いらっしゃいませ

プロフィール

ヌマチチブ

Author:ヌマチチブ
川は身近な自然であり、北海道の歴史を物語ります。
そんな北海道の川の素晴らしさを、わかりやすく、老婆心も交えつつ、お伝えしたいと思います。

間違ってる箇所も多々あると思いますので、よろしければ教えてくださるとうれしいです。
どうぞ、ごゆるりと・・・
………………………………………
ヌマチチブとは、日本中に広く分布する頭が大きくずんぐりしたハゼ科の魚。顔を中心に無数に斑点があるのが特徴。
いわゆる雑魚で、「釣った」と思った瞬間、ガッカリ感と笑いを誘う、憎いあんちきしょー!

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

北海道川原版へようこそ

お勧めブログ&サイト

このブログをリンクに追加する

問い合わせ等

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

RSSフィード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

北海道川原版
北海道の川のイベント、施設、川魚、植物、アウトドアや歴史、自然写真。 川原から北海道をめぐる情報ブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GWは旧幌内鉄道の世界へ2
日本で3番目、北海道初となる旧幌内鉄道は、
三笠にあった幌内炭鉱から石炭を道外に運ぶ、小樽港までの交通路として開業しました。

前回は、旧幌内鉄道の終着駅の三笠側の鉄道イベントを更新しましたが、
今回は始発駅の小樽側のイベントを紹介します。

小樽にあった旧手宮駅は、最初につくられた、いわば北海道の鉄道発祥の地です。
明治13年に開業し、機関区も併設されました。機関車の車庫のほか、給水塔や給炭設備が備わっていたばかりか、石炭の保管庫もあるなど、海上輸送のための石炭輸送基地の役割を担っていたのです。

その後手宮駅は、昭和60年に手宮線(~南小樽駅)の廃止にともなって廃駅となっていますが、駅跡は現在、小樽市総合博物館本館として活用されています。
施設には、「北海道鉄道開通起点」という標をはじめ、アイアンホース号が構内を走り、蒸気機関車「しづか号」が展示されるなどなど、鉄道草創期の手宮を今に伝える充実の内容。

さて、その豊富な展示のなかでも、今春、話題を集めているのが、平成18年度から保存修理工事を行っていた国内最古のレンガ造機関車庫・重要文化財『旧手宮鉄道施設機関車庫三号』の公開です。

機関車庫三号の一般公開 4月29日(木・祝)~

機関車庫三号は、明治18年(1885)に「煉化石造機関車室」としてつくられました。室内は、間仕切り壁で東側に1室、西側を車両2台分の空間に区分され、西側は中央に石造り八角形の柱が建ち、小屋梁が設けられています。
東側は機関車を吊り上げて修繕することができる構造にするため、壁厚を増し、小屋組を補強しているのが特徴。

また建築材の赤レンガは、明治20年以前によく見られた、今では大変希少な「フランス」積み(一般的なのはイギリス積み)。
北海道のレンガ産業の発展に、鉄道が果たした役割は大変大きなものでした。

今回の修理では、上部に立つ3本の煙突を使用可能な状態に復旧したそうで、小樽の発展を支えた明治後期の姿が見事に再現されていると評判です。

本館では、機関車庫三号の公開を記念した企画展も用意されています。
企画展「鉄路が運んだもの―機関車庫三号公開記念」  4月11日(日)~6月30日(水)
機関車庫三号の公開と幌内鉄道開通130年を記念し、北海道の鉄道の歩みを紹介。

小樽市総合博物館 本館(小樽市手宮1丁目3番6号) 0134-33-2523


幌内鉄道というと、豊平川の架橋工事に触れないわけにはいきません。
わが国有数の急流河川・暴れ川に鉄橋を架ける―。幌内鉄道工事のなかでも、最大の難工事と語り継がれるほどでした。
豊平川と橋は、鉄橋に限らず豊平橋も東橋も、架けては破壊されるの繰り返しでした。

