いらっしゃいませ

プロフィール

ヌマチチブ

Author:ヌマチチブ
川は身近な自然であり、北海道の歴史を物語ります。
そんな北海道の川の素晴らしさを、わかりやすく、老婆心も交えつつ、お伝えしたいと思います。

間違ってる箇所も多々あると思いますので、よろしければ教えてくださるとうれしいです。
どうぞ、ごゆるりと・・・
………………………………………
ヌマチチブとは、日本中に広く分布する頭が大きくずんぐりしたハゼ科の魚。顔を中心に無数に斑点があるのが特徴。
いわゆる雑魚で、「釣った」と思った瞬間、ガッカリ感と笑いを誘う、憎いあんちきしょー!

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

北海道川原版へようこそ

お勧めブログ&サイト

このブログをリンクに追加する

問い合わせ等

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

RSSフィード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

北海道川原版
北海道の川のイベント、施設、川魚、植物、アウトドアや歴史、自然写真。 川原から北海道をめぐる情報ブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジス・イズ・北海道な風景
7月の北海道洞爺湖サミットで、
これまで以上に北海道が注目されているわけですが、

あらためて北海道を象徴する風景とは、どんなものでしょう~

わたしが思う北海道を象徴する風景はコレです!
酪農大学

江別市文京台緑町のなだらかな傾斜地に広がる、酪農学園大学・短期大学、とわの森三愛高等学校の風景を見ると、フロンティアスピリットを感じずにはいられません!

走行中の助手席で撮ったため、そのスケールが伝えられないのが残念!
なので、酪農学園大学のホームページをご参照ください。

時の経過とともに趣を増す赤レンガのサイロや牛舎、
どこまでもなだらかに傾斜するまきば。草を食む牛達・・・ どぉーですかぁ~

アメリカ的? イギリス的?でもあり、
ここを通るたびに、思いっきり深呼吸したくなります。

旧町村農場も、「ある日の北海道」の風景で、歴史的にも大変価値があります。

この赤レンガと牧場は、道北ではあまり見られない風景かもしれません。
稲作が主体の日本にあって、「広大な北海道で酪農を」という考えは、明治政府によるもの。そのためにケプロンやクラークを招聘しました。

でも、屯田兵で開拓にやってきた人達は、酪農などやったこともなく、かつ、あたり一面は密林やクマササに覆われ、これを取り除くのは大変な作業で、なかなか広大な牧場は実現しなかったようです。

入植者達は、ふるさとの水田風景に思いを馳せるように、当時禁止されていた稲作にチャレンジしていったのです(北海道で米はつくられていなかった)
ただ、入植の条件に牛を飼うことが、昭和のはじめ頃まで決められていた地域も多いようなので、

牛が草を食む風景は北海道を代表する風景といえますね!
ソフトクリームもイケますよ~

にほんブログ村 地域生活ブログ 北海道情報へ

テーマ:北海道の様々な風景 - ジャンル:地域情報

■ この記事に対するコメント

酪農学園大学、もう何年も前に行き、学食も食べてきたことがありました。
美味しかったです~ヽ(*^ー^*)
あのあたりは、ホント緑が多く、空気もいい感じで~☆
今度は、ソフトクリームも!!
【2008/06/18 02:01】 URL | くま8 #- [ + 編集 +]

くま8さんへ
ほんと、牧歌的な風景で癒されますよねぇ~
学食食べたのですか! なんか、あそこで食べると、余計においしそうです。
今度、ぜひわたしも学食を食べてみようと思います。
そして、北海道のソフトクリームは絶品ですね~ これからの季節、食べまくりましょう!
【2008/06/18 08:42】 URL | ヌマチチブ #- [ + 編集 +]


酪農学園大学、名前ですでに北海道を連想しちゃいますよね。
学園祭に行きたいです。
きっと美味しいものがいっぱいでしょうね。

田中義たけさんの卒業された大学でしたっけ?

サミットまでもう少しですね。

願わくば北海道の良さが世界に発信されますように・・・。


【2008/06/18 15:50】 URL | ジュマ #- [ + 編集 +]

ジュマさんへ
いつも温かな励まし、ありがとうございます。

おっしゃる通り、酪農学園大学は、田中義剛さんの出身校で、彼はその後も北海道を拠点にタレント活動と牧場経営の2足のわらじに、しっかりと成功してらっしゃいますね。
道産子じゃあ、できません!(笑) さすが青森の、本州出身者ですよ。

道東や、富良野・美瑛に行かないのなら、ぜひ、ここをジュマさんに案内して、一緒に食べまくりたいです! 北海道大学のキャンパスも、北海道らしい風景です。
【2008/06/18 18:25】 URL | ヌマチチブ #- [ + 編集 +]

私も!!
酪農大学の風景が好きです^^

田中義剛さんがここ卒業ですよね?って↑書いてたし・・・・・汗

江別ってお洒落なとこですよね~~~レンガが何とも言えません!
でも、富良野行きたいな・・・・
以前、大きなラベンダー畑に私達親子しかいなくて記念写真撮った
ことがありラベンダーに包まれたって感じでかなり癒されました^^
【2008/06/19 10:04】 URL | yuki #uuOpwH8k [ + 編集 +]

yukiさんへ
いいですよね~ 酪農風景。
江別はレンガの生産地だから、レンガの建物も多くて、それがまたノスタルジックでオサレですよねぇ~
そそ! 義剛さんはこの大学卒業ですが、、、道産子じゃないですよね(笑)

むかしは富良野のラベンダー畑も、そんなにのどかだったのですかぁ~
yukiさんは、ラベンダーお好きですものね!
今は平日じゃないと無理かも。いや、平日でも道外観光客でビッシリかもしれませんね。
【2008/06/19 10:35】 URL | ヌマチチブ #- [ + 編集 +]

