いらっしゃいませ

プロフィール

ヌマチチブ

Author:ヌマチチブ
川は身近な自然であり、北海道の歴史を物語ります。
そんな北海道の川の素晴らしさを、わかりやすく、老婆心も交えつつ、お伝えしたいと思います。

間違ってる箇所も多々あると思いますので、よろしければ教えてくださるとうれしいです。
どうぞ、ごゆるりと・・・
………………………………………
ヌマチチブとは、日本中に広く分布する頭が大きくずんぐりしたハゼ科の魚。顔を中心に無数に斑点があるのが特徴。
いわゆる雑魚で、「釣った」と思った瞬間、ガッカリ感と笑いを誘う、憎いあんちきしょー!

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ

北海道川原版へようこそ

お勧めブログ&サイト

このブログをリンクに追加する

問い合わせ等

名前:
メール:
件名:
本文:

北海道や国内情報満載

にほんブログ村 地域生活ブログへ
にほんブログ村 地域生活ブログ 北海道情報へ
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
ブログランキング【くつろぐ】
MITUKARE
総合情報サイト集

注目されてる言葉


  • 無料SEO

うれしはずかし全記事!

全ての記事を表示する

QRコード

QR

北海道川原版バナー

バナー1

バナー2

RSSフィード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

北海道川原版
北海道の川のイベント、施設、川魚、植物、アウトドアや歴史、自然写真。 川原から北海道をめぐる情報ブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

創成川でゾウが大暴れ!?
現在、本年で140年を迎える北海道神宮祭「札幌まつり」が、札幌で開かれています。

明日、16日(火)は、お祭りの目玉である神輿渡御。
9時30分から16時30分まで、札幌中心部を練り歩きます。

以前にも触れたかと思いますが、
この「札幌まつり」の露店場所は、昭和34年まで創成川の上でした!
そして本日6月15日は、中心部をゾウが逃げ回った日でもあります。


「札幌神社」(北海道神宮)の例祭が6月15日に決まったのは明治初期で、見世物小屋が出たのは明治25年、南2条東3丁目に「木暮サーカス」がトラを見せたのが初めと言われています。

明治32年になると、見世物小屋は南1条西1丁目の創成川西側に移り、南1条~三条橋まで、川の上を丸太や板で覆って、その上にテントがたくさん建ち並んだそうです。
小屋の床を見れば、板の間から川の流れが見えたそうで、なんともスリリングな経験!

さらに昭和5年からは、見世物小屋は創成川に集約され、通りはますます賑やかになりました。
見世物小屋、露店、サーカス小屋、お化け屋敷、猛獣使い・・・

しかし昭和34年6月15日、お祭りの最中にサーカス小屋が火事になり、小屋4つを焼き尽くし、哀れ檻の中のトラやライオンなどが焼死。
それどころか、なんとゾウが町中に逃げ出し、一般民家に乱入して閉じこもる事件に発展したというのですから、大変な騒ぎだったことが容易に想像がつきます。

この騒ぎで見物客数人がケガをし、この事件がきっかけとなって、会場が中島公園に移されました。

*参考資料:札幌市中央区-歴史の散歩道を編纂
http://www.city.sapporo.jp/chuo/gaiyo/history/index.html
当時の札幌まつりの写真が掲載されています。


当時はきっと、ゴジラが出没するほど、中心部は大パニックだったと思いますが、
創成川の札幌まつりのエピソードを聞く度に、なんともいえない懐かしさや微笑ましさが、こみ上げてくるのはなぜでしょう。

その賑わいを実際に経験していないのが残念でしようがないですが、狸小路と二条市場の、まるで前に進まない年末の尋常じゃない賑わいは知っているので、想像はできます。

現在、創成川は緑の空間として整備中ですが、完成した暁には、「札幌まつり」ほどとはいかないまでも、つねに憩いをもとめる人々の姿がある、これぞ札幌ソウルリバーになってほしいものです。

テーマ:札幌/北海道の地域ネタ - ジャンル:地域情報

■ この記事に対するコメント

懐かしいお話
昭和の好き時代だったですね。
創成川の上のサーカス・・・覚えています。
床の隙間から川が流れるのが見えて、「帰ろう 帰ろう」と言った事を憶えているワァ~
臆病者だったんです^_^;

ところで『おさかな歳時記』をブログに変更せざるえなくって
ブログ作りました^_^;
と言ってもブログと呼べるかどうか???
【2009/06/16 17:43】 URL | みかん #eoiZu7NI [ + 編集 +]

みかんさんへ
>床の隙間から川が流れるのが見えて、「帰ろう 帰ろう」と言った

うわぁ~ うらやましいなぁ~(笑)
わたしは、往時の狸小路と雪祭りの賑わいは覚えてますよ。ほんと、ギュウギュウ詰めって感じで、押されまくって、「帰ろう、帰ろう」って言ってましたよ!

創成川でいえば、むかしのあのアンダーパスも、今となっては懐かしい感じがします。
時間が早く流れてるからですね、きっと。

そして、わたし的に待ちに待ってた本格的ブログ「おさかな歳時記」開設、おめでとうございます。深く考えず、人に気を使わず、好きな事を好きな時に更新すれば、いいと思いますよ。
【2009/06/17 08:20】 URL | ヌマチチブ #- [ + 編集 +]


■ この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する。


■ この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kitanokawa.blog50.fc2.com/tb.php/688-458dc0dc
この記事にトラックバックする。(FC2ブログユーザー)
北海道川マップ

豊平川ガイドマップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)
石狩川ガイドマップ
(財団法人石狩川振興財団より)
天塩川マップ
(北海道開発局旭川開発建設部より)
釧路湿原周辺拡大地図
(北海道開発局釧路開発建設部より)
尻別川利用マップ
(北海道開発局小樽開発建設部より)
鵡川河口干潟の自然
(苫小牧地方環境監視センターより)
常呂川流域親水マップ
(北海道開発局網走開発建設部より)
網走川流域親水マップ
(北海道開発局網走開発建設部より)
空知川ガイドマップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)
幾春別川りばーマップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)
雨竜川りばーマップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)
砂川遊水地周辺マップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)

空から見た蝦夷の川

空から見る石狩川
空から見る天塩川
空から見る夕張川
空から見る湧別川
空から見る常呂川
空から見る亀田川

ブログ内検索

北海道防災情報

国土交通省川の防災情報・北海道版
北海道防災(北海道の防災情報ポータルサイト)
あなたの町のハザードマップを見る

石狩川のネットマガジン・川と人

石狩川振興財団が制作・発行する「川と人」は、大河石狩川と水系の歴史や治水、石狩川が流れる流域市町村の歴史や最新情報、レジャースポットなどを、川の専門的な視点でまとめています。
川と人

ネットでいきもの調査

いきものみっけ

北海道グルメ

大人アウトドア

NIXONのクォーツ

マッキントッシュで
タータンチェック

セーラーのジャケット

今年も活躍パーカー

HUNTERの長靴!

防災トート!

川遊びグッズ

子どもでも簡単!


いつも売切れな川靴


雪の中でも楽々~


いざ!という時に投げる
P-136K型

転倒時に頭をガード
ヘルメット・プロテック・フルカットWHT

命のライフジャケット
子供用ライフジャケット(小児用)TK-13B

川へ、蝦夷へGO



北海道のお天気は?


-天気予報コム- -FC2-

送料がお得!




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。