いらっしゃいませ

プロフィール

ヌマチチブ

Author:ヌマチチブ
川は身近な自然であり、北海道の歴史を物語ります。
そんな北海道の川の素晴らしさを、わかりやすく、老婆心も交えつつ、お伝えしたいと思います。

間違ってる箇所も多々あると思いますので、よろしければ教えてくださるとうれしいです。
どうぞ、ごゆるりと・・・
………………………………………
ヌマチチブとは、日本中に広く分布する頭が大きくずんぐりしたハゼ科の魚。顔を中心に無数に斑点があるのが特徴。
いわゆる雑魚で、「釣った」と思った瞬間、ガッカリ感と笑いを誘う、憎いあんちきしょー!

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

北海道川原版へようこそ

お勧めブログ&サイト

このブログをリンクに追加する

問い合わせ等

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

RSSフィード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

北海道川原版
北海道の川のイベント、施設、川魚、植物、アウトドアや歴史、自然写真。 川原から北海道をめぐる情報ブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イタドリは食べる? 吹く?
河川敷の雪が融けて、若葉が芽吹く頃、
この植物が一斉にニョキニョキと出てきます。
たぶん~イタドリ

葉の形からして、イタドリ(あるいはオオイタドリ)だと思いますが、間違ってたらごめんなさい。

タデ科の多年生植物で、地方によっては「スカンポ」「イタンポ」と呼ばれ、1mは軽く超え、オオイタドリは3mにもなります。夏に小さな白い花が咲きます。

春、イタドリの若芽は、山菜として漬物や和え物、酢の物にして食べられます。
大きく成長すると、竹のように太くなり、中心が空洞になってる茎を使って、自然あそびの道具としても使われます。

イタドリ笛のつくり方(東北電力あおぞら工房より)
http://www.tohoku-epco.co.jp/new_naze/koubou/aozora/artist/01.html

1本で穴を開けたり、形の違う数本を並べてみたり、いろんなタイプの笛がつくれるようです。
どんな音色かというと、、、重低音の太い音がするようです。
草笛や笹船も、川原でできる遊びですね~

ちなみにここは南区の豊平川。真駒内川との合流点の少し上流あたりです。
川岸は、雪堆場として使われたため、まだ雪が残ってました。
それを重機が整え整え、
露岩河床の見える豊平川の岸には残雪

雪の段々畑ができました。
雪の段々畑です!


いつも応援ありがとうございます!
にほんブログ村 地域生活ブログ 北海道情報へ

テーマ:札幌/北海道の地域ネタ - ジャンル:地域情報

■ この記事に対するコメント

えーと、、、あっ!!

そーっ酢か。
【2008/05/11 19:41】 URL | rau #- [ + 編集 +]

rauさんへ
わざわざコメントありがとうございます。
そーっ酢、、、ソースは使わないようですので、気をつけてくださいね!
【2008/05/11 20:07】 URL | ヌマチチブ #- [ + 編集 +]

私は・・・
イタドリ食用派でございます!
と言っても、漬物や酢の物なんて凝ったことはせず、そのままがぶり!
あ、皮剥いてがぶり!
「すっぱ~~~い!」なんて、イタドリをかじりながら小学生時分は下校していました。

夏にはこのイタドリの空洞の中に虫が卵を産むらしく、秋にカラカラになった
イタドリを折ってはその中の幼虫を捕まえて、渓流釣りを趣味にしていた
担任の先生のおうちにせっせと運んでいた思い出もあります。
幼虫がいるかいないかは、イタドリに開いている小さな穴が目印になるんですよ!

なんて、またまた相変わらずの野生児っぷり披露で、失礼しました!
それと、イタドリを私たちは「ドンガイ」って呼んでいました。
どっから出た言葉でしょうかね?ドンマイ!ドンガイ?!
【2008/05/12 22:06】 URL | エゾトミヨ #- [ + 編集 +]

エゾトミヨさんへ
そういえば、むかしは道端の花とか野草をそのまま食べたりしましたよねぇ~
「この花は甘い! すっぱい!」とか知ってたり。
でも、イタドリは食べたことなかったです。うちの回りにもフキノトウやイタドリがいっぱい生えるので、来春は食べてみることにします!

