いらっしゃいませ

プロフィール

ヌマチチブ

Author:ヌマチチブ
川は身近な自然であり、北海道の歴史を物語ります。
そんな北海道の川の素晴らしさを、わかりやすく、老婆心も交えつつ、お伝えしたいと思います。

間違ってる箇所も多々あると思いますので、よろしければ教えてくださるとうれしいです。
どうぞ、ごゆるりと・・・
………………………………………
ヌマチチブとは、日本中に広く分布する頭が大きくずんぐりしたハゼ科の魚。顔を中心に無数に斑点があるのが特徴。
いわゆる雑魚で、「釣った」と思った瞬間、ガッカリ感と笑いを誘う、憎いあんちきしょー!

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

北海道川原版へようこそ

お勧めブログ&サイト

このブログをリンクに追加する

問い合わせ等

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

RSSフィード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

北海道川原版
北海道の川のイベント、施設、川魚、植物、アウトドアや歴史、自然写真。 川原から北海道をめぐる情報ブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

太古の人魚は川にて眠る
川というものは今も昔も、さまざまな生物の棲家であり、想像すらできぬ時代と今とを結ぶ『時空の架け橋』でもありますね。

新年第一弾は、そんな太古のロマン感じるお話をば。

みなさんは、海牛(ステラーカイギュウ)という生き物をご存知ですか?

ちょっと小太りなイルカ? 足がヒレになったカバ?
カイギュウ


カイギュウは絶滅した海棲哺乳類の一種です。
ジュゴン目(海牛目)ジュゴン科に属し、かつて北太平洋のベーリング海に生息した、寒冷適応型の大型カイギュウ。
1768年かそれ以降に絶滅したと言われています。

じつはこのカイギュウ、北海道の20箇所で発見されているのです。
主だったものを紹介しましょう~

キタヒロシマカイギュウ
札幌のとなり・北広島市から発見。世界でただ1体のステラーカイギュウ化石でしたが、後に房総半島でも発見。正式名称は、ステラーカイギュウ北広島標本。体長約7m。約100万年前。

タキカワカイギュウ
1980年8月、空知支庁滝川市を流れる空知川で発見。北海道のカイギュウ化石研究の嚆矢。体長8m以上。約500万年前。

ピリカカイギュウ
1983年夏、檜山支庁今金町美利河地区で、美利河(ピリカ)ダム建設工事中に発見。復元されたものとしては、世界最大!
体長8m以上。約120万年前。ステラーカイギュウ属。

ショサンベツカイギュウ
1967年、留萌支庁苫前郡初山別村で発見された、日本初のカイギュウ化石。
非常に珍しい、出産直前の胎児を伴った妊娠個体。また、カイギュウ発見地点は国内最北で、寒冷適応系ではなく、現生のジュゴンと同じく温暖な海に棲むカイギュウ類。母親約3.6m、胎児約1.5m。約1,100万年前。

ヌマタカイギュウ
第3期中新世の地層から発見された、800万年前のヌマタカイギュウ化石。その子孫の500万年前のも発見されています。
体長およそ5m、タキカワカイギュウは体長およそ8m。

サッポロカイギュウ
2003年8月、札幌市南区砥山の豊平川河床から、1,000万年~750万年前のカイギュウ化石(肋骨と胸骨)発見。寒冷適応型カイギュウでは日本最古。後期中新世(1,100万年前~530万年前)。


タキカワカイギュウは、日本で寒冷に適応した海牛が独自に進化したことを明らかにした貴重な化石として、1984年に北海道の天然記念物に指定されています。

かつて北海道の入江や海岸近くに生息されていたというカイギュウ。
では、どーして滝川市や札幌市など、海沿いではない町の川から発見されたのでしょう???

【第四期更新世中期の北海道】
古代の北海道


大昔・・・
北海道は石狩平野南部から勇払平野までの石狩低地帯は、このように細長い海峡で二つに分かれていました。
向って左手の部分ですね!

その後、海面が低くなって陸になり、約三万年前の支笏火山噴火でたくさんの火山灰がつもって丘が中央にできたそうです。


内陸にあるまちを流れる川で化石が発見されるのは、そこがむかし海だった証拠といえるのです。

タキカワカイギュウが発見された空知川と滝川市街。
空知川と滝川市街

(滝川市公式ホームページよりお借りしました)


今もどこかの川底に、眠っているやも知れぬ太古の人魚、、、
川に遊びに行くと、ひょっこりめぐり会えるかもしれません。
(サッポロカイギュウは親子が発見)


【カイギュウが展示されてる施設】(レプリカ含む)
滝川市美術自然史館
タキカワカイギュウ
滝川市北海道滝川市新町2-5-30

旧中里小学校
ピリカカイギュウ
瀬棚郡今金町字中里

北広島市中央公民館
キタヒロシマカイギュウ
北広島市朝日町5丁目1

初山別村自然交流センター
ショサンベツカイギュウ
苫前郡初山別村字初山別155番地1

沼田町化石館
ヌマタカイギュウ
雨竜郡沼田町南1条2丁目6-49

札幌市博物館活動センター
サッポロカイギュウ(展示未定・情報が得られる)
札幌市中央区北1条西9丁目リンケージプラザ5階


※いかんせん、ド素人がさまざまな資料を元に書いたものなので、あいまいな点、学術的に間違ってる点があるかもしれません。
ご指摘いただければ幸いです。

また北海道で、「オラがまちには、こんな化石があるよぉ~」という情報もお待ちしています。
■ この記事に対するコメント
タキカワカイギュウ
ヌマチチブさん、こんばんは♪
そういえばタキカワカイギュウの発見場所には看板が建っています。
国道沿いでサイクリングロードもあるので、とても気になっていたのです。
なるほどなるのど~、滝川周辺は昔そんな地形だったんですね~
今回も勉強になります♪
川っていろいろなことを私達に教えてくれますね。
【2007/01/04 18:19】 URL | ezomomonga #H94ZE/5g [ + 編集 +]

ezomomongaさんへ
明けましておめでとうございます。
今年も、ezomomongaさんの視点でとらえた自然動物の愛らしさ、楽しみにしています。

タキカワカイギュウって、すごく貴重な化石らしいですね!
他のまちと比べて、扱いが違うっていうか(笑)

