いらっしゃいませ

プロフィール

ヌマチチブ

Author:ヌマチチブ
川は身近な自然であり、北海道の歴史を物語ります。
そんな北海道の川の素晴らしさを、わかりやすく、老婆心も交えつつ、お伝えしたいと思います。

間違ってる箇所も多々あると思いますので、よろしければ教えてくださるとうれしいです。
どうぞ、ごゆるりと・・・
………………………………………
ヌマチチブとは、日本中に広く分布する頭が大きくずんぐりしたハゼ科の魚。顔を中心に無数に斑点があるのが特徴。
いわゆる雑魚で、「釣った」と思った瞬間、ガッカリ感と笑いを誘う、憎いあんちきしょー!

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

北海道川原版へようこそ

お勧めブログ&サイト

このブログをリンクに追加する

問い合わせ等

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

RSSフィード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

北海道川原版
北海道の川のイベント、施設、川魚、植物、アウトドアや歴史、自然写真。 川原から北海道をめぐる情報ブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サケといえば…
鮭ではありません。

日本でサケといえば酒=日本酒!
その土地々々の風土に育まれる、わが国を代表する食文化でもありますよね。
寒い季節に呑むと、これまた身体があったまるぅ~

そんな意味でも北海道人には酒が必要。。。
意外にも?、北海道は日本酒の宝庫です。
また、酒造メーカーの歴史は、その土地の歴史と深いつながりがあります。

つまり北海道にある、古くからの酒を知ることは、北海道を知ることにつながるわけです。
名川あるところに名酒あり―――
(決まった!)

その中でも、旭川は“北の灘”や“酒都”と言われるほど、多い時には20近い酒蔵がありました。

大雪山の万年雪に発する伏流水と、上川盆地の冷涼な気候が、酒造りに適しているのです。
『川のまち』と言われる所以も、ここにあるかもしれません。

今も、「高砂酒造」「男山酒造」「大雪乃蔵(合同酒精のアンテナショップ)」などが、品質の良いお酒をつくりつづけています。

10月9日~11日に東京で行われた『第25回 全国種類コンクール』純米吟醸部門で、高砂酒造の純米大吟醸酒「国士無双あさひかわ」が見事2位に入賞しました。
酒造・酒販関係者、一般愛好者投票の純米大吟醸部門でも3位とW受賞!

高砂酒造の公式ブログ『蔵出しブログ』によると、
純米大吟醸酒「国士無双あさひかわ」は、JAあさひかわからの米のみで仕込み、おもに旭川市を中心に販売されているお酒だそうです。
平成2年から研究を進めている、道産米「吟風」(酒造好適米)と、地元の水を使い、地元の杜氏が仕込み、地元の蔵にて眠らせた、その名の通り、

すべて旭川というお酒が『国士無双あわひかわ』なのです!

道産米「吟風」は、いわばお米の新人で、「国士無双あさひかわ」自体、高砂酒造公式HPにも掲載されていない隠れた銘品だったのだそう。
現在はネットでも購入できるようです。
http://www.takasagoshuzo.com/meiji/shop-4.html


さて、高砂酒造は、明治32年小檜山酒造店として創業。
旭川で最初に酒造店が創業したのは明治24年で、高砂酒造は4番目でした。
先にも書きましたが、旭川がなぜ「北の灘」と称されるほど酒造りが盛んだったのかというと、酒造りに必要な資源が豊富に揃っていた風土に加え、明治31年の鉄道の開通と、陸軍第七師団の設営によるところが大きかったそうです。
酒造りは、軍都・商都として発展した当時の旭川の隆盛を映す鏡だったのです。
*高砂酒造公式HP-オンリーワンストーリー歴史 より

そんな歴史が垣間見える、高砂酒造の建物もステキ!
明治の面影残す趣きある建物は、平成13年度「北海道屋外広告物コンクール」で、旭川市長賞も受賞、旭川の観光にも一役買っています。

