いらっしゃいませ

プロフィール

ヌマチチブ

Author:ヌマチチブ
川は身近な自然であり、北海道の歴史を物語ります。
そんな北海道の川の素晴らしさを、わかりやすく、老婆心も交えつつ、お伝えしたいと思います。

間違ってる箇所も多々あると思いますので、よろしければ教えてくださるとうれしいです。
どうぞ、ごゆるりと・・・
………………………………………
ヌマチチブとは、日本中に広く分布する頭が大きくずんぐりしたハゼ科の魚。顔を中心に無数に斑点があるのが特徴。
いわゆる雑魚で、「釣った」と思った瞬間、ガッカリ感と笑いを誘う、憎いあんちきしょー!

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

北海道川原版へようこそ

お勧めブログ&サイト

このブログをリンクに追加する

問い合わせ等

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

RSSフィード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

北海道川原版
北海道の川のイベント、施設、川魚、植物、アウトドアや歴史、自然写真。 川原から北海道をめぐる情報ブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北海道川検定―豊平川編回答
お待たせしました、、、回答編です。
大変長いのですが、読んでいただいて、豊平川を身近に感じていただければ幸いです。


Q1 札幌市は豊平川がつくった地形を中心に広がる都市です。札幌のように、砂などが山側を頂点として扇のように堆積した地形のことをなんと言う?

[扇状地]
札幌の中心では札幌市役所から札幌駅のあたりが扇端で標高は20m、真駒内公園にある豊平川さけ科学館の標高は80m。この間の直線距離が8kmだそうで、札幌市は豊平川が運ぶ土砂などが堆積した緩やかな20平方kmの広大な扇状地です。
そのため、札幌は地下水や伏流水が豊富で、中心部の至るところに湧水があって、北大周辺にサケが遡上したほどでした。当時の名残りは、赤レンガ前池や北大構内サクシュ琴似川に見ることができます。
もっと詳しく知りたい方は、ようこそ札幌「札幌、雪と水と扇状地のなりたち」へ
http://www.welcome.city.sapporo.jp/sapporo.html)



Q2 豊平川上流には、札幌市民の貴重な水瓶のダムが2つあります。
定山渓ダムともうひとつは?

[豊平峡ダム]
札幌の水道の98%をまかなう豊平川。今まで一度も水不足を経験したことがなく、豊平川は札幌にとって利水・治水のうえで重要な河川です。
生命の水を支える2つの水瓶。豊平峡ダムは1972年に完成し豊平川上流を、定山渓ダムは1989年に完成し小樽内川を、それぞれ堰き止めた多目的ダム。
ちなみに豊平峡ダムのダム湖が定山湖、定山渓ダムはさっぽろ湖と、ねじれてるような名称。これは豊平峡ダムがはじめにできて、ダム湖に「定山」とつけてしまったため。



Q3 旧豊平川の河跡湖(三日月湖)で、世界的な彫刻家がデザインした、今や札幌を代表する広大な公園を囲うように存在する沼は?

[モエレ沼]
モエレ沼は石狩低地帯に残る、都市にあって昔の流路を知ることができる数少ない河跡湖です。モエレの名の由来は、アイヌ語のモイレ・ペッ=流れの遅い川。(アイヌ語は訳によって発音が違う場合があります)
もとは今よりも大きく、明治の頃はもっと北側まで伸びて、辺り一帯が湿原だったのだそう。
大正になって沼の周りを乾燥させるため「アカンボ川」(現在の赤坊川)を掘り、現在の大きさにまで縮小しました。
その後、ゴミの埋立地として、そして、彫刻家イサム・ノグチ設計のモエレ沼公園として整備されました。
昔の豊平川は、厚別川の流れの前を横切る形で、今の旧豊平川から世田豊平川を経て、東の方で石狩川に注いでいました。直線化(ショートカット)工事で、豊平川は北に向けて流れるようになりました。



Q4 豊平川は江戸時代からサケの漁場として知られていましたが、排水による水質悪化等でサケが帰らぬ時代がありました。1970年代、豊平川をふたたびサケの上る川にしようという大規模な市民運動が起こり、今や毎秋たくさんのサケが上るように。
この市民運動をなんと言う?

[カムバックサーモン運動]
北大の先生が中心となって、「さっぽろサケの会」が設立。放流活動を続けた結果、1981年、長旅を終えた放流一期生が豊平川に戻ってきましたた。その事は、全国に大きく伝えられ反響を呼び、富山や新潟、東京や埼玉などでもサケを呼び戻す運動が始まったそうです。
また、カムバックサーモン運動を知った子どもが、「自分達にも何かできないか?」という思いを伝えたことで、札幌市立東白石小学校のサケ学習(自家発電の孵化場)はじめ、道内の学校でのサケ学習の動きが広まりました。



Q5 札幌が建設された2年後の1871年に豊平川最初の橋として架けられた、国道36号を通す橋の名前は?

