いらっしゃいませ

プロフィール

ヌマチチブ

Author:ヌマチチブ
川は身近な自然であり、北海道の歴史を物語ります。
そんな北海道の川の素晴らしさを、わかりやすく、老婆心も交えつつ、お伝えしたいと思います。

間違ってる箇所も多々あると思いますので、よろしければ教えてくださるとうれしいです。
どうぞ、ごゆるりと・・・
………………………………………
ヌマチチブとは、日本中に広く分布する頭が大きくずんぐりしたハゼ科の魚。顔を中心に無数に斑点があるのが特徴。
いわゆる雑魚で、「釣った」と思った瞬間、ガッカリ感と笑いを誘う、憎いあんちきしょー!

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

北海道川原版へようこそ

お勧めブログ&サイト

このブログをリンクに追加する

問い合わせ等

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

RSSフィード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

北海道川原版
北海道の川のイベント、施設、川魚、植物、アウトドアや歴史、自然写真。 川原から北海道をめぐる情報ブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サケが上る漁川と花ロードえにわ
昨日は思わせぶりな終わり方をしてしまったので、つづきを・・・


――『今、サケがすごく来てるから、早く見においで!』

恵庭の知人から連絡を受けたのは、もう3年も前の9月中旬頃でしょうか。
インディアン水車の千歳は有名ですが、恵庭市内を貫くように流れる漁川は、明治のずっと前からサケの漁場の記録があるほど、たくさんのサケが遡上するです。

しかし、床止めができて以来、漁川からサケの姿は消えた――


正確にいえば、床止めの前でサケは留まっていました。
治水・治山や農業の、いわば人のためにつくられた施設は、サケや魚にとっては障害物でしかない。

人と自然との共生のむずかしさ。
このすぐ上流には、涌き水があり、産卵に最適な場所があるというのに。


恵庭では商工会議所が中心となって、「恵庭サケの会」を組織、稚魚を毎年子供達と放流していました。
また、「せっかく死力を尽くして遡上してるのに、これでは可哀想…」と、高まりつつある市民の声。

ちょうど国が展開する、「魚がのぼりやすいづくり」という事業のモデルに石狩が承認され、魚道整備が進められました。
支流・漁川の、例の床止めにも設置されることに。

こうして、市民の悲願だった、漁川にサケがふたたび遡上するようになり、わたしも現地に向ったのです。


産卵している? 産卵しそうな?
サケの姿、見えますか?メス一匹に対してオス数匹の、大変なラブアプローチ合戦(笑) うらやましい!

サケ


ここは、国道36号線と漁川が交差する恵庭大橋の真下です。
わたしとサケ達の距離は、4,5mほど・・・

ゆっくり尾を振ると、水面に波ができるほど、大きな魚と実感。

もちろん、全道一の交通量を誇る頭上は、車がビュンビュン走っています。
都市の喧騒の中で繰り広げられる自然の営みに、言葉もありません。


この豊かな環境を広く知ってもらうために、恵庭市では南島松地区に道の駅「花ロードえにわ」を整備しました。
7月にはセンターハウスがオープン、入込み数1位を誇る長沼町の道の駅の1ヶ月の入込みを軽がるクリアするほど盛況です。

さらに恵庭市は、数年前からJR恵庭駅と主要施設を結ぶ歩行空間ネットワークを整備し、漁川の黄金橋から漁川橋までをバリアフリー化しました。

すべての人が、自然の鼓動を真近で感じる事ができるのです。
また、これに合わせ、子供達が川を知るための施設・ウォーターガーデンも現在整備中。

グランドオープンは来年ですが、もちろん、サケの遡上は見られますし、花ロードえにわの焼きたてパンは、すぐに売切れになるほどだそうです。

生命の神秘に触れに、そして元気をもらいに、この秋、漁川に遊びにいきませんか?
■ この記事に対するコメント

ヌマチチブさん
5年ほど前に、道南で同じような鮭の産卵風景を目の前で見て感動したことがあります。
あの時は支笏湖で流木を集めてジンギスカンをして、岩手から来たOLと湖畔の露天風呂で混浴することになり、同僚なんかあわてて、風呂じゃなく湖の水に飛び込んだヤツもいましたよ。。。
あ、そうそう、鮭は、サーモン博物館!?みたいなのがあって、そこでたくさんのサケマス科の魚を確認して、目の前の川でちょうど産卵してましたよ。
秋の北海道、ナナカマド、シラカバの色づく山々、いいなあっておもいます。
【2006/09/09 01:39】 URL | isshy #- [ + 編集 +]

isshy さんへ
コメントありがとうございます。

最近は、秋はサケの遡上、春は稚魚の放流と、サケづくしです。どんどん、サケが食べられなくなるほど(笑)、情が移ってますね~

<5年ほど前に、道南で同じような鮭の産卵風景を目の前で見て感動したことがあります

熊石町の後志利別川かな? この川、日本でも有数のきれいな川なんです。
サケの滝登りや遡上・産卵って、言葉が出ない感動ですよね。何度見ても、感動しますね。

<岩手から来たOLと湖畔の露天風呂で混浴することになり、同僚なんかあわてて、風呂じゃなく湖の水に飛び込んだヤツもいましたよ

あっは! 楽しそう! いい思い出ができましたね~

北海道には、サケミュージアムが、知ってるところで3つあります。
1 千歳サケのふるさと館(有料)
2 札幌サケ科学館(無料)
3 標津サーモン科学館

こんな感じだったかと、、、わたしは札幌のによく行きます。

ところでisshyさんは、すごく北海道をご存知ですね!
とってもうれしくなりま~す!!!
【2006/09/09 09:37】 URL | ヌマチチブ #- [ + 編集 +]


■ この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する。


■ この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kitanokawa.blog50.fc2.com/tb.php/58-fb6068f0
この記事にトラックバックする。(FC2ブログユーザー)
北海道川マップ

豊平川ガイドマップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)
石狩川ガイドマップ
(財団法人石狩川振興財団より)
天塩川マップ
(北海道開発局旭川開発建設部より)
釧路湿原周辺拡大地図
(北海道開発局釧路開発建設部より)
尻別川利用マップ
(北海道開発局小樽開発建設部より)
鵡川河口干潟の自然
(苫小牧地方環境監視センターより)
常呂川流域親水マップ
(北海道開発局網走開発建設部より)
網走川流域親水マップ
(北海道開発局網走開発建設部より)
空知川ガイドマップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)
幾春別川りばーマップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)
雨竜川りばーマップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)
砂川遊水地周辺マップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)

空から見た蝦夷の川

空から見る石狩川
空から見る天塩川
空から見る夕張川
空から見る湧別川
空から見る常呂川
空から見る亀田川

ブログ内検索

北海道防災情報

国土交通省川の防災情報・北海道版
北海道防災(北海道の防災情報ポータルサイト)
あなたの町のハザードマップを見る

石狩川のネットマガジン・川と人

石狩川振興財団が制作・発行する「川と人」は、大河石狩川と水系の歴史や治水、石狩川が流れる流域市町村の歴史や最新情報、レジャースポットなどを、川の専門的な視点でまとめています。
川と人

川遊びグッズ

子どもでも簡単!


いつも売切れな川靴


雪の中でも楽々~


いざ!という時に投げる
P-136K型

転倒時に頭をガード
ヘルメット・プロテック・フルカットWHT

命のライフジャケット
子供用ライフジャケット(小児用)TK-13B

川へ、蝦夷へGO



北海道のお天気は?


-天気予報コム- -FC2-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。