いらっしゃいませ

プロフィール

ヌマチチブ

Author:ヌマチチブ
川は身近な自然であり、北海道の歴史を物語ります。
そんな北海道の川の素晴らしさを、わかりやすく、老婆心も交えつつ、お伝えしたいと思います。

間違ってる箇所も多々あると思いますので、よろしければ教えてくださるとうれしいです。
どうぞ、ごゆるりと・・・
………………………………………
ヌマチチブとは、日本中に広く分布する頭が大きくずんぐりしたハゼ科の魚。顔を中心に無数に斑点があるのが特徴。
いわゆる雑魚で、「釣った」と思った瞬間、ガッカリ感と笑いを誘う、憎いあんちきしょー!

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

北海道川原版へようこそ

お勧めブログ&サイト

このブログをリンクに追加する

問い合わせ等

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

RSSフィード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

北海道川原版
北海道の川のイベント、施設、川魚、植物、アウトドアや歴史、自然写真。 川原から北海道をめぐる情報ブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

能取湖にクジラ?
13日(土)の日本テレビ系列STVの「リアルタイムサタデー」での、驚きニュース!

なんと!
さんご草で有名な能取湖の湖岸に、クジラが打ち上げられていたそうな~

さんご草(8月下旬から赤くなり始め9月下旬くらいまでが見頃)
さんご草

(画像は、網走市公式ホームページ、「網走の風景 携帯待ち受け画像」をお借りしています)
http://www.city.abashiri.hokkaido.jp/web/PD_Cont.nsf/0/F383EE93F58AD02149256E3800056A42?OpenDocument


STVによると、
クジラが見つかったのは湖の奥まったところにある二見ケ岡漁港近くで、通行人が体長5mほどのクジラを発見。
すでに、死亡していたそうですが、能取湖に海水が入るところは、幅100m程しかないので、「サケを追って来たのではないか」ということです(漁業者談)
能取湖

このURLで動画ニュースが見られると思います。
http://www.stv.ne.jp/news/streamingWM/item/20071013182547/index.html


広い海(海水)に、群れで回遊するクジラが、近海の、しかも湖(淡水)に一匹だけ迷い込んだ。
能取湖はご存知のように、オホーツク海に通じる海跡湖なので、今回発見されたところは汽水域(海水と淡水交じる)かと思われますが、それにしてもミステリー!
本当にサケを追ってきたのでしょうか? 


クジラ類が単独や群れで、生きたまま海岸に乗り上げることを座礁と呼ぶそうです。
その原因として、以下の5点が考えられると言われています。

1.エコロケーション(=クジラが発する不連続波の音波を物までの距離、角度と物の性質を知るために利用する機構)が関係しているという説

2.寄生虫による耳の傷害説(クジラは進路を決定する時、主な方向感覚は聴覚に頼る。)

3.数の増えすぎ。群れの数を調節するための自殺説。

4.食物連鎖の上位に立っているので、高濃度のホルモン、海洋性毒や重金属などの海洋汚染による毒物が影響を及ぼしたとする説。

5.最近では、米軍の潜水艦から出すソナーがイルカ類のコミュニケーションを阻害するという説。

*「鯨・生態」から引用
http://www2.dwc.doshisha.ac.jp/tfujiwar/6_zemi/kuzira/site/seitai/shu1.htm


また、
能取湖がある網走は、大昔からクジラとは切っても切れぬ縁があったようで。

北海道遺産「網走市モヨロ貝塚」は、6~13世紀に栄えたオホーツク文化最大の遺跡で、クジラの牙でつくられた女性像が発掘されています。
網走で近代捕鯨がスタートしたのは、1915年(大正4年)で、当時はナガスクジラやザトウクジラなどの大型のクジラ、ミンククジラを捕鯨し、最盛期の1950年代には捕鯨会社が7社操業するなど一大産業を形成していたそうです。

*網走市公式ホームページ「網走とクジラ」
http://www.city.abashiri.hokkaido.jp/web/PD_Cont.nsf/0/1B453EC3AB11D6D14925701F0009914D?OpenDocument

モヨロ貝塚もかなりのミステリーだそう!おもしろそう~


さて、今回のクジラは、網走市役所などが、週明けに処分を考えるそうです。
ぜひ、専門家による調査を望みたいところです。

テーマ:札幌/北海道の地域ネタ - ジャンル:地域情報

■ この記事に対するコメント

モヨロ貝塚は、小学校の時の修学旅行で行きました~。
懐かしいなぁ~思い出した~。
あの頃は、まだカモシカのような足だった・・・。

クジラ、あちこちで発見されてますね。
食べたいけど、絶滅しそうで
微妙な気持ちです・・・。
【2007/10/16 00:39】 URL | くま8 #- [ + 編集 +]


クジラやイルカ、そして海や川に生息する生き物って、不思議がいっぱい。
大海原で生活しているクジラなんて、自然ソナーがついているのだから
本来、道に迷うなんてことはないのでしょうね。
それにしても能取湖とは、またミステリー。
網走とクジラもそんなに昔から密接な関係があったのですね~
モヨロ貝塚も行ってみたいわぁ!
【2007/10/16 08:32】 URL | ezomomonga #H94ZE/5g [ + 編集 +]

くま8さんへ
くまさん、やっぱりあちらの方、出身なのですね~ 
モヨロ貝塚って、モヨロ人がいたとされるのですよね。めちゃめちゃ興味ありますよ!