そして今調べたのですが、イタドリの虫の話は、結構多いみたいです。そのドンガイという地方名もポピュラーで、ドンゲ(ロン毛みたい)やスカンポと呼ぶ地域もあるようですね。それほど馴染み深い植物なのでしょう。で、ドンガイの中にいる虫を「ドンガイ虫」とも呼んでいたようです。
ただ、北海道では南西部にしか生息しないらしいです。
【2008/05/13 08:30】 URL | ヌマチチブ #- [ + 編集 +]


イタドリって笛にもなるんですか? (驚

イタドリ、酸っぱいから苦手です、残念ながら!
【2008/05/13 13:15】 URL | ジュマパパ #- [ + 編集 +]

ジュマパパさんへ
アハハ!酸っぱいのは苦手ですか。
春の山菜って、結構苦味がありますが、酸っぱいのは嫌ですよね~

イタドリの茎は見た目ごつそうですが、簡単に切れ、竹のように空洞になってるので、笛として使えるそうです!
【2008/05/13 13:53】 URL | ヌマチチブ #- [ + 編集 +]


オオー!!w(゚o゚=)w

カッポンじゃないですかぁぁ

こまい頃、よー水代わりに
ガジガジしたよぉ

渋ぶすっぱいんだよねぇ

で、美味くない方を
ヘビスッポンと呼び
食べやすい方をカッポンと呼んで
区別してましたぁぁ

懐かしやぁぁ
【2008/05/15 01:09】 URL | かっぱ #M0Gv5u3s [ + 編集 +]

かっぱさんへ
えぇぇぇーーー!?
そちらでは、「カッポン」と呼ぶんですかぁ~ おもしろいなぁ。
喉も潤していたなんて、また新たな発見です!
おいしくない方が「ヘビスッポン」メモメモ・・・・・・・・

こうなると、イタドリは日本各地の子どもの文化ですね(笑)
今回調べてわかったのですが、北海道でも南西にしか生息していないのだそう。
良かったですよぉ~ 共通の話題で!

今、ものすごく物価が上ってますからね。
食べられる野草を求め、河川敷をぶらつこうと思います。
【2008/05/15 09:04】 URL | ヌマチチブ #- [ + 編集 +]


■ この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する。


■ この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kitanokawa.blog50.fc2.com/tb.php/438-6e44cebf
この記事にトラックバックする。(FC2ブログユーザー)
北海道川マップ

豊平川ガイドマップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)
石狩川ガイドマップ
(財団法人石狩川振興財団より)
天塩川マップ
(北海道開発局旭川開発建設部より)
釧路湿原周辺拡大地図
(北海道開発局釧路開発建設部より)
尻別川利用マップ
(北海道開発局小樽開発建設部より)
鵡川河口干潟の自然
(苫小牧地方環境監視センターより)
常呂川流域親水マップ
(北海道開発局網走開発建設部より)
網走川流域親水マップ
(北海道開発局網走開発建設部より)
空知川ガイドマップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)
幾春別川りばーマップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)
雨竜川りばーマップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)
砂川遊水地周辺マップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)

空から見た蝦夷の川

空から見る石狩川
空から見る天塩川
空から見る夕張川
空から見る湧別川
空から見る常呂川
空から見る亀田川

ブログ内検索

北海道防災情報

国土交通省川の防災情報・北海道版
北海道防災(北海道の防災情報ポータルサイト)
あなたの町のハザードマップを見る

石狩川のネットマガジン・川と人

石狩川振興財団が制作・発行する「川と人」は、大河石狩川と水系の歴史や治水、石狩川が流れる流域市町村の歴史や最新情報、レジャースポットなどを、川の専門的な視点でまとめています。
川と人

川遊びグッズ

子どもでも簡単!


いつも売切れな川靴


雪の中でも楽々~


いざ!という時に投げる
P-136K型

転倒時に頭をガード
ヘルメット・プロテック・フルカットWHT

命のライフジャケット
子供用ライフジャケット(小児用)TK-13B

川へ、蝦夷へGO



北海道のお天気は?


-天気予報コム- -FC2-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。