いらっしゃいませ

プロフィール

ヌマチチブ

Author:ヌマチチブ
川は身近な自然であり、北海道の歴史を物語ります。
そんな北海道の川の素晴らしさを、わかりやすく、老婆心も交えつつ、お伝えしたいと思います。

間違ってる箇所も多々あると思いますので、よろしければ教えてくださるとうれしいです。
どうぞ、ごゆるりと・・・
………………………………………
ヌマチチブとは、日本中に広く分布する頭が大きくずんぐりしたハゼ科の魚。顔を中心に無数に斑点があるのが特徴。
いわゆる雑魚で、「釣った」と思った瞬間、ガッカリ感と笑いを誘う、憎いあんちきしょー!

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

北海道川原版へようこそ

お勧めブログ&サイト

このブログをリンクに追加する

問い合わせ等

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

RSSフィード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

北海道川原版
北海道の川のイベント、施設、川魚、植物、アウトドアや歴史、自然写真。 川原から北海道をめぐる情報ブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春の盤渓へ
手稲と真駒内をつなぐ、札幌市中央区に位置する山々の盤渓。

都心から車で約20分で着き、ばんけいスキー場コバワールドスキー場を擁し、琴似発寒川に合流する左股川の源流地です。
*左股川の文字をクリックすると、左股川の記事にジャンプします

その左股川の支流を訪れてみました。

小林峠を通る道々82号を南に進み、「盤渓市民の森」に向かう途中。
道路の向こうは森

ターザンロープも茂る、この丘陵の森の真下に・・・
下流は山と道路の間の谷底を流れ、山に入っていかないと近づくことができぬ盤渓川が、姿を現わす中流スポットがあります。
森の間を蛇行しながら流れる沢

ここら辺りでは川というより沢。

盤渓川に関する資料をあまり目にすることはないのですが、
盤渓山を源に、盤渓の中で左股川に合流する、盤渓ですべてが集結する地元の川。
思ったとおりの清涼な流れ

川底の石が赤茶色です。
この辺りは採石工場がたくさんあり、古くから採石のために拓けた歴史を持ちます。

近くにある盤渓小学校の生徒達が、毎年遠足で、スキー場横の盤渓川でハナカジカなどを獲ったり遊んでいます。
車で近づくポイントは、ここぐらいで、乗り入れた跡やちょっとした「あずまや」もありました。


夏になると、川辺のイタドリやクマササが大きく成長し、今以上に近づくことができない人跡未踏っぽい沢になってしまいます。
川口、、、 藤岡弘探検隊を呼んでこなくちゃ!

ナゾの巨大生物ではありませんが、、、

平成20年5月18日 自然歩道藻岩山ルート・旭山記念公園入口から約500mで目撃
     〃      盤渓市民の森入口から約1.2kmの地点で足跡発見
       etc・・・
ヒグマ

*札幌市内のヒグマ目撃情報より
(札幌市外のヒグマ目撃情報は、それぞれの役場HPで探してください)

ひじょーに、ニアミスしております。
・・・ええ、ここは大通公園などの都心から、約20分程度の場所でございます。

にほんブログ村 地域生活ブログ 北海道情報へ

テーマ:札幌/北海道の地域ネタ - ジャンル:地域情報

■ この記事に対するコメント

うわぁ~~~出たぁ~~!!
と、思ってしまったべさぁ~(^▽^;)
遠足でこんな所へ行くと楽しそう~~。
山の感じは、実家の裏山の方を思い出させてくれましたよ~( ^o^)/~~
【2008/05/26 01:23】 URL | くま8 #- [ + 編集 +]


そうそう、ちょっと山側に道を曲がっただけで
あそこは別世界であります・・・・クマも確かに出そう!
小林峠というと自転車好きの中では有名です(もちろん、私があの峠を制覇する日はないでしょうが)
そして笹薮に覆われてしまいそうな沢、いいカンジですね!
ついつい覗き込んでしまうヌマチチブさんが思い浮かびます(私もです・・・笑)
やっぱりこういうところを流れてくる水はキレイですね~
【2008/05/26 08:50】 URL | ezomomonga #H94ZE/5g [ + 編集 +]

くま8さんへ
藻岩方面は、これからの季節、気をつけなければいけないべさぁ~
今回、目撃されたり、足跡が発見された場所は、当たり前に人が散策するところだから。
(しかもわが家に近い!)

この沢を含め、この辺りにはいっぱいこんな感じの沢があるんですよ。
くまさんのご実家も、素晴しい環境にあるんですね! さぞ、小さな時は探検したのでしょうね~
【2008/05/26 09:20】 URL | ヌマチチブ #- [ + 編集 +]

ezomomongaさんへ
琴似発寒川から盤渓に入り、小林峠を越えて真駒内へ、というルートは、札幌の中で人気のサイクリングコースだそうですね! 自転車に乗らないわたしも、大変魅力的なコースだと思います。
ヒグマは、わたし達がどんどん進出してしまった結果だから、しょうがないですけど、ezomomongaさんのように、いつも万が一を想定した準備が必要だなと痛感しました!

沢も野鳥も、この季節が一番観察しやすいですよね。この盤渓川は、なかなか近づくスポットがないため、沢の中を上っていくのが一番良いのでしょう。石の影響で赤茶けて見えますが、水は本当に清んでいましたよ!
【2008/05/26 09:28】 URL | ヌマチチブ #- [ + 編集 +]


■ この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する。


■ この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kitanokawa.blog50.fc2.com/tb.php/449-0de9821e
この記事にトラックバックする。(FC2ブログユーザー)
北海道川マップ

豊平川ガイドマップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)
石狩川ガイドマップ
(財団法人石狩川振興財団より)
天塩川マップ
(北海道開発局旭川開発建設部より)
釧路湿原周辺拡大地図
(北海道開発局釧路開発建設部より)
尻別川利用マップ
(北海道開発局小樽開発建設部より)
鵡川河口干潟の自然
(苫小牧地方環境監視センターより)
常呂川流域親水マップ
(北海道開発局網走開発建設部より)
網走川流域親水マップ
(北海道開発局網走開発建設部より)
空知川ガイドマップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)
幾春別川りばーマップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)
雨竜川りばーマップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)
砂川遊水地周辺マップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)

空から見た蝦夷の川

空から見る石狩川
空から見る天塩川
空から見る夕張川
空から見る湧別川
空から見る常呂川
空から見る亀田川

ブログ内検索

北海道防災情報

国土交通省川の防災情報・北海道版
北海道防災(北海道の防災情報ポータルサイト)
あなたの町のハザードマップを見る

石狩川のネットマガジン・川と人

石狩川振興財団が制作・発行する「川と人」は、大河石狩川と水系の歴史や治水、石狩川が流れる流域市町村の歴史や最新情報、レジャースポットなどを、川の専門的な視点でまとめています。
川と人

川遊びグッズ

子どもでも簡単!


いつも売切れな川靴


雪の中でも楽々~


いざ!という時に投げる
P-136K型

転倒時に頭をガード
ヘルメット・プロテック・フルカットWHT

命のライフジャケット
子供用ライフジャケット(小児用)TK-13B

川へ、蝦夷へGO



北海道のお天気は?


-天気予報コム- -FC2-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。