クジラに関しては、偏狭的な保存活動家が、あまりにも「クジラかわいそう~」というイメージを植えつけたのでは?
種の中では、保護で数が増えすぎて、生態系が乱れてるところもあると聞きました。
捕鯨やサケ漁は日本古来の食文化ですから。あくまでもバランスを保って伝えていきたいものです。
【2007/10/16 08:58】 URL | ヌマチチブ #- [ + 編集 +]

ezomomongaさんへ
海の哺乳類は、かつての人間だったと信じています(笑)
ゾウもそうですが、とってもかしこいのですよねぇ~

それにしても、どうして能取湖に入っちゃったのでしょう? 本当に不思議です。
ちょっと気になる話しもあって、、、
渡り鳥のセンサーも、たまに狂ったりしてるそうですね。なんでも、風車も要因のひとつではないかと言われていますが。。。(確実なデータはありません。あくまでも噂です)
少しずつ、少しずつ、変わってることを、自然動物が身を以って教えているのでしょう。ちゃんとした調査をしてほしいです。

今回、わたしも始めて網走とクジラの歴史を知りました。ビックリです!
むかし、給食で出たクジラベーコンは(古っ!)、網走産だったのかしら?
なんて、考えてしまいましたよぉ~。やっぱり道東の文化や産業、そして歴史もダイナミック!
来年、ぜったいモヨロ貝塚に行きます!!!
【2007/10/16 09:04】 URL | ヌマチチブ #- [ + 編集 +]


ナガス鯨のお刺身を、去年食べた
本当に美味しかったよ!
ナガスのベーコンは100g ナ ナント 1万円ですって。。。
はぁ~~~昔の様に美味しい鯨ベーコンが食べたいよ~☆彡
アメリカが鯨の油をランプに使っていて一番捕鯨していたと思うのよ~
なのに。。。ワシントン条約って何なのさ!
おっと こんな過激な発言をこの様な場所でしてはナラヌよね~
寒くってチョット、テンパー気味ですぅ(>_<)

そんじゃぁ~またね~ん☆彡
土曜日に、例のブツ円山に持参します♪
【2007/10/16 15:03】 URL | みかんちゃん #eoiZu7NI [ + 編集 +]

みかんちゃんへ
ナガスクジラのお刺身? マグロのような赤身の味かな?
そんな高級品、小市民、、、もとい! 貧乏人のわたしは一度も食べたことないです。
給食でベーコンや、父親が食べてたのは覚えてますけど。
うんうん、、、クジラも残すところがないほど、優れた食材ですよね。行き過ぎた活動家には、困ったものだと思います。
感じた事は言ってくださいよ~ みかんちゃんにはトゲがないから大丈夫よ!

わたしも今、忙しくってテンパ気味ですぅ~ みんなで大倉山行った時が懐かしいわ。
土曜日は気晴らししなきゃ~ って、遊びに行くのではないけど!
【2007/10/16 16:22】 URL | ヌマチチブ #- [ + 編集 +]


■ この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する。


■ この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kitanokawa.blog50.fc2.com/tb.php/299-492b5995
この記事にトラックバックする。(FC2ブログユーザー)
北海道川マップ

豊平川ガイドマップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)
石狩川ガイドマップ
(財団法人石狩川振興財団より)
天塩川マップ
(北海道開発局旭川開発建設部より)
釧路湿原周辺拡大地図
(北海道開発局釧路開発建設部より)
尻別川利用マップ
(北海道開発局小樽開発建設部より)
鵡川河口干潟の自然
(苫小牧地方環境監視センターより)
常呂川流域親水マップ
(北海道開発局網走開発建設部より)
網走川流域親水マップ
(北海道開発局網走開発建設部より)
空知川ガイドマップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)
幾春別川りばーマップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)
雨竜川りばーマップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)
砂川遊水地周辺マップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)

空から見た蝦夷の川

空から見る石狩川
空から見る天塩川
空から見る夕張川
空から見る湧別川
空から見る常呂川
空から見る亀田川

ブログ内検索

北海道防災情報

国土交通省川の防災情報・北海道版
北海道防災(北海道の防災情報ポータルサイト)
あなたの町のハザードマップを見る

石狩川のネットマガジン・川と人

石狩川振興財団が制作・発行する「川と人」は、大河石狩川と水系の歴史や治水、石狩川が流れる流域市町村の歴史や最新情報、レジャースポットなどを、川の専門的な視点でまとめています。
川と人

川遊びグッズ

子どもでも簡単!


いつも売切れな川靴


雪の中でも楽々~


いざ!という時に投げる
P-136K型

転倒時に頭をガード
ヘルメット・プロテック・フルカットWHT

命のライフジャケット
子供用ライフジャケット(小児用)TK-13B

川へ、蝦夷へGO



北海道のお天気は?


-天気予報コム- -FC2-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。