いらっしゃいませ

プロフィール

ヌマチチブ

Author:ヌマチチブ
川は身近な自然であり、北海道の歴史を物語ります。
そんな北海道の川の素晴らしさを、わかりやすく、老婆心も交えつつ、お伝えしたいと思います。

間違ってる箇所も多々あると思いますので、よろしければ教えてくださるとうれしいです。
どうぞ、ごゆるりと・・・
………………………………………
ヌマチチブとは、日本中に広く分布する頭が大きくずんぐりしたハゼ科の魚。顔を中心に無数に斑点があるのが特徴。
いわゆる雑魚で、「釣った」と思った瞬間、ガッカリ感と笑いを誘う、憎いあんちきしょー!

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

北海道川原版へようこそ

お勧めブログ&サイト

このブログをリンクに追加する

問い合わせ等

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

RSSフィード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

北海道川原版
北海道の川のイベント、施設、川魚、植物、アウトドアや歴史、自然写真。 川原から北海道をめぐる情報ブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガイド付西岡公園ホタル観察会
西岡公園管理事務所の職員の方が同伴し、
ホタルはもちろん、夜の自然を案内してくれる恒例の夏の催しが、今週末から始まります。

西岡公園 ホタル観察会
平成21年7月17日(金)、18(土)
         24日(金)、25(土)
         31日(金)       いずれも午後7時~8時30分頃まで

参加費:200円(保険代・資料代)
定 員:金曜日/20名   土曜日/15名(先着順)
対 象:小学生~大人
申込み:電話か窓口で必ず申し込むこと。定員になり次第締め切り
集 合:西岡公園管理事務所 Tel 011-582-0050
http://www.sapporo-park.or.jp/nishioka/


ホタル前線も、最終地の北海道に到着しましたが、北海道のホタル観察について、重要なお願いです!

最近、保全対象のホタルの成虫を捕まえて、家に持って帰ってしまう人が増えています。これは絶対に止めてください!

現在、道内で自然繁殖しているゲンジボタルはごくわずかで、それ以外は、地域の人達が飼育しているものです。北海道のホタルはこのような状況で、希少な生き物です。

かつ、ホタルの成虫の寿命は、わずか10日前後です。
採る人の多くは親だそうです。子どものことを思っての気持ちはわかりますが、あの幻想的な光の舞は自然の営みであり、ホタルはこの一瞬のために生きているといっても、過言ではありません。
どうか育った水辺で、自然繁殖させてあげてください。

捕まえる人が増えると、こういった催しもなくなったり、ホタルの生息地に関する情報も伏せられます(事実、増えています)

虫に限らず、自然のものは持ち帰らず、自然のままを愛でる気持ちが、環境保全につながっていくと思います。子ども達が大人になった時、豊かで素晴しい北海道であるために

テーマ:札幌/北海道の地域ネタ - ジャンル:地域情報

■ この記事に対するコメント
自然とのつきあいかた
そのとおり、ですね。自然の物は自然の環境の中で見させていただく。
高山植物などでも同じようなことがあります。美しい花を見れば折取る。
さらにひどいのは掘り採って持ち帰る。「大事な美しいもの」を
大切にしたいのならば、我一人のものにして自宅に置くのではなく
(大体が失敗に終わります)、その生き物が暮らしていける環境全体を
守ることが大切だと、みんなに判ってほしいです。
山野草で人気があるランの仲間や、高山植物は花屋で売っている一年草とは
違って、開花までに何年もかかっているのですから。
釣った魚も、できれば在来種はキャッチ&リリースしてほしいですね、
外来のニジマスやブラウントラウトはもちかえって、しっかり食べてしまって
くださいねー。
【2009/07/16 08:41】 URL | ハナカジカ #- [ + 編集 +]

ハナカジカさんへ
いやぁー、放流会の時、サケ稚魚のあまりの可愛さに、持って帰りたい衝動と戦いました!
今だって、それこそハナカジカやヌマチチブと出会い頭にぶつかっちゃったら、どう行動するか自信が持てません!(笑)

理性で押えるというより、子どもの頃の、野花やら虫を捕って帰ってきて、おっしゃるように死なせてしまった時の罪悪感のようなものが、今も持っていて、悪いことしたなぁ~という気持ちが押えるのでしょう。
こういう子どもの頃の経験値って、つくづく必要だなと思います。

でも、高山植物持ち帰るのは、圧倒的にお年を召したお方。この方々は、外にあるものは自分のものという、間違った感覚を変えようとしませんよね。まったくもって、この件については、怒り心頭です!
最近多い、山菜採りで行方不明になるケースも、「もっともっと」という気持ちが事故につながるわけで、「いい加減」という言葉を実践してほしいと思います。

今、子どもが悪いわけではなくて、大人がやっぱり悪いのですよね~
【2009/07/16 13:52】 URL | ヌマチチブ #- [ + 編集 +]


■ この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する。


■ この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kitanokawa.blog50.fc2.com/tb.php/704-77c90c7b
この記事にトラックバックする。(FC2ブログユーザー)
北海道川マップ

豊平川ガイドマップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)
石狩川ガイドマップ
(財団法人石狩川振興財団より)
天塩川マップ
(北海道開発局旭川開発建設部より)
釧路湿原周辺拡大地図
(北海道開発局釧路開発建設部より)
尻別川利用マップ
(北海道開発局小樽開発建設部より)
鵡川河口干潟の自然
(苫小牧地方環境監視センターより)
常呂川流域親水マップ
(北海道開発局網走開発建設部より)
網走川流域親水マップ
(北海道開発局網走開発建設部より)
空知川ガイドマップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)
幾春別川りばーマップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)
雨竜川りばーマップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)
砂川遊水地周辺マップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)

空から見た蝦夷の川

空から見る石狩川
空から見る天塩川
空から見る夕張川
空から見る湧別川
空から見る常呂川
空から見る亀田川

ブログ内検索

北海道防災情報

国土交通省川の防災情報・北海道版
北海道防災(北海道の防災情報ポータルサイト)
あなたの町のハザードマップを見る

石狩川のネットマガジン・川と人

石狩川振興財団が制作・発行する「川と人」は、大河石狩川と水系の歴史や治水、石狩川が流れる流域市町村の歴史や最新情報、レジャースポットなどを、川の専門的な視点でまとめています。
川と人

川遊びグッズ

子どもでも簡単!


いつも売切れな川靴


雪の中でも楽々~


いざ!という時に投げる
P-136K型

転倒時に頭をガード
ヘルメット・プロテック・フルカットWHT

命のライフジャケット
子供用ライフジャケット(小児用)TK-13B

川へ、蝦夷へGO



北海道のお天気は?


-天気予報コム- -FC2-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。