いらっしゃいませ

プロフィール

ヌマチチブ

Author:ヌマチチブ
川は身近な自然であり、北海道の歴史を物語ります。
そんな北海道の川の素晴らしさを、わかりやすく、老婆心も交えつつ、お伝えしたいと思います。

間違ってる箇所も多々あると思いますので、よろしければ教えてくださるとうれしいです。
どうぞ、ごゆるりと・・・
………………………………………
ヌマチチブとは、日本中に広く分布する頭が大きくずんぐりしたハゼ科の魚。顔を中心に無数に斑点があるのが特徴。
いわゆる雑魚で、「釣った」と思った瞬間、ガッカリ感と笑いを誘う、憎いあんちきしょー!

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

北海道川原版へようこそ

お勧めブログ&サイト

このブログをリンクに追加する

問い合わせ等

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

RSSフィード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

北海道川原版
北海道の川のイベント、施設、川魚、植物、アウトドアや歴史、自然写真。 川原から北海道をめぐる情報ブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ふたたび南幌町へ
高速で江別市を横断して行くと、、、、


わたしの大好きな風景が広がります。
内陸の農産物を運んだ航路だった千歳川

千歳川です。
凍ることなく、ゆるやかに蛇行してますね! 

写真真ん中あたりのレンガ色の塔は、早苗別川放水路の水門です。

水門を越え、千歳川の蛇行で河道が見えなくなった先に、
もくもくと上る王子製紙の煙突の煙。
あの界隈が江別港で、道路ができる前までは、内陸でとれた農産物をこの千歳川が運んだのです。


さて、血圧が下がったあたりで、江別東インターで高速をおります。

隠れたワカサギ釣りスポットとも言われる、遊水地を擁した南幌町の親水公園。
遊水地というだけあって、じつは治水のためにつくられた公園です。
親水公園のシンボル「ふきの塔」

親水公園のシンボルになっている、高さ21mの展望台「ふきの塔」からは、壮大に広がる田園風景が見渡せます。

・・・今は、どこまでも広がる雪原が望めることでしょう~

「ふきの塔」から少し離れた右側にあるのは治水館。
多分、南幌町の洪水との戦いの歴史などの資料があるのでしょう。

ちなみに、「ふきの塔」や「治水館」より目立っている手前の白い建物は、南幌町のジェラードのお店「アイスクリーム工房アイスキャロル」です。
黒っぽい三角屋根の塔が、南幌町ではランドマークのようです。

遊水地というのは、洪水時、水を一時的に貯める巨大な水がめのようなもので、調節池(調整池)とも呼ばれます。
北海道で有名なのは、砂川遊水地・砂川オアシスパークです。
http://www.ishikari.or.jp/yuusuiti/y010index.html

普段は人々のウォーターレジャーの場で、大雨が降ると、治水対象となっている川の洪水を、一時的に貯め込みます。普段は遊歩道や遊具施設のある場所までも、水でいっぱいになります。


さぁ、結氷と雪で、その規模がほとんどわかりませんが、
南幌町の親水公園にある遊水地です。
ワカサギ釣りもできる遊水地

もともと川は、氾濫時、とくに蛇行のひどい部分等に水が溢れ、付近住民は大変な苦労をされたと思いますが、それによって洪水のエネルギーは弱まります。
いつも同じようなところが溢れるので、そこは天然の三日月湖になることも。
そういった洪水を遊ばせて治水に役立てようという施設が遊水地です。
森も含めて、自然が持つ保水能力を生かす洪水対策が、現在、北海道で進められているようです。

夕張川に幌向運河、向こうには千歳川が流れるこの場所は、南幌町の治水や歴史上でも重要な場所で、夕張川清幌床止付近の河川敷に広がる「なんぽろリバーサイド公園」と並ぶ、南幌町のレジャースポットです。
釣りはもちろん、パークゴルフ場もあります。
南幌町親水公園
親水公園(南幌町南9線西14番地)

そして、親水公園の道路を挟んだ向こうの人気スポットに行ってきました。。。つづく

テーマ:札幌/北海道の地域ネタ - ジャンル:地域情報

■ この記事に対するコメント

あっ!この千歳川!高速バスの窓からよくみます(笑)
南幌町にも遊水地があるんですね^^

↓の記事、札幌の水道水ってホントにおいしいですよね^o^
【2008/02/12 15:52】 URL | 柴犬U^ェ^U #- [ + 編集 +]

柴犬さんへ
そうそう!
この時も、高速バスから無理矢理撮りましたぁ~(シャッター音は消してね)
南幌町に遊水地があったこと、わたしもはじめて知りました。遊水地って、広大な北海道じゃなきゃつくれない施設ですよね。

豊平川の2つのダムは、いち早く2つ、しかも大規模つくられ、以来、札幌が水不足になったことはないのだそう。恵みの水ですね! 大切に使わないといけません。
【2008/02/12 20:56】 URL | ヌマチチブ #- [ + 編集 +]


■ この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する。


■ この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kitanokawa.blog50.fc2.com/tb.php/384-ded6a10d
この記事にトラックバックする。(FC2ブログユーザー)
北海道川マップ

豊平川ガイドマップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)
石狩川ガイドマップ
(財団法人石狩川振興財団より)
天塩川マップ
(北海道開発局旭川開発建設部より)
釧路湿原周辺拡大地図
(北海道開発局釧路開発建設部より)
尻別川利用マップ
(北海道開発局小樽開発建設部より)
鵡川河口干潟の自然
(苫小牧地方環境監視センターより)
常呂川流域親水マップ
(北海道開発局網走開発建設部より)
網走川流域親水マップ
(北海道開発局網走開発建設部より)
空知川ガイドマップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)
幾春別川りばーマップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)
雨竜川りばーマップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)
砂川遊水地周辺マップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)

空から見た蝦夷の川

空から見る石狩川
空から見る天塩川
空から見る夕張川
空から見る湧別川
空から見る常呂川
空から見る亀田川

ブログ内検索

北海道防災情報

国土交通省川の防災情報・北海道版
北海道防災(北海道の防災情報ポータルサイト)
あなたの町のハザードマップを見る

石狩川のネットマガジン・川と人

石狩川振興財団が制作・発行する「川と人」は、大河石狩川と水系の歴史や治水、石狩川が流れる流域市町村の歴史や最新情報、レジャースポットなどを、川の専門的な視点でまとめています。
川と人

川遊びグッズ

子どもでも簡単!


いつも売切れな川靴


雪の中でも楽々~


いざ!という時に投げる
P-136K型

転倒時に頭をガード
ヘルメット・プロテック・フルカットWHT

命のライフジャケット
子供用ライフジャケット(小児用)TK-13B

川へ、蝦夷へGO



北海道のお天気は?


-天気予報コム- -FC2-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。