すでに雪が積もっている旭川の酒蔵では今、正月などに使われる、縁起物「こも樽」作りが最盛期を迎えているようです。


これからも北海道の地酒を、ぼちぼち紹介していこうと思っています。

・・・偉そうに言ってますが、日本酒がいけるクチではありません。
でも、お正月はクイクイッとやりたいですね! 花札で盛り上がりながら。

テーマ:札幌/北海道の地域ネタ - ジャンル:地域情報

■ この記事に対するコメント

酒ですか!!
そうそう、、僕の最近の一つの楽しみ・・・夜の晩酌~♪
引っ越してから急にオヤジ臭くなったかな??(笑)
焼酎オレンジ割りにハマってます!!つまみはサラミ。
今日は、、寂しくなっちゃって4杯くらい飲んじゃいました(*^_^*)
【2007/11/25 23:42】 URL | MALICE #JalddpaA [ + 編集 +]


冬は熱燗~なんて言いたいところですが・・。
私は、辛口冷派。
最近は飲んでないですねぇ~~。
そう、年越し、お正月くらいには久しぶりに
美味しいのが飲みたいです~。
【2007/11/26 08:14】 URL | くま8 #- [ + 編集 +]

MALICEさんへ
ほぉー、晩酌ですか! 大人の嗜みを覚えましたか! いいですねぇ~
わたしも焼酎と梅干をお湯で割るのに凝ってます。夏は同じくフルーツジュースで割ってました(笑) 呑みやすいですよ、焼酎はね。
そういえば、道産子焼酎メーカーも多いですね!今度取り上げます。

寂しい夜は、星を見上げてごらん~
【2007/11/26 08:16】 URL | ヌマチチブ #- [ + 編集 +]

くま8さんへ
おぉ~ くまさんもイケルくちですね!!!
同じく、熱燗よりも冷酒の方が好みです。辛口、良いですね~
でも、北海道の日本酒のことを書いておきながら、『鈴の音』という宮城県の発砲清酒が一番のお気に入りだったりします(笑)
今年は、おいしいお酒で年越ししましょう~
【2007/11/26 08:23】 URL | ヌマチチブ #- [ + 編集 +]

男山
国士無双、たまにですが、
東京の居酒屋さんでも見かけます。

若いときは「男山」が好きでした。
今は主に東北の酒が好みですが、
近畿・中国のものより、
北の酒に惹かれますね。
【2007/11/26 12:46】 URL | ナローボーター #VtSnbHsY [ + 編集 +]

ナローボーターさんへ
ブログの性格から、ナローボーターさんはビール&ウィスキー党かと思ってました!(笑)
男山が好みとは、かなりの通です。おみそれしました!!!
辛くないですか? 北の酒。
そういえば、山口の温め酒・獺祭ってご存知ですか? 熱燗用につくられたお酒らしいです。中国地方ですが、ちょっと興味があります。

北の酒は、本当にいろいろありますから、またアップします。
【2007/11/26 14:10】 URL | ヌマチチブ #- [ + 編集 +]


明日、姉と姪っ子が来るので昨日、浦臼の道の駅へ「浦臼ワイン」を買って来ました^^
うちもたまに日本酒を買って飲みますよ^^国希や、出かけた時に、その土地の小さなビンのお酒を買います。
【2007/11/26 22:18】 URL | 柴犬U^ェ^U #- [ + 編集 +]

ぐつぐつぶつぶつ
酒といえば本来はいわゆる「日本酒」を指すのでしょうが、大くくりの酒でいうと僕が好きなのは、日本酒、ワイン、ビールの醗酵酒です。ぐつぐつぶつぶつ醗酵してできる酒が自分の性格にもあっているのかもしれません。

これら三種の酒を切らすことは当家ではあってはならないこととなっています。
晩酌で二日酔いもしばしば。家庭内二日酔いなんて若い頃想像すらしたくなかった自分が当事者になっているという完全にオヤジ状態。

家人皆酒好きなので恵まれた環境だと思っております。当家の夕食のおかずはおよそ酒の肴と言っても過言ではありません。これで酒(日本酒)を飲もう、あれでワインを飲もうなどと、小雪さんの買物に付き合うとそう思って食材を見て回ります。

旨門家では以前から日本酒のある飲み方をしています。小ブログでも紹介したかもしれませんが、菊水の「五郎八」(濁り酒)と男山の上撰を混ぜ、氷を入れて飲むのです。
割合は気分次第です。濁り酒は五郎八が最高です。他のはみな酒粕が細か過ぎて上品過ぎるのです。
大事なのが、これを飲むときは一合が入るガラスコップ。合羽橋でもなかなか見当たらない田舎くさいのが最高。白い皿に紙ナプキンを敷き、このコップを載せ、マドラーでも差してお出しする。夏の一杯ですが冬でも、いつでもいけます。
近々、五郎八を炭酸水で割って飲んでみようと既に準備は整っています
【2007/11/26 23:03】 URL | 旨門です。 #Ac5VUofQ [ + 編集 +]


にゃは(=^・^=)
なんか寂しいとココへきてしまいます(笑)
芋焼酎も好きになりました!!

