いらっしゃいませ

プロフィール

ヌマチチブ

Author:ヌマチチブ
川は身近な自然であり、北海道の歴史を物語ります。
そんな北海道の川の素晴らしさを、わかりやすく、老婆心も交えつつ、お伝えしたいと思います。

間違ってる箇所も多々あると思いますので、よろしければ教えてくださるとうれしいです。
どうぞ、ごゆるりと・・・
………………………………………
ヌマチチブとは、日本中に広く分布する頭が大きくずんぐりしたハゼ科の魚。顔を中心に無数に斑点があるのが特徴。
いわゆる雑魚で、「釣った」と思った瞬間、ガッカリ感と笑いを誘う、憎いあんちきしょー!

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

北海道川原版へようこそ

お勧めブログ&サイト

このブログをリンクに追加する

問い合わせ等

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

RSSフィード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

北海道川原版
北海道の川のイベント、施設、川魚、植物、アウトドアや歴史、自然写真。 川原から北海道をめぐる情報ブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時代をつなぐ架け橋・美しき旭橋
いくつもの時代と思い出を刻みながら、人々の暮らしをみつめてきた橋がある


何度見ても飽きない、いつまでも見ていたい、オリーブグリーンのアーチ橋。
旭川市中心部の石狩川と牛朱別川との合流地点に架かる、北海道遺産・旭橋だ。

旭橋1

旭町側から見た旭橋(H17.10月下旬)

旭橋の歴史は、明治25年の土橋に始るといいます。
初代旭橋は明治37年に架けられた鋼橋でしたが、大正末になると木製部分を中心に老朽化が進み、増加する交通量に対応できなくなった事などから、架け替えが要望されました。

昭和2年、橋梁形式にブレースト・リブ・バランスト・タイドアーチ橋を採用、昭和7年に竣功しました。
日本でこの形式の橋は岩手県一関市の北上大橋、東京都荒川区/墨田区の白髭橋、岐阜県岐阜市の忠節橋、そして旭橋の4例しかありません。

旭橋2

旭橋の放水(H17.7月下旬)

旭橋は単に、川を隔てて隣り合うまちを結ぶだけでなく、師団に通ずる軍事的にも重要な意味合いを持つ、軍都・旭川の象徴でもありました。

戦時に敵に橋脚が攻撃されても耐えられるように、また戦車が通行可能なよう強靭な構造で、『激流と戦う戦艦』とも称されました。

かつて、何万人もの将兵が、この橋を渡って出征した・・・

橋の正面には第七師団長佐藤巳之助中将による「誠」という文字を中心に、忠節、礼儀、武勇、信義、質素の軍人勅諭網領が書かれた旭日章が高く掲げられ、電車が橋の上を通過する時、「気をつけ!」と車掌が号令をかけたといいます。

その後、シンボルであるランタンが水銀灯に変わるなど、当時の国の事情等に翻弄されましたが、昭和57年頃から、「元の瀟洒な姿に戻そう」という声が市民の間で高まり、昭和58年12月14日、「照明灯復元完成記念点灯式」が挙行され、ランタンに浮かび上がる美しい姿が復元されました。

旭橋3

ライトアップされた旭橋(H17.1月下旬)


★平成4年『旭橋60周年記念』

★平成14年『日本を代表する大型のバランスト型のタイドアーチ橋』として、土木学会選奨土木遺産に認定

★平成16年、いくつもの時代と思い出を刻みながら、人々の暮らしを見つめてきたシンボル「北海道遺産」認定





わたしは、この橋を車で渡った時の感動を忘れる事ができない。
鉄そのものの重厚さ、緩やかな曲線の優美さ。
ほのかに揺れるオレンジのランタン・・・

背後にそびえる大雪山連峰、そこから流れ出た大河・石狩川との息を飲むほどのコントラストの見事さ。
付近には旭川市民のオアシス・常盤公園も広がり、川のまち旭川のグッドルッキングなウォータースポット。


