いらっしゃいませ

プロフィール

ヌマチチブ

Author:ヌマチチブ
川は身近な自然であり、北海道の歴史を物語ります。
そんな北海道の川の素晴らしさを、わかりやすく、老婆心も交えつつ、お伝えしたいと思います。

間違ってる箇所も多々あると思いますので、よろしければ教えてくださるとうれしいです。
どうぞ、ごゆるりと・・・
………………………………………
ヌマチチブとは、日本中に広く分布する頭が大きくずんぐりしたハゼ科の魚。顔を中心に無数に斑点があるのが特徴。
いわゆる雑魚で、「釣った」と思った瞬間、ガッカリ感と笑いを誘う、憎いあんちきしょー!

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

北海道川原版へようこそ

お勧めブログ&サイト

このブログをリンクに追加する

問い合わせ等

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

RSSフィード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

北海道川原版
北海道の川のイベント、施設、川魚、植物、アウトドアや歴史、自然写真。 川原から北海道をめぐる情報ブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヘイケボタルの光
もうそろそろ、春から北上を続けた蛍火も、ここ北海道で消えますね。

先ほどNHK衛星第2で、「映像詩・ホタル前線北上す・蛍火が照らし出す日本」という番組が放送され、魅入ってしまいました。

本州ではホタルというとゲンジボタルを指し、ゲンジボタルの北限は青森県です。
一方、北海道はヘイケボタルが主流です。
(リンク先/Yahoo!きっず図鑑)
ヘイケボタル1

ヘイケボタルはゲンジボタルに比べて小さく、発光時間も一瞬。自動車のウインカーの発光と近いそう~
5回続けて光ったら、「ア・イ・シ・テ・ル」のサインみたいです。(ドリカム「未来予想図」の詩より)
発光はオスからメスへの求愛という説もあるので、当たってるかも!
ヘイケボタル2

そのヘイケボタルの数が、激減しているのだそう。

清流に棲むゲンジボタルに対して、ヘイケボタルは流れのない沢や田んぼに生息します。幅広く捕食し、ゲンジボタルよりも、環境への適応能力があるはずのヘイケボタルが、なぜ?

トンボやカエル、ドジョウ同様、ヘイケボタルの減少は農業の近代化・農薬の散布が影響しているようです。

自然との共存は難しい問題ですが、減農薬栽培に取り組む農家が増えているので、増えてくれれば良いですね。
トンボやホタルは、環境の指針です。


さて、ホタルといえば、むかし卒業式で唄われた「蛍の光」を思い出しました。
原曲はスコットランド民謡です。(軍事的な内容もあり、今は卒業式唱歌としては敬遠されてる)

♪蛍の光 窓の雪♪

詩は、もちろん日本で創作されたのですが、何ゆえ、夏の蛍の光が、冬の窓の雪なのか、疑問でした。

調べてみると、「蛍の光・窓の雪」は蛍雪という中国の故事に由来した言葉を意味するのだそう。

「蛍雪の功」=一途に学問に励む事を褒め称える

蛍も、雪も、ほのかに光ります。
2人の青年が、一方は蛍を集めその下で本を読み、一方は雪を積み上げ雪明りの下本を読み、のちに高級官吏に出生しました。
これが「蛍雪(けいせつ)」という言葉の成り立ちです。*語源由来辞典より編纂


蛍雪・・・ふたつの淡く幻想的な灯りが浮かぶ、美しい漢字ですね。この灯りは環境にもやさしい。

まだまだ雪の季節は遠いですが、蛍も雪もある北海道。蛍雪にならって、がんばらねばなりません。

テーマ:札幌/北海道の地域ネタ - ジャンル:地域情報

■ この記事に対するコメント

ボクまだ蛍を自分の目で見た事がないんですよ。
一度みたいな~とは思ってるんですけどね。

札幌市や近郊で見られるようなので、見たいと思っています。
スケジュール調整して行きた~ぃ(≧∇≦)b
【2007/08/04 20:53】 URL | MALICE #JalddpaA [ + 編集 +]

MALICEさんへ
わたしもホタルの発光を、肉眼で見たことはないんですよ。
公害問題真っ盛りの中で子ども時代を送ったので、当時は川で魚も見たことなかったです。そもそも北海道でホタルは、珍しいと思います。
なのでなんとか今年は見たかったんですが、先週・今週の雨が・・・
早く行かないと、お盆前に消えてしまいますよ!
・・・というか、夜景や星や、光るものがつくづくお好きですね。感心します。
【2007/08/04 21:07】 URL | ヌマチチブ #- [ + 編集 +]


ホタルの飛ぶ夏も

雪の降る冬も

勉学に励んだっつーことですな

仰げばと尊しも歌われなくなったねぇ

いわゆるJ-PoPが幅を利かせてますぅぅ~

師も尊ばれなくなったのかぁぁ

尊ばれるのは、ミュージシャンだったのねぇ~

ぶひw
【2007/08/05 07:18】 URL | かっぱ #jsBW8FAg [ + 編集 +]

