いらっしゃいませ

プロフィール

ヌマチチブ

Author:ヌマチチブ
川は身近な自然であり、北海道の歴史を物語ります。
そんな北海道の川の素晴らしさを、わかりやすく、老婆心も交えつつ、お伝えしたいと思います。

間違ってる箇所も多々あると思いますので、よろしければ教えてくださるとうれしいです。
どうぞ、ごゆるりと・・・
………………………………………
ヌマチチブとは、日本中に広く分布する頭が大きくずんぐりしたハゼ科の魚。顔を中心に無数に斑点があるのが特徴。
いわゆる雑魚で、「釣った」と思った瞬間、ガッカリ感と笑いを誘う、憎いあんちきしょー!

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

北海道川原版へようこそ

お勧めブログ&サイト

このブログをリンクに追加する

問い合わせ等

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

RSSフィード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

北海道川原版
北海道の川のイベント、施設、川魚、植物、アウトドアや歴史、自然写真。 川原から北海道をめぐる情報ブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「北の国から」の水辺から
「北の国」といっても、ミサイルで狙ってるマンセーな国じゃありません。

 
北の国といえば、フジテレビドラマ「北の国から」――
北海道富良野市を舞台にした、五郎に純、蛍の、小さな家族の大きな物語。
ご存知ですよねェ~ これに憧れて移住したり、北海道旅行にやってくる人は、未だ跡を絶たぬほど。

北海道の大自然の魅力をギュッと詰め込んだ名作です。
さて、このドラマの中に登場した、北海道の水辺。
ちょっとしたドラマのキーになっています。





“拝啓、恵子ちゃん。草太兄ちゃんは雪子おばさんの事が好きなわけで…”
連続ドラマ第18話――

岩城 滉一演じる草太は、自分のイカダに竹下 景子演じる雪子を乗せたかったが、ついつい見栄を張る。しかも草太の元彼女・つららが現われ、雪子は井関と不倫中、、、
ややこしい四角関係の中、行われた「空知川イカダ下り」。草太を軸に、3人の想いが、楽しいイカダ下りの様子と反比例するよに、交錯しました。

“大人って複雑なんだなぁ~”
こんな、ラブアフェアなイカダ下りって、見た事なかったです。


空知川イカダ下り(北海へそ祭り期間中) 毎年7月下旬頃
スタート:空知川・布部大橋下流~
布部大橋


ゴール:空知川・富良野大橋上流~
富良野大橋


北の国から Vol.3 北の国から Vol.3
田中邦衛 (2001/12/05)
ポニーキャニオン

この商品の詳細を見る





拝啓、恵子ちゃん。ぼくは東京にいるわけで、蛍もまた・・・”
'89帰郷――

蛍は中学卒業後、昼間は旭川の病院に勤め、夜は定時制の看護学校に通っていた。列車でいつも一緒になる青年勇次とほのかな恋を育む蛍。
五郎の誘いを断り、蛍は勇次と、彼の生まれた滝里村へいきます。
勇次は東京へ旅立つことを告白。空知川の川辺に立つ木の幹に、HとYのイニシャルを彫った(クリックすると画像が見られます)

その夜、来年から旭川に住むことを、五郎に伝える蛍。

蛍が可愛くってしょーがない五郎がとにかく哀しかったですね…

芦別市滝里地区には、現在、滝里ダムができています。
滝里ダム資料館は、滝里地区の様子を残すために建てられた資料館で、昔のまち並みや風景を、映像などで見ることができます。

滝里ダム資料館 芦別市滝里町288番地
滝里ダム

*写真は、滝里ダム上流のラベンダーゴルフコースから
(滝里ダム管理所所有写真)

北の国から 89 帰郷 北の国から 89 帰郷
田中邦衛 (2003/02/05)
ポニーキャニオン

この商品の詳細を見る





拝啓、恵子ちゃん。父さんがついにやりました。父さんはスゴイです
連続ドラマ当初――

両親の離婚で、突然東京から富良野の麓郷に連れてこられた純は、母親のいる東京に帰ることばかり考えていた。
五郎は、古い小屋に少しずつ文明を取り入れる事にトライしていく。その姿を見て、父親に尊敬を抱く純。

麓郷の森にたまたま登場する川。
純と蛍が水を汲みに行ったり、お母さんからの手紙が流されたり、ドラマティックな展開を、キラキラした流れが一層盛り上げていました。

個人的に、この川が気になり、地図で調べました。
たぶん、空知川の支流・布部川と、その支流の沢だと思われます。




母なる川と大地が影の主役だったと、つくづく思います。
改めて、連続ドラマから見直そうかなぁ~ 再発見がまだまだありそうです。

※文中のセリフはフィクション、あらすじは管理人がまとめたものですので、ご了承ください。
■ この記事に対するコメント
懐かしすぎだぁぁぁ
ななっなんと懐かしい空知川・・・
私は、このもっともっと奥の上流の方で小さい頃、遊んでました。私達は川でなく、“サワ”っと呼んでましたねぇ~

【2006/11/07 15:20】 URL | R #z8Ev11P6 [ + 編集 +]

Rさんへ
コメント、わざわざありがとうございます。

空知川上流の、サワで遊んでたんですか???
さぞや、大自然なんでしょうねぇ~ 
今だって、麓郷はすんごい森でしょ。むかし、五郎の丸太小屋を見に行ったら、でっかいハチの巣がありましたもん。

Rちゃんを育てた環境の素晴らしさに感謝ですね!
【2006/11/07 16:42】 URL | ヌマチチブ #- [ + 編集 +]