[豊平橋]
札幌から千歳・苫小牧・室蘭方面に向かう要所で、札幌建設の2年後、1871年に豊平川最初の橋として架けられました。最初は丸太の橋でした。
その後も最新技術を結集して架けられましたが、架けては洪水で流されました。しかし、流されることなく、美しさと逞しさを持った豊平橋は、1924年から1966年までの三連アーチ橋。今も名橋の誉れが高い。
現在の豊平橋は、1966年(昭和41年)に架けられたもので、存在を意識させないすっきりした形が特徴なのだとか。
なお明治30年、北海道で始めて鉄の橋が架けられることが決められました。鉄の豊平橋の設計者は石狩川治水の祖・岡崎文吉。たしか、20代そこそこの頃だったと思います。
http://www.sp.hkd.mlit.go.jp/toyohira/index.html



Q6 橋が架けられる前、付近に渡船場が置かれ、渡し守が和人最初の札幌定住者と言われます。さて、その渡し守の名前は?

[志村鐵一]あるいは[吉田茂八]
江戸時代後期から、現在の豊平3条1丁目付近で、通行屋=旅行者の休憩・宿泊施設の建設が始まりました。
志村鐵一は、幕府の命によりこの時代に豊平の地に定住し、対岸への渡し守のほか通行屋の番人も務めました。豊平橋右岸たもとには、志村鐵一の碑があります。
また、対岸の豊平川左岸の渡し守は吉田茂八。吉田は豊平川と大友堀(現創成川)を結ぶ「吉田堀」の築造に関わり、こちらも豊平橋左岸の公園に碑があります。
この2人が札幌開祖と言われています。
ルネッサンスサッポロホテル隣の緑地には豊平橋の案内板が設置されています。



Q7 中央区と白石区を結ぶ、2004年9月7日に開通した豊平川でもっとも新しい橋の名前は?

[平和大橋]
交通渋滞緩和のため、白石区平和通りを通すため架けられた平和大橋は、橋脚1本の2径間連続鋼床版箱桁橋で、長さ183.5m、幅20m~26m。
橋の北西のたもとには、1992年に採択された札幌市平和都市宣言のパネルをはめこんだ石が左右2か所にあります。



Q8 豊平川から取水する人工河川・創成川の最上流で、もとは自然の川だった中島公園を蛇行しながら流れる川の名前は?

[鴨々川]
創成川上流の約 2.5km、豊平川取水口からすすきの付近の南7条までが鴨々川と呼ばれています。
明治7年の鴨々水門完成により、運河として使われた創成川につながりました。
それ以前の明治4年、御雇外国人・ケプロンが、豊平川沿いで伐出された木材を豊平川と鴨々川を経由して集める貯木場をつくります。その場所は鈴木元右衛門堀と呼ばれ、現在の中島公園菖蒲池の前身です。
現在、豊平川から中島公園に入るところに、鴨々川遊び場があります。1975年、子供達の安全な水遊び場として、鴨々川の流れを分け、底を浅くしました。現在の「水辺の楽校」の基ですね!
鴨々川の名前の由来は諸説あります。碁盤の目の京都をモデルにしたから京都の鴨川にちなんだ。昔からカモがたくさんいた。アイヌ語でサケ捕獲道具「カモカモ」の名から。また明治の頃、中島地区一帯を「鴨鴨中島」と呼んでいたから、などなど。



Q9 2003年8月、豊平川上流の南小金湯の川床で発見された、古代のジュゴンとも言われる八百万年以上前の日本最古の化石の名前は?

[サッポロカイギュウ]
札幌市内の親子に発見されたサッポロカイギュウ。その後発掘調査にて全部で15点の化石を発見。体長6~7mで820万年前の、世界最古のものと判明しました。
今、日本で発見されたカイギュウの半数以上(21点)が北海道から発見されています。
大型の海牛で最も古いタキカワカイギュウは、前期鮮新世(およそ500万年前)に生息し、中型海牛(ヌマタカイギュウ)は後期中新世(およそ800万年前)に生息したものです。
大型と中型の、その間を埋めるカイギュウこそサッポロカイギュウだそうで、カイギュウ類がどのように大型化していったかを明らかにする可能性をもった化石なのです。



Q10 豊平川上流の景勝地で川遊びスポットとして市民に親しまれる南区の藻南公園。
公園の南東にある駐車場のそばには、石の採掘場跡(石切場跡)があります。
開拓期に建築用石材として切出しがはじまった、札幌産の天然石は?