北海道では、札幌市豊平橋、釧路市幣舞橋と共に北海道三大名橋といわれましたが、現在では旭橋のみが架橋当時の姿を残しているだけです。



世界に誇る橋梁技術を持ってしても、これほど趣ある橋を、現在つくることができるだろうか。

市民が愛して止まない旭橋を見るにつけ、わたしはそう思うのです。
そして、世界に誇る都市芸術そのものだとも・・・


旭橋ライブラリー(旭川道路事務所)
旭川八景
広報映像資料「旭橋物語」を貸出しています

※旭橋の写真はすべて、旭川市旭川市都市建築部景観課から許可を得て使用しているので、二次使用を堅く禁止します。
■ この記事に対するコメント
素晴らしい橋ですね
ヌマチチブさん
BLOG TITLE が変わっていたのですね。
いいタイトルだと思います。親しみやすいし・・・
さて、この橋迫力あるごっついいい橋ですねー。知りませんでした。長良川に架かる忠節橋はしってましたよー。
旭川には動物園もあるし、ぜひ一度行きたいです。
【2006/10/29 20:27】 URL | isshy #- [ + 編集 +]

isshy さんへ
ブログタイトル、変えてしまいました(汗)
お知らせしようかと、何度かコメントしようと思ったのですが、isshy さんの記事内容と、そぐわないため、ご報告が遅くなりました。
ごめんなさい。

<この橋迫力あるごっついいい橋ですねー。知りませんでした。長良川に架かる忠節橋はしってましたよー

ごっつくて、きれいな橋でしょ。
むかしはこういった曲線の橋が多かったですよね。
今は予算と機能に走りすぎて、みな一律に見えてしまうので、寂しい限りです。
でも、長良川の橋は知りませんでした。

旭川は、北海道の中で、今一番元気のあるまちです。
ぜひ遊びにいらしてくださいな。
【2006/10/29 21:09】 URL | ヌマチチブ #- [ + 編集 +]


■ この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する。


■ この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kitanokawa.blog50.fc2.com/tb.php/70-88c4afae
この記事にトラックバックする。(FC2ブログユーザー)
北海道川マップ

豊平川ガイドマップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)
石狩川ガイドマップ
(財団法人石狩川振興財団より)
天塩川マップ
(北海道開発局旭川開発建設部より)
釧路湿原周辺拡大地図
(北海道開発局釧路開発建設部より)
尻別川利用マップ
(北海道開発局小樽開発建設部より)
鵡川河口干潟の自然
(苫小牧地方環境監視センターより)
常呂川流域親水マップ
(北海道開発局網走開発建設部より)
網走川流域親水マップ
(北海道開発局網走開発建設部より)
空知川ガイドマップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)
幾春別川りばーマップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)
雨竜川りばーマップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)
砂川遊水地周辺マップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)

空から見た蝦夷の川

空から見る石狩川
空から見る天塩川
空から見る夕張川
空から見る湧別川
空から見る常呂川
空から見る亀田川

ブログ内検索

北海道防災情報

国土交通省川の防災情報・北海道版
北海道防災(北海道の防災情報ポータルサイト)
あなたの町のハザードマップを見る

石狩川のネットマガジン・川と人

石狩川振興財団が制作・発行する「川と人」は、大河石狩川と水系の歴史や治水、石狩川が流れる流域市町村の歴史や最新情報、レジャースポットなどを、川の専門的な視点でまとめています。
川と人

川遊びグッズ

子どもでも簡単!


いつも売切れな川靴


雪の中でも楽々~


いざ!という時に投げる
P-136K型

転倒時に頭をガード
ヘルメット・プロテック・フルカットWHT

命のライフジャケット
子供用ライフジャケット(小児用)TK-13B

川へ、蝦夷へGO



北海道のお天気は?


-天気予報コム- -FC2-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。