いらっしゃいませ

プロフィール

ヌマチチブ

Author:ヌマチチブ
川は身近な自然であり、北海道の歴史を物語ります。
そんな北海道の川の素晴らしさを、わかりやすく、老婆心も交えつつ、お伝えしたいと思います。

間違ってる箇所も多々あると思いますので、よろしければ教えてくださるとうれしいです。
どうぞ、ごゆるりと・・・
………………………………………
ヌマチチブとは、日本中に広く分布する頭が大きくずんぐりしたハゼ科の魚。顔を中心に無数に斑点があるのが特徴。
いわゆる雑魚で、「釣った」と思った瞬間、ガッカリ感と笑いを誘う、憎いあんちきしょー!

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

北海道川原版へようこそ

お勧めブログ&サイト

このブログをリンクに追加する

問い合わせ等

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

RSSフィード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

北海道川原版
北海道の川のイベント、施設、川魚、植物、アウトドアや歴史、自然写真。 川原から北海道をめぐる情報ブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セイヨウベツ川でサケ遡上ピーク
道東は八雲町を流れる、
大河・遊楽部川(ユーラップ川)の支流セイヨウベツ川で、サケの遡上がピークを迎えているそうです。

19日(月)のSTV「朝6生ワイド」および「ズームイン!SUPER」で、生中継をご覧になった方もいるかと思いますが。
ちょうど、STVのサイト「ズームイン!SUPER きょうのオンエア」にその様子がアップされていました。
http://www.stv.ne.jp/tv/zoom/index.html

サケ遡上前線は紅葉前線と同じように、北や東から南に向かっていくのですね。
今秋は、2週間ほどピークが遅かったといいます。

セイヨウベツ川はさけますセンターもあるほど、サケで有名な川です。
映像では、管理人も見たこともないほどのサケの大群が、流れに遡って、最後の一瞬を迎えようとしていました。

その場所は自然産卵のスポットでもありました。
水中カメラは、ウロコや皮が剥がれ、ボロボロになった親サケ達の姿を映し出していました。
太平洋岸の河口から約15km、セイヨウベツ川サケの、ふるさとへの生命の旅。

セイヨウベツ川のサケ遡上は、今月いっぱいまでだそうです。

なお、八雲町は見市川・相沼内川にも、サケが遡上します(9月下旬~10月中旬頃まで。国道229号に架かる橋が遡上観察スポット)


さぁ、北海道は本格的に寒くなってきましたね!
今日の札幌は、日中でも氷点下の気温だそうです。
ここ数年、寒さや積雪が前倒しできてる気がします。その分、一番寒いと言われる1月下旬~2月は過ごしやすくなっているような。

ダイヤモンドダストなど極寒に見られる自然現象なども、前倒しで発生することが多い、と聞いたことがあります。
氷上ワカサギ釣りも、道南や道央の対象地では、氷が薄いところと厚いところがあるそうなので、注意が必要ですね。

テーマ:札幌/北海道の地域ネタ - ジャンル:地域情報

■ この記事に対するコメント
「遊楽部川」
響きのいい名前の川ですね。一度夏の初めに本流へ行ったことがあります。長男がまだ三~四歳の頃なので今から約二十年前に、函館の伯母のところに遊びで滞在している時、朝早く起きてこの川を見に行きました。函館からは結構遠かった記憶があります。

丁度サクラマスが遡上している最中で、その模様をカメラに収めようと行きました。足元の深みの中を多くのマスがかなりのスピードで上流へ向かって行く姿を眺めることができましたが、写真にはよく写ってなかった記憶があります。

確かその頃も八雲町在住の稗田さんと言うプロの水中カメラマンの方がいらっしゃって、稗田さんがこの川の紹介をNHKの道内番組でされていました。これがきっかけでユーラップ川に行ったと記憶しています。豊かで穏やかな川の印象があります。
ユーラップを舞台にした稗田さんの写真集があると思いますので、図書館などでご覧になられとまた一段とこの川の趣きを感じることができると思います。

