いらっしゃいませ

プロフィール

ヌマチチブ

Author:ヌマチチブ
川は身近な自然であり、北海道の歴史を物語ります。
そんな北海道の川の素晴らしさを、わかりやすく、老婆心も交えつつ、お伝えしたいと思います。

間違ってる箇所も多々あると思いますので、よろしければ教えてくださるとうれしいです。
どうぞ、ごゆるりと・・・
………………………………………
ヌマチチブとは、日本中に広く分布する頭が大きくずんぐりしたハゼ科の魚。顔を中心に無数に斑点があるのが特徴。
いわゆる雑魚で、「釣った」と思った瞬間、ガッカリ感と笑いを誘う、憎いあんちきしょー!

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

北海道川原版へようこそ

お勧めブログ&サイト

このブログをリンクに追加する

問い合わせ等

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

RSSフィード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

北海道川原版
北海道の川のイベント、施設、川魚、植物、アウトドアや歴史、自然写真。 川原から北海道をめぐる情報ブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

網走湖とアオサギ
営巣のためにやってきたアオサギの第一陣約百羽が、氷結した網走湖に到着したようです。

女満別町側の網走湖畔は、道内最大のアオサギコロニーとして知られ、アオサギは湖畔の森で子育てし、秋になると本州へ帰って行くそう。


網走湖は北海道東部の町、網走市と女満別町にまたがっていて網走市街より約5Km南西に位置します。

網走湖は昭和33年、道内2番目に指定された国定公園で、網走川を通じてオホーツク海と結ばれているため、湖の干満により海水と河川水が混ざり合う「汽水湖」が形成されています。


だから、豊かな魚介類が育つんですねェ~♪

シジミ取りに2度ほど行った経験があります。
サロマ湖といい、網走湖といい、能取湖といい、海に近い湖は山の上の湖より解放的でめっちゃ明るいですよね。

テーマ:北海道・オホーツク - ジャンル:地域情報

■ この記事に対するコメント

私はあおさぎとお話したことがあります。
でも、誰も信じてくれない。

いや、ただ、誰かに『こんにちわ』といわれて振り向いたら人間は誰もいなくて、あおさぎが田んぼでえさを取りながら、じっとこっちを見ていた。
・・・というだけです。
 ただ、私は、あのあおさぎが、前の年、毎日末っ子を連れて見に行っていたあおさぎではないかと勝手に思っているだけです。
でも、本当に、こんにちわ!って言ったんだよ。
誰か知らないけれど。
【2006/04/03 18:45】 URL | peko #- [ + 編集 +]

わたしもあるー!
pekoさん、青森のお話、楽しく拝見させてもらいました。

話は変わりますが、10年ほど前の真冬、近くの家の庭に黒いサギがいて、まわりにカラスがカァーカァーと威嚇してました。「あっ!」と思うと、サギはこっちを見て「エヘへ」という照れ笑いしてたんです。
小さかった娘や歩いてるオバさんがいたので、「あれ、サギだよ。サギだよ」と叫んだんですが、2人ともわたしの方だけを見て、ちっともサギの方を見てくれない。

夫に話すと「冬に黒いサギはありえない」と言われるんですが、いまも鮮明ですよ!
鳥に関しては、ありえない場で、ありえない種類を見ることがありますよ~
【2006/04/04 10:48】 URL | ヌマチチブ #- [ + 編集 +]

それって、幽霊サギ?
 お嬢さんは見ていないのですよね。そのクロサギ!
私が思うに、不思議な体験は、子供が小さいときによくあると思うのです。
私なんて子供多いものだから、不思議な体験だらけですよ。
財布のお金が無くなるって事も最近は良くある。
・・・これはちがうか・・

カラスは見えるんだよねえ。
威嚇されていて、えへっつと笑う神経もよくわからんなー
『えっツ、?見える?』みたいな感じでしょうかねえ。
見てみたいなあ。

網走湖ねえ。
私はシジミが大好きでねえ。
冷凍庫には冷凍シジミもストックしてます。
風邪が良くならないのでシジミ食べようかな。

あのねえ、以前、シジミ取りをしていた父がなくなったため、18歳の息子さんがかわりに網走湖(だったはずだよ確か)でシジミを取っていてなくなった・・という気の毒な事故を記憶しております。

アオサギって本州に帰るんですか。
寒いの嫌なんですかねえ。
いいねえ鳥は。
好きなところ行けて・・
【2006/04/04 12:22】 URL | peko #- [ + 編集 +]

pekoさんへ
<不思議な体験は、子供が小さいときによくあると思うのです。

やっぱり!!

