いらっしゃいませ

プロフィール

ヌマチチブ

Author:ヌマチチブ
川は身近な自然であり、北海道の歴史を物語ります。
そんな北海道の川の素晴らしさを、わかりやすく、老婆心も交えつつ、お伝えしたいと思います。

間違ってる箇所も多々あると思いますので、よろしければ教えてくださるとうれしいです。
どうぞ、ごゆるりと・・・
………………………………………
ヌマチチブとは、日本中に広く分布する頭が大きくずんぐりしたハゼ科の魚。顔を中心に無数に斑点があるのが特徴。
いわゆる雑魚で、「釣った」と思った瞬間、ガッカリ感と笑いを誘う、憎いあんちきしょー!

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

北海道川原版へようこそ

お勧めブログ&サイト

このブログをリンクに追加する

問い合わせ等

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

RSSフィード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

北海道川原版
北海道の川のイベント、施設、川魚、植物、アウトドアや歴史、自然写真。 川原から北海道をめぐる情報ブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海の日なのに山麓を歩く
この3連休、お天気に恵まれず、海という気分になれなかったので、藻岩山麓付近をうろちょろしてみました。
地上から地下を流れる堺川や、藻岩浄水場からの水路があちこちに見え隠れして、川がないのに激しい水音が聞こえてくる不思議な空間。(地下から個人所有の土地の横、雑木林を流れる)

ここ最近、クマ笹よりもイタドリを多く見かけるようになったと思うのは、わたしだけでしょうか。里山はもちろん、道路沿いに自生する姿を多くみかけます。
イタドリの花。とても細やかで、よく見ると愛らしい
今時期、遠くからだと白い草にしか見えない白い小花が一斉に開いています。近づいてよぉーく見ると、微妙にピンクが入っていて、案外愛らしいものです。

そして、覚えたばかりなので、やたらめったら目につく、オオウバユリ!
一度覚えると目に付いてしょうがないオオウバユリ
いっぱい咲いているけれど、じつは、この株にはもう一生出逢えない(一度咲くと使命を終える)。今夏出会えたことに、♪ルネッサァーンス!♪

なんてことはないのだけれど、
子どもが小学校の低学年の頃、毎日のように服にくっつけて帰ってきた、くっつき草!(オナモミ属)
オナモミ属。これにくっつかれるとしつこい!
懐かしくって、思わず撮ってしまいました。これ、一度くっつくと、なかなか取れないんです。男も女も、しつこすぎるのはノン・ノノン!

曇りぐらいがちょうど良いからでしょうか。藻岩山登山道は、とても混んでいました。
とても混んでいた藻岩山登山道。スズメバチとヒグマに注意!
中腹まで登ろうと思ったのですが、スズメバチが多かったので撤退!

でも、帰り道にはアジサイ群をたくさん見かけたので、足取りも軽い。
色が変化するアジサイ
花の形も、色が変化するところも、種類がいっぱいなところも、、、
雨が似合うアジサイは、夏の花の中で一番好きです。

でも、そろそろ晴れ間が恋しいなぁ~

にほんブログ村 地域生活ブログ 北海道情報へ

テーマ:札幌/北海道の地域ネタ - ジャンル:地域情報

■ この記事に対するコメント

オオウバ百合って(大姥百合)って書くのかしら?
それにしても一度っきりの命なんて、な~んて潔いのかしら☆彡

20日キタラに行った時、川が流れ居ていて紫陽花が綺麗だったよ☆彡
あの川ってなんて名なの?
キタラの附近を歩くのって、チョット違った札幌風景が広がっていて良いですよね!
金澤を、思い出しました。
【2008/07/22 09:59】 URL | みかんちゃん #eoiZu7NI [ + 編集 +]

みかんちゃんへ
先ほど「お魚歳時記」を読んだのですが、
お魚なくって、大変ですね~ 明日はきっと良いホッケが入ってきますよーに♪

そうそう、オオウバユリは「姥」なんですよぉ~ あんまりな漢字名です・・・
この花は、数年しか咲かないと聞いていたのですが、咲かないのでなくて、1回咲くと株毎枯れるそう。それを知ってからは、生命を残そうという力強い美しさを感じてしまいますね。もしかしたら、小林峠を通る辺りにも咲いてるかもしれません。おっと、安全運転ですよ!

