いらっしゃいませ

プロフィール

ヌマチチブ

Author:ヌマチチブ
川は身近な自然であり、北海道の歴史を物語ります。
そんな北海道の川の素晴らしさを、わかりやすく、老婆心も交えつつ、お伝えしたいと思います。

間違ってる箇所も多々あると思いますので、よろしければ教えてくださるとうれしいです。
どうぞ、ごゆるりと・・・
………………………………………
ヌマチチブとは、日本中に広く分布する頭が大きくずんぐりしたハゼ科の魚。顔を中心に無数に斑点があるのが特徴。
いわゆる雑魚で、「釣った」と思った瞬間、ガッカリ感と笑いを誘う、憎いあんちきしょー!

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

北海道川原版へようこそ

お勧めブログ&サイト

このブログをリンクに追加する

問い合わせ等

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

RSSフィード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

北海道川原版
北海道の川のイベント、施設、川魚、植物、アウトドアや歴史、自然写真。 川原から北海道をめぐる情報ブログです。
空から見る天塩川
大河を見るには、空からがいい。

・・・かと言って、われわれ一般ピーポーが衛星飛ばしたり、セスナでクルージングとしゃれこむのも、なかなか難しい。

でも、インターネットの世界は光陰矢のごとしで、今や手軽に、空から日本の様子が見られるのですよね。

Google Mapが有名です。
今回管理人は、Google Mapを活用したwikimapiaを使って、天塩川を空から眺めてみました。

宇宙から見た北海道遺産・天塩川
(横や下が切れてなければ良いのですが・汗)

本流の長さ256km。(石狩川に次ぎ北海道第2位、全国第4位)
北見山地天塩岳を源に、渓谷の山間部、山間を流れる中流、蛇行著しい下流。

日本海に注ぐのをためらうように、砂丘をはさみ海岸線と並走して約9km南下。ついに諦めたか、日本海に。

衛星マップで、河口で南下する天塩川が確認できると思います。
(左右上下、動かしてみてください。河口も源流も見られます)
これほどドラマチックに大自然を縦横無尽に流れる大河は、日本広しといえ、天塩川だけではないでしょうか。

天塩川の名前の由来;
テシ・オ・ペッ=梁川の儀 (テッシとも言う)

岩が梁のような形に一列に川を横断。恩根内テッシ(美深町)や六郷テッシ(美深町)は、天塩川を象徴する景観で、川下りではスリリングな難所としても有名。

また、上流(林業)中流(農業)下流(漁業)と、天塩川沿いに発達した流域の様子もわかります。

「北海道」という名前は、探検家・松浦武四郎によって、ここ天塩川で生まれたのです。(音威子府村・北海道命名の地碑)

*天塩川については、北海道開発局の天塩川を抜粋・編纂しました。



「空から見る~」は、今後も継続してアップする予定です。
時期は未定~


天塩川に関する以前の日記:
自然残る大河・天塩川
道産子なら、松浦武四郎を敬まえ!


■ この記事に対するコメント

おはよございます。
北海道命名の地には行ったことがあります
なんにもない川岸に松浦武四郎の業績を記した看板と
北海道命名の地と書かれた柱がひっそりと立ってました
まったく観光地化はされておらず
武四郎の偉業を偲ぶにはもってこいの場所でした。
【2007/07/31 08:23】 URL | 空犬 #I4z6eAiM [ + 編集 +]

空犬さんへ
なんでも今年は、松浦武四郎の石狩川踏査150周年らしく、地道にイベントなども行われるようです(天塩川もかな?)

