いらっしゃいませ

プロフィール

ヌマチチブ

Author:ヌマチチブ
川は身近な自然であり、北海道の歴史を物語ります。
そんな北海道の川の素晴らしさを、わかりやすく、老婆心も交えつつ、お伝えしたいと思います。

間違ってる箇所も多々あると思いますので、よろしければ教えてくださるとうれしいです。
どうぞ、ごゆるりと・・・
………………………………………
ヌマチチブとは、日本中に広く分布する頭が大きくずんぐりしたハゼ科の魚。顔を中心に無数に斑点があるのが特徴。
いわゆる雑魚で、「釣った」と思った瞬間、ガッカリ感と笑いを誘う、憎いあんちきしょー!

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

北海道川原版へようこそ

お勧めブログ&サイト

このブログをリンクに追加する

問い合わせ等

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

RSSフィード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

北海道川原版
北海道の川のイベント、施設、川魚、植物、アウトドアや歴史、自然写真。 川原から北海道をめぐる情報ブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鵡川の自然についての講演会
北海道の本物シシャモの、ふるさと鵡川では、現在、国や専門家・市民団体等による河口の干潟再生が試みられています。
釧路湿原と並ぶ、先導的な取り組みです。

くわしくは室蘭開発建設部・鵡川河口自然再生事業へ
http://www.mr.hkd.mlit.go.jp/mrken_works/chisui/mukawa/2_21.html

北海道では厚岸湖など東部に自然干潟が残っています。
干潟も湿地のひとつで、水鳥はもちろんのこと、自分好みの面白顔な生き物がいそうでワクワクします。
鵡川河口に、むかしのような干潟が再生されると、本川同様に、北海道の財産になりますね!

鵡川・ピリカ・プロジェクトは、鵡川流域の情報を交換し、意見を集約する共働の場で、今回は会議の前に講演会が行われます。

その講演者が魅力的! 湿地研究の第一人者・辻井先生と、魚の先生こと妹尾先生。
現場に携わっているお2人のお話は、とても勉強になります。
そのうえ申込みも参加費もナシ!

講演会後は12:00まで、会議が公開で行われます。こちらも傍聴は自由です。

第6回鵡川・ピリカ・プロジェクト 講演会
平成20年2月23日(土) 9:30~10:50

場所:四季の館1F 研修室A・B
   むかわ町美幸3丁目3-1 
講演:辻井達一氏(北海道環境財団理事長)
    妹尾優二氏(流域生態研究所所長)
テーマ:鵡川の自然環境と川づくり など
問合わせ:室蘭開発建設部苫小牧河川事務所 0144-57-9800


ちょっと確認がとれていないのですが、

牛朱別川の洪水対策でつくられ、住宅街の中のスワンが飛来する永山新川のエコホタル・冬まつりも2月末の土日開催かと思われます。

もし違っていたらごめんなさい。

エコホタルは、使用済みの天ぷら油を地域から集め、ボランティアでつくられたアイスキャンドルが期間中灯されます。
火を灯した様子がホタルが飛び交うようで、いつか昔のようにホタルを蘇らせる運動へと願いをこめ、 「エコホタル」と名付けたそうです。

日中は、永山新川の堤防で、スノーラフティングやチューブ尻滑り、馬そりなどが行われています。
NPO法人水と緑のふるさと永山を育てる会 TEL 0166-46-5455

川のふるさと交流館 さらら 
旭川市永山町13丁目 TEL 0166-49-5337
永山新川とハクチョウ


テーマ:札幌/北海道の地域ネタ - ジャンル:地域情報

■ この記事に対するコメント

ヌマチチブさん
第6回鵡川・ピリカ・プロジェクト 講演会
平成20年2月23日(土) 9:30~10:50
いきたーい!!
干潟も大切ですが、森、山、渓 はもっと大切だとおもうのであります。
それから、ししゃもはご当地限定の味覚でいて欲しい。強くそう願っています。
【2008/02/23 02:06】 URL | isshy #- [ + 編集 +]

isshyさんへ
この講演会は本当に行きたかったのですが、、、終わってしまいました(汗)
干潟もきっと、森・山・渓と深く関わっていて、上流が健やかじゃないと、海岸線をどんなにいじってもむかしの環境は取り戻せないかもしれないですね。
そういうお話が聞けたかもしれません。
シシャモは川によって、わずかですが違うらしいんです。鵡川のシシャモは鵡川のシシャモ。やはり数が少なくなってます、、、
【2008/02/23 10:30】 URL | ヌマチチブ #- [ + 編集 +]


■ この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する。


■ この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kitanokawa.blog50.fc2.com/tb.php/390-39b01427
この記事にトラックバックする。(FC2ブログユーザー)
北海道川マップ

豊平川ガイドマップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)
石狩川ガイドマップ
(財団法人石狩川振興財団より)
天塩川マップ
(北海道開発局旭川開発建設部より)
釧路湿原周辺拡大地図
(北海道開発局釧路開発建設部より)
尻別川利用マップ
(北海道開発局小樽開発建設部より)
鵡川河口干潟の自然
(苫小牧地方環境監視センターより)
常呂川流域親水マップ
(北海道開発局網走開発建設部より)
網走川流域親水マップ
(北海道開発局網走開発建設部より)
空知川ガイドマップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)
幾春別川りばーマップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)
雨竜川りばーマップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)
砂川遊水地周辺マップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)

空から見た蝦夷の川

空から見る石狩川
空から見る天塩川
空から見る夕張川
空から見る湧別川
空から見る常呂川
空から見る亀田川

ブログ内検索

北海道防災情報

国土交通省川の防災情報・北海道版
北海道防災(北海道の防災情報ポータルサイト)
あなたの町のハザードマップを見る

石狩川のネットマガジン・川と人

石狩川振興財団が制作・発行する「川と人」は、大河石狩川と水系の歴史や治水、石狩川が流れる流域市町村の歴史や最新情報、レジャースポットなどを、川の専門的な視点でまとめています。
川と人

川遊びグッズ

子どもでも簡単!


いつも売切れな川靴


雪の中でも楽々~


いざ!という時に投げる
P-136K型

転倒時に頭をガード
ヘルメット・プロテック・フルカットWHT

命のライフジャケット
子供用ライフジャケット(小児用)TK-13B

川へ、蝦夷へGO



北海道のお天気は?


-天気予報コム- -FC2-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。