いらっしゃいませ

プロフィール

ヌマチチブ

Author:ヌマチチブ
川は身近な自然であり、北海道の歴史を物語ります。
そんな北海道の川の素晴らしさを、わかりやすく、老婆心も交えつつ、お伝えしたいと思います。

間違ってる箇所も多々あると思いますので、よろしければ教えてくださるとうれしいです。
どうぞ、ごゆるりと・・・
………………………………………
ヌマチチブとは、日本中に広く分布する頭が大きくずんぐりしたハゼ科の魚。顔を中心に無数に斑点があるのが特徴。
いわゆる雑魚で、「釣った」と思った瞬間、ガッカリ感と笑いを誘う、憎いあんちきしょー!

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

北海道川原版へようこそ

お勧めブログ&サイト

このブログをリンクに追加する

問い合わせ等

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

RSSフィード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

北海道川原版
北海道の川のイベント、施設、川魚、植物、アウトドアや歴史、自然写真。 川原から北海道をめぐる情報ブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雨だから混んでた?水道記念館
雨なのに、水にあえて触れに行ってきました、札幌市水道記念館

オープンの年にも行ったが、この辺りに用事があったついでに足を延ばしてみました。
それがもう、この雨なのに、駐車場が満杯に近い程の混みよう。
小さなお子様連れの親子でいっぱいでした。

入口にはいると、やっつけ感というか、置かれ感いっぱいのマスコット「ウォッピー」に見つめられつつ、
マスコットのウォッピー

水の壁と階段を見ながら、エレベーターで上へ。
水の壁と階段

無料とは思えないほど、五感を刺激する多彩な学習施設の数々。そして、あらゆるところに流れる水-
たとえば、水は地下の水道管を通して送られるのだが、実際に使われてる?導水管等を地下に展示。
地下水道管

2階には本のコーナーもあり、札幌市史や各区役所の歴史書なども揃っていて、大人でも楽しめる。
でのあの色鮮やかな色彩効果や、展示物の多さに、年齢的に対応できぬものがあり、ぐったりしながら施設を出る。
じつは一番好きな、記念館まわりの森。
トドマツやエゾ松群が茂り、セラピー効果たっぷり~
記念館まわりの森

外もエリア毎に展示がなされ、天気の良い日は札幌市街が一望できます。
詳細な施設は、前回の日記
http://kitanokawa.blog50.fc2.com/blog-entry-157.html

6月23日(土)、6月24日(日)には「さっぽろ水道フェスタ2012」(旧:「水道展」)が開催されるそう。
外では大道芸パフォーマンス、YOSAKOIソーラン演舞ほか、館内では実験やら人形劇やら、賑々しくイベントが行われ、地下鉄円山公園駅から無料シャトルバスも運行されるという、規模の大きさ!

くわしいイベント内容は、水道記念館HPのイベント情報へ
http://www.sweb.co.jp/swsa/museum/news/index.htm#c5



テーマ:札幌/北海道の地域ネタ - ジャンル:地域情報

■ この記事に対するコメント

藻岩まで宅配に行っているのに、なかなか行けません。
もっと時間に余裕を持って行動できたら良いのですがねぇ~^_^;
これからの季節にはピッタリの所ですね☆彡
【2012/06/18 19:51】 URL | みかんちゃん #iqSJEDkM [ + 編集 +]

みかんさんへ
わたしもそうですよ~
近くても、なかなかねぇ。

そうそう駐車場があるし、屋外施設はガーデンになっていてとても素敵なので、晴れた日のお昼にお弁当広げるにはぴったりですよ!
【2012/06/19 08:30】 URL | ヌマチチブ #- [ + 編集 +]


ヌマチチブさん、お久しぶりです。
ここ、娘が小学生の頃、行ったことがあります。
そうなのです、無料なのです。
この立派な設備が無料で解放されているのに、
平日はあまりにも閑散としていてもったいない!!と思ったものです。
あまり聞こえが良くないんですが、いわゆる「箱物」感がありますよね。
せっかくの立派な施設なので、もっとたくさんの人に立ち寄ってもらえたらいいですね~。
【2012/06/20 14:24】 URL | みかんアイス #- [ + 編集 +]

みかんアイスさんへ
お久しぶりです、コメントありがとうございます。

ほんと、1日じゃ把握しきれないほどの施設の充実っぷりですよね。
わたしは日曜日に行ったのですが、雨ということもあり、驚くほど盛況でした。
ほぼ家族連れで、お弁当持参の家族もいましたね。
子どもを遊ばせるには最適で、ロケーションも素晴らしいので、平日もっと利用してほしいですね。

あとわたしは、東区?の下水道施設にも行ってみたいですね~
【2012/06/21 10:55】 URL | ヌマチチブ #- [ + 編集 +]


■ この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する。


■ この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kitanokawa.blog50.fc2.com/tb.php/861-2b99f317
この記事にトラックバックする。(FC2ブログユーザー)
北海道川マップ

豊平川ガイドマップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)
石狩川ガイドマップ
(財団法人石狩川振興財団より)
天塩川マップ
(北海道開発局旭川開発建設部より)
釧路湿原周辺拡大地図
(北海道開発局釧路開発建設部より)
尻別川利用マップ
(北海道開発局小樽開発建設部より)
鵡川河口干潟の自然
(苫小牧地方環境監視センターより)
常呂川流域親水マップ
(北海道開発局網走開発建設部より)
網走川流域親水マップ
(北海道開発局網走開発建設部より)
空知川ガイドマップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)
幾春別川りばーマップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)
雨竜川りばーマップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)
砂川遊水地周辺マップ
(北海道開発局石狩川開発建設部より)

空から見た蝦夷の川

空から見る石狩川
空から見る天塩川
空から見る夕張川
空から見る湧別川
空から見る常呂川
空から見る亀田川

ブログ内検索

北海道防災情報

国土交通省川の防災情報・北海道版
北海道防災(北海道の防災情報ポータルサイト)
あなたの町のハザードマップを見る

石狩川のネットマガジン・川と人

石狩川振興財団が制作・発行する「川と人」は、大河石狩川と水系の歴史や治水、石狩川が流れる流域市町村の歴史や最新情報、レジャースポットなどを、川の専門的な視点でまとめています。
川と人

川遊びグッズ

子どもでも簡単!


いつも売切れな川靴


雪の中でも楽々~


いざ!という時に投げる
P-136K型

転倒時に頭をガード
ヘルメット・プロテック・フルカットWHT

命のライフジャケット
子供用ライフジャケット(小児用)TK-13B

川へ、蝦夷へGO



北海道のお天気は?


-天気予報コム- -FC2-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。