[札幌軟石]
支笏火山の噴火による火砕流が、高速で流下してできた「溶結凝灰岩」で、石材の中では軽く、加工しやすいため、明治中期から大正にかけて、建築資材として盛んに使われました。
明治時代は火事が多かったため、防火に強い札幌軟石の採石に開拓使は力を入れました。軟石を馬車で運ぶために、山鼻~真駒内~穴の沢間に道路を開きます。これが現在の石山通のはじまり。
また、運搬用の馬車鉄道こそ、現在の路面電車の基礎です。このルートを通って、最盛期には年5万個以上の軟石が札幌市内に運ばれました。
軟石が切り出された石山は、いま「石山緑地公園」として、軟石文化を今に伝えています。
札幌市資料館の外壁、小樽運河の倉庫や、現在「北海道開拓の村」に移築された旧小樽新聞社、、、繁栄の証として、札幌軟石を使ってモダンな建物を競ってつくったといわれる当時の北海道の活気も伺えます。



とりあえず、次回もお楽しみに。

テーマ:札幌/北海道の地域ネタ - ジャンル:地域情報

■ この記事に対するコメント
楽しかった♪
いや~勉強になるなぁ・・・・知ってるようで知らない!
結果は70点でした。落第しないよね?(笑)
2004年にできた橋は知らなかったぁ・・・悔しいっ。
サッポロ・・・「カイギュウ」・・北海道川原版フリークといえば暗号のようなもの。
はい、ご一緒に~サッポロ・・・・「カイギュウ」(≧∇≦)
そうだよそうだよ札幌軟石だよ←もう、独り言を言いまくりです(笑)
これまた完全保存版ですね。
復習しておかなくっちゃ。
これって・・・・・結構楽しくてクセになる(≧∇≦)
【2007/12/14 10:59】 URL | ezomomonga #H94ZE/5g [ + 編集 +]

ezomomongaさんへ
本当に、何てお礼を言っていいものか、、、
お付き合いくださって、ありがとうございます。
なんだかんだ、回答編をつくるのに、時間がかかってしまいました。

>北海道川原版フリークといえば暗号のようなもの
アハハハ! カイギュウについては、口すっぱくなるぐらい(ならないけど)、取り上げましたからね! 覚えていただき光栄です。

ただ、渡し守の志村さん&吉田さんコンビについて、取り上げていないんです。
「今度行った時、記念碑を撮ってアップしよう」と思いながら、なかなかお2人の碑を拝むことができない不肖な管理人です、近いのに。
豊平橋もそうですね。。。
だから70点は凄い!!! ほぼ満点ですよ~ 三重マルに花びらの「よくできました☆」

石狩川と豊平川、、、得意な川が終わってしまいました(笑)
自分の引き出しが増えるよう、勉強し直します。
あっ! 続石狩川編・続豊平川編もいいかも(笑)
【2007/12/14 15:09】 URL | ヌマチチブ #- [ + 編集 +]


■ この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する。


■ この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kitanokawa.blog50.fc2.com/tb.php/354-9535fad4
この記事にトラックバックする。(FC2ブログユーザー)
北海道川マップ

豊平川ガイドマップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)
石狩川ガイドマップ
(財団法人石狩川振興財団より)
天塩川マップ
(北海道開発局旭川開発建設部より)
釧路湿原周辺拡大地図
(北海道開発局釧路開発建設部より)
尻別川利用マップ
(北海道開発局小樽開発建設部より)
鵡川河口干潟の自然
(苫小牧地方環境監視センターより)
常呂川流域親水マップ
(北海道開発局網走開発建設部より)
網走川流域親水マップ
(北海道開発局網走開発建設部より)
空知川ガイドマップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)
幾春別川りばーマップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)
雨竜川りばーマップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)
砂川遊水地周辺マップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)

空から見た蝦夷の川

空から見る石狩川
空から見る天塩川
空から見る夕張川
空から見る湧別川
空から見る常呂川
空から見る亀田川

ブログ内検索

北海道防災情報

国土交通省川の防災情報・北海道版
北海道防災(北海道の防災情報ポータルサイト)
あなたの町のハザードマップを見る

石狩川のネットマガジン・川と人

石狩川振興財団が制作・発行する「川と人」は、大河石狩川と水系の歴史や治水、石狩川が流れる流域市町村の歴史や最新情報、レジャースポットなどを、川の専門的な視点でまとめています。
川と人

川遊びグッズ

子どもでも簡単!


いつも売切れな川靴


雪の中でも楽々~


いざ!という時に投げる
P-136K型

転倒時に頭をガード
ヘルメット・プロテック・フルカットWHT

命のライフジャケット
子供用ライフジャケット(小児用)TK-13B

川へ、蝦夷へGO



北海道のお天気は?


-天気予報コム- -FC2-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。