いらっしゃいませ

プロフィール

ヌマチチブ

Author:ヌマチチブ
川は身近な自然であり、北海道の歴史を物語ります。
そんな北海道の川の素晴らしさを、わかりやすく、老婆心も交えつつ、お伝えしたいと思います。

間違ってる箇所も多々あると思いますので、よろしければ教えてくださるとうれしいです。
どうぞ、ごゆるりと・・・
………………………………………
ヌマチチブとは、日本中に広く分布する頭が大きくずんぐりしたハゼ科の魚。顔を中心に無数に斑点があるのが特徴。
いわゆる雑魚で、「釣った」と思った瞬間、ガッカリ感と笑いを誘う、憎いあんちきしょー!

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

北海道川原版へようこそ

お勧めブログ&サイト

このブログをリンクに追加する

問い合わせ等

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

RSSフィード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

北海道川原版
北海道の川のイベント、施設、川魚、植物、アウトドアや歴史、自然写真。 川原から北海道をめぐる情報ブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南区の沢と地名
ここは札幌市南区。
北の沢川と中の沢川が合流し、北の沢川になったばかりの地点に、何やら動くものが。。。
北の沢と中の沢の合流点。地名にもなっています!

カモが石の横でエサを探しているようです。
マガモが懸命に水中を探っています

うん? よく見たら、石だと思ってたのはマガモでした。こりゃ失礼! マガモのつがいは仲が良い。
石だと思ってたら、つがいでした!

さて、北の沢川と中の沢川が合流する地点を川沿地区、ここから上流は「北の沢地区」「中の沢地区」と、それぞれの川名が地名になっています。
それぞれの地区の宅地化が進んだのは戦後で、それ以前は四号沢(北の沢川)、五号沢(中の沢川)と呼ばれ、むかしは伐り出した材木を四号沢で流して豊平川へ、そこから創成川で札幌中心に運び製材したそうです。
(中島公園の菖蒲池はむかし、鴨々川を通して運ばれてくる貯木場だった)

また、中の沢川の支流に左中の沢川があり、八垂別の滝(はったりべつのたき)があるそうです。
*wikipedia北の沢川、中の沢川、八垂別の滝より抜粋

八垂別も、中の沢地区・北の沢地区と、南の沢川が流れる南の沢地区を合わせたむかしの地名で、8つの沢が由来だそうです。どれが8つの沢にあたるのか、今となってはわからないらしい。

流れ同様に、緩やかな蛇行がのどかで、河畔林は野鳥の囀りがたえぬ場所ですが、水辺に下りることは容易ではなく、ゴミも散乱していました。中の沢川には、散策できる箇所もあるそうですが、、、
こんなに豊かな水辺なのに、散策できないのが難点!

向ってむこう側には豊平川と真駒内川が流れ、北の沢川はここから約500m下流で豊平川に合流します。
ほんのちょっとしか離れていないのに、真駒内川と豊平川の賑わいがウソのような、静かな川辺です。
にほんブログ村 地域生活ブログ 北海道情報へ

テーマ:札幌/北海道の地域ネタ - ジャンル:地域情報

■ この記事に対するコメント

いや~マジですか!
札幌にちょこちょこ行っていた先月、この辺りを通っていたのですが
あのバスの通る狭い旧道(ポスフールに出る手前の辺り)を通ると
いつもマガモが!
あそこは、まだ北の沢川でしょうか・・・・・いつもマガモの番にいやされていましたヾ(≧▽≦)ノ
車を止めたいけど、なかなかあの辺は止められなくてね~
こんなところにマガモが!ってかなり驚きました。
ちょっとゴミが目立っていましたけど。逞しく生きているのですね。
【2008/05/05 18:34】 URL | ezomomonga #H94ZE/5g [ + 編集 +]

