いらっしゃいませ

プロフィール

ヌマチチブ

Author:ヌマチチブ
川は身近な自然であり、北海道の歴史を物語ります。
そんな北海道の川の素晴らしさを、わかりやすく、老婆心も交えつつ、お伝えしたいと思います。

間違ってる箇所も多々あると思いますので、よろしければ教えてくださるとうれしいです。
どうぞ、ごゆるりと・・・
………………………………………
ヌマチチブとは、日本中に広く分布する頭が大きくずんぐりしたハゼ科の魚。顔を中心に無数に斑点があるのが特徴。
いわゆる雑魚で、「釣った」と思った瞬間、ガッカリ感と笑いを誘う、憎いあんちきしょー!

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

北海道川原版へようこそ

お勧めブログ&サイト

このブログをリンクに追加する

問い合わせ等

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

RSSフィード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

北海道川原版
北海道の川のイベント、施設、川魚、植物、アウトドアや歴史、自然写真。 川原から北海道をめぐる情報ブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

凍る鴨々川
先週の日曜日、冬の鴨々川を観察してきました。

コンサートホールkitaraに一番近い、中島公園の入口を囲むように流れる鴨々川です。
流れるというか、、、上流側は川岸が結氷していますが、真ん中はかろうじて流れを見ることができます。でも、
kitara付近の鴨々川上流

下流側に転じると、真ん中も薄い氷が張っていました。うぅ~寒い!
kitara付近の鴨々川下流

ここはkitara真裏の鴨々川です。
こちらは川岸よりも、真ん中の方が氷が厚い感じです。
kitara裏の鴨々川

素人考えですが、、、
川でも結氷するところと、しないところの違いは、蛇行にあるのかもしれません。
川の曲がりくねったところは、凍らず、水が流れてる箇所が多かったです。
そこは瀬や淵など、流れが変化するところがあります。

護岸を固められて水路のような状態で流れてると、瀬や淵もできないので、両岸が先に凍ってしまう、、、なぁーんて勝手に結論付けてしまいました。


夏は人々が安らぎをもとめてやって来た水辺も、冬は静寂が包みこみます。
ほぼ同じ位置から捉えた、夏の終わりの鴨々川―
鴨々川と人々

以前の日記「花々の鴨々川

実りの秋には色づいて。。。
鴨々川秋2

以前の日記「色づきの川

それでも、、、


銀世界の中、たしかに鴨々川は流れていました。
結氷した鴨々川の淵には流れが

そしてここから下流方向に、ちょっと進むと、とある生き物が鴨々川を占拠していました。

もったいぶって、次回へつづく・・・

テーマ:北海道の様々な風景 - ジャンル:地域情報

■ この記事に対するコメント
移り変わり
季節によって着替えるかのように装いを変える鴨々川、
こうして並べて見せていただくことは
読む側にとって変化が手に取るようにわかり嬉しいですね。

私も心がけようとは思うものの過去の写真を探すのが面倒で怠ってしまいます。
いけませんf^ _ ^;

今日で函館の記事を終わらせていただきました。
先に情報を頂き、どれだけ助かりましたか。
またコメントもたくさん頂戴してありがとうございました。

最初に書こうかと思いましたが最後の方が様になる(これはあくまで私の考え)(笑)
と判断し、お礼の意味も込めてリンクを張らせていただきました。
「同一人物」の一言、
具合が悪ければ削除させていただきますのでおっしゃってくださいね。

ではこれからもよろしくお願いいたします。

【2008/01/24 16:19】 URL | ジュマ #- [ + 編集 +]

ジュマさんへ
鴨々川は中島公園を流れているんですけど、次回はぜひ、ご案内したいです!
黒田清隆像と合わせて(笑)
昨年から今年にかけて、ここに行く機会がなぜか多かったため、画像があったんです。
で、2回掲載するために、前の季節のをくっつけてしまいました。あざといやり方です!

そして、わざわざ2つのサイトを紹介いただき、うれしいやらはずかしいやら~
いつも、ありがとうございます!!!