北海道命名の地碑に行ったのですか! 素晴しい~
「天塩川日誌」にはチョウザメの群れを見て、「気持ち悪い」と書かれてあったのですよね。
彼はアイヌの人達との交流を何よりも大切にしました。人間として尊敬しますし、もっともっと彼の功績を伝えていきたいものですね。
【2007/07/31 08:57】 URL | ヌマチチブ #- [ + 編集 +]

空から
空からのマップ、大好きです!
こうやって見ると、川は何処から来てそして何処へ行くのか・・・わかりますよね。
小さな川がたくさん合流して、やがて大きな川に!
荒々しく流れる天塩川、見ながら走ったこの間のドライブはやはり最高でしたヽ(=´▽`=)ノ
そして途中遮るものがないので、長距離カヌーの憧れの場所なのでしょう?
それはそれは雄大な景色が見られるのでしょうね。
「空から見る~」・・・・これからも楽しみに待ってま~す♪
【2007/08/01 16:47】 URL | ezomomonga #H94ZE/5g [ + 編集 +]

ezomomongaさんへ
そう言われると、またすぐやっちゃいますよぉ~
子どもの夏休みが始まり、あーだこーだと忙しく、川探検の時間が取れません(涙)

衛星画像、ちゃんと見られましたか? 時間が経つと、どっかが切れたりするもので。
石狩川と天塩川はともに250km強の長さで、以下の川と100km程も離れていて、段違いです。
川辺で眺めても雄大さはわかりますが、この個性ある川道は、宇宙からじゃないとわかりませんよね。しかも、天塩川筋に沿って町が開けてる! それ以上じゃない点にも感動です。

天塩川はこんなに長いけれど、ショートカット事業の割合が9%なのですよ。石狩川16%に対して。奇跡の川です。
ezomomongaさんの天塩川ドライブも、さぞ自然に溢れていたでしょうね。うーん、うらやましい~
ロングカヌーはやっぱり天塩川ですね。いつか家族で参加してみたいです。
【2007/08/01 18:54】 URL | ヌマチチブ #- [ + 編集 +]


こんばんは
北海道命名の地碑の写真と記事UPしました
それとマッカウス洞窟も
よかったら見てやってください
【2007/08/02 19:50】 URL | 空犬 #I4z6eAiM [ + 編集 +]

空犬さんへ
毎度、ありがとうございます。
おぉ~! 北海道命名の地碑をアップしたのですね。早速拝見しに伺います! じつは、はっきりと見たことないのです。
マッカウス洞窟も楽しみだぁ~
いつもいつも、本当にありがとうございます。
【2007/08/02 21:10】 URL | ヌマチチブ #- [ + 編集 +]


■ この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する。


■ この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kitanokawa.blog50.fc2.com/tb.php/218-1ed4f638
この記事にトラックバックする。(FC2ブログユーザー)
北海道川マップ

豊平川ガイドマップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)
石狩川ガイドマップ
(財団法人石狩川振興財団より)
天塩川マップ
(北海道開発局旭川開発建設部より)
釧路湿原周辺拡大地図
(北海道開発局釧路開発建設部より)
尻別川利用マップ
(北海道開発局小樽開発建設部より)
鵡川河口干潟の自然
(苫小牧地方環境監視センターより)
常呂川流域親水マップ
(北海道開発局網走開発建設部より)
網走川流域親水マップ
(北海道開発局網走開発建設部より)
空知川ガイドマップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)
幾春別川りばーマップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)
雨竜川りばーマップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)
砂川遊水地周辺マップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)

空から見た蝦夷の川

空から見る石狩川
空から見る天塩川
空から見る夕張川
空から見る湧別川
空から見る常呂川
空から見る亀田川

ブログ内検索

北海道防災情報

国土交通省川の防災情報・北海道版
北海道防災(北海道の防災情報ポータルサイト)
あなたの町のハザードマップを見る

石狩川のネットマガジン・川と人

石狩川振興財団が制作・発行する「川と人」は、大河石狩川と水系の歴史や治水、石狩川が流れる流域市町村の歴史や最新情報、レジャースポットなどを、川の専門的な視点でまとめています。
川と人

川遊びグッズ

子どもでも簡単!


いつも売切れな川靴


雪の中でも楽々~


いざ!という時に投げる
P-136K型

転倒時に頭をガード
ヘルメット・プロテック・フルカットWHT

命のライフジャケット
子供用ライフジャケット(小児用)TK-13B

川へ、蝦夷へGO



北海道のお天気は?


-天気予報コム- -FC2-