いらっしゃいませ

プロフィール

ヌマチチブ

Author:ヌマチチブ
川は身近な自然であり、北海道の歴史を物語ります。
そんな北海道の川の素晴らしさを、わかりやすく、老婆心も交えつつ、お伝えしたいと思います。

間違ってる箇所も多々あると思いますので、よろしければ教えてくださるとうれしいです。
どうぞ、ごゆるりと・・・
………………………………………
ヌマチチブとは、日本中に広く分布する頭が大きくずんぐりしたハゼ科の魚。顔を中心に無数に斑点があるのが特徴。
いわゆる雑魚で、「釣った」と思った瞬間、ガッカリ感と笑いを誘う、憎いあんちきしょー!

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

北海道川原版へようこそ

お勧めブログ&サイト

このブログをリンクに追加する

問い合わせ等

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

RSSフィード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

北海道川原版
北海道の川のイベント、施設、川魚、植物、アウトドアや歴史、自然写真。 川原から北海道をめぐる情報ブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スズメかと思ったら
撮って確認して、びっくりした冬鳥2種―

凄まじいほどの目ヂカラに、いかにも頑丈そうな巨大な嘴。
自分の中で、「イカツイ野鳥」ナンバーワンの、シメ!
シメ
・・・シメシメ、やっと会えました(これが言いたかった)。
ずっと見てると、頭が金髪丸刈りに見えてきます。

シメは北海道で繁殖し、秋になると本州に渡っていくそうです。

そしてこちらは、
あらあら、怪我しちゃったの? と、一瞬ギョっとする、多分ベニヒワ!
たぶんベニヒワ
凄い数で群れをなし、まるで開幕したF1のように、何度も何度も同じ場所を旋回し、大騒ぎです!
ピットストップしてくれた瞬間を撮りました。

ベニヒワは、その年によって渡来数に著しい差があるそうなので、今季は多かったのかもしれません。
もうすぐ、渡っていくのかな? また来年会えるとうれしいです。

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村

テーマ:札幌/北海道の地域ネタ - ジャンル:地域情報

■ この記事に対するコメント

シメって名前なのですね~へぇ~!
それにしても、かっちょいい~(*^_^*)
惚れちゃいましたよ~☆
【2009/04/09 22:48】 URL | くま8 #SFo5/nok [ + 編集 +]

くま8さんへ
見ての通り、シメはこの嘴で、固い穀物とかを、バリバリ食べるそうですよ。
正面顔も決まってるんですよ。今度もし会えたら、ぜひ正面の、メンチきってる表情を捉えたいと思います。
「クローズZERO」の中にいても、おかしくないですよね!
【2009/04/10 08:23】 URL | ヌマチチブ #- [ + 編集 +]

ツッパッテルネ~
かなりツッパリ型だよね☆彡
急にコッチ向いて「なんだよ~バカヤロ~~~」って言いそうだね(爆)
でも良く見るとハンサムだわ。
【2009/04/10 18:53】 URL | みかん #eoiZu7NI [ + 編集 +]

みかんさんへ
そうそう、古いタイプのツッパリヤンキーですよね!
一方で、「うしろの百太郎」顔にも見えます。
一度見たら、絶対忘れられない顔でしょ、会えると良いですね!
【2009/04/11 11:14】 URL | ヌマチチブ #- [ + 編集 +]


こちらも昨日、ベニヒワとマヒワの大群(たぶん300羽ほど)が餌をついばんでいました!
まだ帰らないんだね~(笑)
結構、暖かくなったと思うんだけど。
冬に一度ベニヒワのことが新聞に載ったことがあるのですが「今年は少なめ」と。
私は毎日のように目にしていたので「?????」
道南も多かったようだし、札幌周辺でもよく目にするようだし、その情報は何処から来ているのでしょうね~

そして、冬の間は小さな群れに分かれていたベニちゃんたち、随分と大群に変わってきています。
もうすぐみんなで渡っていくのかなぁ~
やはり敵から身を守るために、より多くの数で飛んで行くのかしらね。
【2009/04/13 08:02】 URL | ezomomonga #H94ZE/5g [ + 編集 +]

ezomomongaさんへ
ベニヒワ群のあの落ち着きのなさといったら、シジュウガラの比じゃないですよね、数が多い分。
冬枯れの枝に、わずかに残る実をみんなで食べてると思うと、一斉に飛び立ち旋回。
これの繰り返しですよ! びっくりしました、最初に見た時は。
やっぱり、敵から逃れるため、一箇所に長く留まることができないのでしょうかね。

そしてこんなに多いのに、今年は少なめなんですか?
わからないもんですねぇ~
温暖化で、かなり暖かいのに、未だ留まってますね! 個人的には、可愛い姿が楽しめて良いのですが、これまた温暖化の影響でも受けてるのかと勘ぐると、心配になってきます。
【2009/04/13 08:22】 URL | ヌマチチブ #- [ + 編集 +]


■ この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する。


■ この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kitanokawa.blog50.fc2.com/tb.php/658-f26cb858
この記事にトラックバックする。(FC2ブログユーザー)
北海道川マップ

豊平川ガイドマップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)
石狩川ガイドマップ
(財団法人石狩川振興財団より)
天塩川マップ
(北海道開発局旭川開発建設部より)
釧路湿原周辺拡大地図
(北海道開発局釧路開発建設部より)
尻別川利用マップ
(北海道開発局小樽開発建設部より)
鵡川河口干潟の自然
(苫小牧地方環境監視センターより)
常呂川流域親水マップ
(北海道開発局網走開発建設部より)
網走川流域親水マップ
(北海道開発局網走開発建設部より)
空知川ガイドマップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)
幾春別川りばーマップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)
雨竜川りばーマップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)
砂川遊水地周辺マップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)

空から見た蝦夷の川

空から見る石狩川
空から見る天塩川
空から見る夕張川
空から見る湧別川
空から見る常呂川
空から見る亀田川

ブログ内検索

北海道防災情報

国土交通省川の防災情報・北海道版
北海道防災(北海道の防災情報ポータルサイト)
あなたの町のハザードマップを見る

石狩川のネットマガジン・川と人

石狩川振興財団が制作・発行する「川と人」は、大河石狩川と水系の歴史や治水、石狩川が流れる流域市町村の歴史や最新情報、レジャースポットなどを、川の専門的な視点でまとめています。
川と人

川遊びグッズ

子どもでも簡単!


いつも売切れな川靴


雪の中でも楽々~


いざ!という時に投げる
P-136K型

転倒時に頭をガード
ヘルメット・プロテック・フルカットWHT

命のライフジャケット
子供用ライフジャケット(小児用)TK-13B

川へ、蝦夷へGO



北海道のお天気は?


-天気予報コム- -FC2-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。