いらっしゃいませ

プロフィール

ヌマチチブ

Author:ヌマチチブ
川は身近な自然であり、北海道の歴史を物語ります。
そんな北海道の川の素晴らしさを、わかりやすく、老婆心も交えつつ、お伝えしたいと思います。

間違ってる箇所も多々あると思いますので、よろしければ教えてくださるとうれしいです。
どうぞ、ごゆるりと・・・
………………………………………
ヌマチチブとは、日本中に広く分布する頭が大きくずんぐりしたハゼ科の魚。顔を中心に無数に斑点があるのが特徴。
いわゆる雑魚で、「釣った」と思った瞬間、ガッカリ感と笑いを誘う、憎いあんちきしょー!

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ

北海道川原版へようこそ

お勧めブログ&サイト

このブログをリンクに追加する

問い合わせ等

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

RSSフィード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

北海道川原版
北海道の川のイベント、施設、川魚、植物、アウトドアや歴史、自然写真。 川原から北海道をめぐる情報ブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やまめの陶
リアル友人のpekoさんからお誘い。
ヤマメをモチーフにした作品しかつくらない陶芸家の個展があるんだけど、ヌマチチブさん、好きでしょう?」

ええ、陶芸もヤマメも好きですとも。

ヤマメは北海道ではヤマベと呼ばれ、降海するとサクラマスとなって、産卵のため川に遡上。
サクラマスのメスに、川に留まった陸封型ヤマメのオスが数匹くっつき、数倍のサクラマスのオスとバトルを繰り広げるという、なんとも風変わりな産卵風景も見もの。(サクラマスの産卵は春から夏)

陶になったヤマメ観賞に、早速、行ってきました。

藤田和弘さんは北海道陶芸協会会員で、札幌市清田区に工房『やまめの陶』を構えています。
ヤマメの陶1

見事、モチーフはすべてヤマメ。
絵にしたヤマメ、掘ったヤマメ…
ヤマメの陶2

“小さな頃の遊びといえば川遊び。その時にヤマメを知りました。なんて美しい魚だろう。以来、ヤマメに夢中です”
ヤマメの陶3

pekoさんは、えべつやきもの市で藤田さんの器と出会ったのだそう。
清流に生き生きと泳ぐヤマメが描かれた藤田さんの作品は、どこか懐かしく、温かい。なによりも存在感があります。そして手作りの陶芸品は、ごはんを美味しく、楽しくしてくれる。
ヤマメの陶4

“わたしの作品を見に来てくれる人は、ほとんど川好きです。家の近くを流れる厚別川も、すばらしく自然豊かな川で、ヤマメの稚魚も放流されています”

ヤマメの話になると、少年のようにキラキラと輝く藤田さん。
はい、ヤマメに釣られて観に行ったヌマチチブ~

ヤマメの陶5

藤田和弘作陶展 9/1(土)~14日(金)
札幌後楽園ホテル1Fギャラリー 札幌市中央区大通西8丁目
※画像をクリックすると拡大します

工房『やまめの陶』
札幌市清田区清田9条3丁目8-12 tel011-886-1536

テーマ:札幌/北海道の地域ネタ - ジャンル:地域情報

■ この記事に対するコメント
お早いUPで・・・
とってもすてきな写真ですねえ。
みなさ~んヌマチチブさん、お話しだけで行ったんですよ。
写真ぐらいお見せようかな・・・と思いましたが、その必要も無かったようで・・・
ヌマチチブさん誘拐するのって簡単かも・・・(爆)

私たちは、展示されていませんでしたが、ご飯茶碗を2つ購入してまいりました。
ギャラリーで、物色している末っ子は、傍で見ていると、生意気なガキに見えました(笑)
藤田氏の作品は、ここ数年で、我が家で2桁に上ります。
お茶碗は、持ち易いし、ご飯も進むし、洗いやすくてお勧めですよ。
偶然にも藤田氏昨日、お誕生日だったんですって。
(喜寿マイナス三)
豊平区民センターで、陶芸の講師勤めていらっしゃるそうです。
私も行こうかなあ・・区民じゃないと駄目なんだろうなあ。

末っ子と旦那に、「昨日のことUPされてるよー」と言ったら、あわてて見に来て末っ子いわく「なんだこれか・・・」
なんだとおもったん・・?
自分のことでも書かれているとでも・・・・?
笑っちゃいました。
【2007/09/02 21:08】 URL | peko #- [ + 編集 +]

pekoさんへ
昨日は、大変お世話になりまして。色々ありがとうございます。
末っ子君、めんこいったら、ありゃしない!
男の子いないから、新鮮で、新鮮で。
もっといじりたかったんだけど、怯えてるようだから、我慢しました。。。