それにしても、ジュマご夫妻の行動力にはびっくりしました。湯の川も行ってほしいなぁ~とは思ってたのですが、たくさんオススメを書くと、消化しきれないと思ってたのです。
・・・・・・余りありましたね! 「やちがしら温泉」にまで浸かってくるとは!
道産子、シャッポ脱いじゃいます~
いつもながら、きちんと背景や歴史までをも、おもしろく綴られてて、勉強になります。

今度は、どこに行くのだろう?
【2008/01/24 20:34】 URL | ヌマチチブ #- [ + 編集 +]


ある生き物って・・・・気になります!!
凄く降りましたね。雪。今も除雪車の音が聞こえています。
まだ降るみたいですね。。
川だいぶ隠れてしまったかなぁ。
【2008/01/25 08:03】 URL | くま8 #- [ + 編集 +]

くま8さんへ
鴨々川のある生き物と言えば、、、
ほぼ言ってしまったようなものです! 早くアップしないといけませんね(汗)

豊平川の様子も見てきたかったのですが、あまりの寒さにギブアップ~
思えば、いつもこの頃が一番寒いですものね。雪も多いですし。
あと2ヶ月! とても気が早いわたしです。
【2008/01/25 08:38】 URL | ヌマチチブ #- [ + 編集 +]

はっきり!
四季がはっきりしていて、やっぱり故郷はよかとこばい!
(とか言って、しっかり影響されている。。。)
こっちも昨日、今日は最高気温6度ほどでそれなりに寒いんですが
散歩をすると、庭には椿・山茶花・アロエ・梅・寄せ植えされた小花たちが
咲いたりしていて、個人的には「秋の延長」と言った感じです。

昨日から報道されている、北国の吹雪の中継を見ながら
身を切るような気温を久々感じてみたい!なんて、
罰当たりなことを思ってみたり。すいませんっ(汗。

でも、やっぱりステキです。
春、夏・秋・冬がくっきりはっきりしているのって。
【2008/01/25 12:12】 URL | エゾトミヨ #- [ + 編集 +]

エゾトミヨさんへ
春にも行き、お盆の灯籠流しも見、夏・冬と、、、
同じ鴨々川なのに、いつ行っても新鮮なのは、やっぱり北海道は四季がはっきりしてるからなのですよね!

この時も、とても寒かったんですが、冬の表情を見て、テンション上りましたよ。
寒いからと言って、家にこもってばかりでは、壮大な自然美を見逃してしまいます。
寒さを我慢してこそ見られる(体験)できるものがあるのが、北海道の醍醐味。
だから、全然罰当たりではないですよぉ~~~
エゾトミヨさんに、少しでも北海道の今を感じていただけたら幸いです。

って、そちらは6度なんですか! いっちょ前に寒いとバイ! 爆弾低気圧バイ!
これが2月後半にもなると、雪のない景色が見たくてしょうがなくなるんですけどね~
【2008/01/25 16:51】 URL | ヌマチチブ #- [ + 編集 +]


■ この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する。


■ この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kitanokawa.blog50.fc2.com/tb.php/376-c2313a62
この記事にトラックバックする。(FC2ブログユーザー)
北海道川マップ

豊平川ガイドマップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)
石狩川ガイドマップ
(財団法人石狩川振興財団より)
天塩川マップ
(北海道開発局旭川開発建設部より)
釧路湿原周辺拡大地図
(北海道開発局釧路開発建設部より)
尻別川利用マップ
(北海道開発局小樽開発建設部より)
鵡川河口干潟の自然
(苫小牧地方環境監視センターより)
常呂川流域親水マップ
(北海道開発局網走開発建設部より)
網走川流域親水マップ
(北海道開発局網走開発建設部より)
空知川ガイドマップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)
幾春別川りばーマップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)
雨竜川りばーマップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)
砂川遊水地周辺マップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)

空から見た蝦夷の川

空から見る石狩川
空から見る天塩川
空から見る夕張川
空から見る湧別川
空から見る常呂川
空から見る亀田川

ブログ内検索

北海道防災情報

国土交通省川の防災情報・北海道版
北海道防災(北海道の防災情報ポータルサイト)
あなたの町のハザードマップを見る

石狩川のネットマガジン・川と人

石狩川振興財団が制作・発行する「川と人」は、大河石狩川と水系の歴史や治水、石狩川が流れる流域市町村の歴史や最新情報、レジャースポットなどを、川の専門的な視点でまとめています。
川と人

川遊びグッズ

子どもでも簡単!


いつも売切れな川靴


雪の中でも楽々~


いざ!という時に投げる
P-136K型

転倒時に頭をガード
ヘルメット・プロテック・フルカットWHT

命のライフジャケット
子供用ライフジャケット(小児用)TK-13B

川へ、蝦夷へGO



北海道のお天気は?


-天気予報コム- -FC2-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。