いらっしゃいませ

プロフィール

ヌマチチブ

Author:ヌマチチブ
川は身近な自然であり、北海道の歴史を物語ります。
そんな北海道の川の素晴らしさを、わかりやすく、老婆心も交えつつ、お伝えしたいと思います。

間違ってる箇所も多々あると思いますので、よろしければ教えてくださるとうれしいです。
どうぞ、ごゆるりと・・・
………………………………………
ヌマチチブとは、日本中に広く分布する頭が大きくずんぐりしたハゼ科の魚。顔を中心に無数に斑点があるのが特徴。
いわゆる雑魚で、「釣った」と思った瞬間、ガッカリ感と笑いを誘う、憎いあんちきしょー!

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

北海道川原版へようこそ

お勧めブログ&サイト

このブログをリンクに追加する

問い合わせ等

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

RSSフィード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

北海道川原版
北海道の川のイベント、施設、川魚、植物、アウトドアや歴史、自然写真。 川原から北海道をめぐる情報ブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GWは旧幌内鉄道の世界へ1
北海道と鉄道というのは、とても深い関わりがあります。

北海道の鉄道は、関東・関西に次いで、明治13年に日本で3番目に開業されました。
明治13年というと、北海道の開拓がまだ緒についたばかりで、内陸のまちが形成されていない状態の時です。
本州のイギリス式に対して、北海道はアメリカの技術によって鉄道が建設され、車両などもアメリカ式だったのも大きな特徴です。

さて北海道の鉄道整備は、地質調査で北海道に大量の石炭が眠っていることがわかったことからはじまります。
官営による大規模で近代的な石炭開発。その後は民間が参入し、一気に石炭王国になった北海道では、農業による集団移住もなされていない山奥の地に、突如として近代的な都市ができ、縦横無尽に鉄道網がはりめぐらされたのです。

この鉄道網の整備によって、内陸の平野部の開拓は大きく進むなど、北海道開拓に鉄道が果たした役割は大変大きなものでした。一方で、舟運など川の交通の衰退のはじまりでもあったわけですが。

その記念すべき北海道初の鉄道が、官営幌内鉄道です。
現在の三笠市に幌内炭鉱が開坑され、石炭を道外に運ぶため、三笠から小樽までの鉄道が国によって敷設されました。
本年は開業から130年目に当たるそうですが、記念年を祝うような、素敵なプロジェクトが実現に向けて動き出しました。

三笠トロッコ鉄道
三笠市内に残された、旧幌内線「旧三笠駅~旧幌内駅」までのレール跡の往復5kmを走る、トロッコ列車の体験試乗!
使用する車両は、旧幌内線、旧池北線、旧温根湯森林鉄道(トロッコ1台+客車1台)で使用されていたものだそう。

現地体験受付/三笠トロッコ鉄道(メインステーション)クロフォード駅 01267-2-2255
本町931交差点角看板有/セイコーマート向
体験受付時間09:00~16:00(繁忙期は17:00) 運賃/大人 1200円~

くわしくは、カラマツトレイン内トロッコ鉄道運行事業部のホームページ
なんでも、駅横の幌内太川では橋上から魚釣(ヤマメ)ができるそうで、待ち時間の遊びも事足りるようです。
おっと、桂沢湖もお忘れなく~

なお三笠鉄道村では、鉄道村のヒーロー「ぽっぽレンジャー」による楽しいゲーム大会、プラレールプレイコーナー、掘り出し物いっぱいのフリーマーケットなどなど、ゴールデンウィークイベントも開催予定。
三笠鉄道村(北海道三笠市幌内町2丁目287 01267-3-1123)

テーマ:札幌/北海道の地域ネタ - ジャンル:地域情報

■ この記事に対するコメント

■ この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する。


■ この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kitanokawa.blog50.fc2.com/tb.php/771-a122e829
この記事にトラックバックする。(FC2ブログユーザー)
北海道川マップ

豊平川ガイドマップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)
石狩川ガイドマップ
(財団法人石狩川振興財団より)
天塩川マップ
(北海道開発局旭川開発建設部より)
釧路湿原周辺拡大地図
(北海道開発局釧路開発建設部より)
尻別川利用マップ
(北海道開発局小樽開発建設部より)
鵡川河口干潟の自然
(苫小牧地方環境監視センターより)
常呂川流域親水マップ
(北海道開発局網走開発建設部より)
網走川流域親水マップ
(北海道開発局網走開発建設部より)
空知川ガイドマップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)
幾春別川りばーマップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)
雨竜川りばーマップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)
砂川遊水地周辺マップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)

空から見た蝦夷の川

空から見る石狩川
空から見る天塩川
空から見る夕張川
空から見る湧別川
空から見る常呂川
空から見る亀田川

ブログ内検索

北海道防災情報

国土交通省川の防災情報・北海道版
北海道防災(北海道の防災情報ポータルサイト)
あなたの町のハザードマップを見る

石狩川のネットマガジン・川と人

石狩川振興財団が制作・発行する「川と人」は、大河石狩川と水系の歴史や治水、石狩川が流れる流域市町村の歴史や最新情報、レジャースポットなどを、川の専門的な視点でまとめています。
川と人

川遊びグッズ

子どもでも簡単!


いつも売切れな川靴


雪の中でも楽々~


いざ!という時に投げる
P-136K型

転倒時に頭をガード
ヘルメット・プロテック・フルカットWHT

命のライフジャケット
子供用ライフジャケット(小児用)TK-13B

川へ、蝦夷へGO



北海道のお天気は?


-天気予報コム- -FC2-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。