決意
ヌマチチブさん、こんにちは。
ワタクシ、恥ずかしながら「北の国から」って見た事ないんです。
変わり者ですかね(笑)
随分続いてたのに、最初を見てなかったので、いつか最初から見ようと思いながら今日に至りました(汗)
しかし、ヌマチチブさんのこの記事を見て一大決心!
この冬こそ、「北の国から」を通して観るぞぉ!
特に水辺のシーンは必見ですね。
野球のないオフシーズンしかゆっくり観る時間がないので(笑)、根雪になったらレンタルを決行します。
良いチャンスを頂いてありがとうございました。
【2006/11/12 00:02】 URL | kanae #- [ + 編集 +]

こっそりオススメ
私が小さい頃、よく父の会社の人達と行ったお気に入り?の場所をヌマチチブさんにコッソリ教えちゃいますねv-14

占冠村の名勝「赤岩青巌峡」です。特に紅葉時期は最高です。大人になってから一度も行ってませんがそんなには変わってない?と思います。

参考URLを送っておきますねv-221
http://c10edqma.securesites.net/~yukikan/kanko.htm

http://www.hokkaido-michinoeki.jp/data/67/67.pdf




【2006/11/12 01:14】 URL | R #z8Ev11P6 [ + 編集 +]

kanaeさんへ
キャァ―――!!!
お久し、ブリブリです。ウレシィ~~~

こんなところで、こっそりとやっていました(照)

あれ、PC環境整ったのですか? 
ブログはいつもチェックさせていただいてたので。

若い人で「北の国から」を見てない方って、案外多いですよ。
わたしもスペシャルの「初恋」ぐらいから、見たクチです。

数年前の日曜日のお昼に、再放送で連続ドラマだった頃のを放送してて、ハマリました。
純と蛍が小さな頃の、ドラマの方がオススメです。

アジアカップやってますが、全体的に野球シーズンも終わりましたからね。冬に見るにはいいと思います。
水辺も森も、大自然の描写は素晴らしいですよ。

わざわざ来ていただいて、本当にありがとうございます。
【2006/11/12 14:49】 URL | ヌマチチブ #- [ + 編集 +]

Rさんへ
あ――、名前と景色は知ってます。
有名なラフティングスポットですよね!

お父様が連れてってくださったんですか?

さすがに地元の人は、色々知ってますね。
わたしの知人に、南富良野でアウトドアツアーの会社をやってる方がいるので、この辺の水辺の素晴らしさは聞いてます。
今度、やりましょうか、ラフティング(笑)

秋の渓谷、、、
まだまだ北海道には素晴らしいところがいっぱいあるんですね。

貴重な情報、ありがとうございました。
【2006/11/12 14:53】 URL | ヌマチチブ #- [ + 編集 +]

MALICEさんへ
トラバ、ありがとうございます。
にしても、どこからコメント書いてるんでしょう(笑)
前後左右、上下、見渡してしまいましたよ!

えっ!? リンク先?
いやだね、いやなこった(笑)

・・・・・申しわけございませんでした。早速訂正いたします。
【2006/11/16 13:53】 URL | ヌマチチブ #- [ + 編集 +]


■ この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する。


■ この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kitanokawa.blog50.fc2.com/tb.php/72-7dc2ea91
この記事にトラックバックする。(FC2ブログユーザー)

「北の国から」資料館

ヌマチチブさん、こんにちわ。「北の国から」の記事でしたのでTBさせていただきました。お時間あるならリンク先を変更していただけたら、とってもうれしいです(^^ゞよろしくお願いします。 ☆北海道においでよ!☆【2006/11/14 14:56】

北の国から 89 帰郷

北海道の富良野を物語の軸に、そこに暮らす黒板五郎と、彼の子供たちの成長を描く、スペシャル版第4作。 五郎は大量の材木を仕入れ、自分一人で丸太小屋を作り始める。いつの日か、五郎、純、蛍がまた三人一緒で暮らすためなのか、図面には部屋が三人分用意されていた 1-kakaku.com【2006/12/06 00:29】

北海道旅行の観光スポット

こんにちは!突然のトラックバック失礼します。よろしければ北海道旅行について情報交換しませんか? 国内旅行・海外旅行の豆知識【2006/12/16 13:31】
北海道川マップ

豊平川ガイドマップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)
石狩川ガイドマップ
(財団法人石狩川振興財団より)
天塩川マップ
(北海道開発局旭川開発建設部より)
釧路湿原周辺拡大地図
(北海道開発局釧路開発建設部より)
尻別川利用マップ
(北海道開発局小樽開発建設部より)
鵡川河口干潟の自然
(苫小牧地方環境監視センターより)
常呂川流域親水マップ
(北海道開発局網走開発建設部より)
網走川流域親水マップ
(北海道開発局網走開発建設部より)
空知川ガイドマップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)
幾春別川りばーマップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)
雨竜川りばーマップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)
砂川遊水地周辺マップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)

空から見た蝦夷の川

空から見る石狩川
空から見る天塩川
空から見る夕張川
空から見る湧別川
空から見る常呂川
空から見る亀田川

ブログ内検索

北海道防災情報

国土交通省川の防災情報・北海道版
北海道防災(北海道の防災情報ポータルサイト)
あなたの町のハザードマップを見る

石狩川のネットマガジン・川と人

石狩川振興財団が制作・発行する「川と人」は、大河石狩川と水系の歴史や治水、石狩川が流れる流域市町村の歴史や最新情報、レジャースポットなどを、川の専門的な視点でまとめています。
川と人

川遊びグッズ

子どもでも簡単!


いつも売切れな川靴


雪の中でも楽々~


いざ!という時に投げる
P-136K型

転倒時に頭をガード
ヘルメット・プロテック・フルカットWHT

命のライフジャケット
子供用ライフジャケット(小児用)TK-13B

川へ、蝦夷へGO



北海道のお天気は?


-天気予報コム- -FC2-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。