いらっしゃいませ

プロフィール

ヌマチチブ

Author:ヌマチチブ
川は身近な自然であり、北海道の歴史を物語ります。
そんな北海道の川の素晴らしさを、わかりやすく、老婆心も交えつつ、お伝えしたいと思います。

間違ってる箇所も多々あると思いますので、よろしければ教えてくださるとうれしいです。
どうぞ、ごゆるりと・・・
………………………………………
ヌマチチブとは、日本中に広く分布する頭が大きくずんぐりしたハゼ科の魚。顔を中心に無数に斑点があるのが特徴。
いわゆる雑魚で、「釣った」と思った瞬間、ガッカリ感と笑いを誘う、憎いあんちきしょー!

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

北海道川原版へようこそ

お勧めブログ&サイト

このブログをリンクに追加する

問い合わせ等

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

RSSフィード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

北海道川原版
北海道の川のイベント、施設、川魚、植物、アウトドアや歴史、自然写真。 川原から北海道をめぐる情報ブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エドウィンダン記念館と真駒内用水の「ひょうたん池」
今や190万人余りが暮らす道都札幌ですが、開拓当初は旧北海道庁等のある官庁街以外は、開墾地でした。

北海道は開拓計画の当初から、欧米型の農業の普及という、それまでの日本農業とはまったく違う、たとえるなら食の近代化という大命題のもと進められました。

その第一の功労者が、エドウィン・ダンその人―

エドウィン・ダンはお雇い外国人として、開拓使の農業指導でアメリカから来日し、牧場経営の経験を生かして実地指導に努め、各種の施設を有する約3,000haの真駒内種畜場の基礎を作り、ここを北海道の畜産の一大拠点としました。
円型の競馬を日本で初めて開催したのもダンと言われ(日本はそれまで直線レース)、わが国の農業・畜産を発展に導き、「北海道酪農の父」と呼ばれています。

ダンが1号牧舎を開いた場所にエドウィン・ダン記念館があり、この建物は当時事務所の一部として使われていたそう。
当時の瀟洒な建物を再現したエド・ウィンダン記念館
この記念館には、エドウィン・ダンのことなら北海道一くわしいと評判の(日本一かも)女性が常駐していて、館内に展示されている貴重な資料を教材に、大変くわしく説明してくれます。

またダンは、真駒内川から水をひいて農業用水路を整備することを提案。明治12年に完成した真駒内用水は、その後、水田にも利用され、一時は白石区米里まで伸びるほどの一大灌漑用水でした。

その後都市化が進み、水路の大部分は埋め立てられましたが、真駒内用水はそのまま残り、住民の強い要望で札幌市が親水空間として整備し直し、現在は真駒内川から取水して精進川まで流れています。
その間、エドウィン・ダン記念公園、緑町公園、真駒内曙公園の3つの公園を通り、真駒内曙公園では夏の水遊びスポットとして、たくさんの子ども達が遊んでいます。

この真駒内用水の水の旅路のなかで、エドウィンダン記念館の裏に広がるエドウィンダン記念公園がおススメ!
住宅街の中にこんなに素敵で、こんなに粋な公園があったとは、長いこと住んでて知らなかったぁ~

真駒内用水は、園内にある「ひょうたん池」を経由して真駒内の中心部を流れていくのですが、このひょうたん池がまぁ、なんとも趣ある素敵な水辺なのです。
真駒内用水が経由するひょうたん池
その名の通り二つの池がつながり、アーチ型の橋もかけられていて、水鳥が羽を休める姿を眺めながら、ゆったりと散策するには絶好の場。

言ってるそばから、ほら、仲の良いキジバトのつがい?を発見。
園内にいたキジバトのつがい?
そういえばダンは、日本で松田ツルさんと出会い、国際結婚のための難しい手続きを経て結婚し、日本に永住しました(明治15年に東京に移る)。
そのツルさんがきれいな人で~ これほど日本を愛してくれたお雇い外国人もいないのでは。

これは夏に行った時の写真ですが、今の紅葉に彩られた公園の風景も見てみたい。

真駒内用水路は真駒内川から取水されているので、水路をたどって真駒内川沿いを散策するのも爽快です。
河川敷に生息するガマ
よく伸びたガマも発見! 住宅街のなかに、しっかりと川の世界が広がっています。

 
エドウィン・ダン記念館  札幌市南区真駒内泉町1丁目6番地(地下鉄南北線真駒内駅下車 徒歩10分)
開 館:毎年4月1日~11月3日、午前9時30分~午後4時30分・・・水曜日休館
      11月4日~3月31日~金・土・日のみ開館   *入場無料
問合せ先:011-581-5064

また、真駒内用水と真駒内の歴史についてくわしく書かれたおススメサイトは以下の通り!
札幌市 ピックアップ河川「真駒内用水」 http://www.city.sapporo.jp/kensetsu/kasen/pickup/makomanaiyosui.html
真駒内泉町ガイド http://www.geocities.jp/ydbbr570/
 

テーマ:札幌/北海道の地域ネタ - ジャンル:地域情報

■ この記事に対するコメント
面白い!
エドウィンダン記念館・・・とても興味深いです(^-^*)
真駒内方面の宅配日に寄り道してみたいなぁ~♪
とっても良い情報を、ありがとうございます<(_ _)>
【2011/10/31 21:30】 URL | みかんちゃん #iqSJEDkM [ + 編集 +]

みかんさんへ
ぜひぜひ、足を運んでみてください!
このひょうたん池は、記念館の裏側に位置してるのですが、テラスからのアプローチがとってもヨーロッパ的で素敵なんです。
【2011/11/01 09:48】 URL | ヌマチチブ #- [ + 編集 +]


■ この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する。


■ この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kitanokawa.blog50.fc2.com/tb.php/843-5977ec9c
この記事にトラックバックする。(FC2ブログユーザー)
北海道川マップ

豊平川ガイドマップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)
石狩川ガイドマップ
(財団法人石狩川振興財団より)
天塩川マップ
(北海道開発局旭川開発建設部より)
釧路湿原周辺拡大地図
(北海道開発局釧路開発建設部より)
尻別川利用マップ
(北海道開発局小樽開発建設部より)
鵡川河口干潟の自然
(苫小牧地方環境監視センターより)
常呂川流域親水マップ
(北海道開発局網走開発建設部より)
網走川流域親水マップ
(北海道開発局網走開発建設部より)
空知川ガイドマップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)
幾春別川りばーマップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)
雨竜川りばーマップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)
砂川遊水地周辺マップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)

空から見た蝦夷の川

空から見る石狩川
空から見る天塩川
空から見る夕張川
空から見る湧別川
空から見る常呂川
空から見る亀田川

ブログ内検索

北海道防災情報

国土交通省川の防災情報・北海道版
北海道防災(北海道の防災情報ポータルサイト)
あなたの町のハザードマップを見る

石狩川のネットマガジン・川と人

石狩川振興財団が制作・発行する「川と人」は、大河石狩川と水系の歴史や治水、石狩川が流れる流域市町村の歴史や最新情報、レジャースポットなどを、川の専門的な視点でまとめています。
川と人

川遊びグッズ

子どもでも簡単!


いつも売切れな川靴


雪の中でも楽々~


いざ!という時に投げる
P-136K型

転倒時に頭をガード
ヘルメット・プロテック・フルカットWHT

命のライフジャケット
子供用ライフジャケット(小児用)TK-13B

川へ、蝦夷へGO



北海道のお天気は?


-天気予報コム- -FC2-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。