いらっしゃいませ

プロフィール

ヌマチチブ

Author:ヌマチチブ
川は身近な自然であり、北海道の歴史を物語ります。
そんな北海道の川の素晴らしさを、わかりやすく、老婆心も交えつつ、お伝えしたいと思います。

間違ってる箇所も多々あると思いますので、よろしければ教えてくださるとうれしいです。
どうぞ、ごゆるりと・・・
………………………………………
ヌマチチブとは、日本中に広く分布する頭が大きくずんぐりしたハゼ科の魚。顔を中心に無数に斑点があるのが特徴。
いわゆる雑魚で、「釣った」と思った瞬間、ガッカリ感と笑いを誘う、憎いあんちきしょー!

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

北海道川原版へようこそ

お勧めブログ&サイト

このブログをリンクに追加する

問い合わせ等

名前:
メール:
件名:
本文:

北海道や国内情報満載

にほんブログ村 地域生活ブログへ
にほんブログ村 地域生活ブログ 北海道情報へ
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
ブログランキング【くつろぐ】
MITUKARE
総合情報サイト集

注目されてる言葉


  • 無料SEO

うれしはずかし全記事!

全ての記事を表示する

QRコード

QR

北海道川原版バナー

バナー1

バナー2

RSSフィード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

北海道川原版
北海道の川のイベント、施設、川魚、植物、アウトドアや歴史、自然写真。 川原から北海道をめぐる情報ブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北海道淡水魚保護フォーラム No.10 in 千歳
川で一生を過ごす陸封型をヤマベ(ヤマメ)、
夏のヤマベ(ヤマメ)

海に降りて大きく育った後に、故郷の川に帰って産卵活動をする降海型をサクラマス、
サクラマス
元は同じなのに育った環境で、生態も見た目もまるで違う、とても興味深い魚。
サクラマスはアジア固有種で、長良川のサツキマスや琵琶湖のビワマスなど希少な亜種も存在する、人との関わりが最も古いとされる魚でもあります。

むかしはその辺の河川や、水田の用水路にまで上ってきたほど、北海道に多く生息したそうですが、今はその姿を身近で見る機会は少なくなってしまいました。

サクラマスはサケと違い、1年以上川で過ごしてから降海するので、河川環境が資源量に強く影響します。こういった生態から、人工孵化で増やす事も、なかなかむずかしそうです。かつ、とても神経質。

むずかしいサクラマスの資源再生―
しかしながら北海道では、関係機関や団体が中心となって、再生に向けた取り組みが行われています。
今週末、サクラマスという魚を学び、再生活動の現状を知るフォーラムが開かれます。


北海道淡水魚保護フォーラム No. 10 in 千歳
ふるさとの魚、サクラマスを考える~生態系保全と再生~


2009年3月1日(日) 13:00-16:30 *入場無料
千歳市民文化センター中ホール(千歳市北栄2丁目2‐11)


【プログラム】(変更有り)
1 「イントロダクション:サクラマスってどんな魚?」
  水産総合研究センター北海道区水産研究所 森田健太郎さん
2 基調講演 「生物多様性条約が守る「生態系サービス」とは何か」
  横浜国立大学 松田裕之さん
3 講演「北海道のサクラマスと生息環境の現状」
  北海道立水産孵化場 宮腰靖之さん
4 話題提供&パネルディスカッション
「北海道における河川横断工作物基数とサクラマス沿岸漁獲量の関係」(北海道大学フィールド科学センター玉手剛さん)
「サクラマスの生活史を考えて、川づくり」(北海道技術コンサルタント 渡辺恵三さん)
「遊漁と河川利用、およびゾーニングについて」(フィッシングジャーナリスト 佐藤成史さん)
「生態系保全のための環境教育の役割」(札幌市豊平川さけ科学館 有賀望さん)

問い合わせ/森田健太郎さん(独立行政法人水産総合研究センター北海道区水産研究所)
TEL 0154-91-9136

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村

テーマ:札幌/北海道の地域ネタ - ジャンル:地域情報

■ この記事に対するコメント

ヌマチチブさんも、千歳市民文化センターに行ってたのでしょうか?
ハナカジカ、会場にいました。いつか、お目にかかりたいものです。
玉手剛さんの話を聞いて、環境アセスメントの大切さとか、そもそも
なにも人間が行わない内から、身の回りの自然環境を見る、記録すること
の大切さを感じました。
【2009/03/03 12:50】 URL | ハナカジカ #- [ + 編集 +]

さくら鱒のフォーラム☆彡
このフォーラムに参加したいと思ったのですが、28日と1日は東京から先生が来て
合唱のレッスンをする日で休めませんでした。
残念だったけど、ヌマチチブさんは参加したの?
さくら鱒、私の大好きな魚(食べるのが)なので・・・と言いながら
人間が一番の天敵なのかもね^_^;
川の大切さをこのブログで、学ばせて頂いています。
【2009/03/03 14:09】 URL | みかんちゃん #eoiZu7NI [ + 編集 +]