これぞ!
私もここが大好きです~ヾ(≧▽≦)ノ
姉のところの犬が、この酪農大学の動物病院にかかっているので
行くときには便乗しておりました(笑)
実習生がズラーっといるので、犬は緊張して固まるんですけどね(笑)
私はというと、その間に学園内の広大な土地をウロウロ・・・・
赤いレンガとの相性がバツグンです!(やっぱり江別ですね~)

そして、もう富良野近郊は観光バスでいっぱいです(ラベンダーはまだ咲いていませんが)
ただ、飛び交っている言葉は日本語ではありません(笑)
【2008/06/19 20:17】 URL | ezomomonga #H94ZE/5g [ + 編集 +]

ezomomongaさんへ
きゃぁ~ ezomomongaさんも好きですか!!!
ここに行くと、めちゃめちゃソフトクリーム食べたくなりませんか?

お姉さまのワンちゃん、ここの動物病院に通ってるなんて、うらやましい~(笑)
きらら街道に一番近いところに、動物病院学科?が、ありますね。
じつは今日も通ったのですが、できたての牧草ロールが計算されたように置いてあり、まわりには牛と学生が、のぉ~んびり寝転んでました(笑)。やっぱり美しい。。。人に教えたくない、お気に入りのスポットです。

この時期、富良野に行きたいのはやまやまなんですが、休日は信じられない渋滞です。だから、秋にしか、のんびりできません。今やアジアの方も来るようになっちゃったのですね(汗)
【2008/06/19 20:30】 URL | ヌマチチブ #- [ + 編集 +]


ほんま

ほっかいどぉぉぉぉぉって

感じですぅ

日本広といえども
こんな風景は北海道だけのような気がします

【2008/06/21 00:57】 URL | かっぱ #M0Gv5u3s [ + 編集 +]

かっぱさんへ
北海道は、ほんと、無駄に広いですからね(汗)
休耕地もあるし、もっと利用して、景気が上向いてほしいですよ~

でも、かっぱさんのところかな?
先日、毎日新聞のサイトで、棚田と漁り火の幻想的な景色を見ました!
それぞれに素敵な風景がありますよね。
【2008/06/21 09:39】 URL | ヌマチチブ #- [ + 編集 +]


はいはい

それは、おそらく
油谷地区ですわ

日本棚田百選にも選ばれてます

この棚田を維持するのが大変なんだって

どこもそうなんでしょうけど
農業従事者が高齢化してて

本来、おコメを作るはずの田圃なのにね
観光に使われるんじゃ、ちょいと悲しいけどさ

国が減反せいと言えば従うしかないもんね
一度、やめた田圃は復活しないよぉ~

こっちじゃ有名な鳴子のイカちゃんも
こっちで揚がったイカちゃんもいるんだわぁ
【2008/06/21 12:04】 URL | かっぱ #NaQp1JT2 [ + 編集 +]

かっぱさんへ
そそ! 油谷地区でした~

この前、棚田の特集を見ました。
おっしゃる通り、農家の高齢化に加えて、小さな機械しか使えず、ほとんど手作業なので離農者も相次ぎ、後継者も見つからないとか。
北海道は水田も大規模なので農業だけで食べていけますが、棚田では収穫量も少ないでしょうしね~

多分、北海道でいえば、美瑛がそうかな。
傾斜地だから、畑作といえども大変で、高齢化や離農の問題を抱え、畑が観光名所だから休耕地は致命傷になるんですよ。なかなか難しいですね~

そういえば、燃料高騰でイカ漁がストップしてますね!
【2008/06/21 14:07】 URL | ヌマチチブ #- [ + 編集 +]


■ この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する。


■ この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kitanokawa.blog50.fc2.com/tb.php/467-237fcf8d
この記事にトラックバックする。(FC2ブログユーザー)
北海道川マップ

豊平川ガイドマップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)
石狩川ガイドマップ
(財団法人石狩川振興財団より)
天塩川マップ
(北海道開発局旭川開発建設部より)
釧路湿原周辺拡大地図
(北海道開発局釧路開発建設部より)
尻別川利用マップ
(北海道開発局小樽開発建設部より)
鵡川河口干潟の自然
(苫小牧地方環境監視センターより)
常呂川流域親水マップ
(北海道開発局網走開発建設部より)
網走川流域親水マップ
(北海道開発局網走開発建設部より)
空知川ガイドマップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)
幾春別川りばーマップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)
雨竜川りばーマップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)
砂川遊水地周辺マップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)

空から見た蝦夷の川

空から見る石狩川
空から見る天塩川
空から見る夕張川
空から見る湧別川
空から見る常呂川
空から見る亀田川

ブログ内検索

北海道防災情報

国土交通省川の防災情報・北海道版
北海道防災(北海道の防災情報ポータルサイト)
あなたの町のハザードマップを見る

石狩川のネットマガジン・川と人

石狩川振興財団が制作・発行する「川と人」は、大河石狩川と水系の歴史や治水、石狩川が流れる流域市町村の歴史や最新情報、レジャースポットなどを、川の専門的な視点でまとめています。
川と人

川遊びグッズ

子どもでも簡単!


いつも売切れな川靴


雪の中でも楽々~


いざ!という時に投げる
P-136K型

転倒時に頭をガード
ヘルメット・プロテック・フルカットWHT

命のライフジャケット
子供用ライフジャケット(小児用)TK-13B

川へ、蝦夷へGO



北海道のお天気は?


-天気予報コム- -FC2-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。