いらっしゃいませ

プロフィール

ヌマチチブ

Author:ヌマチチブ
川は身近な自然であり、北海道の歴史を物語ります。
そんな北海道の川の素晴らしさを、わかりやすく、老婆心も交えつつ、お伝えしたいと思います。

間違ってる箇所も多々あると思いますので、よろしければ教えてくださるとうれしいです。
どうぞ、ごゆるりと・・・
………………………………………
ヌマチチブとは、日本中に広く分布する頭が大きくずんぐりしたハゼ科の魚。顔を中心に無数に斑点があるのが特徴。
いわゆる雑魚で、「釣った」と思った瞬間、ガッカリ感と笑いを誘う、憎いあんちきしょー!

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

北海道川原版へようこそ

お勧めブログ&サイト

このブログをリンクに追加する

問い合わせ等

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

RSSフィード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

北海道川原版
北海道の川のイベント、施設、川魚、植物、アウトドアや歴史、自然写真。 川原から北海道をめぐる情報ブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今が旬なシジミ
「味噌汁の具で何が一番好き?」と聞かれたら、
間髪入れずにこう答えます。

日本産のヤマトシジミ(汽水域)、マシジミ(淡水域)

マシジミは、むかし水田周辺の小川にたくさんいたのですが、農業の近代化とともに姿を消してしまったようです。
他にも、琵琶湖水系のセタシジミや、琉球列島には10cm程のマングローブシジミ属など、固有種があるそうです。日本って広い~

輸入もののタイワンシジミとは味も貝の色も違います(中国産、北朝鮮産など)
しかもタイワンシジミ、外に出ちゃって、生態系に影響を及ぼしているとも聞きます。

タンポポといい、ハチといい、川魚といい、、、
外来種から、日本の固有種を守りましょう!


さて、栄養豊富な水が育てた国産シジミ貝は、江戸時代から肝臓に良い食材として知られ、シジミエキスという健康食品もあるほど。
飲み過ぎた朝に、しじみ汁を飲むと効くぅ~

今時期、国産の旬なシジミ貝が出回ってますね。
北海道にも、おいしいシジミの産地がありますよ。

一番ポピュラーなのは、網走湖
網走湖のシジミは、スーパーにも出回っていて、見かけると必ず買います。
網走湖でシジミ狩もしたことあります。


(クリックすると楽天ショップに飛びます)

風連湖もシジミ貝の産地です。

そしてそして…
知る人ぞ知る、北海道シジミ貝の産地といえば、手塩町

天塩川本流・支流やパンケ沼のシジミ漁が有名です。
天塩川

(天塩川 画像提供先/国土交通省北海道開発局旭川開発建設部あさひ川ネット河の写真集)
「天塩名産」として全国有数の漁獲量を誇る天塩のシジミは、蝦夷の三絶といわれたほど美味で、味と粒の大きさでは日本一と言われるほど。
アサリぐらい大きい!

天塩町では、毎年7月初旬に鏡沼しじみまつりを開催。
今年度は終了しましたが、手塩産しじみの美味しさは逃げません!

中でも、海に近い天塩川産の青シジミは、淡いうす緑色で若々しく、味も濃くて高級品として定着。
でも漁獲量が一般シジミの半分ほどで、地元販売のみの貴重なものなのだそう。

道の駅てしおでは、レストランでしじみ汁やしじみ弁当が味わえ、びっくりするよなスイーツ?、シジミヘルシーパイが売店で売られています。

天塩産しじみ貝は楽天のような大規模ネットショップには出回っていませんが、北留萌漁業協同組合等で通販が可能。
北留萌漁業協同組合北海道天塩名産砂だし「しじみ貝」(クリックするとサイトに飛びます)

そして冬に出回る、藻琴湖産寒しじみ貝って、知ってますか?