発見場所にも行ってみたいですし、美術自然史館にも、ぜひ行きたいです。
わたし、化石とか原石関係、結構好きなんです!
つぎは砂金と白金やります(笑)

化石発掘体験と砂金掘りに参加するのが、2007年の夢でしょうか・・・
【2007/01/04 19:01】 URL | ヌマチチブ #- [ + 編集 +]

良い年良い福祈ります
ヌマチチブさん
カイギュウって朧気に名前だけは知っていましたが、こんなにも北海道で化石が残っといたなんてしりませんんでした。
いろいろ、為になるネタにもなるこのBLOGに出会ったのは、私のちょっとした宝物です。笑
2007もよろしくお願いします。
【2007/01/05 22:37】 URL | isshy #- [ + 編集 +]

isshyさんへ
明けましておめでとうございます。

北海道って、クビナガリュウに最大級のアンモナイトも見つかるんですよォ~
わたしも最近知ったんですけどね。

氷河期はロシアとつながってたらしいので、きっとマンモスも、どこかに眠っていると信じてます!

他の北海道ブログが取り上げない事柄を、あえて取り上げていく所存ですので(笑)、本年もよろしくお願いしますね。
【2007/01/06 12:19】 URL | ヌマチチブ #- [ + 編集 +]

今年もこちらでもよろしくちゃん♪
最近、1年が過ぎるのがめっちゃ早く感じます。気がつくと、年金生活になっとるんちゃうかと・・・思う今日この頃です。
前置きはさておき、今年もいろんなところでヌマチチブ さん、よろしくお願い致します。

イヤァ~ びっくりですねぇ~あの地図!
石狩平野南部から勇払平野までの石狩低地帯が細長い海峡で二つに分かれていたとは・・・耳初!初耳!です。
歴史というものは私達の眠っている何か?を目覚めさせてくれる魔法?のようなものですね。
特に京都に行くとみんなさんも感じるのでは?ないかと思いますねぇ~
【2007/01/08 02:29】 URL | R #z8Ev11P6 [ + 編集 +]

Rさんへ
Rさん、2007年、こちらでもよろしくです(笑)

1年、あっちゅー間ですよぉ~~~
また年を取る、、、(涙)
年金生活に入る前に、ボケるような気がします。
ボキャブラリーも出てこないし・・・

<歴史というものは私達の眠っている何か?を目覚めさせてくれる魔法?のようなものですね

おっしゃる通りです。
とくに太古になると、想像を遥かに越えますね~
この地図は温暖期のもので、氷河期はロシアに氷でつながってたらしいですよ!!!
千歳には、シジミを積み上げた貝塚も残ってるんですからねェ~

ただ、空だけはずっと同じですよね♪
太古の人もこの空を見てたはず、、、まさにRさんのブログタイトルですね!
【2007/01/08 12:30】 URL | ヌマチチブ #- [ + 編集 +]


■ この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する。


■ この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kitanokawa.blog50.fc2.com/tb.php/83-b9281405
この記事にトラックバックする。(FC2ブログユーザー)
北海道川マップ

豊平川ガイドマップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)
石狩川ガイドマップ
(財団法人石狩川振興財団より)
天塩川マップ
(北海道開発局旭川開発建設部より)
釧路湿原周辺拡大地図
(北海道開発局釧路開発建設部より)
尻別川利用マップ
(北海道開発局小樽開発建設部より)
鵡川河口干潟の自然
(苫小牧地方環境監視センターより)
常呂川流域親水マップ
(北海道開発局網走開発建設部より)
網走川流域親水マップ
(北海道開発局網走開発建設部より)
空知川ガイドマップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)
幾春別川りばーマップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)
雨竜川りばーマップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)
砂川遊水地周辺マップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)

空から見た蝦夷の川

空から見る石狩川
空から見る天塩川
空から見る夕張川
空から見る湧別川
空から見る常呂川
空から見る亀田川

ブログ内検索

北海道防災情報

国土交通省川の防災情報・北海道版
北海道防災(北海道の防災情報ポータルサイト)
あなたの町のハザードマップを見る

石狩川のネットマガジン・川と人

石狩川振興財団が制作・発行する「川と人」は、大河石狩川と水系の歴史や治水、石狩川が流れる流域市町村の歴史や最新情報、レジャースポットなどを、川の専門的な視点でまとめています。
川と人

川遊びグッズ

子どもでも簡単!


いつも売切れな川靴


雪の中でも楽々~


いざ!という時に投げる
P-136K型

転倒時に頭をガード
ヘルメット・プロテック・フルカットWHT

命のライフジャケット
子供用ライフジャケット(小児用)TK-13B

川へ、蝦夷へGO



北海道のお天気は?


-天気予報コム- -FC2-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。