じつはクラーク博士像のある、羊が丘のとなりを走る国道を、親兄弟(もちろん子どもも)満員状態で車で走ってた時、車のスピードに挑むように、ものすごいスピードで走る“キジ”を抜いたんです。

「あっ、キジ!」と言ったんですが、やっぱりだれもノーリアクションで・・・

鳥は何かの化身なんでしょうかねぇ~

その後、いやなことがたて続けに起きましたが。
いまはさっぱり。
子どもが小さな時に集中してましたね。

いやはや、pekoさんもそうだなんて。。。スゴイ、ビックリv-11
【2006/04/04 14:15】 URL | ヌマチチブ #- [ + 編集 +]


キジって結構早いと聞いたことがありますが、普通飛ぶよね・・・どこかで飼われていたのかな。
 誰も気付かないのですか?
それは、ヌマチチブさんに特殊な能力が備わっていたのでは・・?
ヌマチチブさんはいつも、何か面白いことないかな~。
とか、これどういうことかなあ。とか考えているんでしょ?(わからにけど)
そういう人にだけ見えるものってあると思うのです。

いいなあ、そういう経験って。
でも、どうせなら、一緒にいる人と、せめてその感動を共有したいよね。

【2006/04/05 23:46】 URL | peko #- [ + 編集 +]

pekoさんへ
変わったものを見たのは、pekoさんおしゃる通り、子どもが小さな時だけなんです。

残念ながら、特殊能力とか霊感はないよーです(泣)

遅れましたが、わたしもシジミは大好きですが、冷凍庫にストックはないです(笑)
【2006/04/06 13:06】 URL | ヌマチチブ #- [ + 編集 +]


■ この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する。


■ この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kitanokawa.blog50.fc2.com/tb.php/22-68f442b6
この記事にトラックバックする。(FC2ブログユーザー)
北海道川マップ

豊平川ガイドマップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)
石狩川ガイドマップ
(財団法人石狩川振興財団より)
天塩川マップ
(北海道開発局旭川開発建設部より)
釧路湿原周辺拡大地図
(北海道開発局釧路開発建設部より)
尻別川利用マップ
(北海道開発局小樽開発建設部より)
鵡川河口干潟の自然
(苫小牧地方環境監視センターより)
常呂川流域親水マップ
(北海道開発局網走開発建設部より)
網走川流域親水マップ
(北海道開発局網走開発建設部より)
空知川ガイドマップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)
幾春別川りばーマップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)
雨竜川りばーマップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)
砂川遊水地周辺マップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)

空から見た蝦夷の川

空から見る石狩川
空から見る天塩川
空から見る夕張川
空から見る湧別川
空から見る常呂川
空から見る亀田川

ブログ内検索

北海道防災情報

国土交通省川の防災情報・北海道版
北海道防災(北海道の防災情報ポータルサイト)
あなたの町のハザードマップを見る

石狩川のネットマガジン・川と人

石狩川振興財団が制作・発行する「川と人」は、大河石狩川と水系の歴史や治水、石狩川が流れる流域市町村の歴史や最新情報、レジャースポットなどを、川の専門的な視点でまとめています。
川と人

川遊びグッズ

子どもでも簡単!


いつも売切れな川靴


雪の中でも楽々~


いざ!という時に投げる
P-136K型

転倒時に頭をガード
ヘルメット・プロテック・フルカットWHT

命のライフジャケット
子供用ライフジャケット(小児用)TK-13B

川へ、蝦夷へGO



北海道のお天気は?


-天気予報コム- -FC2-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。