いらっしゃいませ

プロフィール

ヌマチチブ

Author:ヌマチチブ
川は身近な自然であり、北海道の歴史を物語ります。
そんな北海道の川の素晴らしさを、わかりやすく、老婆心も交えつつ、お伝えしたいと思います。

間違ってる箇所も多々あると思いますので、よろしければ教えてくださるとうれしいです。
どうぞ、ごゆるりと・・・
………………………………………
ヌマチチブとは、日本中に広く分布する頭が大きくずんぐりしたハゼ科の魚。顔を中心に無数に斑点があるのが特徴。
いわゆる雑魚で、「釣った」と思った瞬間、ガッカリ感と笑いを誘う、憎いあんちきしょー!

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

北海道川原版へようこそ

お勧めブログ&サイト

このブログをリンクに追加する

問い合わせ等

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

RSSフィード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

北海道川原版
北海道の川のイベント、施設、川魚、植物、アウトドアや歴史、自然写真。 川原から北海道をめぐる情報ブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旭山動物園夏季営業もあと少し!
子どもが大きくなったため、まだ一度も旭川市の旭山動物園に行ったことのない、不届きな道産子です(というか、単なる田舎者です)

どーしても、旭橋や常盤公園、リベラインパークに足が向いてしまいます。


さて、日本一の人気と言っても過言でない旭山動物園の、夏季営業が10月21日(日)で終わります。
旭山動物園全景

アザラシ館


最終日の21日には、廃止が決まった遊戯施設の観覧車が無料開放されたり、ゲーム大会などもあるそう。冬季営業は、11月3日(祝)から4月7日(月)までです。

また、北海道新聞によると、旭山動物園を北海道随一の観光スポットに育て上げた小菅園長が、新施設「オオカミの森」予想図を発表したと伝えていました。
年内に着工し、来年7月末までにオープン予定。

さらに、旭山動物園では、「旭川市旭山動物園施設整備基金」という募金制度も導入しています。
この基金は、開園40周年を迎え、新たな展示施設の整備や、大規模な修繕、動物購入などのため設立。「未来の子供たちのための基金」を目指しているそう。

当面、基金の運用が考えられる獣舎(すべて仮称)
・アフリカ生態園  (約20億円)
・ゾウの群れ     (未定)
・石狩川水系淡水生態館(未定)

・・・気づきました?
どうして北海道の川ブログが、旭山動物園を取り上げたのか。
そう! 最後の「石狩川水系淡水生態館」こそ、小菅園長の夢であり、旭山動物園の集大成といえる施設だからです!


“人間の暮らしを考える「石狩川水系淡水生態館」実現が最後の夢である”(著書「旭山動物園」革命-夢を実現した復活プロジェクトより)


著書の中で、動物園不要論がある事も書かれています。

檻の中の動物を見ても本質はわからないし、動物園はお金がかかり過ぎるということなのでしょう。
ただ、動物園で見たゾウやホッキョクグマをとっかかりとして、子どもが将来、アフリカや北極に興味を持つかもしれません。
ホッキョクグマ

その意味で、動物園は必要なのだとわたしは思います。

動物園がなかったら、北海道では見られない、大好きなイワトビペンギンも見られないじゃない。
イワトビペンギン

「石狩川水系淡水生態館」という小菅園長の思想は、ホッキョクグマの棲む北極も、海によって北海道とつながっていて、海のないまちも川によって海とつながってる。
だから、旭川の身近な自然=石狩川水系に興味を持って、大切にすることは、ひいては地球の保全につながる! ということなのです。
(自分の中で、かみくだいたので、間違ってるかもしれません)

まったくもってその通り!
さすが日本一の動物園を育てた方だと感心ひとしお~

集大成である「石狩川水系淡水生態館」は、今までの施設を大きく上回るスケールとなるそう。構想では、空にシマフクロウ、タンチョウ、陸にカワウソ、河にチョウザメなど、開発以前の石狩川の生態系を再現。
総工費は30億円に上るそうですが、今の入園者数を維持し、基金も順調に集まれば、夢は近づく予定。


・・・ただ、石狩川水系というと
北極やアフリカではないんですね。

ちょっと足を伸ばせば、原始の自然が残る大雪山国立公園があるじゃないですか。
旭川は、ほかの街より、たくさんの川が流れてるじゃないですか。

自分の想いとして、まず身近な自然を五感で感じてもらうことが第一歩。
チョウザメはいないけれど、ウグイやハナカジカ、そしてヌマチチブに出会えた感動は、何よりも得がたい(すみません、強引で)

そこから、シマフクロウやチョウザメに発展していくのが、流れかと。。。

とくに日本人って、いわゆるハコ物で満足して、すべてわかったような気になっちゃうじゃないですか。
莫大な予算を計上している「石狩川水系淡水生態館」が、デートスポットのようなものに終わってほしくないと切に願います。

川に足を運んでもらえる、アクセスのような施設であってほしい~
小菅園長から見たら、ひよっ子にも満たない管理人が、老婆心むき出しに語ってしまいました。

旭山動物園公式ホームページ内の「園長室」にて、小菅園長が顔写真入りで、ご自分の考えを真摯に綴ってらっしゃいます。必読!
http://www5.city.asahikawa.hokkaido.jp/asahiyamazoo/

旭山動物園
旭川市東旭川町倉沼 TEL 0166-36-1104


今回使用した画像はすべて、動物写真集(アザラシ・シロクマ・旭山動物園)からお借りしました。http://cxmoon.gooside.com/04_animal/index.html

テーマ:札幌/北海道の地域ネタ - ジャンル:地域情報

■ この記事に対するコメント
次回は是非!
旭山動物園は何度も検討しては挫折しているのです。
冬はペンギンのお散歩があると思っていましたが、休園になっちゃうのですか?