(クリックすると楽天ショップに飛びます)
冬に獲れる寒しじみは、漁獲量も少なくとても高価なのだそう。
その大きさは、手塩しじみに匹敵するほどで、まずは素焼きで味を堪能するべし!
貴重なため、入荷は不安定です。

しじみ貝を調べている途中に、こんなサイトを見つけました。
しじみの種類や生態、しじみレシピが満載です!
日本シジミ研究所 http://www.sijimi-lab.jp/index.html


そういえば、しじみ汁の汁だけ飲んで具を食べない人がいるそうな。
なんてもったいない!
子どもの頃のしじみ汁は、ホント、旨かったなぁ~


パンケとは、、、アイヌ語で下流を意味する
ペンケとは、、、アイヌ語で上流を意味する
■ この記事に対するコメント

>タンポポといい、ハチといい、川魚といい、、、
>外来種から、日本の固有種を守りましょう!

確かにっ!今、怪しい&恐ろしい中国食品が出回っている中、純粋な日本を見つめなおす良い機会ですよね!! 私も、ヌマチチブさんのように色々と学ばないとなぁぁ~
ところで、昔のしじみはホントに美味しかったですし大きかったですよね?
大阪に来てから大きなしじみは、そぅめったに見ません。あっても輸入物だったりで・・・
昔の話ばかりでスミマセンが私は小さい頃、タニシとシジミは一緒のものだと思ってました。っが、初めてタニシを取りに行った時、スゲーどぶ沼?にちかかったのでそれ以来決して間違うことはありません。。。やはり、生きているところを実際に見に行くのも勉強になりますよね・・・ 

PS:私が住んでいた村?町?では、普通に『パンケ』『ペンケ』使っていました。。。
【2007/07/14 16:38】 URL | R #z8Ev11P6 [ + 編集 +]

Rさんへ
中国の偽装食品問題、ほっんとに怖いですねぇ~
冷凍庫にあったオクラの生産地が中国で、鳥肌立ちました。もったいないから食べてますけど(汗)
日本のシジミがタイワンシジミだらけになったら、恐ろしいと思いません?

むかしのシジミは、おいしかったです! いつの頃から、ちょっと苦味があったり、記憶にない味になってしまったのですよね。大きかったから食べ応えもありました。

タニシの話、興味深かったです。野菜もすでに葉の部分が取られたり、加工されたりして売ってるから、子どもも素の姿がわからないのですよね。
農業体験・漁業体験は、今の時代に大切なことだと思いません?

おぉー、小さな頃からパンケ・ペンケを使っていたとは。。。素晴しい文化です!
【2007/07/14 16:51】 URL | ヌマチチブ #- [ + 編集 +]


外来種から、日本の固有種守りたいですね!
守れ!日本ザリガニ(笑)
羊ヶ丘展望台近くの水辺では・・・〇〇らしい...と同僚に聞きました。
昨年行こうと思ってたけど・・結局行けず・・・今年は同僚に赤ちゃんができたので行けないし。。
日本ザリガニ写メりたかったのに・・

シジミって体にいい!ってききますね。
おみそ汁の具は豆腐にわかめが好きかな~。

道の駅てしおではシジミの料理が食べられるんですね。
あまり、メインになる料理じゃないけど、存在感は大きいですね☆彡
【2007/07/14 23:09】 URL | MALICE #JalddpaA [ + 編集 +]

こんばんは
味噌汁の具がシジミだったら必ずお代わりしてしてしまいます。
んまいよね!
こちら三重県桑名市の木曽三川河口域でも美味しいシジミが獲れるのですよ。
時々ご近所からお裾分けのお裾分けが回ってきます。(笑)
桑名は「その手はくわなの焼きハマグリ」って言葉があるくらいで、ハマグリ、あさりも有名なのですが、シジミもなかなか美味です。
※ブログひろばのお気に入りに登録してからグンとこちらに飛びやすくなりました。(*^^)v
【2007/07/15 01:13】 URL | ジュマ #- [ + 編集 +]

MALICEさんへ
外来種は恐ろしいぐらい、日本の固有種を圧迫しているんですよ~
今、川にいるザリガニはほぼアメリカザリガニですね。
羊ヶ丘近くは、西岡水源地あたりを水源とした沢や川が流れてるし、ずっと農試験場で宅地化されずにきたから、いるかも! いい情報をいただきました(笑)
同僚さんと、同僚さんのお子様と、3人で行く日がきますよ。その時には、MALICEキッズもいるかもしれません!