最近は曇り空ばかりで☆見えなくて残念です・・・
【2007/11/27 01:17】 URL | MALICE #JalddpaA [ + 編集 +]

柴犬さんへ
姪っ子ちゃんがいらっしゃるのですか! 
真冬の夜に、濡らしたタオルを振って凍らせる実験をした子ですよね。
でんじろうもびっくりな、柴犬さんのおもしろ科学に感心しきりです。
また賑やかになりそうですね♪

浦臼のワイナリーには一度行きたいと思っています。地元地元のお酒を買うっていうのはいいですね! 国希とか酒蔵見学もステキです。
【2007/11/27 08:19】 URL | ヌマチチブ #- [ + 編集 +]

旨門さんへ
いつもいつも思うのですが、、、
旨門家は理想の家庭です! 家族で晩酌できるなんて、最高に幸せだと思います。
毎日の夕食が楽しみでしかたないでしょ? 家庭内二日酔い、大いに結構~
だれにも迷惑かからないんだから。いいなぁ~旨門さんと小雪さん♪

>菊水の「五郎八」(濁り酒)と男山の上撰を混ぜ、氷を入れて飲む
日本酒はあまり呑みませんが、読んだだけでも、そそります!
濁り酒は好きなので、お正月にやってみます。炭酸水で割った感想も、ぜひぜひ教えてください。
ぜったい、イケルと思いますよ、ソレ! 菊水に企画提案してもらいたいぐらい(笑)
微炭酸なお酒は大好きです!
【2007/11/27 08:27】 URL | ヌマチチブ #- [ + 編集 +]

MALICEさんへ
また呑んじゃいましたか?
芋焼酎がわかるなんて、なかなかの酒通ですね。

この季節は物悲しいですよね~ 
雲ってなければ、金星が月の近くにはっきり見えるらしいのですが・・・
殺風景なブログですが、いつでもいらしてくださいまし。
【2007/11/27 08:35】 URL | ヌマチチブ #- [ + 編集 +]


■ この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する。


■ この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kitanokawa.blog50.fc2.com/tb.php/342-b5d65c06
この記事にトラックバックする。(FC2ブログユーザー)
北海道川マップ

豊平川ガイドマップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)
石狩川ガイドマップ
(財団法人石狩川振興財団より)
天塩川マップ
(北海道開発局旭川開発建設部より)
釧路湿原周辺拡大地図
(北海道開発局釧路開発建設部より)
尻別川利用マップ
(北海道開発局小樽開発建設部より)
鵡川河口干潟の自然
(苫小牧地方環境監視センターより)
常呂川流域親水マップ
(北海道開発局網走開発建設部より)
網走川流域親水マップ
(北海道開発局網走開発建設部より)
空知川ガイドマップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)
幾春別川りばーマップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)
雨竜川りばーマップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)
砂川遊水地周辺マップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)

空から見た蝦夷の川

空から見る石狩川
空から見る天塩川
空から見る夕張川
空から見る湧別川
空から見る常呂川
空から見る亀田川

ブログ内検索

北海道防災情報

国土交通省川の防災情報・北海道版
北海道防災(北海道の防災情報ポータルサイト)
あなたの町のハザードマップを見る

石狩川のネットマガジン・川と人

石狩川振興財団が制作・発行する「川と人」は、大河石狩川と水系の歴史や治水、石狩川が流れる流域市町村の歴史や最新情報、レジャースポットなどを、川の専門的な視点でまとめています。
川と人

川遊びグッズ

子どもでも簡単!


いつも売切れな川靴


雪の中でも楽々~


いざ!という時に投げる
P-136K型

転倒時に頭をガード
ヘルメット・プロテック・フルカットWHT

命のライフジャケット
子供用ライフジャケット(小児用)TK-13B

川へ、蝦夷へGO



北海道のお天気は?


-天気予報コム- -FC2-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。