するように、フリをしているであろうアオサギが可愛くてたまりません。
河畔林にあるコロニーでは、木の上からニョキニョキとアオサギが生えている姿が
これまた楽しいですよね。

そして水辺のヌマチチブさんは、ガトーキングダムで魚と化してきたのですね!
ガトーキングダム・・・お洒落な名前になったものです(笑)
「お!ヌマチチブさんセレブリティー」と思わせます。
グルグル流れに身を任せてきたのでしょうか。
【2007/07/11 14:28】 URL | ezomomonga #H94ZE/5g [ + 編集 +]

ezomomongaさんへ
うんうん、アオサギですよねぇ~
この爽やかなカラーリングといい、動きといい、夏にぴったりな鳥だと思いません?
田んぼにアオサギは、ほぼ案山子なのですね(笑) 
河畔林のコロニーは、カヌーとか水の中から見ると、また違った楽しみがあるそうですよ。
そういえば、大型の肉食動物は、ほとんどがスカだと聞きます。
じゃないと、小・中型の動物は生きられないですものね。

すっかりオサレな名前になって、なかなか言いづらい元テルメ!
昔は週1で通ってたのですよ(笑) ジャグジーの水流に負けぬよう、ラッコのように浮いていたエセ・セレブなヌマチチブでございます。
【2007/07/12 08:48】 URL | ヌマチチブ #- [ + 編集 +]


こんにちは!
私、鳥が好きなんですが、中でもサギはかなり好きなほうです。
母が宇治に住んでおりまして、宇治川のほとりで白鷺など見かけると、うっとしてもう、釘付け状態です。
「アオサギを議論するページ」も興味深かったです。
アオサギも釘付けになるくらい、じっくり見たいです。
【2007/07/12 17:11】 URL | むぎ #- [ + 編集 +]

むぎさんへ
サギはあの首の湾曲ですぐに見分けられるし、優雅な飛び方など、魅力溢れる鳥ですよねぇ~

その中でも白鷺は、美しさでは白鳥を凌ぐのでは? 
お母様は京都にお住まいでしたね。しかも源氏物語の宇治、情緒溢れる宇治川のほとりに佇む白鷺なんて、、、想像するだけで夢のような美しさです~
アオサギは、この茨戸川含む江別・恵庭、空知地域の川辺によく出没しますよ。

鳥って、姿を愛で、囀りを聴き、飛行を眺めるなど、何度も楽しめて奥が深いと思います。オペラグラスを買おうかと、真剣に悩んでるほど。
そうそう~ 小鳥がお好きなら、囀りを楽しむサイトもありますよ。
http://www9.big.or.jp/~mishii/index.html
【2007/07/12 18:10】 URL | ヌマチチブ #- [ + 編集 +]


テロ対策警戒中...MALICEも夜の長沼で見ました!ハイビームに照らされる・・田んぼの中のテロ対策警戒中(笑)

どこに潜んでいても、これじゃ~丸見えだ!なんて友達と笑ってたくらいにして・・・。
テロ対策警戒中...あなどれませんね。
【2007/07/12 21:22】 URL | MALICE #JalddpaA [ + 編集 +]

MALICEさんへ
おぉ~見ましたか、純田園の長沼で噂のテロ警戒中看板を!
わたしの場合は、「こんなド田舎に来るか?、アルカイダ!」と、一人叫んでは、家族から「うるさい!」と煙たがられます。面白いネタなんだけどなぁ~

これからの季節、テロ警戒中看板と牧草ロールから、目が離せませんよ、北海道は。
突っ込みどころ満載ですから。
【2007/07/12 21:32】 URL | ヌマチチブ #- [ + 編集 +]


はじめまして。
アオサギがいる水辺、近所にあるので、メールしますね~。
【2007/07/20 20:56】 URL | 碧海 #3/2tU3w2 [ + 編集 +]

碧海さん
ようこそいらっしゃいました。ササッ、お茶をどうぞ!

今、碧海さんのブログにお邪魔しましたが、あの地域は水鳥も、自然も豊富ですね。
わざわざ教えてくださるとは、、、ありがたや!
これからもよろしくお願いします。
【2007/07/20 21:16】 URL | ヌマチチブ #- [ + 編集 +]

羨ましい!
「アオサギのペアは1シーズン限り…翌春は新たなつがい」とは全く羨ましい限りです。許されるならこの旨門、"練習"というか"実験"で何卒させてほしいです!?

