FC2ブログ
いらっしゃいませ

プロフィール

ヌマチチブ

Author:ヌマチチブ
川は身近な自然であり、北海道の歴史を物語ります。
そんな北海道の川の素晴らしさを、わかりやすく、老婆心も交えつつ、お伝えしたいと思います。

間違ってる箇所も多々あると思いますので、よろしければ教えてくださるとうれしいです。
どうぞ、ごゆるりと・・・
………………………………………
ヌマチチブとは、日本中に広く分布する頭が大きくずんぐりしたハゼ科の魚。顔を中心に無数に斑点があるのが特徴。
いわゆる雑魚で、「釣った」と思った瞬間、ガッカリ感と笑いを誘う、憎いあんちきしょー!

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

月別アーカイブ

北海道川原版へようこそ

お勧めブログ&サイト

このブログをリンクに追加する

問い合わせ等

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

RSSフィード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

北海道川原版
北海道の川のイベント、施設、川魚、植物、アウトドアや歴史、自然写真。 川原から北海道をめぐる情報ブログです。
近くに棲んでました
520kgのヒグマにつづき、自分的にびっくりした生き物の話を!

さて、この魚はなんでしょう? 
・・・・・・そう、カレイです。カレイはカレイでも淡水を好むその名も「ヌマガレイ」です。
ヌマガレイ

画像提供先/無料写真壁紙「壁紙シーシー」 
http://www.kabegami.cc/

ヌマガレイは、道東などではガサガサガレイやタカノハガレイ、ゴソガレイと呼ばれています。
表面がザラザラで素手で調理すると手がガサガサになるから「ガサガサ」
ヒレに黒い縞模様があることから「タカノハ」
ゴソは、、、わかりません。

日本産のカレイ科ですが、ヌマガレイだけが眼が体の左側にあります。
中身はカレイなのに、目はヒラメなんです。
形の特徴はタテというより、ヨコに大きくなります。なんていうか、、、ひし形に近い! 最大で90cmにも育つ大型種。
刺身よりも天ぷらに適しているそう。


そして淡水を好むことは前述しましたが、北に行くほど、その傾向は顕著になり、北海道では河口付近や海岸近くの海跡湖や沼などの汽水域(塩水と淡水が混ざるところ)、川の中流域という完全に淡水のところにいることが多いそうです。

ヌマガレイが新川河口や琴似発寒川などに棲んでいることは知ってましたが、まさかこんな近くにいたとは!

豊平川サケ科学館の学芸員さんが綴っている「札幌サケ情報blog.」で、
豊平川でカワアイサがヌマガレイを一気食いしてるシーンを目撃したと、画像入りでアップされています。
http://www.sapporo-park.or.jp/blog_sake/index.php/2007/11/07/196/

いやぁー、ビックリ! 
よく豊平川で釣りしてる人を見かけますが、ヌマガレイも釣れるのでしょうか?
良い情報を得ました。来年、ダメもとで釣り糸垂らしてみますよ!(エサはイソメ?)

見てみたいなぁー、ヌマガレイのつぶらな瞳。
ヌマとつくだけで、愛しくなりますねぇ~

テーマ:札幌/北海道の地域ネタ - ジャンル:地域情報

■ この記事に対するコメント

おお!これがヌマガレイ!!
ひれの黒の縞模様がカワガレイに似てますね~
カラダのガサガサ具合はソウハチカレイ風かイシモチカレイ風か・・・←マニアック(笑)
どんな場所を好んでいるのでしょうね。
この写真のような小石や砂の辺りなのかしら・・・・
大きく育つヌマガレイ。まさに座布団級の大きさのものがいるのですね。
きっとつぶらな瞳も更に大きいのでしょう(笑)
見たい見たい!
【2007/11/16 10:06】 URL | ezomomonga #H94ZE/5g [ + 編集 +]

ezomomongaさんへ
完璧な川の中流に棲んでいたヌマガレイ。なぜ、この種だけ淡水に行っちゃったのでしょう? 自分でもビックリして、目が左に向いちゃったんですよ(笑)

他のカレイと違い、川底でも平気だから、砂利系で生きられるということでしょうか。敵が来たら隠れるのかしら? この画像のは多分水槽かなぁ?
ヌマガレイの全体像は、イシダイに見えなくもないです(笑)
http://www.pref.iwate.jp/~hp5507/zukan/hiramekarei/numagarei.htm
イシガレイとの交配種もあるそうで、道東の海に棲むマツカワ(タカノハ)は、カレイの王と呼ばれるほど旨いそう~
なかなか奥が深いです、カレイも。最近、石狩湾でも小物しか釣れなくなりましたけど。
来年は豊平川で座布団級をゲッチュします!
【2007/11/16 11:27】 URL | ヌマチチブ #- [ + 編集 +]

これは!
こ、これがヌマガレイですか!
私はひらめ好きなので、目が左にあるヌマガレイにはとても興味がありました!