さて道内初となる幌内鉄道の豊平川鉄橋の架橋。
明治13年に手宮~札幌間がまず開業し、いよいよ内陸へ、一日も早い幌内への伸長が待たれるなか、豊平川鉄橋の工事ははじまりました。
豊平川の水量は、幌内鉄道が渡る他の川とは比較にならない水量で川幅も広いため、官営幌内鉄道建設を指導したアメリカ人技術者ジョセフ・ユリー・クロフォードは鉄橋を設計しましたが、翌14年4月と5月の融雪洪水で仮設置の鉄橋や両岸のレールが流出、なんと勲四等旭日章まで授与されたクロフォードが解任される事態に。

鉄橋設計は日本人技術者に引き継がれ、なんとか架設架橋が設置され、明治15年11月13日に幌内鉄道は全線開通しました。結局、鉄橋の改良は翌16年にまでかかってしまったそうです。

ちなみに今回公開される機関庫は、クロフォード設計のものといわれています。
クロフォードの英知、元薩摩藩士で開拓使長官・黒田清隆の英断。わが国近代化に挑んだ人々の姿もまた、幌内鉄道には刻まれているのです。

テーマ:札幌/北海道の地域ネタ - ジャンル:地域情報

■ この記事に対するコメント

とても興味深い記事でした。
鉄道のお陰で、この広い北海道開拓を成し遂げられたのですものね。
石炭と鉄道の歴史は、北海道の歴史そのもの

今年はゴールデンウィークに桜が間に合わなかったけど・・・
手宮植物園の桜が大好きです。
手宮に行ったら、小樽総合博物館にも行ってみる値有るわね☆彡
【2010/05/04 18:54】 URL | みかんちゃん #eoiZu7NI [ + 編集 +]

みかんさんへ
わたしも道産子でありながら、手宮~三笠の鉄道が開拓を進めたことを最近知りました(汗)
鉄道も道路も、長い冬のある北海道では独自の技術が必要だったそうです。日本と外国との英知が結集した、まさに文明開化ですよね!

じつは昨日小樽に遊びに行ったのですが、ここが本州との、そして世界との玄関として、北海道中の物産を集めたと思うと、感激もひとしおでした。やっぱりいいですね、小樽は。

手宮の桜も、ぜひ見たいです。
【2010/05/05 11:07】 URL | ヌマチチブ #- [ + 編集 +]


■ この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する。


■ この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kitanokawa.blog50.fc2.com/tb.php/772-d4028f4c
この記事にトラックバックする。(FC2ブログユーザー)
北海道川マップ

豊平川ガイドマップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)
石狩川ガイドマップ
(財団法人石狩川振興財団より)
天塩川マップ
(北海道開発局旭川開発建設部より)
釧路湿原周辺拡大地図
(北海道開発局釧路開発建設部より)
尻別川利用マップ
(北海道開発局小樽開発建設部より)
鵡川河口干潟の自然
(苫小牧地方環境監視センターより)
常呂川流域親水マップ
(北海道開発局網走開発建設部より)
網走川流域親水マップ
(北海道開発局網走開発建設部より)
空知川ガイドマップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)
幾春別川りばーマップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)
雨竜川りばーマップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)
砂川遊水地周辺マップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)

空から見た蝦夷の川

空から見る石狩川
空から見る天塩川
空から見る夕張川
空から見る湧別川
空から見る常呂川
空から見る亀田川

ブログ内検索

北海道防災情報

国土交通省川の防災情報・北海道版
北海道防災(北海道の防災情報ポータルサイト)
あなたの町のハザードマップを見る

石狩川のネットマガジン・川と人

石狩川振興財団が制作・発行する「川と人」は、大河石狩川と水系の歴史や治水、石狩川が流れる流域市町村の歴史や最新情報、レジャースポットなどを、川の専門的な視点でまとめています。
川と人

川遊びグッズ

子どもでも簡単!


いつも売切れな川靴


雪の中でも楽々~


いざ!という時に投げる
P-136K型

転倒時に頭をガード
ヘルメット・プロテック・フルカットWHT

命のライフジャケット
子供用ライフジャケット(小児用)TK-13B

川へ、蝦夷へGO



北海道のお天気は?


-天気予報コム- -FC2-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。