今晩は。ご無沙汰しています。

ヌマチチブさんの川や湖や水辺の現地調査・研究には、全く頭が下がります。よくもまあやるもんだわ、というのがいつもの印象です。粗忽モンで浮気性の自分にはそこまでできません。が、小さい時分から川や沼で釣りをしていたせいか川や湖は大好きです。子供の頃、水の呼び声が聞こえ、春の雪融けの水溜まりにも世界を感じていました。そして、底の氷に滑って転んでずぶ濡れで怒られてを繰り返していました。

ところで、今年は川に入ってドンブラコの川遊びをする計画です。人目につかない上川町のルベシベ川で。そんなことしている五十過ぎの夫婦を見た人はきっとぞっとするに違いないと思います。自分でもちょっと気持ち悪いです。想像したら段々行きたくなくなってきました。この夏の間、なるべく水辺に近づかないようにしようっと
【2007/07/21 00:12】 URL | 旭川の旨門です。 #Ac5VUofQ [ + 編集 +]

旨門さんへ
アッハハ! アオサギのペア、みな思うことは同じですね!

お褒めいただき、ありがとうございます。
わたしは札幌在住ですし、主婦で母親なため、旨門さんのように大自然の懐に飛び込む時間がなく、少ない時間でできることを拾って、クドクドやってるだけです(汗)
でも、わからなかったことが、どんどんつながっていって、改めて自然の摂理は地球の最高傑作だと、毎日感動しています。大げさですね(笑)

ずっと札幌だったため、子どもの頃に旨門さんのような川遊び体験は皆無なのです。その部分を埋めようという気持ちもあるのかもしれません。子どもの頃に、川遊びした方には、敵いません!
旨門さんの、ナキちゃんや雨竜沼湿原等、美しすぎる写真と手の込んだ日記には、毎回感動しています!

そして、いよいよ大人川遊び計画が実行されるのですね。小夏さんと旨門さんは、理想のご夫婦です。
秘密基地は上川町ですか!!! 深い、深い森の間に、キラキラ輝く源流の流れ。想像しただけで心躍ります。最高に楽しい川遊びになることを祈っています。
コメント、ありがとうございました。
【2007/07/21 08:47】 URL | ヌマチチブ #- [ + 編集 +]


■ この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する。


■ この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kitanokawa.blog50.fc2.com/tb.php/198-e9633073
この記事にトラックバックする。(FC2ブログユーザー)
北海道川マップ

豊平川ガイドマップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)
石狩川ガイドマップ
(財団法人石狩川振興財団より)
天塩川マップ
(北海道開発局旭川開発建設部より)
釧路湿原周辺拡大地図
(北海道開発局釧路開発建設部より)
尻別川利用マップ
(北海道開発局小樽開発建設部より)
鵡川河口干潟の自然
(苫小牧地方環境監視センターより)
常呂川流域親水マップ
(北海道開発局網走開発建設部より)
網走川流域親水マップ
(北海道開発局網走開発建設部より)
空知川ガイドマップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)
幾春別川りばーマップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)
雨竜川りばーマップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)
砂川遊水地周辺マップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)

空から見た蝦夷の川

空から見る石狩川
空から見る天塩川
空から見る夕張川
空から見る湧別川
空から見る常呂川
空から見る亀田川

ブログ内検索

北海道防災情報

国土交通省川の防災情報・北海道版
北海道防災(北海道の防災情報ポータルサイト)
あなたの町のハザードマップを見る

石狩川のネットマガジン・川と人

石狩川振興財団が制作・発行する「川と人」は、大河石狩川と水系の歴史や治水、石狩川が流れる流域市町村の歴史や最新情報、レジャースポットなどを、川の専門的な視点でまとめています。
川と人

川遊びグッズ

子どもでも簡単!


いつも売切れな川靴


雪の中でも楽々~


いざ!という時に投げる
P-136K型

転倒時に頭をガード
ヘルメット・プロテック・フルカットWHT

命のライフジャケット
子供用ライフジャケット(小児用)TK-13B

川へ、蝦夷へGO



北海道のお天気は?


-天気予報コム- -FC2-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。