旭山動物園のおかげで、本州の動物園もず随分とリニューアルして頑張っています。
火をつけていただいて感謝です。

たくさん基金が集まってますます発展していくといいですね。

【2007/10/17 23:36】 URL | ジュマ #- [ + 編集 +]

ジュマさんへ
もし、次回いらっしゃるなら、旭山動物園から富良野・美瑛がオススメですね。

そして、冬季営業期間を入れるの、すっかり忘れてました!
指摘していただいて、ありがとうございます。早速加えます。

小菅園長はじめ、旭山動物園の方々は、動物園を、そして観光を変えましたよね。
すごい功績だと思います。
様々な動物=自然へのアクセスとして、施設がさらに発展することを願っています。
【2007/10/18 08:33】 URL | ヌマチチブ #- [ + 編集 +]


旭川にも住み、そして現在富良野地区にも住み、いつでも行けるわぁ~
なんて思っていると全然行きません!!!!
「行ったことがない」のです。
ついつい、自然動物園(あ、森ですね)へ足が向いてしまい
「超人気」「長蛇の列」なんてことを聞くと、ちょっと足が遠のいてしまうのです。
が、雨の日なんて結構いいのかしら?
でも動物観察が好きでたまらない私、いったい何時間見ているのかしら・・・と少々不安になったりもします(笑)
ただ、「石狩川水系淡水生態館」は気になりますね~
開発以前の石狩川の生態系を再現とは、これまた壮大な計画だぁ!
ただ単に動物を集めるだけではなく、川や自然散策に興味を持つきっかけになるような施設であってほしいと思います。
こりゃ、ヌマチチブさんも黙っていられませんね♪
【2007/10/18 09:26】 URL | ezomomonga #H94ZE/5g [ + 編集 +]

ezomomongaさんへ
アハハ!
旭山動物園に行かない理由が、まったく同じです!
ラーメンは食べても動物園へは行きません。やっぱり忠別川や石狩川に足が向いてしまいます。想像以上に、園内は広大らしいですよぉ~

そして、黙っちゃいられぬ淡水生態館!
サケ科学館や川の科学館は、川のほとりにあるし、自然体験イベントもたくさん実施してますから。
今の人って、たとえば、施設にチョウザメが泳いでいたら、今も石狩川にチョウザメがいると思ってしまうじゃないですか。そこも不安です(笑)
どうせ作るなら、忠別川か石狩川沿いなのかなぁ~

あと、沖縄の「ちゅら海水族館」(でしたっけ?)、あの意味もわかりません。美しい海が広がって、シュノーケルだけでも、自然のままの魚にふれあえるのに(笑)
【2007/10/18 13:19】 URL | ヌマチチブ #- [ + 編集 +]

でえとすぽっと
まあ、デートスポットでもとりあえずいいんじゃないですか。

「今度2人でサケ見に行こうぜ!」
とか、オシャレかも(笑)

以前、東京の水族館の大水槽の前で
「うわぁ! おいしそう!」
と叫んでいた女性がいましたが、
「この女とだけは結婚するな!」
と、その彼氏の後ろからひっそりささやきたかった私です(^^;
【2007/10/19 13:49】 URL | ナローボーター #VtSnbHsY [ + 編集 +]

ナローボーターさんへ
アハハハハ! 「おいしそぉ~」ですか! こりゃまたやられたぁ~
山田くぅーん、彼女に座布団一枚あげてぇ~
すごい感性ですよね。切り身を見たら美味しそうと思いますが、サケを見ても美味しいとは思いません。

今の旭山動物園に来ている人たちの、どれほどの人が、園長の思想を理解しているのか、、、多分、わたしだけかも(笑) って、一度も行ってないし。
川の生き物って地味なので、、、大コケっていう心配もあるんですよねぇ~
【2007/10/19 14:48】 URL | ヌマチチブ #- [ + 編集 +]


■ この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する。


■ この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kitanokawa.blog50.fc2.com/tb.php/301-749cb3cd
この記事にトラックバックする。(FC2ブログユーザー)
北海道川マップ

豊平川ガイドマップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)
石狩川ガイドマップ
(財団法人石狩川振興財団より)
天塩川マップ
(北海道開発局旭川開発建設部より)
釧路湿原周辺拡大地図
(北海道開発局釧路開発建設部より)
尻別川利用マップ
(北海道開発局小樽開発建設部より)
鵡川河口干潟の自然
(苫小牧地方環境監視センターより)
常呂川流域親水マップ
(北海道開発局網走開発建設部より)
網走川流域親水マップ
(北海道開発局網走開発建設部より)
空知川ガイドマップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)
幾春別川りばーマップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)
雨竜川りばーマップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)
砂川遊水地周辺マップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)

空から見た蝦夷の川

空から見る石狩川
空から見る天塩川
空から見る夕張川
空から見る湧別川
空から見る常呂川
空から見る亀田川

ブログ内検索

北海道防災情報

国土交通省川の防災情報・北海道版
北海道防災(北海道の防災情報ポータルサイト)
あなたの町のハザードマップを見る

石狩川のネットマガジン・川と人

石狩川振興財団が制作・発行する「川と人」は、大河石狩川と水系の歴史や治水、石狩川が流れる流域市町村の歴史や最新情報、レジャースポットなどを、川の専門的な視点でまとめています。
川と人

川遊びグッズ

子どもでも簡単!


いつも売切れな川靴


雪の中でも楽々~


いざ!という時に投げる
P-136K型

転倒時に頭をガード
ヘルメット・プロテック・フルカットWHT

命のライフジャケット
子供用ライフジャケット(小児用)TK-13B

川へ、蝦夷へGO



北海道のお天気は?


-天気予報コム- -FC2-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。