ほたるかぁ~~~☆彡
目まぐるしく7月が終わり、8月なんだよねぇ~~~
ほたる・・・儚い名だけど『北の国から』では、娘にホタルって名前付けたじゃない?
何となく幸せ薄い名前だわねぇ~。。。ってチト本題から外れてるねハハハ(,_'☆\ バキ
昔、近所にホタルちゃんって言う女の子が住んでいたけど
幸せ薄そうだったわ~~~
その分、シッカリ者で同年代の女の子を顎で使っていたけど・・・^_^;

時々此処に着て、読み逃げをしてた^_^;
コメント出来ずにバイバイしていました(涙)
11日までは、仕事に追われているけど、
その後は夏休みだ~い\(^o^)/

んじゃ~~~また来るね♪

申遅れましたが
暑中お見舞い申し上げますぅ☆彡
【2007/08/05 08:23】 URL | みかんちゃん #eoiZu7NI [ + 編集 +]

かっぱさんへ
そういえば、「仰げば尊し」も唄われなくなりましたねぇ~
国歌は義務付けられてるのに、、、
そして、J-POP全盛ですね! わが娘の時は、スピッツの「空も飛べるはず」でした。

子ども自体は全然変わってないけれど、取り巻く状況や大人が変わったと思いません? 学校関係の。

蛍雪は、勤勉を奨励する言葉だったのですよね。
風景までイメージできる、美しく味のある言葉です。
日本もそうだけど、今の中国に、もう一度教えてあげたいですねぇ~
【2007/08/05 10:30】 URL | ヌマチチブ #- [ + 編集 +]

みかんちゃんへ
いやぁーん、おひさしぶりぃ~
掲示板が使えなくなったから、みかんちゃんとおしゃべりできず、さみしかったワ!
読み逃げ大歓迎よ。忙しい合間に読んでくださり、ありがとうございます。

そして、みかんちゃんの「ほたる」という名前の女の子に対するイメージに笑いました!
『北の国から』の蛍ちゃん。自ら不幸な方へ、不幸な方へ、向っていきましたよね。
わたしもね、「ま」のつく名前の女の子には、あるイメージ持ってます。まさこ、まりあ。。。
気の強そうなね(笑)

それにしても、あっという間に8月ですよ。夏らしくない夏です。今夏は週末天気崩れて、海水浴もできないですね。我が家は、卒業したけど、海水浴。
お互い、お盆休みに向けてラストスパート!
【2007/08/05 10:36】 URL | ヌマチチブ #- [ + 編集 +]


いやぁ~

ほんま国家は義務付けてますねぇ

でもって

あたしゃ、その国家が
その実、大好きですw

【2007/08/05 21:40】 URL | かっぱ #jsBW8FAg [ + 編集 +]

かっぱさんへ
アハハ!
ここで書くと、それ系の人の目に触れるかもしれませんが、なぜに、国歌にアレルギーを持つのか、わたしはわかりません。
これ以上は、怖くて書けません。。。
【2007/08/05 22:25】 URL | ヌマチチブ #- [ + 編集 +]


■ この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する。


■ この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kitanokawa.blog50.fc2.com/tb.php/226-02df96e5
この記事にトラックバックする。(FC2ブログユーザー)
北海道川マップ

豊平川ガイドマップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)
石狩川ガイドマップ
(財団法人石狩川振興財団より)
天塩川マップ
(北海道開発局旭川開発建設部より)
釧路湿原周辺拡大地図
(北海道開発局釧路開発建設部より)
尻別川利用マップ
(北海道開発局小樽開発建設部より)
鵡川河口干潟の自然
(苫小牧地方環境監視センターより)
常呂川流域親水マップ
(北海道開発局網走開発建設部より)
網走川流域親水マップ
(北海道開発局網走開発建設部より)
空知川ガイドマップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)
幾春別川りばーマップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)
雨竜川りばーマップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)
砂川遊水地周辺マップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)

空から見た蝦夷の川

空から見る石狩川
空から見る天塩川
空から見る夕張川
空から見る湧別川
空から見る常呂川
空から見る亀田川

ブログ内検索

北海道防災情報

国土交通省川の防災情報・北海道版
北海道防災(北海道の防災情報ポータルサイト)
あなたの町のハザードマップを見る

石狩川のネットマガジン・川と人

石狩川振興財団が制作・発行する「川と人」は、大河石狩川と水系の歴史や治水、石狩川が流れる流域市町村の歴史や最新情報、レジャースポットなどを、川の専門的な視点でまとめています。
川と人

川遊びグッズ

子どもでも簡単!


いつも売切れな川靴


雪の中でも楽々~


いざ!という時に投げる
P-136K型

転倒時に頭をガード
ヘルメット・プロテック・フルカットWHT

命のライフジャケット
子供用ライフジャケット(小児用)TK-13B

川へ、蝦夷へGO



北海道のお天気は?


-天気予報コム- -FC2-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。