20日はキタラに行ってきたのですね! アジサイというと、裏側の入口のところですね!
ハイ、あそこは鴨々川で、ススキノを抜けると創成川と呼び名が変わって、みかんちゃんの近所に流れていきますよね~
じつは、中島公園では、あのアジサイの鴨々川の辺りが大好きなんです! 紅葉の時期も北海道じゃないような佇まいですよ~
【2008/07/22 11:01】 URL | ヌマチチブ #- [ + 編集 +]


北海道にお住まいなら遠出する必要がないでしょう?
市内だけでも自然がいっぱいですものね。

スズメバチは「いけません」下手したら命を落としますものね。

ご無事で何よりでしたっ( ^)o(^ )ほっ
【2008/07/22 15:37】 URL | ジュマ #- [ + 編集 +]

ジュマさんへ
そうそう、この辺りは、ジュマさんをさんざん歩かせてしまった、カレーうどん屋さんの近所なんですよ!
ホームグラウンドです。
(あの神社にちゃーんとお願いしてきましたので!)

この前のサミット警備でも、一番心配なのはヒグマという噂が立つほどの北海道で、ヒグマとともに怖いのがスズメバチで。大スズメバチになると、8cmぐらいはありますよね!わたしなんて、一瞬であの世行きでございます。
山歩きは、スズメバチが出てこない、春に限りますね。気をつけます!
【2008/07/22 17:53】 URL | ヌマチチブ #- [ + 編集 +]


こんばんは♪
紫陽花を見ると、今やとても涼しく感じます♪^^オナモミもすっかり見かけなくなったと思ったら、いつの間にか絶滅危惧種に指定されていました。メダカやテントウムシなど、日本の風物詩が次々と消えて行くのは寂しいものですね☆^^
【2008/07/22 21:28】 URL | mikomai #- [ + 編集 +]


藻岩山登山道ですかぁ、いいなぁ面白そうw(^-^)w
いろんな草木の名前を覚えると楽しいですよね^^
砂川の石山公園にでも行ってみるかなぁ^-^
【2008/07/23 07:32】 URL | 柴犬U^ェ^U #- [ + 編集 +]

mikomaiさんへ
こんにちは!
アジサイは水に強いので、水際に映える点も一層涼やかですよね~
そして、オナモミも外来の帰化植物にとって代わられてるそうですね(涙) むかしは当たり前にいたモノが、どんどんいなくなっていくのが、外を歩くと感じます。。。てんとう虫も、そういえば見かけません。
【2008/07/23 08:18】 URL | ヌマチチブ #- [ + 編集 +]


くっつき草=「ばか」って子供の頃にみんなで言ってました~。
「あぁ~~ばかがくっついてる~」とかって。
紫陽花は、最近歩いていると庭に咲いているのをよく見かけます。
スズメ蜂は危ないですね!刺されたら大変^^;
子供の頃に、怖いもの知らずでいたずらしたことがあります。
【2008/07/23 08:22】 URL | くま8 #- [ + 編集 +]

柴犬さんへ
藻岩山は、ロープウェイで頂上に何度か行ったことがあるのですが、登山となると学生時代以来で。この時期は、高山植物が見頃なのでしょうね~ ぜひ、石山公園に行ってみてください!

柴犬さんは野鳥にくわしいですよね。ちょっとずつ名前や生態がわかると、なんだか情がうつってしまいます(笑) やはり、自然には癒されますね!
【2008/07/23 08:23】 URL | ヌマチチブ #- [ + 編集 +]

くま8さんへ
そうそう、くっつき草には、そんなニックネームもありましたっけ!
なんにしろ、子どもにいじられるキャラですよね、この草は~
でも今、レッドデータブックに登録されるほど希少種なんだそうです。なんだか、、、子どもの頃に取りすぎたかなって思ったり(笑)

くまさんは、子どもの頃にスズメバチにいたずらしたのですか? 命知らずですね~
思うんですが、カラスでもスズメバチでも、大きくなったと思いません? 藻岩山にいたスズメバチは、「ブーーーン」とF1マシンのようなけたたましい音と姿でした。ひるみました~
【2008/07/23 09:06】 URL | ヌマチチブ #- [ + 編集 +]


私も海の日に「山」に行ってましたヾ(≧▽≦)ノ
天気が悪くて「海」気分ではなかったですからね~
いや~晴れ間が恋しい・・・・

オオウバユリは、名前がいけません!
もっといい名前がなかったのかしら・・・・・(という花は結構あります)
その株はその年にしか見られないオオウバユリ、やはり豪快です。
夏を謳歌しちゃってますね。
藻岩山登山道もさすが人気のスポット!
曇った日も、木々の中を歩いているとあまり気にならないのが不思議。
少々の雨でもいけちゃいますからね。
はぁ・・・・晴れ間よ何処へ・・・・
【2008/07/23 11:44】 URL | ezomomonga #H94ZE/5g [ + 編集 +]

ezomomongaさんへ
今、お邪魔して、ドキドキしながら読んでまいりました。次はどうなっちゃうの?オダジョー!
ほんと、もうそろそろ晴れてくれなきゃ、夏が終わってしまいますよね(涙)