えべつやきもの市は、素敵な作家さんが参加されてるのですね。
あの、ヒラメにはビックリよぉ~

藤田氏の器は、とても絵になりますね。存在感がピカイチです。
機会があったら、工房にもおじゃましたいと思いました。
【2007/09/02 21:32】 URL | ヌマチチブ #- [ + 編集 +]

ヌマチブさんへ
やまべって可愛い顔してますよね~♪
昔から、やまべって言っていました。
実家の直ぐ近くの川でザルでとったことがありましたよ。

画面右側にある、アルバムいいですね~動いてるし^^
【2007/09/03 05:49】 URL | くま8 #- [ + 編集 +]

くま8さんへ
あー、顔もかわいいかもしれません! さすが、くまさん~
大きくなった形のサクラマスも、サケに比べてやさしい顔してますもん。
ザルでヤマベが獲れたんですか? いいなぁ~

動くアルバムのブログパーツ、いいでしょ! editer.jpに登録すれば使えますよ。
【2007/09/03 08:16】 URL | ヌマチチブ #- [ + 編集 +]

素敵な器ですね☆彡
2枚目の写真の大皿(群れを成して泳ぐヤマベ)も好きですが、
高そうで、手が届きそうも無い^_^;
その同じ写真に写っている右下の『ぐい飲み』が、欲しいなぁ~☆彡
【2007/09/03 22:12】 URL | みかんちゃん #eoiZu7NI [ + 編集 +]

みかんちゃんへ
ヤマメ同様に、藤田さんも素朴で、とっても素敵なオジサマでしたよ!
あれだねぇ~ しおりちゃんもそうだけど、作品というのは、その人がモロに出てしまうものなのですね。
ヤマメの群れの大皿もグイ呑みも、味があっていいですよねぇ~
【2007/09/04 08:26】 URL | ヌマチチブ #- [ + 編集 +]


■ この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する。


■ この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kitanokawa.blog50.fc2.com/tb.php/255-750a5c7c
この記事にトラックバックする。(FC2ブログユーザー)

北海道 ホテル

やまめの陶ヤマメは北海道ではヤマベと呼ばれ、降海するとサクラマスとなって、産卵のため川に遡上。 サクラマスのメスに、川に留まった陸封型ヤマメのオスが数匹くっつき、数倍のサクラマスのオスとバトルを繰り広げるという、なんとも風変わりな産卵風景も見もの ...(続... ホテルの格安予約プラン【2007/09/03 10:33】
北海道川マップ

豊平川ガイドマップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)
石狩川ガイドマップ
(財団法人石狩川振興財団より)
天塩川マップ
(北海道開発局旭川開発建設部より)
釧路湿原周辺拡大地図
(北海道開発局釧路開発建設部より)
尻別川利用マップ
(北海道開発局小樽開発建設部より)
鵡川河口干潟の自然
(苫小牧地方環境監視センターより)
常呂川流域親水マップ
(北海道開発局網走開発建設部より)
網走川流域親水マップ
(北海道開発局網走開発建設部より)
空知川ガイドマップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)
幾春別川りばーマップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)
雨竜川りばーマップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)
砂川遊水地周辺マップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)

空から見た蝦夷の川

空から見る石狩川
空から見る天塩川
空から見る夕張川
空から見る湧別川
空から見る常呂川
空から見る亀田川

ブログ内検索

北海道防災情報

国土交通省川の防災情報・北海道版
北海道防災(北海道の防災情報ポータルサイト)
あなたの町のハザードマップを見る

石狩川のネットマガジン・川と人

石狩川振興財団が制作・発行する「川と人」は、大河石狩川と水系の歴史や治水、石狩川が流れる流域市町村の歴史や最新情報、レジャースポットなどを、川の専門的な視点でまとめています。
川と人

川遊びグッズ

子どもでも簡単!


いつも売切れな川靴


雪の中でも楽々~


いざ!という時に投げる
P-136K型

転倒時に頭をガード
ヘルメット・プロテック・フルカットWHT

命のライフジャケット
子供用ライフジャケット(小児用)TK-13B

川へ、蝦夷へGO



北海道のお天気は?


-天気予報コム- -FC2-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。