シジミは地味な存在ですが、あると食が進む名脇役ですね。
スイーツ好きなMALICEさん、ぜひシジミヘルシーパイをご賞味ください!
【2007/07/15 10:20】 URL | ヌマチチブ #- [ + 編集 +]

ジュマさんへ
お辛く、お忙しい時に、わざわざコメントありがとうございます。
そして、逆に心温まるお言葉をいただき、はずかしいったら、なんやかや(照)
んもぅ~ 相変わらず、おやさしいんだから!

今、木曾三川河口域を調べたのですが、干潟や藻場として有名らしいですね。
「その手はくわなの焼きハマグリ」貝類等が豊富で、おいしそうですねぇ~ じゅるり!
干潟には憧れてます。一度、泥んこになって、アサリとか獲ってみたいですね。
(ブログひろばは、アップ状況がわかって便利ですよね。たいちゃんがいつも見られるし)
【2007/07/15 10:29】 URL | ヌマチチブ #- [ + 編集 +]


二十歳を過ぎるまで
味噌汁に入れる貝は

シジミとしか思ってませんでしたw

ジジババの家に帰省すると

必ずシジミ汁をリクエストしてるだよぉ~

ドロ臭いヤツが最近多いんだけどw
【2007/07/16 09:44】 URL | かっぱ #- [ + 編集 +]

かっぱさんへ
わたしも!!! 激しく共感です。
豆腐なんて入ってたら、ガッカリ…
しかも朝ごはんに、しょっちゅう出てきたので、今より手頃だったのでしょうね。
ジジババの家で飲むシジミ汁~ 旨そうだぁ~

そして最近のシジミは泥臭いです! たまに身がなくて、泥しか入ってないのもあるし。
【2007/07/16 11:02】 URL | ヌマチチブ #- [ + 編集 +]

シジミ~
そうそう、天塩町はシジミの町ですよね♪
道の駅や温泉にはシジミの加工品がたくさん並んでしましたヽ(=´▽`=)ノ
そしてシジミはタウリンたっぷり(じゃなかったでしたっけ?)
飲んだ翌日の味噌汁はシジミで決まり!ですね。
そして、冬に出回る、藻琴湖産寒しじみ貝・・・知りませんでした!
これまた美味しそうですね。くぅーっ!
【2007/07/16 20:26】 URL | ezomomonga #H94ZE/5g [ + 編集 +]

ezomomongaさんへ
天塩川が大好きなので、河口・天塩町のシジミ漁には、とても興味がありました。
でも、天塩シジミは一度も見たことも、ましてや食べたこともないんですよ(笑)
道の駅は、天塩川好き&シジミ好きには聖地ですね! シジミパイは食べたくないですけど、、、

秋はサケ漁もありますしね。なんでも江戸時代に、黄門様の水戸藩が天塩川のサケ漁をまかされ、河口あたりの天塩川を浚渫したという記録が残るほど、むかしから有名らしいです。
シジミはタウリン! これが肝臓に良いのですよね。
藻琴湖産寒しじみ貝は、今回アップするにあたり、調べて初めて知りました。冬に旬を迎えるシジミは、ぜひぜひ食べてみたいものです。産地で獲れたてを!
【2007/07/16 20:54】 URL | ヌマチチブ #- [ + 編集 +]

天塩産 しじみ
やっぱり天塩のしじみは美味しいわァ~
【2009/04/05 05:20】 URL | タロタロ #- [ + 編集 +]

タロタロさんへ
はじめまして。コメントありがとうございます。
シジミは天塩産ですよね! 札幌だと、なかなか手に入りにくいのですが、ご当地に足を運んで堪能すべき味でと思います。
【2009/04/05 10:56】 URL | ヌマチチブ #- [ + 編集 +]