そして、オオウバユリの名前に関しては同感です!
カナも読みづらいと思ったのですが、漢字になると「姥」~ 「姥桜」に「姥捨て山」・・・
シャケやホタルのようなはかない花なのに、これじゃあ、いじわるそうです。
(見た目はオオシシウドぐらいの大迫力で、はかなさは全く感じられませんが)

登山道では、人生の先輩方の健脚と度胸の良さに、敬服した次第です。大音響の羽音でビュンビュン接近するスズメバチなんざ、もろともせずに進んでいました。
見習わないといけませんね。でもこの登山道、じつはかなり薄暗いのです。
【2008/07/23 14:29】 URL | ヌマチチブ #- [ + 編集 +]


やっぱり鴨々川だったんですね☆彡
素敵!そこの景色・・・ジュマさんと散歩したかったね♪

ところで、オオウバ百合の字体は『大ババア』みたいでチト違和感があるけど、
江差に姥神神社という立派な神社があるし・・・
姥というのは女が老いる=老いた女は一目置かれているのかも(^^♪
小林峠を通る時、チラっと探してみるね♪

峠と言えば幌美峠のラベンダー・・・今年はもう終わりかな?
去年教えて貰って行ったけど、感動でした☆彡
【2008/07/23 17:44】 URL | みかんちゃん #eoiZu7NI [ + 編集 +]

みかんちゃんへ
去年のジュマさんと歩いた日、中島公園の鴨々川に迷いサクラマスが数匹現われて、産卵行動をしたんです! ジュマさんパワー恐るべし!
後から聞いて残念で残念で。ジュマさん、シャケの産卵見たいって言ってたし、サクラマスはシャケより遡上数が少ないから、めったに観られない~ こればっかりは自然相手だから、しょうがないです(涙)

そしてすっかりコメント欄にて盛り上がってる「姥」論争!
そうなんですよね、言葉としてはおめでたいというか、「姥神」は何よりも強そうだもの。
オオウバユリも、そういったパワーを持ってる気がします。運転中は気をそらすと危ないですが、この姥神は存在感があるので、咲いていれば見つかると思いますよ。
【2008/07/23 18:02】 URL | ヌマチチブ #- [ + 編集 +]


■ この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する。


■ この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kitanokawa.blog50.fc2.com/tb.php/498-a9ee8ffe
この記事にトラックバックする。(FC2ブログユーザー)
北海道川マップ

豊平川ガイドマップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)
石狩川ガイドマップ
(財団法人石狩川振興財団より)
天塩川マップ
(北海道開発局旭川開発建設部より)
釧路湿原周辺拡大地図
(北海道開発局釧路開発建設部より)
尻別川利用マップ
(北海道開発局小樽開発建設部より)
鵡川河口干潟の自然
(苫小牧地方環境監視センターより)
常呂川流域親水マップ
(北海道開発局網走開発建設部より)
網走川流域親水マップ
(北海道開発局網走開発建設部より)
空知川ガイドマップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)
幾春別川りばーマップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)
雨竜川りばーマップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)
砂川遊水地周辺マップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)

空から見た蝦夷の川

空から見る石狩川
空から見る天塩川
空から見る夕張川
空から見る湧別川
空から見る常呂川
空から見る亀田川

ブログ内検索

北海道防災情報

国土交通省川の防災情報・北海道版
北海道防災(北海道の防災情報ポータルサイト)
あなたの町のハザードマップを見る

石狩川のネットマガジン・川と人

石狩川振興財団が制作・発行する「川と人」は、大河石狩川と水系の歴史や治水、石狩川が流れる流域市町村の歴史や最新情報、レジャースポットなどを、川の専門的な視点でまとめています。
川と人

川遊びグッズ

子どもでも簡単!


いつも売切れな川靴


雪の中でも楽々~


いざ!という時に投げる
P-136K型

転倒時に頭をガード
ヘルメット・プロテック・フルカットWHT

命のライフジャケット
子供用ライフジャケット(小児用)TK-13B

川へ、蝦夷へGO



北海道のお天気は?


-天気予報コム- -FC2-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。