でも、魚類額的にはヒラメ、カレイの区別は目の位置じゃないって知ってました?
人間と同じで視神経が体内で交叉しているんですが、
どちらが上になるかで決まるんです。

どっちがどっちだったかは、忘れました(;>_<;)
【2007/11/16 21:01】 URL | ナローボーター #VtSnbHsY [ + 編集 +]

ナローボーターさんへ
そうです、これがヌマガレイ=カワガレイです!(色々呼び方がありますね)
ヒラメやカレイって、おもしろいですね。目のつき方も、泳ぎ方も、隠れ方も(笑)

釣り好きの夫が、これが川の中流域にいたと言っても信じないのです。
「だれかが放したんじゃないの?」とかって。でも信じるわたしは、北海道では中流域にもヌマガレイは棲むと立証されたと思ってます(エッヘン!)

カレイの区別、まったくわかりません。。。
視神経の交叉、、、うぅーん、むずかしすぎますねぇ~
でも、今回、ヒラメやカレイに興味を持ちました。まずは美味しい刺身を食べてみることにします!
【2007/11/16 21:51】 URL | ヌマチチブ #- [ + 編集 +]


目が可愛い~~、ん?ヌマガレイ?と思ったら、私の地元の道東では
そう、ゴソガレイと言っていましたよ~~。
皮のとこがゴソゴソガサガサしてるからかなとは、思っていましたが~~。
こ~ゆ~の見ると可愛くて食べずらくなるな~と言いながら
やっぱり食べてしまう私。。
【2007/11/18 18:00】 URL | くま8 #- [ + 編集 +]

くま8さんへ
道東は、カレイも美味しいと評判ですね!
あー、やっぱりゴソと呼んでました? 魚の名前も地方色豊かでおもしろいですよね。
うんうん、情が移って、一時期サケが食べられなかったんですよ(笑)
とんだ乙女さんでしょ!
くまさんの息子さんだったら、釣れた後に飼いそうですね。
【2007/11/18 18:08】 URL | ヌマチチブ #- [ + 編集 +]


■ この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する。


■ この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kitanokawa.blog50.fc2.com/tb.php/333-25eff94c
この記事にトラックバックする。(FC2ブログユーザー)
北海道川マップ

豊平川ガイドマップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)
石狩川ガイドマップ
(財団法人石狩川振興財団より)
天塩川マップ
(北海道開発局旭川開発建設部より)
釧路湿原周辺拡大地図
(北海道開発局釧路開発建設部より)
尻別川利用マップ
(北海道開発局小樽開発建設部より)
鵡川河口干潟の自然
(苫小牧地方環境監視センターより)
常呂川流域親水マップ
(北海道開発局網走開発建設部より)
網走川流域親水マップ
(北海道開発局網走開発建設部より)
空知川ガイドマップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)
幾春別川りばーマップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)
雨竜川りばーマップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)
砂川遊水地周辺マップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)

空から見た蝦夷の川

空から見る石狩川
空から見る天塩川
空から見る夕張川
空から見る湧別川
空から見る常呂川
空から見る亀田川

ブログ内検索

北海道防災情報

国土交通省川の防災情報・北海道版
北海道防災(北海道の防災情報ポータルサイト)
あなたの町のハザードマップを見る

石狩川のネットマガジン・川と人

石狩川振興財団が制作・発行する「川と人」は、大河石狩川と水系の歴史や治水、石狩川が流れる流域市町村の歴史や最新情報、レジャースポットなどを、川の専門的な視点でまとめています。
川と人

川遊びグッズ

子どもでも簡単!


いつも売切れな川靴


雪の中でも楽々~


いざ!という時に投げる
P-136K型

転倒時に頭をガード
ヘルメット・プロテック・フルカットWHT

命のライフジャケット
子供用ライフジャケット(小児用)TK-13B

川へ、蝦夷へGO



北海道のお天気は?


-天気予報コム- -FC2-