ezomomongaさんへ
そうそう!  ポスフールです(笑) ご存知でしたか、さすが!!!
このつがいは、去年のこどもの日に、真駒内川で見たものと同じような気がするんです。真駒内川は流れが速いので、かなり流されてて、もしかしたらこっちに移ったのかもしれません。旧道の真下は、ちょうど合流点です。
ほんと交通量が多く、ましてや川辺に降りられる場所がないし、河岸もこれからの季節、草がボーボーで危険です。近くに住んでたら、ゴミ拾いして、草を刈って、勝手に観察場にするんですけどねぇ~ いつも野鳥の囀りが聞こえるし、サクラマスも遡上するかもしれません。あーもったいない!
わたしはブックオフからいつもこの川を見ていて(笑)、いつか調べて紹介しようと思ってたのです。ezomomongaさんが見ていた川だなんて、感激です!

(先ほど、北湯沢から伊達に流れる長流川と書き、おさるがわと読む川を調べていましたが、一級の野鳥探鳥地なんですってね。鳥インフルは残念ですが、いつか行ってみたいです)
【2008/05/05 18:52】 URL | ヌマチチブ #- [ + 編集 +]


へぇ~~あのポスフールのそばに、こんないい感じの蛇行した川があるなんて~。
なんか懐かしく感じるくらい嬉しくなりましたよ。
ほんと、石に見えちゃいますね(笑)
ここは案外鳥さんの穴場なのかな、散策いいですね。
【2008/05/06 05:46】 URL | くま8 #- [ + 編集 +]

くま8さんへ
南区と西区は上流なので、こういった自然の沢が多いですね。
これは望遠で撮ったので、わりと近く感じますが、なかなかに近づけない川なのです。もう少しすると、河岸は草で覆われ、どこまでが川で、どこからが河岸なのかの区別もつかなくなるので危険です。

そしてマガモは、家に帰ってきて、画像を見てはじめて気づきました。ずっと石だと思ってたんですよぉ~ ガン・カモ類が川にいること自体、珍しいのに、こんな都会にいるから、びっくりしました!
【2008/05/06 11:40】 URL | ヌマチチブ #- [ + 編集 +]


■ この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する。


■ この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kitanokawa.blog50.fc2.com/tb.php/432-37864e6d
この記事にトラックバックする。(FC2ブログユーザー)
北海道川マップ

豊平川ガイドマップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)
石狩川ガイドマップ
(財団法人石狩川振興財団より)
天塩川マップ
(北海道開発局旭川開発建設部より)
釧路湿原周辺拡大地図
(北海道開発局釧路開発建設部より)
尻別川利用マップ
(北海道開発局小樽開発建設部より)
鵡川河口干潟の自然
(苫小牧地方環境監視センターより)
常呂川流域親水マップ
(北海道開発局網走開発建設部より)
網走川流域親水マップ
(北海道開発局網走開発建設部より)
空知川ガイドマップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)
幾春別川りばーマップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)
雨竜川りばーマップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)
砂川遊水地周辺マップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)

空から見た蝦夷の川

空から見る石狩川
空から見る天塩川
空から見る夕張川
空から見る湧別川
空から見る常呂川
空から見る亀田川

ブログ内検索

北海道防災情報

国土交通省川の防災情報・北海道版
北海道防災(北海道の防災情報ポータルサイト)
あなたの町のハザードマップを見る

石狩川のネットマガジン・川と人

石狩川振興財団が制作・発行する「川と人」は、大河石狩川と水系の歴史や治水、石狩川が流れる流域市町村の歴史や最新情報、レジャースポットなどを、川の専門的な視点でまとめています。
川と人

川遊びグッズ

子どもでも簡単!


いつも売切れな川靴


雪の中でも楽々~


いざ!という時に投げる
P-136K型

転倒時に頭をガード
ヘルメット・プロテック・フルカットWHT

命のライフジャケット
子供用ライフジャケット(小児用)TK-13B

川へ、蝦夷へGO



北海道のお天気は?


-天気予報コム- -FC2-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。