シジミ漁
お初です
オホーツク海に面した紋別でシジミ漁をしています
漁場は『シブノツナイ湖』で、ヤマトシジミ(青シジミ)が採れますよ
11月末の寒波で湖に氷が張ってしまい現在は採取していませんが・・・
シジミと一緒に《縄文式土器、十勝石で作成された矢じり》などが多数上がり、太古のロマンを感じながら漁をしていますヨ♪
規格は殻長(貝殻の一番短い長さ)が22ミリ~24.9ミリが小、25ミリ~29.9ミリが中、30ミリ~34.9ミリが大、35ミリ以上が特大として、砂抜きした後市場に出荷しています。
なお、21.9ミリ以下のシジミは資源保護のため湖に返します。
また、紋別漁協でも大のシジミをネット販売していますヨ
P・S
 最近はロシア産のシジミが流通していますね。地域的に同じヤマトシジミと思いますが、採取する沼がどんな化学物質に汚染されているか少し不安を感じます・・・。ま、輸入物全般に言えることなのでしょうが・・・(でも毎日、主食のようにシジミを食べるわけではないので問題ないですね)
【2011/12/04 11:12】 URL | 紋コバ #vXeIqmFk [ + 編集 +]

紋コバさんへ
コメントありがとうございます。

シブノツナイ湖は、サロマ湖をオホーツク海沿いに北上したところにある湖なのですね!
少し調べてみたところ、観光地化されていない神秘の湖という評判で、すごく興味を持ちました。

しかも美味しいヤマトシジミと、土器などが見つかるなんて、ますます神秘的で素敵なところですね。
それにしても、大きなシジミが採れるんですね~ さっきスーパーで、小さい某地域のシジミを見てきたばかりなので、ビックリです。
シブノツナイ湖のヤマトシジミ、しかと記憶にとめておきます。

自分は、せっかくぐるりと海に面した地域に住んでいるのだから、海産物と米など地元産にこだわりたいと思っています。ロシア産と中国産は怖くて不安です。

今回は貴重で、興味深い情報を教えてくださいまして、本当にありがとうございます。
よく道東には行くので、紋別の方も寄ってみたいと思いました。
シジミ漁の担い手も少なくなっていると聞きます。地域に根付いた産業を継承する意味でも、今後もがんばってください。
【2011/12/04 18:54】 URL | ヌマチチブ #- [ + 編集 +]


■ この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する。


■ この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kitanokawa.blog50.fc2.com/tb.php/201-97e7031d
この記事にトラックバックする。(FC2ブログユーザー)
北海道川マップ

豊平川ガイドマップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)
石狩川ガイドマップ
(財団法人石狩川振興財団より)
天塩川マップ
(北海道開発局旭川開発建設部より)
釧路湿原周辺拡大地図
(北海道開発局釧路開発建設部より)
尻別川利用マップ
(北海道開発局小樽開発建設部より)
鵡川河口干潟の自然
(苫小牧地方環境監視センターより)
常呂川流域親水マップ
(北海道開発局網走開発建設部より)
網走川流域親水マップ
(北海道開発局網走開発建設部より)
空知川ガイドマップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)
幾春別川りばーマップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)
雨竜川りばーマップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)
砂川遊水地周辺マップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)

空から見た蝦夷の川

空から見る石狩川
空から見る天塩川
空から見る夕張川
空から見る湧別川
空から見る常呂川
空から見る亀田川

ブログ内検索

北海道防災情報

国土交通省川の防災情報・北海道版
北海道防災(北海道の防災情報ポータルサイト)
あなたの町のハザードマップを見る

石狩川のネットマガジン・川と人

石狩川振興財団が制作・発行する「川と人」は、大河石狩川と水系の歴史や治水、石狩川が流れる流域市町村の歴史や最新情報、レジャースポットなどを、川の専門的な視点でまとめています。
川と人

川遊びグッズ

子どもでも簡単!


いつも売切れな川靴


雪の中でも楽々~


いざ!という時に投げる
P-136K型

転倒時に頭をガード
ヘルメット・プロテック・フルカットWHT

命のライフジャケット
子供用ライフジャケット(小児用)TK-13B

川へ、蝦夷へGO



北海道のお天気は?


-天気予報コム- -FC2-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。