ハナカジカさんへ
残念ながら行きませんでした。わたしもハナカジカ様と、ぜひお会いしたいと思っていますよ。
フォーラムの様子は新聞の記事で読みましたが、北海道近海の漁獲量は激減してるそうですね。
ただ、真駒内川とか札幌市内でサクラマスの遡上数は年々増えているので、この環境を守っていきたいと、切実に思います。むかしは田畑の水路にまで遡上したそうで、その姿を見て、北海道に移住した大学の先生もいるそうです!
【2009/03/03 15:59】 URL | ヌマチチブ #- [ + 編集 +]

みかんちゃんへ
わたしはみかんちゃんから、サクラマスの美味を教えていただきましたよ~
サケに似ているけど、上品で食べやすく、本当に美味しいですよね。サクラマスはヤマベも含めて、わたしも大好きな魚です。自然産卵の様子や、遡上の滝上りを、この目で見たいと思ってるんですけどね。
もとはヤマベなので、上流のきれいな水のところまで遡上するから、サケよりもドラマチックだと思いますよ。

「人間のせい」で思い出しましたが、釧路川のクゥちゃんに釣り針と糸が絡まって、怪我してるそうなんですよ(涙; だれだ、釣り糸を川に捨てたのは!
【2009/03/03 16:07】 URL | ヌマチチブ #- [ + 編集 +]

クゥちゃんかわいそう(-_-;)
本当にあの釣り針は、痛々しかったぁ(ーー;)

色々な意見があると思うのですが、渓流釣りのキャッチ&リリースというのも
疑問に思います。
生き物をスポーツの相手にすると言うのも疑問に思うのですが。。。
釣ったらシッカリ美味しく食べたら良いと思うのですが・・・
渓流釣り愛好者の生の声を、聞きたいと思うのよね~
ブラックバスの問題だって。。。
渓流釣りの人って、自然愛好家のイメージがあるけど・・・???
【2009/03/05 13:06】 URL | みかんちゃん #eoiZu7NI [ + 編集 +]

みかんちゃんへ
うんうんうん!
大きな声では言えませんが、おっしゃる通りだと思ってます!!!

キャッチ&リリースするんだったら、食べるべきです。
魚が針を飲むって事は、人間で言えば大怪我だし、人が素手で触るのも魚にとってはヤケドに等しいと言われますからね。
釣り上げる数のみを競うスポーツフィッシングは、自然を愛するスポーツとは認めたくないですね。開発や自然破壊に意見する資格はないと思います。
【2009/03/05 15:59】 URL | ヌマチチブ #- [ + 編集 +]


■ この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する。


■ この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kitanokawa.blog50.fc2.com/tb.php/644-2b08a35e
この記事にトラックバックする。(FC2ブログユーザー)
北海道川マップ

豊平川ガイドマップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)
石狩川ガイドマップ
(財団法人石狩川振興財団より)
天塩川マップ
(北海道開発局旭川開発建設部より)
釧路湿原周辺拡大地図
(北海道開発局釧路開発建設部より)
尻別川利用マップ
(北海道開発局小樽開発建設部より)
鵡川河口干潟の自然
(苫小牧地方環境監視センターより)
常呂川流域親水マップ
(北海道開発局網走開発建設部より)
網走川流域親水マップ
(北海道開発局網走開発建設部より)
空知川ガイドマップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)
幾春別川りばーマップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)
雨竜川りばーマップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)
砂川遊水地周辺マップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)

空から見た蝦夷の川

空から見る石狩川
空から見る天塩川
空から見る夕張川
空から見る湧別川
空から見る常呂川
空から見る亀田川

ブログ内検索

北海道防災情報

国土交通省川の防災情報・北海道版
北海道防災(北海道の防災情報ポータルサイト)
あなたの町のハザードマップを見る

石狩川のネットマガジン・川と人

石狩川振興財団が制作・発行する「川と人」は、大河石狩川と水系の歴史や治水、石狩川が流れる流域市町村の歴史や最新情報、レジャースポットなどを、川の専門的な視点でまとめています。
川と人

ネットでいきもの調査

いきものみっけ

北海道グルメ

大人アウトドア

NIXONのクォーツ

マッキントッシュで
タータンチェック

セーラーのジャケット

今年も活躍パーカー

HUNTERの長靴!

防災トート!

川遊びグッズ

子どもでも簡単!


いつも売切れな川靴


雪の中でも楽々~


いざ!という時に投げる
P-136K型

転倒時に頭をガード
ヘルメット・プロテック・フルカットWHT

命のライフジャケット
子供用ライフジャケット(小児用)TK-13B

川へ、蝦夷へGO



北海道のお天気は?


-天気予報コム- -FC2-

送料がお得!




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。