いずれにしても鮭鱒が遡上できる川、これが本当の北海道の川だと思っています。
川の街を標榜している旭川はまだまだです。頑張らないといけません!
【2007/11/21 16:58】 URL | 旨門です。 #Ac5VUofQ [ + 編集 +]

旨門さんへ
さすがにお詳しいですね! いつも感心します。
次回の日記にアップしようと思ってたのですが、遊楽部川のサケは、道内のサケとはまた違うDNAを持つ、ユーラップだけの固有のようです。
河口でサケ漁が行われず、道南を代表する大河でありながら堰などの障害物がなく、かつ、河口のみ堤防工事がされただけの、ほぼ手付かずの自然河川だそうですね!
今いちばん見てみたい川です。道南には、後志利別川という、これまた名川も擁してます。

でも旭川は10年後ぐらい?に、忠別川河川敷に新旭川駅ができるじゃないですか。
駅舎デザインが公開されましたが、川に面した箇所はガラス張りで、お客様を川でもてなす粋な都市計画だと感心しています。日本でも珍しいと思いますよ。

稗田さんは、今もバリバリ保護活動をされてますね。カメラマンの方で自然保護に熱心な方は多いです。雨竜沼湿原の岡本さんしかり。
有名なところでは、故・星野道夫さんとか(保護活動はしていないと思いますが、自然写真の大御所でしたよね。お亡くなり方も星野さんらしいというか、、、)
【2007/11/21 20:08】 URL | ヌマチチブ #- [ + 編集 +]


サケの遡上、、自分の目で見ましたけど応援したくなりますね!
僕らは色んな物に生かされてるんだと実感した日でもありました。
【2007/11/21 23:05】 URL | MALICE #JalddpaA [ + 編集 +]

MALICEさんへ
>僕らは色んな物に生かされてる
そう思える、健全なココロをお持ちだということですよ。
わたしなぞ、自然の素晴しさに気づいたのが、子どもを授かってからですから遅いんです。でもメスシャケの気持ちはわかります!

雑魚と言われる魚も、エサとなる微生物も、健康でなければサケの稚魚も健やかに育たない。そうなるとヒトにも影響が及んで、、、環境はすべてつながってるのですよね~
【2007/11/22 09:03】 URL | ヌマチチブ #- [ + 編集 +]


■ この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する。


■ この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kitanokawa.blog50.fc2.com/tb.php/338-a50f6634
この記事にトラックバックする。(FC2ブログユーザー)
北海道川マップ

豊平川ガイドマップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)
石狩川ガイドマップ
(財団法人石狩川振興財団より)
天塩川マップ
(北海道開発局旭川開発建設部より)
釧路湿原周辺拡大地図
(北海道開発局釧路開発建設部より)
尻別川利用マップ
(北海道開発局小樽開発建設部より)
鵡川河口干潟の自然
(苫小牧地方環境監視センターより)
常呂川流域親水マップ
(北海道開発局網走開発建設部より)
網走川流域親水マップ
(北海道開発局網走開発建設部より)
空知川ガイドマップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)
幾春別川りばーマップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)
雨竜川りばーマップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)
砂川遊水地周辺マップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)

空から見た蝦夷の川

空から見る石狩川
空から見る天塩川
空から見る夕張川
空から見る湧別川
空から見る常呂川
空から見る亀田川

ブログ内検索

北海道防災情報

国土交通省川の防災情報・北海道版
北海道防災(北海道の防災情報ポータルサイト)
あなたの町のハザードマップを見る

石狩川のネットマガジン・川と人

石狩川振興財団が制作・発行する「川と人」は、大河石狩川と水系の歴史や治水、石狩川が流れる流域市町村の歴史や最新情報、レジャースポットなどを、川の専門的な視点でまとめています。
川と人

川遊びグッズ

子どもでも簡単!


いつも売切れな川靴


雪の中でも楽々~


いざ!という時に投げる
P-136K型

転倒時に頭をガード
ヘルメット・プロテック・フルカットWHT

命のライフジャケット
子供用ライフジャケット(小児用)TK-13B

川へ、蝦夷へGO



北海道のお天気は?


-天気予報コム- -FC2-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。